マキの実

庭木にしているマキ(おそらくイヌマキ)に実がついています。

DSC_3402-s.jpg

ちょうどこけしのような形の実です。イヌマキは雌雄異株ですが、うちのイヌマキには毎年秋になると実をつけます。

コケシの頭の部分(写真で緑色の部分)が果実で、胴体の部分(赤色、紫色をしている部分)が花托と呼ばれているところです。

マキ(イヌマキ)の実は食べられますが、実際に食べるところは花托、写真で赤色・紫色をしている部分です。結構甘みも強く、ねっとりとした食感がします。実際の実、緑色をした部分は有毒で鳥も食べません。

この記事へのコメント

オッパー : 2009/09/30 (水) 19:22:31

>YSさん

今晩は。

ナツメ、実の形がいいですね。ポポ(ポポー?)は小学校の友人の家にありました。バナナとリンゴを合わせたような味がします。ケンポナシは最近知っている人が少ないようです。子供の頃、近くの神社にありました。大木でしたので、なかなか枝に手が届かず、石を投げたり、竹で叩いたりした思いでがあります。甘くて良い香りがします。

うちの裏には父(家内の父親)が植えたカキやスモモ、ビワ、キーウイ、グミなどがあるのですが、父親が手入れができなくなり、ここ十数年放置したままになっていました。昨年から私が暇なときに手入れを始めたのですが、ずぶの素人ですので、肥料のやり方、枝の剪定の方法もわからずにいます。
一部を雑木林にしてカブトムシを呼びたいし、エノキやムクも植えて、チョウの食草にしたいのですが、エノキやムクの苗木がなかなか見つからずにいます。

YS : 2009/09/30 (水) 13:07:52

レス読んだらまたコメントしたくなりました。
ナツメも子供の頃良く食べました。私の家には無かったのですが、親父の在所(母は一人っ子で親父は養子でした)にナツメの木がありました。今もあります。種が大きくて種の周りの果肉をかじる感じですが、ちょっとりんごに似た味がしますね。これは今食べても美味しく感じます。
ポポの木と実は見た事がありますが食べた事はありません。実はアケビに似た感じですね。
ケンポナシは昭和39年に札幌に行くまで知りませんでした。北海道出身の友人が木の枝みたいなのを持ってきて、これは食べられるよと教えてくれてそれがケンポナシであることを知りました。食べて見ましたがほんとに梨みたいな味でした。その後、ケンポナシの木も見に行きました。大分では見た事が有りません。
オッパーさんちの庭は賑やかになりますね。小鳥がたくさん集まるかも知れませんよ。

オッパー : 2009/09/29 (火) 21:05:40

>YSさん

コメント、ありがとうございます。

マキの実はちょと油くさい匂いがしますね。
うちの裏庭にはいろんな実のなる木が植わっていますが、昨年はカリンとプルーンを植えました。この秋にはYSさんも子供の頃に食べたというヤマモモ、それにザクロを追加しようと思います。後、ナツメとポポとケンポナシを考えています。
四季折々にいろんな実を食べたり、お酒に漬けたいです。秋には植木市を見てまわります。

YS : 2009/09/29 (火) 08:27:49

マキの実、子供の頃に食べた事あります。甘かったですが独特の食感と匂いが有りますね。昨年、実家の庭木のマキに実がついていたので昔を懐かしみ食べて見ましたが思っていたほど美味しく感じませんでした。お菓子の少なかった子供の頃と今では味覚も感覚も変化してるのでしょうね。同様の経験をヤマモモでもしました。スポパの私のウオーキングコース途中にヤマモモの木が有り、初夏にはたくさんの赤い実を付けます。子供の頃を思い出し食べて見ましたがさほど美味しく感じませんでした。マキの実も、ヤマモモも子供の頃は美味しく食べてたのですけどね・・・。最近ではマキの実もヤマモモの実も鑑賞するものと決めています。

管理人のみ通知 :

トラックバック