ゴールの臭いもしません。第27節、対柏戦。

9月26日(土)、第27節、対柏戦。0-0。ゴールの臭いもしなかった。

DSC_3397-s.jpg

いい秋晴れである。日陰にいると涼しく感じるが、日差しが強くてたまらない。
すり鉢の底のような場所にあるピッチで走りまわる選手たちの体力の消耗は激しいだろう。

さあ、まずは水分補給(?)と腹ごしらえに。
途中、ハンバーガーを買ってきたKuさんと遭遇、写真を撮らせてもらった。
生ビールを売っているお嬢さんから、「今日は3杯はいけますよ。まずは1杯大盛りで!」と言われながらビールを渡される。お嬢さん、うまいなあ。

DSC_3384-s.jpg

通路には、エジのサイン。

DSC_3381-s.jpg

バトンでトリニータの応援をするちびっ子たち。暑い中、倒れなければいいが。心配である。

DSC_3388-s.jpg

柏のサポーターのみなさん。土曜の13時キックオフという遠征には都合の悪いなかを、ようこそ大分へ。
共に負けられない状況で、いつものような柏スタイルの応援が始まる。裸族もいるし、ちょっと怖いなあ。
最近、大分のゴール裏にも毎回1?2人程の裸族を見るようになったが、大分に裸族は似合わないと思うのだが。。。

DSC_3393-s.jpg

さて、試合。
このところ、キックオフから20分ほどは大分の積極的な攻めが続く試合が多かったが、今日はそういう動きが見られない。この暑く、日差しが強いという条件を考えて、体力配分を考えてのことだろうと思っていたが、とうとう最後までこの調子が続いてしまった。
「人もボールも動くサッカー」とはほど遠い内容である。

大分は以前から、強い相手に対しては普段以上を力を出すが、弱い相手と対戦することになると、それにつられてか、ぐだぐだな内容になってしまうことがよくあった。まさに今日はその後者のパターンである。
ホームでは負けなしという相性のいい柏をなめてかかったのだろうか、選手の動きは鈍いし、とにかく肝心なところでのパスミスが多いのである。 その上、ボールが上がってきても、ゴール前に誰もいない場面がよく見られたし、シュートできそうになっても、すぐに近くにパスを出し、結局相手に奪われてしまう。素人のオッパーは、「十分な体勢でなくてもゴール前であるから蹴ればいいのに。GKがもしかしたらミスをするかもしれないし、相手に当たってオウンゴールになるかもしれないのに」と思ってしまうのである。
また、攻撃の起点となって欲しい家長と金崎も今日はどうも調子が出ないようだし、赤いシューズが目立つ我が深谷も残念ながら普段以上にパスミスが多かった。
結局、決定力のない柏(柏サポさん、ごめんなさい)と西川の好セーブに助けられて、何とか失点をせず、スコアレスドローに終わったが、内容的には柏に負けていたといわざるを得ないのである。前節対新潟戦と今日の対柏戦で勝ち点6をいただきと期待していたが、残留に向けての計算が狂ってしまう結果に終わった。

さあ、本当に残り試合が少なくなってきた。
大分の選手たちには、最終的に結果がどうなれ、最終節の最後の1秒まで、
プロの意地とプライドでゴールを狙って欲しいのである。

この記事へのコメント

オッパー : 2009/09/28 (月) 20:26:59

>YSさん

今晩は。コメントありがとうございました。

対柏戦、最初から疲れていたようで、絶対に勝ってやろうという気迫が感じられませんでした。選手達がプレッシャーに押しつぶされているのでしょうか。

「ゴール裏町内会」周辺では、「蹴れ! 打て!」の大合唱でした。自分がミスをしたらまずいと思うのでしょう、ゴール前でもすぐに近くにパスを回して責任逃れ?をします。YSさんおっしゃるとおり決定力のあるFWが欲しいです。

前日の練習では、鈴木選手が居残りで、下川の見守る中GKコーチを相手にフリーキックの練習を続けていました。対柏戦対策かなと期待していたのですが、サブのメンバーにも鈴木の名前がなく不思議に思いました。

YS : 2009/09/28 (月) 11:46:25

残留へのクモの糸が切れてしまったような、いや切ってしまったような試合内容でしたね。
残留を一番諦めてしまっているのは選手達なのかもしれない、そんな気持ちになりました。
試合終了後挨拶に来た高松に「高松大分のエースだろ、点を取る気持ちがあるんか!!」と
ヤジを飛ばしてしまいました。トリの応援を始めて、初めてのヤジでした。

帰宅後、今シーズンのデーターを見たのですが27節が終って総得点が17点なんですね。
18チーム中ダントツで少ないです。千葉でも30点取っています。これを見たら最下位も
当然かと思いました。チーム内の得点王はウエズレイと高橋の3点です。エースの高松は
1点でエジの2点よりも少ないのです。決定力のあるエースFWを補強しなかったのが最大の
敗因と思います。来シーズンの補強は何はおいても決定力のあるFWと思います。
山形の長谷川は年俸900万で10ゴールです。強化部はこつこつと地道にいい選手の発掘
努力をして欲しいものです。

管理人のみ通知 :

トラックバック