FC2ブログ

秋です

秋です。

 

この時期になると、ヒガンバナとその仲間たちが、間違わず開花します。見事なものですし、不思議でなりません。

IMG_3329-s.jpg

IMG_3326-s.jpg

ヒガンバナは倍体(3n=33)ですから、種子ができないとよく言われていますが、たまに、直径5mm位の黒い色をした種子をつけるものがあるようです。
ずっとこの種子を探してはいるのですが、いまだに発見できずにいます。ヒガンバナの大群落(竹田市にあると聞いています)あたりをよく探すとみつかるかもしれません。

 

さて、春に植えた、サツマイモがぼつぼつ収穫のシーズンです。
東京からイモ娘1が帰省しましたので、今日、試しにちょっと掘ってみました。

IMG_3332-s.jpg

ちょうどいい大きさのようです。昼にふかして食べてみたところ、昨年とは違って家族からの評判が極めていいのです。
それはそうでしょう。今年はプロの農家から芋づる(紅あづま)をいただきましたから。
明日は、本格的にイモ堀りをします。たくさん植えていて、家族では食べきれませんので、近所の方や知りあいに配ります。

 

この記事へのコメント

オッパー : 2009/09/22 (火) 19:11:10

>YSさん

コメントありがとうございました。

竹田市のヒガンバナ群落は七ツ森古墳になるのですね。花が終わりかけたくらいに行ってみようと思います。
おそらくこの群落の中には、通常の3nのものの他、2nや4n、もしかして6nの個体があるかもしれませんね。見かけではわからないので、根端の細胞分裂を観察する必要があります。なかなか手間がかかるようです。

私の方も記憶力が。。。。 
本屋で面白い本を買ってきて、ずいぶん読み進んだときに、あれ!と気がつきます。以前買ったことのある本です。もう仕のないことなんでしょうね。


YS : 2009/09/22 (火) 11:07:21

合同新聞に、竹田の七ツ森古墳群で20万本の彼岸花が満開の記事があり、これを見た家内が行って見たいというので今日(22日)に行く予定でしたが雨が降りそうなので延期しました。子供の頃、彼岸花は田んぼの畦などにたくさん咲いていましたが、最近はその風景も少なくなった気がします。

さすが生物に詳しいオッパーさん、倍体って言葉知りませんでした。さっそくネット検索して3倍体とはどういうことか解ったような・・・染色体の話なのですね。種無しスイカは薬品で人工的に3倍体になるようにしてるのですね。彼岸花は球根が増殖して増えていきますから種が無くても子孫は残せるわけですね。彼岸花の種がまれにあるとのこと。気をつけて観察します。もし発見したらオッパーさんに知らせますね。3倍体という知識が一つ増えました。もっとも溜め込んだ知識を失う(忘れる)速度の方が早くていけません。もう無理して思い出そうともしません、思い出せないときは、ああ思い出せんとさっさと諦めることにしています。

管理人のみ通知 :

トラックバック