出口が見えない。第13節、対広島戦。

5月23日(土)、第13節、対広島戦。0-1。連敗記録更新中。

ナビスコ杯対浦和戦でいい試合をしたので、暗いトンネルの向こうにかすかな光が見えたと思ったが。。。

DSC_2566-s.jpg

ゴール裏には「90分チームと共にタタカオウ」の断幕が張られていたが、チームの方が90分間もたなかった。

DSC_2573-s.jpg

敬愛する広島サポのKaさんとその友人達と約1年ぶりの挨拶を交わす。昨年の広島ー鳥栖戦以来の再開である。
広島サポに皆様には、佐藤寿人選手は、鉄輪温泉巡りか湯布院散策でもさせておいて欲しいとお願いしたが。。。。
その寿人選手に前半戦ロスタイムにみごとにやられてしまった。ああ、またロスタイムである。
後半戦は、広島の選手に比べると素人目にもはっきりわかるほど大分の選手の運動量が落ちてくる。対浦和戦の疲れが残っていののだろうか。しかし、広島はアウェイ続きである。広島の選手の方が疲れがたまっているであろうに。柏木選手など疲れを知らないのだろうか。
何とか1点とって勝ち点1でも欲しかったが、どうしても決まらない。何回かいいチャンスもあったのに。連敗を続けているチームには「つき」もないのであろうか。

DSC_2581-s.jpg

試合終了後、溝畑社長と原強化部長から話があった。
しかし、こういう言い方は悪かもしれないが、後味の悪い気持ちしか残らなかったのである。

帰り道、駐車場に向かう途中、多くの広島サポの方から、「トリニータはこんなものではない。中断開けに期待してます。ナビスコ杯を楽しみにしていますよ」と励ましの言葉をかけられた。
ああ、トンネルの出口が見えないなあ。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック