サガン鳥栖対ロアッソ熊本戦

4月19日(日)、大分対神戸戦が行われるというのに、高速で鳥栖市まで走って(確かに片道1000円でした)、以前から応援しているサガン鳥栖と今年気になっているロアッソ熊本戦を見てきました。

開門が11時ということで、うちの奥様と娘2と親戚の娘の3人を鳥栖のアウトレットに置いて、10:45分、一人鳥栖側に並びました。
熊本サポ、かなりたくさん来てます。


DSC_2283-s.jpg

それに比べて、鳥栖サポは出足が遅いようです。
交通の便がいいいから(鳥栖駅がすぐ側)、早くから来る必要がないのかもしれません。
左側が年間チケットの入り口、右側が一般チケット用です。
年間チケットのサポは10:50分からの入場、一般は11:00ちょうど。九石ドームとちょっと違うようです。
また、食べ物の持ち込みは禁止です。(会場内にはあまり食べ物を売っていないのですが。)

DSC_2285-s.jpg

地元の佐賀TVから取材が来ています。

DSC_2287-s.jpg

そう、早くJ1に上がってきて。
鳥栖は大分にとって一番近いアウェイとなるから。

DSC_2284-s.jpgDSC_2344-s.jpg

うーーん。九州は蹴球戦国時代か。ちょっと考えるなあ。
福岡、鳥栖、熊本、それにJ1の大分も入るのだろうか。3チームがみなJ1に上がって来るのはいいが、うちがJ2に行って、九州マッチなど。。。
ああ、考えるのもイヤだ。

DSC_2292-s.jpg

鳥栖のコアサポータ。

DSC_2301-s.jpg

熊本はこういう感じ。気合いが入ってます。やはり赤は怖いです。
これに、赤と白のパラソルが振られます。横浜Fマリノスのよう。

DSC_2298-s.jpg

鳥栖ののゴール裏の模様。
ちょっと少ないし、コアから離れたところにいるサポはユニを着ていない人がかなり多いのです。
私の家族が座ったところはメインスタンド1階。ここはユニ着た鳥栖サポで一杯で、立ち上がってかなり激しい応援もするし、ヤジもすごいのです。
こういうサポの人たちは何故ゴール裏にいかないのでしょう。ちょっとトリニータと違うところです。


DSC_2338-s.jpg

両チームのマスコット。鳥栖のウイントスくんに熊本のロアッソくん。ロアッソくんは運動量が高いとみましたよ。
試合終了後、駐車上に向かう時、このロアッソくんが、電話ボックスから出てきたのにはびっくりしたました。

DSC_2318-s.jpg

鳥栖の岸野監督さん。雰囲気のある方です。今日は赤い帽子ですねえ。J2の監督の中では一番好きです。
この監督さん、試合の前は社長と二人で、会場を一回り、サポーターに丁寧に挨拶をしていました。
(試合終了後にも選手と共にまた挨拶をしていました。)大分ではみられない光景です。
この直後に鳥栖のアウトレットで買い物をしていた3人が到着。アウトレットからはバスの便があります。
買い物にサッカーですか、いい時間の使い方をしています。

DSC_2313-s.jpg

選手入場の時は、チアガール(チーム名は何とかといったが。。。)が迎えます。


DSC_2322-s.jpg

有力スポンサーによる始球式もありました。

DSC_2325-s.jpg

鳥栖サポの知り合いの関係で鳥栖側で応援です。
ところが、熊本には木島選手、原田拓選手、小森田選手の3人の元トリニータの選手がいます。当然気になります。
木島選手のちょっと肩をいからせて歩く姿、小森田選手の小顔、トリニータの時のままでした。
この3人がゴールしても立ち上がってハイタッチなどしないようにと家族で注意しあいます。(笑)
周囲はみな鳥栖サポで、大分では最近あまり見られなくなったメガホン叩いて懸命に応援をしているのです。
肝心な、鳥栖の市原選手の姿がありません。ベンチ入りもしていない様子。どうした市原!

DSC_2332-s.jpgDSC_2339-s.jpg

ハーフチムにはチアガールが出てきて、鳥栖サポや選手を鼓舞するのです。
大分にも欲しいと思ったのは4人の中で私だけ。ああ。(笑)

DSC_2336-s.jpg

試合については、前半戦は熊本ペースでしたが、後半、鳥栖の動きがよくなります。
ただ、試合終了近くになると、暑さのせいもあるのかも、両チームともバテてしまい走れなくなってしまいました。
両チームともにヘッディングが多く、ボールが落ち着きません。鳥栖はパスミスが多いし。
また、双方ともセットプレーの際にはもう少し慎重にボールを処理して欲しいですね。せっかくのチャンスなのに。
それに、大分にも言えることですが、横にパスしたり、バックパスしたり、ここぞと言うときに蹴らないのです。
試合終了近くには、鳥栖にもゴールのチャンスが何回かあったのに。
つい「蹴れーっ」とつい叫んでしまいました。

結局、熊本の木島選手のシュートが鳥栖の選手の足に当ってしまい、これがオウンゴールとなり、0-1で熊本の勝利で終わりです。(公式記録では木島選手のゴールとなっているのかも)


鳥栖のベストアメニティはサッカー専用の施設のようで、ピッチと観客席が近く、すぐ目の前に選手がいて、声もよく聞こえてきます。なかり楽しんできました。
鳥栖がJ1昇格して、大分との試合が実現したら、会場がトリニータブルーで埋め尽くされるであろうなどといらぬ事も考えてしまいました。

この試合、熊本の木島選手が非常にのびのびと動き回っていたのが印象的でした。
試合後、熊本サポに向かってハンドマイクで話しかける小島選手です。愛されているようでしたよ。

DSC_2345-s.jpg

さあ、サガン鳥栖よ。今年はちょっと調子が悪いようですが、頑張って上がって来てよ。
九石ドームは鳥栖から非常に便利がいいですよ。


 

 

 

 

 

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック