FC2ブログ

森重、大丈夫か。第5節、対山形戦

4月11日(土)、第5節、対山形戦。0-1で完敗。大分トリニータ15周年記念試合を勝利で祝えず、無念でならない。

DSC_2279-f.jpg

いつものように、試合前の様子から。

新緑が美しい九石ドームの周辺である。4月というのにまさに初夏のようだ。

DSC_2251-s.jpg

入場口では先着5千人にトリニータバナナの配布があった。
トリニータバナナ、いつも買っているが、どれだけの売り上げに対していくらの寄付があるのだろうか。具体的に知りたいものである。

DSC_2256-s.jpg

今日はゆっくりニータン焼きが買えた。箱の似顔絵は微妙(?)である。

DSC_2254-s.jpg

15周年記念試合ということで、こんな帽子をかぶっていたトリサポがいた。
このグループ(元気なお母さんとかわいい子供達)は毎試合いろんな手作りの応援グッズを用意してくる。
いい。

DSC_2259-s.jpg

DSC_2271-s.jpg

山形のサポーター。遠いところからようこそ大分に。
小林監督にはトリニータがJ1昇格の時にお世話になっている。成長した姿を見て欲しい。どうか監督をうならえる試合展開でありますように。
コバリョウも大事にして下さい。
 

DSC_2266-s.jpg

さて、試合。

一言で言って最悪。J1昇格1年目の山形に負けるし、大切な森重はケガで退場、守備の要の上本はレッドをもらうし。。ネガティブな思考はしたくないが、今後がきわめて心配である。

前半戦から山形の方が生き生きしていた。大分は何か萎縮している感じがしてならない。失点を恐れるあまり攻撃的な展開ができないで、時間だけが過ぎていく。
この前半戦で1点も取れなかったことが、後半で大きく影響してきた。

後半戦、始まって5分、森重が倒され、負傷退場。藤田と交代。藤田はいい。どこを守らせてもそれなりの仕事をこなす。大分に取っては貴重な選手である。
18分にまさかの山形ゴール。1万8千人のトリサポから大きなため息が。この得点されたシーン、よくわからなかった。
20分、上本の気合いの入ったプレーがレッドと判定され退場、おまけにPK。PKは運と西川の好プレーに助けられ何とか2点目は阻止できた。
ああ、今日もまた一人足りない勝負をしなければならない。
26分、森島に替わって東。期待の森島であるが、今日も。。。。移籍をしてきた時のあの迫力はどこに行った。
大分、一人足りなくなると、必死で走り回り、得点のにおいがしだす。不思議である。それなら、前半戦から走ってくれ。
若手の清武、東がいい。
でも、どうしてもどうしても決まらない。頼みのウェズレイも調子が今ひとつ。
結局、得点のチャンスは何回かあったものの決め切れなかった大分に対し、少ないチャンスをものにした山形の勝利に終わった。

ああ、またもや負傷者。森重は大丈夫だろうか。次節、上本も出場停止である。
今の大分、何か悪い方向にベクトルが向いているようだ。シャムスカ監督はこの状況をどう打開してくのだろうか。
サポーターできることは何だろうか。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック