FC2ブログ

トリニータ、契約交渉

大分トリニータでは来期の契約交渉が始まったそうだ。
チームの経営難のため来期は勝利加算、出場加算も見直されるという。
こういう状況の中で大分トリニータがJ1に誇る2人の選手の去就が注目されている。

選手が大きく羽ばたくために、トリニータを去ることは異議はないし、むしろいいことだ思っている。トリニータ出身の選手としてこれからも応援して行くつもりだ。でも、チームを去るときに、あのパットや岡中のように、サポータから惜しまれ、大きな拍手で送られたほうがいのではないか。高松選手のあの「発言」はちょっと。

大分トリニータはお金がない。若い選手を中心に、彼らを育てながら試合に臨まなければならない。当然、なかなか優勝は難しいことはわかっている。もしかしたら来期はJ2降格かとはらはらしながら応援を続けないといけないかもでもしれない。
でも、こんなチームがいいのだ。お金を出して、出来上がった選手を集めて来て、優勝目指してもあまり面白くはない。野球がいい例だ。お金もない、有名選手もいない、でも、そんなチームが、時々、信じられないような結果を出す。そこが面白く、応援のしがいもあるというものだ。

さあ、シャムスカ監督。来期も新人を発掘して、今期より1試合でも多く勝とう。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック