FC2ブログ

EG YearBook 2008

エルゴラからYearBook 2008が送られてきた。

IMG_2981-s.jpg

ナビスコ杯優勝チームとしてトリニータが紹介されている。

ウェズレイ、エジ、ホベの外国人3人の写真が実にいい。
昨シーズン、トリニータの好成績を支えてきた「縁の下の力持ち」的なエジやホベがこうして取り上げられるのは嬉しくてならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2982-s.jpg

トリニータ、リーグ4位としての写真もエジのアップ。

EG 特別委員会賞としてもホベとエジが選ばれている。

------------------------------
”ハードワーク”の源泉

08年度の編集部内でも流行語は”ハードワーク’。大分が上位に顔を出し始めた時期を契機にその使用頻度は徐々に増えていった。大分の分析の際に使われたのがきっかけではあったが、その”ハードワーク”を最も体現していたのが大分のホベルトとエジミウソン。危険なスペースがあると察知すれば労を厭わずにスペースを埋めに行き、攻撃の枚数が足りないと見れば、機を見た攻め上がりを敢行する。08年、大分はクラブ初タイトルを手にしたが、本紙某チームの担当記者は「あの二人がいればウチが優勝できたかもしれない・・・」とそのプレーの数々に驚愕していた。

------------------------------

 

 

 

 

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック