ヤングセンター

ミュージカルの次は大衆演劇です。

2月4日、別府市鉄輪にある「ヤングセンター」に行ってきました。
今から20年以上も前に別府市に住んでいて、会社も鉄輪の近くでしたので、一度は行きたいと思っていましたが、そのままにななっていました。
昨年会社をリタイヤして約1年、初めての「ヤングセンター」です。

IMG_2969-s.jpg

入場料(お芝居、温泉)は1200円。館内に入っても要領がわかりません。係の人に教えてもらいます。まずは、座布団代100円+座椅子代300円を払って、劇場内の場所取りです。すでにたくさんの座椅子が並んでいます。
その後、外出券をもらって、鉄輪散策です。

別府の知り合いから、食堂「勝太郎」のおはぎが美味しいと聞いていたので、探します。ヤングセンターの海側すぐそばです。

IMG_2970-s.jpg

おはぎのほかにもいろんなものがあります。ここで、おはぎ、巻き寿司、おいなり、それに、おでんを買います。昼食とビールのおつまみです。「ヤングセンター」は持ち込み自由だそうです。

再び、センターに戻って、お風呂です。広くてお湯の量が豊富です。何かお湯がもったいない気がしてなりません。
劇場で食事をしながら、開演を待ちます。おはぎは噂どおり美味しいです。周囲のお客さんはオッパーより先輩の方ばかり。さきの「博多座」とはまた違った雰囲気がなかなかいいです。

さあ、公演です。2月は「大導寺劇団」です。最初は日本舞踊、次に演劇(演目は残菊物語)、最後に再び日本舞踊と1時から4時までたっぷり3時間楽しませてくれます。
公演が終わると出口に劇団員の皆さんが見送ってくれます。最後の最後までお客にサービスをしてくれる姿勢に心がうたれます。

宿泊もできるそうで、1泊のお客さんは、お昼の部(1時から)、夜の部(6時半から)と翌日のお昼の部と合計3回の公演を見てもいいそうで、当然3回の演目は違っています。
お風呂に入って、たっぷり3時間の公演で1200円は安いです。「ミス・サイゴン」の1/10以下です。
大道寺劇団のサポータ?(おっかけ)もいました。前の方に座っていた6?7名ほどのご婦人がペンライトを振っていました。

大衆演劇は初めての体験でした。感想は、一言で。。。。「ま、まいった!」



この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック