讃岐うどんツアー(1/2)

サッカーねたではありません。
14、15日の一泊二日で讃岐うどんをツアーに出かけてきた。

まず1店目は、うちの奥様の友人からおすすめの「手打ちうどん 渡辺」(香川県三豊町)
高速松山道さぬき豊中で降り、国道11号沿線沿いになるお店。場所はわかりやすい。

watanabe01.jpg

watanabe02.jpg

木の葉の形をしたエビ天うどんがおすすめという。奥様と娘はおすすめ品を注文。オッパーは別のものを、先のことも考えずに2玉をお願いした、でもあさりとお腹にはいる。

奥様が金比羅さまにお参りしたいというので、再び高速に乗り善通寺で降りる。

kotohira01.jpg

「しあわせさん、こんぴらさん」というコピーがいいです。

kotohira04.jpg

むかし、ご主人様の代わりに犬がお賽銭を首につけてお参りしたそうな。いい。

金比羅さん参拝後、さあ、2店目は参道で見つけた「てんてこ舞」

kotohira03.jpg

kotohira02.jpg

時間の関係であろうか、お店の名前のように、てんてこまいするほどお店のひとは忙しくはしていなかった。セルフサービスのお店であったが、お店の人がが親切に対応してくれたのが嬉しい。イイダコのテンプラというのがうまかった。

琴平町からホテルのある坂出市に向かう。翌日のこともあるので、泊まりは琴平町か善通寺市にしたかったが、どこのホテルの満杯であり、やっとのことでJR坂出駅の近所に見つけた。四国の田舎町であるから、ホテルくらいはすぐに予約できるだろうと高をくくって、出発4日前に探し始めたら、甘かった。四国のみなさんごめんなさい。
香川県は近畿文化圏、都会からの観光客が多いのでしょう。その上、最近は韓国、中国からの団体客が増えているようだ。

温泉にでも入ってゆっくりしたいと思ったが、予約したホテルには温泉がない。部屋のバスに浸かるというのは何か味気ない。JR坂出駅の観光案内所の方が、「さらい」というところをすすめてくれた。早めに夕食(うどんではない。はい)をとってに向かう。

sarai.jpg

できたばかりというので、綺麗でサービスも充実していた。会員登録をすると今日から会員価格になりますという。再びくることはないがお願いする。
サッカー代表戦が19:00からである。ホテルで見よう。間に合うか。トリニータからは誰も出てはいないが気になる。
おっと最後はサッカーねたになってしまった。


 

 

 

 

 

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック