FC2ブログ

ふかやー! 第6節、対川崎戦

4月12日(土) 第6節、対川崎戦。0-0で勝ち点1。

DSC_0185-s.jpg

暖かくなってきましたが、日が沈むとまだまだ肌寒く感じます。
今日は、2連勝のあと3連敗を続けている大分が勝ち点3を取りに川崎に挑戦します。

今日はBSでの中継があるからか、ピイチサイドに電光掲示板が置かれている。これ移動できるのですね。初めて知りました。田舎者のオッパーには目障りでしょうがなかったのですが、これが発する光はプレーのじゃまにはならないのでしょうか。

DSC_0178-s.jpg

さて、試合。
主審が扇谷さんときいて、不吉な予感がしたのはオッパーだけではなかったはず。偏見をもつのは悪いのだが。。。。

心配していた通りになった。我が深谷が14分、15分と立て続けにイエローをもらい退場となる。ゴール裏から見ていたのでよくわからなかったが、特に2枚目のものはそんなに危険なプレーだったのか。
今日は我が深谷にとってはJ1出場100回目の記念すべき試合だったのに。当然1枚目をもらった後は注意はしていたと思うが、ちょっとした判断ミスで本人にとっても、チームにとっても悔いが残ることになった。

思い出してみると、対川崎戦ではよく退場者がでる。
2006年7月、上本が退場、我が深谷が頭を切り、しテーピングをして走り回った。
昨年5月、川崎のジョニーニョが我が深谷の顔を肘でつき、2枚目のイエローで退場。そうそう、この試合は、大分が長いこと勝てなく川崎に2-0でようやく勝ち、試合後には我が深谷と福本が男泣きした試合であった。
どうも大分?川崎戦は退場者が出るのが当たり前になっているか。

1人少なくなった大分に対し、川崎の猛攻が始まる。我が深谷のところにはホベルトが、金崎も下がって対応をする。ずっと押されていたが、得点のチャンスもあった。特に後半ロスタイム、小林亮、松橋はおしかった。最後の最後で勝ったと思ったが。

今日は、西川や上本のプレーが光った。それに、1人少なくなったところを、選手全員がお互いにカバーし合い、集中力を最後まできらさなかったことは評価できる。引き上げていく選手の顔も明るかったので、次はいけるだろう。

・我が深谷の記念セレモニー、ゴール裏で幕の下にいたので見られなかった。残念。
・オッパーのシナリオでは、後半残り時間10分のところで、我が深谷が頭でコツンと会わせてゴール、選手、サポータが狂気乱舞するはずであったが。。。。
・扇谷さん、イエロー出し過ぎでは。両チームで合計8枚ですよ。あまり神経質にジャッジすると、プレーが止まってしまい面白くないのです。
・ウェズレイに対応していた井川、ちょっとプレーが。。。
・鄭の身体は大きい。しかも筋肉の塊のようだ。すごい。
・GKの川島(川崎の中ではオッパーが好きな選手)、大分の選手に気を遣ってくれてありがと。
・決定力のなかった川崎に感謝(川崎サポのみなさん、ゴメン!)。
・両チームに言えること、よく転ぶなあ。これでファールを取ろうとする戦術であるかもしれないが、何かすっきりしません。

最後に、我が深谷、不注意なプレーを非難されるかもしれないが、
   めげるな深谷友基!


この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック