美女は。。。

このところBlogの更新をさぼっています。
トリニータの宝物の選手は、他チームから取られるばかり。。。。。寂しいですね。気分が滅入ってくるばかりです。

で、気分転換に、昨年韓国で大ヒットした映画「美女はつらいの(カンナさん大成功です!)」を見ました。
Bijo.jpgこの映画、身長165cm、体重95kgもあろうかと思われる、もてない女性が、美容整形で165cm、45kgのみごとな美女の歌手に変身し、人生ががらりと変わったのですが、でも。。。という内容。
もともと日本の漫画「カンナさん大成功です!(鈴木由美子)」をもとにした映画だそうで、韓国における美容整形社会を痛烈に風刺した作品になっている。
物語はありきたりな話なのですが、韓国の人々(いや、日本人もか)の美容整形に対する、ホンネとタテマエが見えて非常に面白い作品となっている。

主役は、キム・アジュン(金 亜中)、今まで見たことのない女優さんであるが、演技がうまいし、歌唱力もある。映画の中で歌われる「Maria」はいい。最初、別人が歌っているものとばかり思っていたところ、キム・アジュン本人の歌という。すごい女優が現れたものだ。
整形前の太った女性も、キム・アジュンが特殊メイクをして演じたという。彼女はこの特殊メイクのままソウルの街を歩き、好奇な視線を浴び、役者づくりの参考にいたという。
また、この映画の主役選考の過程で、絶対に美容整形をしていない役者をという監督の強い希望で、最終的に彼女が選らばれたそうだ。多くの有名女優が選にもれたらしい。
ちなみに、アジュンは亜細亜(アジア)の中心という意味で、本名だそうだ。また、兄の名前は世界の中心ということで、世中(セジュン)というそうですよ。

相手役はチュ・ジンモ。この人は私の大好きな役者さん。日本ではあまり評判にならなかった韓国ドラマ「パンチ」でシン・ミナと共演していたし、「ファッション70's」でいい演技をしていた。

これからこの映画を見ようとしている人は、エンドタイトルが流れ始めたと言って席を立ったり、プレーヤーを止めてはなりませんよ。最後の最後まで見ないといけません。
さあ、美容整形についてどう思いますか。それは、タテマエ?、それともホンネ?
こういうラブコメを作らせたら、韓国は実にうまいですね。



この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック