FC2ブログ

第26節、対横浜FC戦

9月22日(土)、第26節、対横浜FC戦。2-0で大分勝利。これでホーム試合は3連勝!

9月も下旬と言うのに、残暑が厳しい。朝から日差しが強い。こんな日に13:00キックオフとは。。。。。
試合前、幼稚園生によるマスゲームがあった。子供たちが熱射病で倒れるのではないかと、そればかりが気になった。

IMG_1499-s.jpgさあ、こんな状況では今日は体力の消耗戦になる。そうなると、若手の多い大分の方が若干有利かも。おそらく前半20分以内におおよその決着がつくだろう。

前半戦、試合開始直後から大分の攻撃が続く。でも、どうしてもゴールできない。見ているほうもイライラしてくる。
以前、シャムスカ監督は言った。「こんな日は1日試合を続けても得点できないものです」
今日は「そんな日」なのか。どうも憑きに見放されている気がする。20分過ぎても得点できない

やっと31分、鈴木からのこぼれ球を高松がポコンとゴール。さすが高松である。いいポジションにいるし、落ち着いている。
42分、山崎が走りあがって会心のキックで2点目。山崎選手、2年ぶりのゴールと聞いた。いつもひたむきにプレーしている山崎である。このゴールは実に嬉しい。

後半戦、横浜FCがボールを支配している時間が多くなり、また両チームの動きも悪くなってくる。でも大分は少ないチャンスによくシュートをする。だが、ことごとく外してしまう。おそらく横浜FCのシュート数の倍以上はあっただろう。
きちんと決めて、5-0とか6-0にして欲しかった。

おっと、この暑い中、あの三浦知は90分戦った。体力もすごいし、プレーもやはりうまい。試合後も大分の選手達一人ひとりに丁寧に挨拶をしていた。やはり三浦知は何か違う。大分の選手も見習うべき。

さあ、これで取るべきところから3点を取った。次から対ガンバ、対浦和と強敵との戦いが続く。強敵を相手にすると、いい試合ができる大分である。上位2チームを食ってやろう。

 

 

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック