第24節、対甲府戦

9月2日、第24節、対甲府戦。

実質的な夏休み最終日。今日はパークプレイスでユニ姿をあまり見かけない。宿題の仕上げでちびっ子達やその親たちははサッカーどころではないのか。

IMG_1431-s.jpgさて、試合。
またまた試合開始後9分で失点。ああいつもの負けパターンかとがっくりくる。大分の選手達の動きが悪い。正直、大分の選手たちはいつこんなに下手になったのかと思った。

ところが、前半23分に高橋がゴールで同点に追いつく。とたんに大分の動きがよくなってくる。さらに、27分に難しい角度から梅崎が決め、逆転。
これから何とか大分のペースに持ち込み、高松が後半28分に、鈴木が41分PKで決めて、結局4-1での勝利。まだまだ不安が大きい試合展開であったが、逆転し、追加点も入れたことが大分にとっては大きな収穫である。

今日はブラジルデーであった。思い出したことがある。
昨年のブラジルデーは7月23日で対新潟戦。4-0で大分が勝利している。サンバのリズムを聴くと大分の選手達は奮起するのであろうか。(ふふふ)

IMG_1437-s.jpgところで我が深谷。
今日はバレーの後釜という甲府のラドンチッチ相手に苦戦していた。ラドンチッチはでかい。


ドームに深谷選手の貯金箱を展示してあった。傑作である。このところ、どうも本来の調子が出てないように見受けられる我が深谷を愛するものは多い。頑張れ!

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック