FC2ブログ

ガンバっち何?

28日の対ガンバ大阪戦が近づいてきました。楽しみでなりません。

今朝、トリニータ関連のBlogをいくつか見て回りました。28日は対脚戦と書いているBlogがあります。
何故、対ガンバ大阪戦を対脚戦と書いてあるのでしょう。わかりません。
すぐに、結婚して今は東京に住んでいる娘1にメールを出しました。「父上よ。そんなことを知らんの。ガンバっち、イタリア語で足ちゅう意味よ」と返事。
へーー、お前の父上は、たった今まで、「頑張れ!大阪」で、ガンバ大阪と思っていた。ああ!無知ほど恐ろしいことはない。

夕食時、まだ結婚もぜずにいる娘2に、威張って言った。「ガンバっち、足のことぞ」。それを聞いた娘2、「父上よ、そんなことも知らんじ、ようサポーターとか言えるなあ」とバカにされてしもうた。そうか、みんな知っちょるんじゃなあ。
サッカーは足でするから足でガンバか。もしかしたら、頑張れ!と掛けているかもしれない。(頑張れ!にまだこだわっています)

夕食後、これを書きながら思い出した(すぐに思い出せないのは歳がいった証拠)。
そう言えばEsperanto でくるぶしより下の足をpiedo(ピエード)と言い、ももより下の足をganbo(ガンボ)と言ったなあ。そうか、足の意味じゃった。納得。
でも、また、疑問が生じた。ならば、何故、足戦と書かずに、脚戦とかくのだろう。娘1、娘2よ、父上の疑問に答えよ。



さて、さて。
22日に対横浜FM戦で大敗したトリニータ。選手たちは元気を取り戻したのであろうか。暗?い顔で出てくるのではなかろうね。
勝負は時の運もある。あの戦い、決して強くない横浜FMが調子にのってのって大分に大勝利を納めたのです。大分にも同じような結果がでることもあろう。
トリニータは、地方で、お金も十分ない、若い経験の乏しいメンバーが多いチームです。負けて負けて、選手もサポータも悔しい思いを続け、時たま勝つ。これがいいのです。

さあ、28日は九石ドームで、ガンバの意味も知らずにいた、にわかサポータが、また、「GAOLだ!深谷友基」のゲーフラ上げて応援します。見かけたら、「おいさん、がんばちょんな」と一声かけてください。
おっと、この日、ガンバ大阪宮崎綾町キャンプ見学のとき、たまたま知り合いになった親娘に九石ドームで再会の約束をしています。これもまた楽しみです。

この記事へのコメント

オッパー : 2007/04/28 (土) 09:13:14

>りすがりその2ガンバサポ さん

コメント、ありがとうございます。
今日は、マグノが見られることも楽しみです。ガンバに行ってもずっと応援を続けています。
でも、どうか今日は強烈なシュートを遠慮して欲しいです。他のチームとの対戦でゴール数を伸ばしてください。お願いです。

9/29の対ガンバ戦には大阪まで出かける予定です。よろしく。
今日はお互いにいい試合が見られますように。

通りすがりその2ガンバサポ : 2007/04/28 (土) 07:20:41

トリニータは西川選手がすきです。
ガンバを愛する気持ちがあるから対戦する相手のサポさんの気持ちもわかります。
マグノの事、、、西川選手の怪我のこと、、、
移籍後応援していた選手が相手のユニをきているのは複雑です。
活躍してほしいけれどなんか釈然とせず、、、
分かれた連れ合いが再婚したのを観るような、、、

わかったような顔するなとお怒りにならず両チームがそれぞれ良い試合をできますように、、、

オッパー : 2007/04/27 (金) 20:36:39

>通りすがり さん

コメントをありがとうございました。
そうですか。やはり、「脚」と「頑張る」をかけているのですね。

トリニータのサポータは対ガンバ大阪戦はちょっと複雑な心境になるのです。トリニータサポーターのみんなが、今でも愛しているマグノがいるのです!


通りすがり : 2007/04/27 (金) 09:02:08

はじめまして。ガンバサポですが。
ガンバは「脚」の意味ですが、ちゃんと「頑張る」ともかけています。
オフィシャルにもそう書いてます。
間違いではないですよ。
28日は勝ち点をいただきに参ります。

管理人のみ通知 :

トラックバック