トリニータ、第6節対FC東京戦

4月15日、対FC東京戦

アカメガシワの新芽が奇麗です。ウツギの花も咲き始めました。サッカー観戦にはいい季節がやってきました。

IMG_1033-s.jpg今日は、サッポロビールサンクスデーである。この行事の時はトリニータは負けたことがないという。
そう言えば、昨シーズン、松橋章がビール1年分をゲットした記憶がある。

 

さあ、今日こそFC東京をコテンパーにやっつけて、ビールを美味しく飲もうと期待も大きい。
スタンドはブルー一色、ビッグフラッグも上がる。オッパーも我が深谷のゲーフラ上げる。
さて、試合は。。。。



IMG_1036-s.jpgトリニータはケガ、故障でベストメンバーを組めない、一方、FC東京もU-22の関係でこれまた主力メンバーを欠くという。
それにしても、スコアレスドローとは。。。 
ジンクスどおり負けはしなかったが、なんともふがいない。

 

試合はずっとトリニータのペースで進む。試合開始の早い時期で松橋章のいいプレーが見られたが、ゴールにならない。このところ、こういうパターンが多い。早い時期、ここで1本キチンと決めておけば、調子に乗ってくるであろうに、どうも決定力に乏しい。
試合日程がつんでいるので、松橋章、高松がかなり疲れていることはわかる。でも、日本代表にも選ばれた2人、ここぞという時にピシーッと決めて欲しい。シュートの数はトリニータが圧倒的に多いはず。
プラチニは今日はボールを前線に上げていたが、ゴールにつながらない。西山も何回もコーナーからいいパスを出すがうまくいかない。

後半戦、FC東京のワンチョベが出てきてから、少しづつ流れが変わってくる。金崎からみごとはパスが高松へ。高松、しっかりして!
試合終了近くになってくると、FC東京の猛攻が始まる。と、同時にトリニータの動きが落ちてくる。ああ、最後の最後になって、得点されるかと、ハラハラしたが、ベテラン下川の好セーブが続き、なんとかドローに持ち込んで試合終了。
コテンパーにやっつけるつもりが、意外な展開の試合であった。

 

・勝ち点3を取れそうな時には確実にとっておかないと、後が苦しい。
・自分の役割を確実に果たして欲しい。FWはFWとしての仕事を。DFはDFとしての仕事を。どうも、このあたりが曖昧になっている気がしてならない。
・助っ人達(特に外人助っ人)はどうしたのだろう。今期、今のところ何の補強にもなっていない。このままでは名前も忘れてしまいそう。
・藤田の結婚を勝利でお祝いしたかったのに。藤田、頑張れ!
・ベテラン下川のプレーに感動。
・ワンチョベ、今野、福西はなかなか横着振り(ゴメン!)がいいなあ。

さあ、次は、対横浜Fマリノス戦。確実にいただきましょう。

 

 

この記事へのコメント

オッパー : 2007/04/18 (水) 19:15:18

写真は4月15日の対FC東京戦の際、ゴール裏からバックスタンド方向を撮ったものです。スポンサーのMARUHANとBOWSに感謝。

記事のタイトルバックは、胸スポンサーにMARUHANは好ましくないなどと言うサッカー協会に抗議の意味こ込めてMARUHANのマークがわかるようにしています。

娘。1 : 2007/04/16 (月) 23:20:07

トップの画像いいやん!
あとな、「コテンパー」じゃなくて
「コテンパン」やと思うに。

管理人のみ通知 :

トラックバック