ナビスコカップ、対FC東京戦

4月4日。ナビスコカップ、対FC東京戦(ホーム)

IMG_0983-s.jpg寒い。花冷えにしては寒すぎる。
19:00キックオフだが、今日は勤務時間が終わると同時に退社をする。九石ドームまで10分ちょっとで到着。いい場所に会社がある。E駐車場はまだ一杯空いている。みんな、勤務が終わり次第駆けつけるのであろう。

 

ウィークデーでありながら、東京から結構な数のFCのサポーターが来ている。学生が多いのであろうか。

 

試合前の練習、選手達が出てきたところで、我が深谷のゲーフラを高く掲げた。今日は深谷は気がついてくれるか。
お、見た! これで今日も確実にパワーが注がれたはず。深谷がこっちに走ってきてくれた。サインボールを投げてくれる。ところが両手がふさがれているので、受けることができない。隣にいたうちの奥様もとっさのことでうまく対応できず、真後ろにいた男の人が取ってしまった。残念。さあ、深谷、今日もGOALだ!

 

さて、試合。



出場停止、故障者、疲労それに試合日程などを考慮してか、監督は森重、プラチニ、金森といった若手を起用してきた。チームによっては、ナビスコ戦に手を抜くところもあるように聞いているが、今の大分にはそんな人的な余裕はない。また、今日勝って予選突破したいところ。シャムスカ監督の深い考えがあってのことだろう。かえって若い力で面白い試合展開になるであろうと予想したが。。。。

 

開始直後の松橋のゴールが決まっていれば、その後の展開もずいぶん変わっていたはずだが、前半はほとんどFC東京のペースで試合がすすむ。マラニョンと森重の連携がうまくいかない。サイドからのパスもあがらず、攻撃の組み立てができていない。何でもないところでパスがカットされる。パスが前線に上がってこないので、シュートもできない。40分にルーカスに1点入れられる。

 

IMG_0986-s.jpg後半、高松、西山のベテランの投入でちょっとは大分らしくなった。高松の影響は大きい。チーム全体がピリっとしてくる。でも、流れは変わらず、おされぎみ。西川の好セーブもあり、幸い追加点はなし。0-1で完敗。
FC東京もそんないいい動きはしてなかったが、それに大分のできが悪かった。悔しいが、今日は金崎と森重の姿を初めて90分見たし、最後になって、松橋章太と松橋優の兄弟のFWも見たので、これでよしとしよう。
寒い中、東京から遠く大分まできた、FC東京のサポータ達に3点のお土産だ!

 

今後も大分は状況によっては、今回の前半戦のメンバーで闘わねばならない事態に陥ることも十分予想される。若手選手は、試合の分析を十分にし、今日の負け試合を無駄にしないで欲しい。
さあ、次は対清水戦。昨年は1-4で大敗しているので、8日は4-0でお返しだ!。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック