FC2ブログ

ナビスコカップ、対横浜FC戦

3月21日、ナビスコカップ、対横浜FC戦

IMG_0926-s.jpg

暖かい日差しの中を九石ドームに向かう。今日は、負ける気がしない。

 

今日は、キングカズと久保を見たいものだと、余裕である。
横浜の選手たち、ピッチに出る時、全員整列してサポータの前にたち、挨拶をするのですね。いい。横浜のみなさん、遠いところからご苦労様です。

 

結果は1-0で大分の勝利。前半26分、根本?松橋章?高松で先制の1点。西川の好セーブが光り、無失点でゲーム修了。

17歳の古手川が先発、ちょっと遠慮していたのか自分の力を十分発揮できなかったようだ。後半は18歳のムウが登場。味方や相手の動きをよく読んで動いている。将来トリニータを背負って立つ人材である。17歳、18歳の選手が出たので、横浜FCの40歳のカズと競って欲しかったが、ピッチ上のカズを見ることはできなかった。久保のあの1本のシュートは敵ながらすごかったが、守護神西川がいた。

 

試合終了後、大分のサポータから小山コールがわき起こった。



IMG_0927-s.jpg小山、トリニータが一番厳しい時期にいた選手。

多くのサポータは小山のことを覚えているし、感謝もしている。
小山もそのコールに答えて、大分のサポータの前まで走って来てくれる。いい。いくら敵側の選手でも、こういう形で感謝と励ましの大きな声援を送ることのできる大分のサポータは最高である。

今日の試合、一番大きなコールを受けたのは、敵チーム、横浜FCのGK小山であった。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック