fc2ブログ

[トリ]ボロ負け。J2第04節、対長崎戦。1-4。

3月12日(土) J2第04節、対長崎戦。1-4。

2017年5月以来の対長崎戦参戦です。
対長崎戦と言えば、駐車場、スタグル、試合結果のどれも芳しい思い出はありません。
さて、今シーズンはどうなることか、、、。

この5年間で、長崎サポが増えましたね。おまけに皆さんの表情が生き生きとしているように感じました。
そりゃそうでしょう。2024年には700億円かけたサッカー専用スタジアムが完成するらしいもの。


20220312-111450-0_ss.jpg 20220312-111410-0_ss.jpg


5年前とスタジアムの名前は変わっていません。
ホーム側バックスタンドには相変わらずです。電光掲示板?どころか、時計させもありません。
せめて時計だけでも設置して欲しいです。
スポンサーは大分に比べると多いですね。しかも、有名企業がたくさん。
ジャパネットの力は大きいです。


20220312-121434-0_ss.jpg 20220312-121423-0_ss.jpg


ヴィヴィくんととニータン。


20220312-111206-0_ss.jpg 20220312-132143-0_ss_202203131403511da.jpg


長崎のゴール裏とアウェイトリニータ席。
大分サポは1000人を超えているでしょう。密です、大丈夫かなあ。
アウエイ側エリア、もう少し広げてはもらえないのでしょうか。


20220312-130939-0_ss.jpg 20220312-131302-0_ss.jpg

さて、試合。
ありゃ、呉屋は帯同していません。古巣相手に「お礼ゴール」を期待していたのに。

試合開始早々7分、三竿がうまいクロスをあげる。そこに飛び込んできた長沢が低い位置から頭で合わせてゴール。
ところが、このわずか2分後、あっという間に追いつかれたしまった。
この長崎の3人の連携したプレーは敵ながら見事。特に2人のブラジル人選手はうまい。大分はこの3人を全くフリーにしていた。

1-1になった後、大分に不運が。
45分、ゴール裏席から見ていて、何か揉めている。
席の前にいたお兄ちゃんがスマホを見ながら、「ペレイラがゴール前でハンドを取られ、PKだそうです。でも、これハンドではないですよ」と教えてくれました。
かなり長い時間グズグズしている。
こういう時、主審にいくら抗議しても一旦下された判定はくつがえないだろう。おまけにJ2にはVRもない。
さっと、後はGK高木に任せて、入れられたら全員で2点は取り返すという位の気持ちに切り替えたほうが良かろうに。
今日の1-4というボロ負けの原因は、「あれは誤審だ」という何かモヤモヤとした気持ちがずっと大分の選手あったことだと思う。
大分の選手たち、ちょっとメンタルが弱いのでないか。

後半戦はもう、、。
試合終了間際には、ゴール前にボール放り込むシーンが何度も見られたのは確か。
でも、前半戦も後半戦も自陣でパスを回す場面が多い。前に広いスペースがあるのにドリブルで駆け上がることもない、大きくサイドチェンジすることも少ない。
後ろの方にいたトリサポが「おいおい、試合中にショートパスの練習かよ」と言っていた。
大分の選手の皆さん、「勇気を持って、前を向き、突き進め!」

やはり、対長崎戦はうまくいかない。
帰りの車の中で思い出しましたよ。前回来た2017年5月17日の試合を。
大分が先制したしたものの、後半PKで2本取られ1-2の逆転負け。
逆転のPKは試合終了直前。GKの上福元はこのPKを弾いたのだが何故かゴールとの判定。
審判団が引き上げる時、大分のゴール裏から大ブーングの起こった。

今シーズン、ホームでの対長崎戦でも何が起きそうな予感がする。大分にとって良い結果となるといいが。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック