勝つ気はあるのだろうか。対愛媛FC戦

勝つ気はあるのだろうか。対愛媛FC戦

IMG_0797-s.jpg

今日はちょっと冷たい風が吹いている。まだ2月であることを考えれば当然か。
一人で大分スポーツ公園に向かう。奥様にも、娘にも振られたしまった。公園まで約40分。こういう時には好きなCDを聞きながら走るに限る。今日は、ニュージランドの歌姫と言われるヘイリー・ウェステンラのPureをセットする。いい。

 

センターライン延長線上のバックスタンドに陣取る。練習試合の見学はいい。やみつきになりそう。わが深谷が目の前にいる。声をかけたいが我慢である。

練習試合というのに、アナウンスもある。「GK 1番 シュウサク ニシカーワー」に拍手がわく。



14:06、試合開始。あれ、娘が来た。奥様も。2人とも、用事を早めに切り上げて高速を飛ばしてきたという。ああ。
愛媛FCにはレンタル中の内村がいる。元気がよさそうで安心する。
今日は高松も入ってのベストメンバーであったのに、愛媛に先制される始末。その後、ルイス?高松で1点を返すがすのまま。結局1-1のドローとなる。
愛媛の動きの方がいい。非常に攻撃的なゲームをしている。大分は期待のFWセルジーニュの動きがいまいち。ほかも、サイドパスやバックパスが目立ち、前線にボールがいかない。得点に結びつくような展開があまりない。何か淡々と試合をしているだけのように感じた。昨年調子のよかった時に見られた積極的な攻めがみられない。
愛媛がうまいのか、大分が下手なのか。

 

これでは、公式戦での勝利は無理だろう。練習試合でもやはり勝って欲しい。J1のプライドをかけて積極的に闘ってほしい。今日の試合、勝とうとする意欲が薄かったようである。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック