宮崎キャンプ見学(17日午前):綾町へ

宮崎キャンプ見学(17日午前):宮崎県綾町へ(マグノに会いに)

IMG_0690-s.jpg2月17日(土)、今日、最初の目的地である宮崎県綾町に向けて、5:00自宅出発、約4時間の予定である。

 

この日、大分トリニータとガンバ大阪の練習試合が予定されていたのに、いつの間にか予定変更になってしまった。マグノにも合えると思っていたのに残念である。でも、やはりマグノを見たい。

 

小雨の中を、延岡市、日向市、西都市経由で綾町へ。予定通り9:00、綾町酒泉の杜に到着。朝早いのでお客さんの姿はほとんどない。駐車場ににガンバの車を発見。間違いなくマグノはここにいる。

 

 

 



ここには10年前来たことがあるが、ほとんど変わっていない。まさか、サッカーのために再びここに来るとは思ってもみなかった。ワインや焼酎の試飲ができるところもあるが、ここは我慢するしかない。
雨が強くなってきたので練習試合は中止になるかもしれない。ガンバの選手達が宿泊しているホテルのフロントに今日の予定を聞きに行く。変更はなし。ここで、鹿児島からガンバの応援に来たというお年寄りとその娘さんに出会い、すぐに親しくなる。是非、九石ドームに大分トリニータの応援に来て下さい。鹿児島出身の上本大海選手もいますとアピール。鹿児島からの交通アクセスを教えてあげる。「トリサポは一人ひとりが営業マン」(オッパー作)

 

ガンバとベルディの試合は13:00から、まだ時間が相当にあるので、照葉大吊橋に向かう。雨のため雲が低い。ここで照葉樹林帯と照葉樹林文化について車内講義が始まる。奥様と娘は迷惑そう。吊橋の一部がシースルーになっていて、ここは足がすくむ。
再び綾町中心部に帰り、綾城周辺の観光をする。昼食の時間となるが、適当なところを見つけることができない。町内をうろうろしていると、ヴェルディの選手たちを乗せたバスに出会う。間違いなく試合はある。急いで「綾てづくりほんものセンター」で、新宮崎県知事に敬意を表し、地鶏の炭火焼き、てづくりおにぎりを買い込み、錦原運動公園サッカー場へ。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック