FC2ブログ

[旅行]インド・ラダックへ行ってきました。(3)

7月8日(月) 第2日目(その1)

今日の予定:デリー→レー→アルチ(泊)

デリーのホテル(アショカカントリーリゾート)での滞在時間はわずかでした。
ホテルの電源はBタイプ。トイレに見慣れない装置が。当然、使ってみましたよ。いいねえ。(笑)


20190708-034636-0_ss.jpg 20190708-034723-0_ss.jpg


04:30ホテル出発。簡単なお弁当を受け取ってデリー空港までバスで。

デリー空港は警戒が厳しい。インド軍が支配しています。
銃を担いだ兵士の姿など日本では見ることもないので緊張してします。でも、威圧的な感じはしません。
空港内に入るにもパスポートとeチケットが厳しくチェックされます。

空港付近は昨日とうって変わって、こんな早朝にもかかわらず人がいっぱいです。うーん、やっとインドらしくなってきました。
スマホやバッテリーをキャリーバックに入れないようにして、エア・インディアのカウンターでチケットを発行してもらいました。
エアーインディア AI-0445便。義弟に追跡を頼んでいます。
カウンター係の人(男性)から、氏名や搭乗口番号の確認を求められ、最後に、チケットの右下にサインをしろと言うのです。
他の同行者の者はサインなどしなかったと言います。
「何か難しい人と思われたのじゃないの」と同行者から冷やかされてしまいました。

ここでデリーからのガイドのビジャさんから、私が右手首にしている時計を見つけられました。(笑)
「ははは。アップルウオッチのまがいものです」と言うと、「私も全く同じものを付けている」とビジャさん。
「ビジャさん、いくらで買った?」と私。「日本円にして2100円!」とビジャさん。
負けた。私、アマゾンで4000円で買ったもの。
それから、ビジャさんとスマホアプリやネットについて話る、語る。いいねえ。話が合う。

さて、財布、デジカメはリュックの中に、スマホ、タブレット、バッテリーは外に出して手荷物検査を受けます。
この時、ベルトも外すようにと係官が指示しています。身体検査はちゃんと男女別になっています。

ここでハプニングが。X線検査装置から出た私の手荷物にベルトがありません。確かに、スマホと一緒のカゴに入れておいたのに。
ガイドのビジャさんも係官も探してくれるのですが見つかりません。
ところが、係官の手元にあるカゴに1本のベルトが残っています。
どうもだれかが間違えて私のを持って行ったようです。仕方ありません。
係官もこれを持っていけというし。見た目、私のベルトより高価そうに見えるのです。ラッキー。
ところが、このベルト、見掛け倒しでした。すぐに表面が剥がれしまいました。うーん、損した。(笑)
手荷物検査、イヤですねえ。中国では財布が行方不明になりそうだったし、、。

空港内のオブジェ。ヨガの基本を表しているそうです。


DSC03495_ss.jpg 20190708-053955-0_ss.jpg


レー空港行きの搭乗口まではは遠い、遠い。かなり歩かされました。
おまけに、搭乗口が3回も変更になりました。

私の座席は左側の真ん中の。窓側は地元の若者。
昼間ですし、外の景色を撮りたかったのですが。若者のお願いして変わってもらえばよかった。ずっと眠っていたし。

07:10 軽食が出てきました。マンゴージューズと水だけをいただきました。
この小さなペットボトルがいいです。


20190708-062429-0_ss.jpg 20190708-071049-0_ss.jpg


それでも無理して外の景色を。もう二度と撮る機会はありませんから。


20190708-074153-0_ss.jpg 20190708-075336-0_ss.jpg


08:00 レー空港着。
軍事空港ですから、撮影は禁止と聞いていましたが、みなさん遠慮なく撮っています。私、ちょっと遠慮しながら、、。
滑走路は石がゴロゴロした河原をブルトーザーが一直線に走り、その後、コンクリートを流したという感じ。
駐機場の向こうの方には大型輸送機とヘリコプターが停まっていました。
強大な軍事空港です。飛行場の建物は極めて簡素です。
多くの予行者はこの建物の中で、レーに入るための書類を書いています。私達は前日デリーのホテルで作成済み。
ガイドさんが書類を持って手続きをしてくれました。うーん、厳しいです。


20190708-081020-0_ss.jpg 20190708-081047-0_ss.jpg


20190708-081157-0_ss.jpg 20190708-083921-0_ss.jpg


空港の建物を出ると、現地(レー)のガイドさんと3人の運転手さんが迎えに来てくれてます。
私達ツー参加者7名+添乗員さん+デリーからのガイドさん(ビジャさん)+現地ガイドさん+運転手3人=13人が3台の車に分乗して、空港を出発です。

まずは、アルチのホテルに向かいます。
インド・デリーの標高220m、レーの標高3500m、アルチの標高3200m。
高地への順応のため、少しでも標高の低いアルチで2連泊します。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック