FC2ブログ

[日々]「継続は力なり」というけれど、、。

昨日(7月15日)の夜21:30過ぎに、無事にインド・ラダックの旅から帰ってきました。
当初は14日の夜に帰宅のつもりでいましたが、何と予約していた14日夕方の便が欠航という事態になり、後泊までするはめになってしまいました。(ははは)

今日、このBlogをみたところ、更新が長いこと滞っています。
Blogは自分の忘備録として始めたものですが、私の「生存証明?」にもなっている面があります。
ずいぶん長い間更新をしていないものですから、友人たちから「生きてるか?」、「病気でもしていのではないか?」とメールもいただきました。気にはなっていたのですが、、、・スミマセン。ちゃんと元気にしています。
「継続は力なり」とよく言われますが、なかなか、、。


更新をサボっていた理由はいくつかあります。はい言い訳ですね。

言い訳 その1:草刈りに追われてました。(夏近くになると、雑草の成長がとたんに早くなってきます。草刈りが追い付きません。これ、相当に苦し言い訳です。)

言い訳 その2:大分トリニータの試合が多くありました。(公式戦にルヴァン杯に天皇杯まで。ホームで行われた試合には全て参戦しています。)

言い訳 その3:大分トリニータのアウェイ試合は、4/20の対G大阪戦、6/22の対神戸戦に参戦してきました。(試合前日は当然必勝祈願、試合後には反省会として飲みますから2泊3日の旅になります。)

言い訳 その4:5月には大切な東京の孫の運動会にも行ってきました。

言い訳 その5:4月末位から、6mのEsのシーズンに入りました。(FT8モードのおかげで、海外局との交信もチャンスがあればできるようになってきました。)

言い訳 その6:「八九六四」(安田峰俊 角川書店 2018年)を読んでから、「北京の長い夜」、「天安門文書」、「趙紫陽 極秘回想録」を読み続けていました。この安田峰俊氏の他の本も面白いものがいっぱいありました。

おそらく、この言い訳6が、Blog交信サボりの最大の原因だと思っています。

さて、気を取り直して、明日からインド・ラダック行きの記録を書いていく予定ですが、いつ終わるかなあ。
来週には夏休み入った東京の孫が帰省し、8月中旬までこの田舎で過ごします。そうなると、孫中心の生活になるなあ。

ああ、やはり、一日が24時間では足りないのです。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック