FC2ブログ

[日々]すっきりしない時には本を読もう。

3月4日(月) 何か気持ちがすっきりしません。
原因はわかっています。ははは。

こんな時には本を読むのが一番です。
今年1月、ヤフーオークションでいいもの買っておきました。

内田樹の本5冊で1000円!
ノア・ハラリの「ホモ・デウス」上下2巻で3200円!


20190304-115712-0_ss.jpg 20190304-115823-0_ss.jpg


早速入札。競争相手もなく2品とも落札。嬉しいねえ。
でも、古書で買ったら、2人の方には印税が入らないのです。
スミマセン。でも、年金生活者は経済的に苦しいのです。お許しください。

内田樹の本はたくさん持っています。
読みやすいのです。論理がスキッとしているせいでしょう。
大学や大学院での講義や講演を録音したものに少し手を入れて出版しているからかもしれません。
反面、著作数が多いのです。
全部読もうとしているのですが、まだなかなか。

今回ヤフオクで買ったものでは「街場の読書論」は文庫本で持っており、すでに読んでいます。
先生の「街場の~論」は多いのです。

で、昨夜から「街場の文体論」を読み始めました。
第一講は、「言語にとって愛とは何か?」と、、、。
あれ、昔、昔、「言語にとって美とはなにか」という本があったなあ。確か、吉本隆明だったかな。
学生の時に読んだという記憶はあるものの、もう内容はすっかり忘れています。

さあ、しばらく楽しめそう。

「ホモ・デウス」はすでに1月中に読み終えています。
前作の「サピエンス全史」よりもはるかにいいと作品と私は思っています。
この本についてはまた別の機会に。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック