[旅行]高松、丸亀、直島に行ってきました。(2)

7月29日(土) 今日の予定は、

(1)高松空港に妹夫婦を迎えに行く
(2)うどんツアー
(3)対讃岐戦参戦

08:00 ホテル発。明日利用する高松港フェリー乗り場周辺を周って高松空港へ。
昨日から気が付いていたのですが、高松は路上駐車が多いです。また、車線変更の時、急角度で前に出てきますし、横断歩道でもないところを平気で渡る人が多いです。
他所から来た者にとっては驚きです。高松市内は運転に気をつけないと。

08:40 高松空港着。
時間があったので、空港内のインフォメーションでおすすめのうどん屋さんを教えてもらいました。
親切に対応して下さった2人のお嬢さん、ありがとうございました。サッカーの話までもしてしまい、すみません。

09:10 妹夫婦着。
うちの奥様はトリニータのタオマフを掲げて出迎えます。たくさんのトリサポが降りてくると思っていたのですが、、。
インフォメーションのお嬢さんが写真を撮ってくれました。お名前はわかりませんが、本当にありがとうございました。

20170729-0004.jpg 20170729-0008.jpg


さあ、うどんツアーに出発です。
妹が空港の近くに「石丸製麺」というところがあるというので、早速行ってみることに。

あ、何か変。
「うどん屋」さんではない感じがします。思い切って玄関ドアを開けてみると、、。
そこは何か会社の事務室のような、、。
事務室です。間違いなく。
その時、20~30人ほどの人が全員立ち上がって、頭を下げてくれたのです。びっくりしました。

ここ、まさしく「石丸製麺」という名前どおり、麺をつくる有名な工場なのです。
若い男性職員の方が対応してくれ、上司と何か話しています。
「いいですよ。ご案内しましょう」と。
予約もしていない、しかもトリニータユニ着た怪しい4人を実に丁寧に案内をしてくれました。
うちの奥様が言うには、トリニータのユニを着ていたからだそうです。はい、自己中です。

この「石丸製麺」、手打ちの麺づくりを、機械化し大成功を収めた会社なのです。
各部所で働いている人たちは私たちを見つけるとみんな立ち上がって丁寧に頭を下げてくれます。
なかには手を振ってくれる方もいます。この会社、すごいです。
出来上がった製品を直売するところがありましたので、今回のお土産としてたくさん買い込みました。
見学が終わって、案内の方が言うのには「実は普通土曜日は休業日なのですが、今日はたまたま操業していたのですよ。うちもカマタマーレのスポンサーになっています」と。トリニータユニ、わかっていたのかなあ。
うどんツアーを計画されている方、是非立ち寄ってみるといいですよ。前もって予約を入れて。(笑)
あ、工場内の写真は撮っていません。

20170729-0010.jpg 20170729-0011.jpg

20170729-0015.jpg 20170729-0019.jpg


うどんツアーも今回で3回目。できるだけ行ったことのないお店を体験する予定です。
「石丸製麺」から丸亀市に向かいながら、、。
まず、1店目は「もり家」に。
ここは人気店で毎日行列ができるそうです。私たちは時間が早かったせいかすぐに店内へ。
ほぼ満席のようです。私は好物の釜揚げうどんを。つけ汁が美味しいです。
2~3杯は軽くいけそうですが、後があります。
お店を出るときには行列が出来ていました。

20170729-0021.jpg 20170729-0024.jpg

20170729-0025.jpg 20170729-0026.jpg


続いて2目店。「長田 in 香の香」
ここ、釜揚げうどんで有名ですね。以前来たことがあります。
つけ汁の入れ物が独特です。取っ手にVVFケーブルを使っています。
このお店でトリサポさん2組にお会いしました。

20170729-0034.jpg 20170729-0029_20170802103427fcb.jpg

20170729-0032.jpg 20170729-0031.jpg


腹が満ちてきました。
今夜のホテルはPikaraスタジアムの近くです。ホテルに向かう途中、77番霊場と76番霊場にお参りができました。
77番霊場は道隆寺、大きなお寺さんです。御朱印をいただきました。

20170729-0040.jpg 20170729-0039.jpg


続いて近くにあった76番霊場へ。金蔵寺です。
ここで御朱印をいただく時に、お坊さんから「社員旅行ですか」と聞かれました。
ユニフォームの胸の「ダイハツ九州」を見たからでしょう。
「いえいえ、今日はカマタマーレ讃岐戦のために大分と東京から応援にきたのです」と答えると、、、
「会社から旅費が出るのですか」と、、。
いろいろと楽しくお話ができましたが、地元にサッカーチームがあることがまだ十分知られていないようです。

20170729-0043.jpg 20170729-0044.jpg


この金蔵寺には四国八十八ヶ所お砂踏み道場があります。
実際に八十八ヶ所を巡ることが出来なくても、巡ったと同じご利益があるのでしょう。
当然、丁寧にお参りさせてもらいました。

20170729-0047.jpg 20170729-0045.jpg


15:00 ホテル着。
このホテル、Pikaraスタジアムに近いせいかたくさんのトリサポが泊まっています。
競技場の開門は16:00ですから、ちょっと部屋で休憩してあるいてスタジアムに向かいます。

20170729-0048.jpg 20170729-0049.jpg


試合は1-0で大分トリニータの勝利。

20:30 祝勝会はホテル前のちょと雰囲気のいいお店で。
あれ、また写真をとるのを忘れている。
讃岐のサポの方が何組か来ていましたが、会釈をするだけにしておきました。

明日は、高松港付近の駐車場に車を預けて、フェリーで直島に渡ります。

[旅行]高松、丸亀、直島に行ってきました。(1)

7月28日(金) 7/28~7/31の3泊4日で高松し、丸亀、直島に行ってきました。

今回の旅行の目的は3つ。
(1)うどんツアー
(2)大分トリニータ第25節対カマタマーレ讃岐戦の応援
(3)アートの島 直島観光

7/28(金) 15:00 佐賀関港発のフェリーで三崎港まで。
三崎港から八幡浜を抜けて大洲から松山自動車道に。保内から378号線を走って伊予で高速に入るルートはまだ利用したことがありません。

20170728-0005.jpg 20170728-0004.jpg


途中、伊予灘PAで休憩。水分補給です。
このPA、「恋人の聖地」だそうですが、高齢者には関係ないです。(笑)
こういう場所、いろんなところにありますね。何かのモニュメントと鍵をぶら下げる場所がセットになっています。
韓国でも台湾でも見ましたよ。どこが発祥地なのでしょうね。

20170728-0009.jpg 20170728-0011.jpg


20:00 予定どおり高松駅前のホテル着。
カーナビは目的地に着きましたというのですが、ホテルが見当たりません。ホテル指定の駐車場もわかりません。
仕方なくホテルに電話すると、丁寧に教えていただきました。
なんと電話した場所が駐車場の入り口でした。気がつかないということはこう言うことなのですね。(涙)
(教訓)車で行ったので街の中心部にあるホテルでなくてもよかった。郊外の方がよかったかも。

ホテル(今夜も格安ビジネスホテルですぞ)に荷物を置いてすぐに居酒屋を探します。生ビール、生ビール。
近くに焼き鳥専門店あります。いいねえ。
私たち夫婦の定番です。安いビジネスホテルに泊まって近くの居酒屋で食事。
地元の美味しいものを食べられますし、第一気楽でいいです。

ところが今回の居酒屋は、、。
あえて店名は書きませんが、売り物にしているはずの焼き鳥がひどかった。
生暖かい焼鳥が出てきました。冷凍したものチンしたものかな、(涙)
おまけに最初に注文した焼き鳥が最後まで出てきませんでした。
「あの、○○まだ来ないのですが」と聞くと。
「あ、それ時間がかかるのです」とつれない返事。調理場に確かめもしません。
注文して約1時間もかかるようなものではないでしょうに。
それに支払いの時、出てもない焼き鳥の料金まで含めて請求してくるのです。
注文品を出したか、出さなかったのかのチェックもしないのでしょうか。
焼き鳥以外のものは美味しかったのに残念でなりません。
あ、料理の写真をいくつか撮り忘れている。

20170728-0012.jpg 20170728-0013.jpg

20170728-0014.jpg


さあ、明日は09:00に高松空港に妹夫婦を迎えに行って、うどんツアーをし、対讃岐戦に参戦します。
対讃岐戦参戦のためには、当日29日(土)出発で十分間に合うのに、あえて前日の28日(金)出発にしたのはこの「お迎え」のためなのです。(笑)