[日々]孫の運動会に行ってきました。(5)

5月30日(火) 今日は終日うちの奥様と別行動です。
奥様はどこかこじゃれた街に行って、お土産を探すのでしょう。
お土産、いくら買ってもいいですが、手荷物になるのはいやですから、宅配便で送ってもらうようにお願いしました。(笑)
私は上京した時の定番、上野の国立科学博物館→秋葉原電気街→神保町古書街コースへ。

国立科学博物館で特別展として大英自然史博物館展が開催されています。
入場料は1600円。これで常設館(地球館、日本館)も入れます。
常設館だけの入場であれば65才以上は無料ですので、私無料で入場できるのですが。
特別展の割引はありません。(笑)

20170530-0027.jpg 20170530-0028.jpg


特別展、意外に年配者の入場者が多いのです。また、不思議な事に中国人のカップルが目立ちます。
展示物の写真はフラッシュ撮影をしない限り自由に撮っていいそうです。

「二名法」を考えたリンネの本「自然の体系」、初版本なのかな。

20170530-0003.jpg 20170530-0004.jpg


ダーウィンの業績を紹介するコーナー。
ガラパゴス島のゾウガメやフィンチの剥製がありました。

20170530-0005.jpg 20170530-0006.jpg


おお、始祖鳥の化石がある。本物なのか、レプリカなのか説明がありません。

20170530-0010.jpg 20170530-0009.jpg


人類の進化研究上の汚点であるピルトダウン人の展示もしっかりとしてありました。
そのほか、植物や鳥類、魚類、昆虫類などの図鑑類、ウォーレスがダーウィンに出した手紙などの貴重な文献をたくさん目にすることができました。

20170530-0011.jpg 20170530-0012.jpg


さあ、次は常設館へ。ここ何度来ても飽きません。

20170530-0014.jpg 20170530-0016.jpg


ノーベル賞を受賞した利根川進博士の論文です。

20170530-0019.jpg 20170530-0018.jpg


常設館に来たときはいつも楽しみにしている人類の進化の関する展示。
ここ最近、人類の進化研究上次々と新しいことが発見されていますので展示も大変でしょう。

20170530-0020.jpg 20170530-0021.jpg


私、昨年夏から人類の進化の勉強を改めてやりました。(夏までは素粒子の勉強を) はい、ボケ防止のためです。
今まで持っていた本を読み直し、最近のものも買い集めました。
その中で次の2冊は非常に面白かったです。特に「ゲノム革命ーヒト起源の真実ー」は昨年読んだ本の中では最高の一冊と思っています。

21070530-0037.jpg 20170530-0036.jpg


地球館で「卵からはじまる形づくりー発生生物学への誘い」という企画展があっていました。ラッキーです。
ここで企画展のパンフレットをいただきました。これがしばらいしい内容なのです。しかも無料!
小中高生もたくさん来館しています。都会の子供たちはいいなあ。こういう場所にすぐに来られるのです。
よし、次回上京のときはNa子を連れてここにも来よう。

20170530-0022.jpg 20170530-0023.jpg


国立科学博物館の中にはレストランもあります。満席でしたので屋上に行ってみました。屋上は初めてです。
あれ、屋上の写真撮っていません。(涙)

さあ、次は秋葉原です。
秋葉原の電気街、ここ日本でしょうか。
大通りを避けて、路地へ。このあたりは昔(何十年前か!)の雰囲気がまだ残っています。
ちょっと買いたいものもあったのですが、今日に限ってリュックできていません。諦めることに。
あ、メイド服を着て呼び込みをしている若い娘さんがまだいます。
1時間程いて退散。人が多過ぎます。

続いて神保町の古書街に。

20170530-0029.jpg 20170530-0030.jpg


街でこんなお店をみつけました。案内所で古書店MAPをいただきました。係の方は親切に対応してくれます。
ここで本の検索も自由にできます。
韓国の本を紹介をしてくれるというお店の看板は見つけたのですが、いくら探しても入り口が見つかりません。(涙)
孫のNa子がこのとことろ「宇宙のサバイバル」とか「エネルギーのサバイバル」などのサバイバルシリーズに凝っているのです。
このシリーズはもともと韓国で出版されたもの。原本が欲しいと思っていたのですが、、。
また、児童書の専門店も見つけました。この2店は次回の楽しみに残しておきます。

20170530-0032.jpg 20170530-0031.jpg


まだ時間があります。古書街をうろうろ。探している本を数冊購入。
こうしてまた本が増えていくのです。退職してからずいぶん本を処分したのですが、、、、。
また同じことの繰り返しです。(涙)

たまたま岩波ホールのあるビルの前にきたところ、こんな映画の看板が。
「草原の河」というチベット人監督による作品です。
これは見ないとと思ったのですが、時間が、、、。
今でも心残りです。奥様に帰りが遅くなると言って、見ておけばよかった。

20170530-0033.jpg 20170530-0034.jpg


いろいろ楽しいことが多かった孫の運動と東京放浪?ですが、明日午前の便で田舎に帰ります。
今度Na子に会えるのは、夏休みで帰省する時でしょう。
みんなありがとうね。