[トリ]またも、こんなことが起きるんです! 第14節、対長崎戦。

5月17日(水)、第17節、対長崎戦。1-2。

20170517-0034.jpg

またも、こんな試合が、、。前節対名古屋戦とは反対の意味で。
ゴール裏にいたものですから、1本目のPKも2本目のPKもPKの原因となったプレーが全くわからなかったのです。
ましてやアディショナルタイムでの2点目はオフサイドであったことなど試合終了直後知りました。

長崎県営バスで競技場北口まで。
15:10 長崎県立総合運動公園着。こんなに早く着いたのに、スタジアム周辺にはトリサポがいっぱい。
ここのスタジアムは「トランスコスモススタジアム長崎」というのですね。Transcosmosか。何か勇壮なネーミングですなあ。

20170517-0021.jpg 20170517-0024.jpg


スタジアム前の広場にVファーレン長崎のマスコット「ヴィヴィくん」の像が。
前来た時にあったかなあ。この付近ずいぶん整備されてきたと感じました。前々回も前回も駐車場で苦労しました。
顔見知りのトリサポさんたちと挨拶しながら、開門時間を待ちます。
うちの奥様の知り合いから、対長崎戦用特別仕様の缶バッチをいただきました。この方の才能はすごい。

20170517-0023.jpg 20170517-0035.jpg


本物のヴィヴィくん(笑)とニータン。人気の二人です。
だれかが、「人気を二分する西のヴィヴィくん、東のニータン」と言ってます。うまいことを言いますねえ。

20170517-0025.jpg 20170517-0027.jpg


長崎のスタグルは、移動車が多いです。
長崎のスポンサーにもなっている岩崎本舗の角煮まん、今日はレディースデーということで半額となっています。
16:00から販売というので、一番前にうちの奥様と別○さんの奥様が並びました。遅れてくる仲間のものも買っておくとか。
が、お店はなかなかオープンしません。
「あ、ここのお店はいつもそうですよ」と長崎サポの方が言ってました。ちょっと時間にルーズのようです。
後で行ってみると、ニータンも販売に協力していました。

長崎のスタジアム、アウェイ側だけでなのかもしれませんが、スタジアム内で食べ物や飲み物の販売がありません。
入場した後、また外に。
生ビールをやっと探して、「うーん、席に着くまで飲み干してしまいそうですね」と言うと、お店の方が笑いながら、溢れるほど入れてくれました。(笑)

20170517-0026.jpg 20170517-0028.jpg


ジャパネットがついた長崎、チームもサポータも勢いがついたように見えます。
社長がスタジアムに来ていて、ファンサービスをしていたそうですが、お会い出来ませんでした。残念。

20170517-0029.jpg 20170517-0033.jpg


トリニータに在籍していた幸野志有人と田中輝希の断幕。
残念なことには2人ともベンチ入りしていなかった。

20170517-0030.jpg 20170517-0031.jpg


さて肝心な試合。
うーん、早く忘れることにしたい。

小手川の代わりに川西、ボランチに今季初スタメンの前田。小手川はどうしたのだろう。
前半は長崎ペース。大分はボールを持たせてもらえない。大分の作戦か。
長崎のFKやCKが続く。でも、決めきれない。長崎の選手やサポがイライラしているのがわかる。
前半0-0で終われば何とかなりそう。
周囲でこの主審は要注意だなと声があがる。全く同意。
ファールプレーをして1~2プレー進んだ後にピーッと笛を吹く。フリーキックやCKまでに時間がかかる。
前半0-0。

後半やっと大分らしい攻撃が始まる。
77分、後藤のFKに竹内が頭で合わせてゴール。1-0。
これで勝てると思ったのが甘かった。
長崎の9番ファンマ選手の苛立ちが目立ってきた。
え、PKをとられた? ゴール裏にいるのでよくわからない。ファンマ選手に決められて、1-1。
大分、逆転できそうにもあるが、、、。
アディショナルタイムは4分。ああ、勝ち点3が1になったか。

甘かった。こんな結果になるとは、、、。
ほぼ試合が終わろうとしていた時間、向こうの方でごたごたが。
どうもまたPKを取られたらしい。あ、9番ファンマ選手が待ち構えている。
勝ち点1点になるか0点になるか。上福元にかかっている。
お、弾いた!
え、またごたごたしている。ゴールされたらしい。
すぐに試合終了の笛。1-2とオーロラビジョンに表示されている。
あっという間に大分の負けか。

審判団が引き上げる時に大きなブーイングが起こる。
どうも、2点目はPKを蹴る前に中村選手が飛び出していてオフサイドだったと後で聞きました。
でも、一旦下された判定はくつがえらない。ああ。
何か腑に落ちない試合だった。
まあ、こんな試合もあるのだ。早く忘れよう!

さあ、次節はアウェイでの対町田戦。
この町田との試合に負けて、J3に降格したのだなあ。ずいぶん昔のことのように思えるが。

[旅行]諫早に行ってきました。

5月17日(水)、対長崎戦のために、諫早市に行ってきました。
試合後は諫早市に一泊し、翌日は長崎で軍艦島観光します。

高速道路は工事中のところが多いです。大分道はウィークでーですので空いています。
ところが長崎道は混んでいます。大型トラックが多いです。やはり九州は東側より西側の方が発展しているのでしょう。

途中、昼食は佐賀県と長崎県の県境近くにある川登サービスエリアで、名物のシシリアンライスと春のセットをいただきました。
ここでうちの奥様はもうお土産を買っています。(笑)

20170517-0001.jpg 20170517-0002.jpg

20170517-0004.jpg 20170517-0003.jpg


お昼過ぎに諫早公園着。眼鏡橋が目的です。
諫早には何度も来たことがありますが、市内でゆっくりしたことはありません。
ここは諫早城址なのですね。

20170517-0005.jpg 20170517-0006.jpg


石橋を渡ったところに、この城址の森の案内板がありました。
この森は、スダジイーミミズバイ群集のようです。確か大分市の柞原八幡宮も同じ群集と思います。
九州には他にスダジイータイミンタチバナ群集やスダジイーヤブコウジ群集などがあります。

20170517-0017.jpg 20170517-0007.jpg

20170517-0008.jpg 20170517-0010.jpg


山道の途中に諫早の銘木というミサオノキがありました。初めて見ます。
諫早城本丸跡にはクスノキが。これは大木です。

20170517-0009.jpg 20170517-0011.jpg


公園は整備されていて、ウォーキングをする人やスケッチをしている人もいました。
諫早城址の頂上からが市内が一望できます。かなりいい運動になりました。
山を下って、早めにホテルに向かうことにします。


20170517-0012.jpg 20170517-0013.jpg


ホテル着。
ここで本日の大ボケが、、、、。
諫早駅近くのビジネスホテルを予約していました。
ホテルの駐車場に車を停めると、横の車は大分ナンバー。おおトリサポじゃと。
「17日+諫早+大分ナンバー=トリサポ」という式が頭の中にすでに出来上がっています。はい、自己中です。
フロントで「今夜宿泊の予約をしている○○です。車を置かせて下さい」というと、係のご婦人が予約名簿を確認しています。
ところが、私の名前がないのです。
「え、確かに予約しています。予約完了のメールもいただいていますので、プリントアウトしたものを持ってきますね」と車に戻って、、。
ははは。ホテルが違っていた!(涙)
私が予約したのは「諫早ターミナルホテル」、今いるフロントは「諫早ステーションホテル」なのです。すみませーん。
でも、この「諫早ステーションホテル」のフロントの方は偉かった。不愉快な態度一つせず、わざわざ道路まで出て、「諫早ターミナルホテル」を教えてくれたのです。すぐ近くです。ここから見えるのです。

今度は間違いなく、「諫早ターミナルホテル」着。
チェックインの時間までには少し早かったのですが、「いいですよ」とのことで部屋に。
戦闘服に着替え、諫早駅周辺をぶらぶら。ちょっと冷たいものでも飲みたかったのですが、適当なところもなく、諫早バスターミナルへ。競技場北口まで140円。


20170517-0015.jpg 20170517-0016.jpg

さあ、「今日も勝つぞ!」
ところが、、、。
あんなことも起こるのです。