[日々]野草の会(5)

4月17日(月) 月一回の野草の会です。
前回は旅行のため欠席していますので、これで5回目の参加となります。

残念ながら朝から雨です。傘をさして薬草・野草を取りに行きます。
オドリコソウ、カラスノエンドウ、フキ、ヨモギなどを見つけてきました。


20170417-0001-ss_thumb.jpg20170417-0002-ss_thumb.jpg

20170417-0003-ss_thumb.jpg20170417-0008-ss_thumb.jpg


その他、参加者が自宅から持ってきたものがたくさんあります。
つぼみ菜(これは私が持参したもの。今朝、知り合いの方がたくさん持ってきてくれました)。ユキノシタに

20170417-0005-ss_thumb.jpg20170417-0007-ss_thumb.jpg


ノカンゾウ、イタドリ(この当たりではサドと言うそうですが、私の出身地ではサトガラと呼びます)。

20170417-0011-ss_thumb.jpg20170417-0015-ss_thumb.jpg


スミレ(タチツボスミレ?)にセイヨウタンポポ。
あ、朝掘りタケノコを持ってきてくれた人もいました。(写真撮リ忘れています)

20170417-0013-ss_thumb.jpg20170417-0017-ss_thumb.jpg


さあ。きょうはどんな料理ができあがるのでしょうか

先生が材料を見渡して、この薬草は何でいただきましょう。あの野草は天ぷらにしたら一番美味しいはずですと簡単に今日のメニューを決めます。すると、中高年のご婦人方がすぐに動き出します。
特にだれからの指示を仰ぐわけでもなく、それぞれの方がテキパキと。
何をしたらいいのか、どの順番でしたらいいのか、みなさん、わかっているのです。
それは実に見事です。いつも感心します。

私はいつものように写真を撮ったり、薬草の葉をを取ったり、洗いものをしたりとできるだけジャマにならないように、、。
レシピなどありません。お塩を何グラムとかお醤油大さじ何杯とか計る人もいません。長年の経験がものを言ってます。(笑)
若い女性の参加者はご婦人方からいろいろと教えてもらっているようです。

旬のタケノコは、細く切ってキンピラに。この時の包丁さばきがすごい。
鶏肉、油揚げ、ニンジンと一緒にして炒め物に。
タケノコご飯にもなりました。

20170417-0027-ss_thumb.jpg20170417-0037-ss_thumb.jpg

20170417-0023-ss_thumb.jpg20170417-0044-ss_thumb.jpg


薬草の会定番のヨモギは今日は上新粉、おからと混ぜてお餅状にし、蒸したのとオーブンで焼いたものの2種類に。

20170417-0028-ss_thumb.jpg20170417-0029-ss_thumb.jpg


つぼみ菜はしらあえと炒め物に。

20170417-0030-ss_thumb.jpg20170417-0033-ss_thumb.jpg


ユキノシタ、ヨモギ、オドリコソウは天ぷらに。カラスノエンドウも。

20170417-0040-ss_thumb.jpg20170417-0032-ss_thumb.jpg

20170417-0043-ss_thumb.jpg20170417-0048-ss_thumb.jpg


イタドリ(サド)は皮をむいてそのまま。子供の頃たべたイタドリで話が盛り上がります。
イタリア周辺では日本から入ってきたこのイタドリがはびこって非常に困っているという話も参加者から聞きました。
タケノコはワカメといっしょにお味噌汁にもなっていました。

20170417-0053-ss_thumb.jpg20170417-0047-ss_thumb.jpg


できあがった今日の料理。

20170417-0054-ss_thumb.jpg20170417-0051-ss_thumb.jpg


左の写真で、左奥から時計回りに
ノカンゾウとアスパラガスのあえものとミニトマト。(ノカンゾウは初めてたべましたが、美味しいです)
奈良漬(参加者の92才になるお母さん漬けたもの)。
タケノコごはんにスミレの飾り(スミレは食べられます)。
ユキノシタ・ヨモギ・カラスノエンドウ・オドリコソウの天ぷら。
ヨモギのクッキー。
つぼみ菜の白和え。

右の写真、
ヨモギのお餅。
タケノコのキンピラ。
つぼみ菜の炒め物。
ニンジン・油揚げ・フキの炒め物

20170417-0057-ss_thumb.jpg20170417-0056-ss_thumb.jpg


タケノコのお味噌汁とさんぴん茶。(3月に八重山諸島に行ったときの私のお土産。みなさんに飲んでいただきました。さんぴん茶はジャスミンティーのことだそうです)

20170417-0058-ss_thumb.jpg20170417-0060-ss_thumb.jpg


うーん、今日もいろんなものをいただくことができました。お腹もいっぱい。
これらの料理、10時過ぎから始めて、12時前にはできあがりました。
当然この時には調理に使ったた包丁やまな板、フライパンなどは綺麗に片付いています。
うちの奥様がいつも言うのです。「料理は出来上がった時には、台所周りもきれいに片付いていないと」と。
そうか、このご婦人方もそれが普通にできるのですね。

食事後はいつものように、使った薬草の食べ方や薬効の話があり、「野草・薬草の採取と保存の心得」という勉強もしましたよ。
さて、来月は気候もよくなり、薬草・野草の種類も豊富になるはず。楽しみでなりません。