[旅行]ペルーに行ってきました。(2)

第2日目 2月11日(水)

今日はリマ到着後、市内観光をして、早めにホテルにチェックインの予定です。

 

11:00 予定通りリマ空港着。順調です。

ところが、ツアー同行者20名中、7名のキャリーバックが出てきません。リマ空港に届いていないのです。幸いにも私のものはちゃんとでてきましたが。

でも、みなさまは慌てません。「まあ、よくあること。私は初めてだけど」なと言って、添乗員さんと一緒に手続きをしてしています。本当にみなさん、海外旅行になれています。動揺してません。私だったら、いくら添乗員さんがついていてくれても、、、。(涙)

リマ空港、何かの撮影会があっていました。「写真を撮っていいか」と聞くと(デジカメ見せてOK?と言うだけ。笑)、親指立てにこっとするので、遠慮なく写してきました。

あ、OK?というときに決して親指と人差し指で丸の形で示しては絶対にいけないそうですよ。日本とは別の意味があるのですね。

 

 

DSC02875-ssDSC02874-ss

 

 

DSC02885-ssDSC02878-ss

 

 

DSC02880-ssDSC02882-ss

 

 

12:00 結局バックは行方不明のままバスで市内観光へ。添乗員さんが航空会社とずっと連絡をとり続けるそうです。

駅前にはサムスンのGALAXY Noteの巨大看板がありました。韓国の会社、ペルーにかなり進出しています。

現地ガイドさんは沖縄出身の方。名前をメモしていませんでした。すみません。会社はCondor Travel社。ペルーではずっとこの会社がお世話をしてくれるようです。

今日の気温は27℃、30℃は超すでしょうとのこと。日差しが強く、皮膚がピリピリします。

ガソリン代金がわかるようにと撮ってみました。ペルーの通貨は、ヌエボ・ソル。新しい太陽とのいみかなあ。1S/.は40円位です。

(でも、ペルー滞在中、一度も現地通貨に交換しませんでした。すべてUSドルですませることができました。)

 

 

DSC02888-ssDSC02891-ss

 

 

DSC02892-ssDSC02893-ss

 

 

DSC02894-ssDSC02895-ss

 

 

リマの市内観光は旧市街から。

スペインの征服者ピサロがリアの中心部に作ったアルマス広場。

17世紀の雰囲気が漂います。このあたりはスリが多いと聞いていましたが、そんなに人も多くなかったし、危険な雰囲気も感じられませんでした。

 

 

DSC02900-ssDSC02899-ss

 

 

サン・フランシスコ教会。

ここの広場の下は埋葬場になっているそうです。

 

 

DSC02906-ssDSC02907-ss

 

 

DSC02908-ssDSC02910-ss

 

 

広場周辺にはお土産やさんも。

 

 

DSC02912-ssDSC02914-ss

 

 

観光客保護のためでしょうか、警察官の姿が目立ちます。大きな銃も持ってます。

 

 

DSC02917-ssDSC02915-ss

 

 

大統領府。

衛兵が警護しています。来年はあのフジモリ大統領の娘さんがここに入る可能性が大きいとか。

 

 

DSC02920-ssDSC02924-ss

 

 

DSC02923-ssDSC02921-ss

 

 

カテドラル。

ピサロの遺体が納められています。

 

 

DSC02925-ssDSC02930-ss

 

 

現地ガイドさんが丁寧に案内をしてくれるのですが、飛行機の中であまり眠ることができず、眠たくて眠たくて、、、。同行者の中にはボイスレコーダーを持ってきている方もいましたよ。さすが。

公的な建物には必ず正式な国旗を掲げねばいけないようです。国旗には正式なもの(中央に記章-写真右側ーがある)と略式のもの(記章がない)の2種類あります。

 

 

DSC02926-ssDSC02929-ss

 

 

リマ市庁舎とその前を通る観光用の馬車。

 

 

DSC02928-ssDSC02932-ss

 

 

サント・ドミンゴ教会。

日曜日の礼拝中で中には入れませんでした。

 

 

DSC02935-ssDSC02937-ss

 

 

13:30 約1時間の市内観光を終え、昼食です。

リマ、意外にも鶏料理が有名だそうです。小さなレストランに入ります。リマに入って数時間、小綺麗な街だと思っていましたが、後でわかることですが、そうでもなかったのです。リマの人口は約800万人、ペルーの人口の1/3がここに住んでいるというので、綺麗なところだけではないのです。

 

ペルーに来て初めての食事です。ペルーのビールもいただきました。お店ではサッカーの放送があってました。

 

 

DSC02944-ssDSC02945-ss

 

 

DSC02951-ssDSC02947-ss

 

 

DSC02952-ssDSC02949-ss

 

 

15:30 予定より30分早くホテルに着きました。今夜のお宿は「エルタンポ」

 

 

DSC02955-ssDSC02956-ss

 

 

DSC02970-ssDSC02958-ss

 

 

チェックイン後、荷物の届いていない同行者はフロントから近くのマーケットを聞き出し、着替えなどの買い出しに。添乗員さんから、「保険がでるかもしれませんので、領収書をもらっておいて下さい」と。

私の方は、ホテル周辺をぶらぶらすることに。

ホテル周辺は高級住宅地のようです。家の周囲は高い塀に囲まれて、出入り口は頑丈な鉄製の柵でふさいでいます。中には警備員が立っているところも。うちの田舎なの町並みからは想像もできません。

 

道路沿いに咲いていた花の写真を撮ってみました。

 

 

DSC02959-ssDSC02964-ss

 

 

DSC02965-ssDSC02967-ss

 

 

2kmほど歩くと海が見えました。そうか、リマは海岸近くにあるのですね。何か山の中にあると誤解していました。

リマ、車が多いです。その上、信号機がありません。横断歩道らしきところはあるのですが、人がいても車は止まりません。かなり危ないです。タクシーに乗ろうとしている地元の人は、料金をいちいち運転手と交渉しているようです。

ここで車にはねられたら大事です。早々に、ホテルに戻ることにしました。

帰り道、面白い看板を見つけました。高級住宅地のためでしょうか。(笑)

 

 

DSC02966-ssDSC02968-ss

 

 

19:30 ホテルでの昼食。

写真を取り忘れているようでうです。何かもうちょとでたような。ワインもいただいたのですが、、、。(涙)

 

 

DSC02971-ssDSC02972-ss

 

 

DSC02973-ss

 

 

ホテルのコンセントはAタイプ、日本のプラグがそのままさせます。電圧は220V。デジカメ、端末の充電ができます。

Wi-Fiは無料。チェックインの時に、パスワードを書いた紙切れをくれます。簡単に接続できましたが、写真などのちょっと大きめのデータを送ろうとすると切れてしまいます。

冷房の設備はありません。扇風機らしきものが。あ、トイレに紙は流せませんので要注意です。

久しぶりにベットで寝られます。

 

 

DSC02974-ssDSC02975-ss

 

 

DSC02979-ssDSC02976-ss

 

 

明日は06:00から食事、06:40にホテル出発。リマからクスコを経てマチュピチュ村のホテルまで。強行軍です。

(続く)

[旅行]ペルーに行ってきました。(1)

ペルーまでは遠かった。(長文です。記憶違いがあるかもしれません。お許しを。)

 

1日目 2月10日(火)

旅の始まりです。今日は自宅→大分空港→成田空港→バンクーバー→ロサンゼルス→リマと移動します。

長い一日になります。日付変更線を超えるので、実際本当に長い一日になります。

全て時刻は現地時刻とします。

 

 

今回は一人での旅ですので、自宅付近から初めて空港バスに乗りました。

成田空港までJetStarを利用。JetStarは安くていいです。おかげで東京が近くに感じるようになりました。

大分空港11:30発。このキャリーバックと共に無事に戻ってこれるかどうか(笑)

 

JetStarは学生達の卒業旅行のせいでしょうか、若い女性客が多く、ほぼ満席です。斜め前に座っているホットパンツ(この寒いのに)のお姉さんから強烈な香水の臭いが、、、。頭が痛くなりそうです。

通路をはさんだ隣側に座っているお姉さんは、コンビニで買ってきたと思われるスパゲッティをぱくつき始めた。JetStarの乗客はいつも面白い。

 

 

 

DSC02772-ssDSC02773-ss

 

 

DSC02775-ssDSC02776-ss

 

 

成田空港13:00着。

ツアーの集合時刻は16:15。時間がありますので空港で遅れた昼食をとり、本屋さんで時間をつぶすことに。

16:00前からツアーの皆さんがチケットの受け取りなどの手続きを始めています。私の方は郵送でいただいています。遠くから参加しているからでしょうか。

添乗員のKa(女性)さんから旅行の簡単な説明を受けます。今回のツアー同行者は20名とか。バンクーバー空港で全員と会えるのかな。

 

JALの搭乗手続きは一人でします。大変親切な対応です。ビジネスクラスのためでしょう(笑)

預けたキャリーバックは、リマ空港で受け取ることになるそうです。果たして本当に間違わずに届くのかなあ。(この心配が後で、、、、。)

出発まで時間がありましたので、出発ロビーをぶらぶらと。日本文化を紹介する催しものがあってました。この時間帯、ビジネスクラス利用ですので、特別なラウンジが使えたはずなのに、、、、。

ビジネスクラスなど初めて乗る貧乏人は要領がわかりません。(涙)

 

18:15 定刻通り出発。

確かにゆったりとしています。通路を挟んだ隣の席には、6歳と2歳位の娘さん2人を連れた外国人のお母さんが。こんな小さなときからビジネスクラスに慣れている。おお。

エコノミークラスとは大違い、これなら楽に9時間を過ごせそう。USBの端子もちゃんとついていたので、早速、NEXUS7の充電をしますが、機内でのWi-Fiのサービスはないようです。

 

 

DSC02780-ssDSC02783-ss

 

 

DSC02788-ssDSC02789-ss

 

 

DSC02792-ssDSC02810-ss

 

 

離陸直後、ウエルカムシャンパンが出る。ツアー同行者は中年女性が多いようです。添乗員のKaさんはエコノミークラスにいると言いいます。厳しいなあ。

19時過ぎ、夕食。洋食と和食が選べるので、洋食をお願いしました。

 

 

DSC02794-ssDSC02799-ss

 

 

DSC02800-ssDSC02801-ss

 

 

隣に座った同行の女性は和食。お互いに食事の写真を取り合った。よし、帰りは和食にしよう。(笑)

21:40 もうすぐ日付変更線を越えます。

 

 

DSC02797-ssDSC02802-ss

 

 

2月11日 08:25 また、食事が出た。朝食なのでしょうか。

左が私の洋食、右が同行者の和食。

 

 

DSC02806-ssDSC02807-ss

 

 

10:15 定刻どおりバンクーバー空港着。約9時間かかりました。

バンクーバーはカナダ。行きはカナダへの入国はせず、この空港でアメリカの入国手続きをします。

入国審査を受ける前の書類のチェックをしてくれる係官が非常にフレンドリーでした。同行者は皆旅慣れている様子で、半数以上の人は英語が堪能のようです。困ったときには助けてもらおう。(涙)

手荷物検査は厳しかったです。靴も脱ぎました。携帯をポケットに入れたまま、時計もしていたので、ピコーンと。でも、係官は親切でした。

ここで、成田空港で預けておいたスーツケースをモニターで確認させられました。確かにバンクーバー空港にまでは届いています。

続いて、入国検査。両手4本の指の指紋と両手の親指の指紋を取られ、顔の写真も撮られることに。あまり気分のいいものではありません。

 

 

DSC02809-ssDSC02816-ss

 

 

DSC02817-ssDSC02818-ss

 

 

さあ、このツアーで最大の乗り換え待ち時間です。バンクーバー空港発は17:05。

空港内で何とか時間をつぶすしかありません。お店を見て回ったり、仮眠をとったりと。幸い、無料Wi-Fiが簡単に利用できましたので、家族に連絡のメールを出したり、Facebookを見たりと、、。

同行者の中には一杯やってる人もいました。

バンクーバー空港、物価が高いようです。エビアン2本$5、コーラ1本$2.25と。

 

 

DSC02832-ssDSC02821-ss

 

 

DSC02833-ssDSC02835-ss

 

 

17:05 バンクーバー発。ロサンゼルスへ。アメリカン航空で、約3時間。

アメリカン航空には女性のCAがいません。男性のCAがものすごく楽しそうに働いています。地上員もにこにこしながら手を振ってくれたりと好感が持てました。

この男性CAの人、若い女性客とずっとしゃべっていました。日本では考えられません。

私の隣に座っていたスキンヘッドで強面の人がiPhone、次にVAIOを持ち出して真剣に仕事をしています。この人とお互い手を振って別れました。意外にいい人だったのかしれません。

 

 

DSC02836-ssDSC02837-ss

 

 

19:50 ロサンゼルス着。飛行機からみたロサンゼルスの夜景が非常に綺麗でした。

 

 

 

DSC02848-ssDSC02856-ss

 

 

さあ、もうひと頑張り。23:20発のリマ行きのLAN航空に乗らねばなりません。

ロサンゼルス空港では国内線から国際線ターミナルまでバスで移動。中国人や韓国人も多くなり混雑しています。空港内の通路が非常にわかりにくく、添乗員さんに必死でついていきました。

ああ、一人では乗り換えができないだろうなあ。

 

LAN航空のチェックインカウンターは何となく南米の雰囲気が漂っています。

ここで、トラブル発生。リマ行きの便、ブッキングをしているようです。私の座席番号もチケットにはありません。ツアーでずいぶん前に予約は入れてあるだろうに。

添乗員さんが交渉、解決。満席だったので、乗れないお客さんもでたようです。添乗員のKaさん、スペイン語も堪能です。

手荷物検査もいいかげんでした。並んだ列によって、ベルトを外せと言われたたり(私の列)、隣の列はそのままでOK。右端の列にならんでいた人は何と全くノーチェックでしたよ。(笑)

あ、抽出で何かの細菌検査も行われていましたよ。

 

何とか定刻23:20 ロサンゼルス発。リマまで約8時間半、エコノミークラスです。

 

 

DSC02852-ssDSC02861-ss

 

 

2時間後に機内食。左が私のもの。白ワインが欲しかったのに、なくなったからと言って赤ワインを。(涙)

右は隣に座った同行者のもの。マカロニかな。面白いことに、LAN航空では、金属製のナイフ、フォークがついてくるのです。

 

 

DSC02862-ssDSC02864-ss

 

 

5時間後、またまた、食事。こうなってくると、今は朝食なのか、夕食なのか全くわからなくなってしまいました。(笑)

もうすぐ、ペルーのリマ空港に着きます。

昨日から今日からなのか(わからなくなってきました)、大分空港から飛行機に乗り継いで、いったい合計何時間乗ったことになるのでしょう。

ペルーは遠いです。

 

 

DSC02866-ssDSC02869-ss

 

(続く)

[旅行]ペルーに行ってきました。(0)

2月10日~2月20日まで、阪急交通公社の「憧れの南米3大絶景11日間」というツアーで、マチュピチュ、イグアスの滝、ナスカに行って来ました。

いつかは行ってみたいと思っていた南米です。でも、仕事をしている時には、1週間、2週間の長期休暇は取れるものではありません。定年退職してやっと時間だけは自由に使えるようになれました。

ツアーの募集時期もちょうどいいのです。サッカー開幕戦には間に合います。おまけに、このツアー、初めから、成田-バンクーバー間の往復はビジネスクラス利用となっています。

もう年齢から見てこれが最後のチャンスになるかもしれません。高齢者にとって、南米は遠すぎるのです。

 

うちの奥様は体力に自信がないというので、今回は留守番。2月の一人参加大歓迎出発日は10日、19日、23日のようです。

11月25日、旅行社に電話。2/10はキャンセル待ち3名、2/19は2名、2/23は催行未決定で申し込み3名とのこと。結構人気があるようです。2/19のキャンセル待ちに加えてもらうようにお願いしておきました。

次の日、ネットで調べてみると2/10が△になっています。すぐに電話すると、「1名の空きがでました」とのこと。2/10出発で申し込み完了。

 

12月6日に旅行社から関係書類到着。具体的な手続きを始めます。

イグアスの滝に行くにはブラジルに入国しなければなりません。ブラジル入国にはVISAが必要とのこと。旅行社にお願いしましたが、提出書類が面倒でした。写真の映り方も細かい指示があったり、預金残高25万円以上(笑)の通帳のコピーが必要だたり、、、、。アメリカ入国のEAST認証手続きもついでにお願いしました。

 

 

出発まで時間の余裕がありましたので、ペルーに行った人の旅行記をいろいろ読んでみました。

みんな高山病の予防を書いてあります。そうかクスコなどは標高3000mを超すからなあ。病院で高山病予防の薬を処方してもらうようにとのアドバイスもあります。

日焼けや虫除け対策を十分にとか、夏でも長袖や防寒具も持っていったほうがいいとか、雨具は必須だとか。

添乗員さんからはポカリスエットの粉末を持ってきて下さいと言われたり、、、、。高齢者が遠くに行くのです。薬類などもたくさん準備しなくてはなりません。

 

さあ、準備万端、装備は完璧にできましたよ。

でも、実際に行ってみると、、、。