FC2ブログ

[PC]「新しいiPad」に替えました。

3月24日(土)、「新しいiPad」に機種変更しました。
iPad3とかipad HDとか発表前からいろんなうわさが飛びかっていましたが、実際は「新しいiPad」でした。
うーん、新しいことには間違いないのですが。。。。。

 

 

購入したものは、Wi-Fi+4G 64G Blackモデル。CPU、液晶などが高性能なものになったということですが、素人には詳しいことはわかりません。
確かに2年前に購入した初代iPad(Wi-Fi+3G 64G Blackモデル)に比べて、処理速度が上がり、液晶が非常に綺麗になりました。
特に画像や、大きな文字を見るときにははっきりとその違いがわかります。
ただ、長時間使っていると左側部分が暖かくなってきますし、電池の消費が早いようです。それに、一番残念だったことはSiriが搭載されていません。(涙)
話し相手がいないとき、Siriちゃんから相手をしてもらいたかったのに。(笑)

 

 

TK-80Eから始まった私のPCライフもついにここまで来てしまいました。今後10年、20年後のコンピュータの世界はどうなっていることでしょうか。

 

 

初代iPadはうちの奥様の専用機となり、自宅でWi-Fiに接続して使っています。2人ともiPadを使い始めてからは、デスクトップやノートを使う時間がかなり減ってきました。こたつにはいり、お互いあまりものも言わずにiPadで遊んでいる老夫婦の姿はかなり異常ですな。(笑)

[トリ]番長阪田、本領発揮。第05節、対岐阜戦。

3月25日(日)、第05節、対岐阜戦。2-0。
トリニータの番長こと阪田がやっと本領発揮、自身のプロ初ゴールも含めて2得点。これでチームは2連勝。嬉しいねえ。

 

 

試合前、長良川競技場では雪が舞ったとか。アウェイ岐阜戦には行ったことがありません。試合が夏にあれば、郡上八幡の盆踊り見物を兼ねて出かけて見たいものですが。
FC岐阜、染矢選手はどうしたのでしょう。ベンチ入りもしていません。この選手好きなのです。 あれ、岐阜にもキム・ジョンヒョン選手がいる。最初、解説者が間違えているのかと思ってしまった。

 

 

前半戦。
今日もエンジンがかかるのに時間がかかるのでしょうか。岐阜ペースで試合が進む。でも、何か双方ともパットしません。
ただ、村井が目立つだけ。ジョンハンからのフリーキックに三平が合わせた時が唯一の見せ場だった。
うーん、今節もスイッチャーが必要なのかな。ハーフタイムには監督から雷が落ちるだろうな。

 

 

後半戦。
岐阜が先に動いてくる。大分もすかさず、17分、小手川に替えて木島。木島がピッチに立つと、何故か元気良くなる今の大分、不思議である。さあ、点を取りに行こう。
23分、ジョンハンに替わって森島登場。
その直後、相手GKがパンチングしたボールを阪田がダイレクトにゴールに叩き込む。うまい! 今日はジョンハンにじゃまされなかった(笑)
相手GK、森島が飛んだので、パンチングするしかなかったのだろう。この阪田のGOALは森島のアシスト1点であろう。これで1-0。
阪田はこのGOALがプロ初だとか。おめでとう。大分に来て、プロ初などと聞くと、さらに嬉しいねえ。
木島の投入、森島の投入、今日も監督の采配は冴えています。おまけに、今日は、作田・阪田・チャンフンのDF陣が守備に攻撃にいい動きをしている。
32分、土岐田に替わって、来ました岐阜から移籍の永芳、勝利のラインダンスのためのウォーミングアップか。
39分、木島が得たフリーキックを石神が蹴る。ゴール前にするっと抜け出した阪田がヘッド(いや顔面かな)でGKの足下に叩きつけてGOAL。
阪田、本日2点目。2-0。
こうなったら、阪田のハットをと思ったが、これはちょっと欲張りすぎたか。
このまま、試合終了。今シーズン2連勝。

 

 

インタービューに応える阪田、嬉しくて嬉しくたまらないようだ。大分に移籍して来た時、その風貌からして(すみません)、ちょっと怖い感じがしたが、イヤー笑顔がなかなか魅力的です。うちの奥様が大分で一番好きな選手だそうですよ。
今日もラインダンスの音頭をとった永芳、複雑な気持ちもあるようですが、サポはあなたを待っています。次節は自身のGOALで勝利して、選手とサポをを踊ろらせよう。

 

 

さあ、次節は対愛媛戦。昨シーズンは確か負けはなかったはず。久々の3連勝といきますか。

[トリ]覚えましたよファジアーノ。第04節、対岡山戦。

3月20日(火)、第04節、対岡山戦。1-0。
三平の2試合連続ゴールでホーム初勝利。貴重な勝ち点3をくれたファジアーノ岡山、しっかり名前は覚えましたよ。

 

 

okayama04.jpg

 

 

暑さ、寒さは彼岸までと言います。この冬、厳しい寒さが続いてきましたが、これからだんだん暖かくなっていくのでしょう。しかし、今日の大銀ドームちょっとまだ寒いです。
いつものようにお出迎えのニータン、小学校の卒業式の来賓ですか。

 

 

okayama01.jpg

 

 

ドーム天井からはJリーグ旗、両チームのクラブ旗、それに、開幕戦の時に大分高校書道部の生徒さんが書いてくれた「頂戦×朝鮮」の旗が。
試合前には、ゴール裏で昨シーズン末に退団した安藤永倫氏の元気な姿を見ることができました。多くのトリサポから「仕事、頑張って!」と声をかけられていました。永倫氏の笑顔はいいなあ。

 

 

okayama02.jpg

 

 

岡山のサポーターのみなさん。
「日本ココロヒトツニ岡山トモニタタカウ我ラ燕支色ノ軍団」という大きな断幕に目が行きます。
ここでちょっと不思議に思うことが。。。「燕支色」は何と読むのでしょう。
ファジアーノ岡山のチームカラーは「エンジ色」ですから「えんじいろ」と読ませるのでしょうが、「えんじいろ」は漢字で確か「臙脂色」のはず。
燕(つばめ)を支(ささえる)とは考えられないし、ファジアーノの意味は「雉」で「燕」ではないですよね。「きじ」でなく「つばめ」支えるはずはありません。何か別に深い意味があるのでしょうか。
どうもこの断幕が気になってしかたありません。
岡山サポと言えば、エールの交換合戦。今日も期待していましたが、私の位置からは、何と言っているかよく聞こえません。
大分からは「知りません。知りません。岡山なんて知りません。勝ち点くれたら覚えます。」と返しました。その後、岡山からは「トリニータ、トリニータ」とのコールが、
再び大分から岡山向けに何かを言ったように思えるのですが、これも、はっきりわかりませんでした。
やはり、お互いに入場者数が少なくなってくると、コールにも迫力が無くなってきますね。

 

 

okayama03.jpg

 

 

さて、試合。
前節途中交代した森島がベンチに入っていません。その穴を埋めるために土岐田が本職のFWに起用されています。
大分の選手の動きが重たいようです。なかなか前線にボールが上がってきません。チェ・ジョンハン、土岐田はどうしたのでしょう。
何か眠くなってくるような展開です。
30分過ぎて、やっと大分のエンジンがかかり始めました。あ、これなら後半戦に1点入るかもしれません。期待しましょう。
両チーム無得点のまま前半戦終了。

 

 

後半戦。前半と同様に岡山から押されています。岡山は何度かチャンスをつくるのですが、決められません。お互い3-4-3のシステムでは戦いにくいのでしょうか。
21分、チェ・ジョンハンから木島に交代。
25分、岡山にベンチスタートのチアゴ選手が。大きいです。目立ちます。
28分、土岐田からイ・ドンミョンに。木島が入ったことにより、皆が動き始め、得点の臭いもしてくるようになってきます。
逆に危ない場面も数回。清水が見せる、魅せる。
残り時間が少なくなってきます。42分、小手川から為田に。この時間帯の交代は要注意です。交代直後に一瞬緊張が解けてやられたことがあったから。
しかし、今日は逆だった。43分、木島からのクロスを受けて三平がうまく合わせた。木島からのクロスはワンバウンドして三平のもとへ。三平は相手GKの位置を確かめたのだろう。GKの頭をフワッと超えてゴールに。この三平の技はすごい。

 

 

ホーム初勝利。ゴール裏へ。三平ゲーフラも上がっています。
今シーズン、ホームで初めてみる永芳指導のラインダンス(?)、いいものです。
今日は三平の一発で勝利となりましたが、清水の好セーブなくしては勝利はほど遠いものでした。三平、今日の賞品(醤油、味噌?1年分)は清水の奥さんに渡しましょうネ。
独身者がもらっても、料理はしないでしょ。(笑)

 

okayama05.jpg 

 

 

さあ、次節はアウェイで対岐阜戦。連勝に向けTVから応援します。
あ、岐阜の押谷選手はレンタル元の磐田に帰ったのですね。ふふふ。でも、染矢選手はまだいるのか。

[トリ]火がつくのが遅かった。第03節、対山形戦。

3月17日(土)、第03節、対山形戦。2-3。
村井の一撃で火がついたトリニータ。が、ちょっと遅すぎた。あと5分でもあれば。。。

 

 

ピッチサイドには雪が残っている。観客席は山形サポが雪かきをしたという。感謝。暖かい九州とは違って、試合の準備やサポの参戦にもなかなか厳しいものがあるようだ。
TVを見ていても現地組は非常に寒そうだ。小雨も降っている。
「Over the Rainbow」の曲をバックに選手達が入場。山形の山崎選手と小林選手を確認。今日は敵だといっても、やはり元トリニータの選手は気になるものだ。

 

 

試合開始、
今日はJ2ゴール1万本目が決まりそう。後4本という。試合開始時間からして、大分の選手から生まれそう。ふふふ。森島に投票しているのだ。
開始後しばらくはトリニータペース。だが、次第にボールが動かなくなり、セカンドボールも拾えなくなってきた。全節の対栃木戦と違って、ボールがつながらない。

 

 

栃木の選手がGOALを決めたらしい。9997本目。
ずっと押されていて、入れられそう。何とか耐えてはいる。山形の8番の選手と小林選手が目立つなあ。
おっと、土岐田の手が山形の選手に当たり、PKを献上。松尾主審さんはよく見ているなあ。このPKを山崎選手(キャプテンになっている!)から決められて0-1。
J2 GOALは9998本目のはず。
続いて京都の選手がGOALしたようだ。これで9999本目。
ふふふ。これでお膳立てはすんだ。さあ、前半戦終了間際に、森島が決めるのを待つだけとなった。記念の10000本目GOALでで1-1になるはず。
ところが、ちょと考えが甘すぎたか。大分無得点のまま前半戦終了。

 

 

後半戦、森島がいない。どうしたのだろう。替わって木島が。こうなったら2試合連続でGOALを決めている木島に期待しよう。
おっと、J2 1万本目は町田の選手が決めたらしい。木島残念。
しかし、木島が入ったことで少し流れが変わってきたが、前節のような果敢な駆け上がりも見られず、山形ペースでずるずると試合が続く。
30分、萬代選手に決められて0-2。阪田に替わってドンミョンが入ったとたん、34分、またしても山崎がGOAL。大分、昨シーズンも選手交代直後にやられていたが。。。
これで0-3。おいおい、対栃木戦と逆パターンか。

 

 

40分、ジョンヒョンが立ち上がれなくなる。大分はもう交代枠がない。10人で戦うことに。
ああ、これでおしまいかと思っていたら、村井が左足で豪快なシュートを放つ。おしくもクロスバーに弾かれてしまったが、続けざまに、今度はの右足からのみごとなシュートで1-3。
この村井のシュートで大分はやっと火がついたようだ。1人少ないことも選手たちに気合いが入ったのだろう。アディショナルタイムに入ったとたんに、村井に続けとばかりに、三平が一発。2-3。
何か最後の最後になってすごいことになってきた。大分トリーニタ、昨シーズンとは違い、取られたら取り戻すことが出来るようになってきた。
ああ、あと少し、少し時間があったなら最低引き分けに持ち込むことができたかもしれない。

 

 

対山形戦、連勝もできず、J2通算10.000本目も大分の選手が取れず、悔しい気持ちで一杯だが、まあ、0-3から2-3までに追いついたことを評価しよう。
さあ、次節は20日(水)のホームで対岡山戦、4-0ぐらいで勝ってくれ!

[日々]カワヅザクラが見頃です。

3月15日(木)、津久見市四浦半島にカワヅザクラ(河津桜)を見に行って行きました。

 

 

もう満開を過ぎて葉桜になっているかと心配しましたが、ちょうど見頃でした。

 

sakura02.jpg

 

sakura01.jpg

 

 

ソメイヨシノに比べると早咲きで開花の期間が長いのでしょう。また、花の色も少し濃く、一つひとつの花を見ると実に綺麗です。
四浦の道沿いには、この幼木をたくさん植えてあります。あと数年経てば見事な桜並木になるでしょう。
私も、苗木を取り寄せてうちの庭に植えてみようかな。

 

sakura03.jpgsakura04.jpg

 

 

カワヅザクラは静岡県賀茂郡河津町で発見されたのでこの名がつけられ、河津町ではこの時期に盛大に河津桜祭りが行われるそうです。
今年は4月に韓国の鎮海(チネ)に桜(おそらく、ソメイヨシノでしょう)を見に行きますので、来年あたりに、河津町に出かけてみたいものです。

[日々]ジャガイモを植えました。

3月14日(水)、裏の畑にジャガイモを植えました。

 

 

imo01.jpg 

 

 

このところ忙しくしています。
11日(日)はJ1開幕。C大阪の清武選手、キム・ボギョン選手、高橋選手の応援のため、鳥栖まで行ってきました。
ゴール裏で、親切にしてしてくれたセレッソサポのみなさん、ありがとうございました。
12日(月)はお仕事。
13日(火)は久住高原の野焼きにボランティアとして参加。日焼け(火焼けかもしれません)で顔がヒリヒリしています。

 

 

今日は朝からいい天気です。ジャガイモを植えることにしました。今年も「キタアカリ」にしました。昨年はほとんど植っぱなしにしていましたが、予想以上の収穫ができ、家族からの評判がよかった品種です。この「キタアカリ」の種イモ、他のものに比べて少し高いです。

 

 

1畝に20個、5畝ですから、ちょうど100個になります。全てうまく育てば、うちの家族だけでは食べきれなくなるだろうと一人にニヤニヤしていますが、こういうのを、「捕らぬ狸の皮算用」というのですね。
おっと、種イモはまっすぐ一列になるように植えたつもりですが、、、、。ああ、玄人のようにはいきません。
作業の途中に冷やかし見学人が4名ほど来ました。ああ!

 

 

午前中で作業おしまい。腰が痛い。


[日々]久住高原の野焼きに行ってきました。

3月13日(火)、久住高原稲葉牧場の野焼にボランティアとして参加してきました。

 

 

2009年以来、久しぶりの野焼き参加です。
毎年3月のこの時期は、大分トリニータの開幕戦と重なったり、私の仕事の関係でなかなか都合がつきませんでした。今年は3年振りの参加になります。今回も、野焼きボランティア歴約20年というSaさんに連れていってもらいました。このSaさん、野焼きだけではなく、秋の草刈りのボランティアとしても参加しています。

 

 

集合場所は国道44号線から久住高原コテージに向かって入ってすぐのところ。8時過ぎに着きました。一番乗りです。
ここから阿蘇の山々の景色がいいです。中岳からの噴煙も見えます。天気はいいのですが、風が冷たいです。 

 

 

noyaki01.jpg 

 

 

久住高原稲葉組合の組合長さんから、作業の説明があります。今年のボランティアの参加はウィークデーのこともあり約30名ほど。当初予定していた日曜の実施では、50~60名の参加申し込みがあったそうです。
大分県や竹田市、それにNPO団体や企業関係者も参加しています。私たちと同じように個人としての参加が多いです。県外からの参加者もいました。
組合員さんの話では、組合員の高齢化などにより、今後ますます野焼きの実施が難しくなるので、特に若い方のボランティア参加を希望しているとのことでした。 

 

 

noyaki05.jpg 

 

 

日本でも他ではあまり見ることの出来ないこの貴重な景観を維持していくには野焼きは必要です。多くの人は、この景色は何百年にもわたり、人間が作り上げてきたことを知らないそうです。九州の大学等で、生態学や自然保護などに興味をもっている若い学生のみなさん、是非、一日のボランティアに参加してみることをすすめます。実に多くのことを学ぶことができます。

 

 

牧野に火を放つ道具と火を消し止める道具。
私たちボランティアの仕事は「蠅叩き」の巨大なもの(名前を聞いたのですが、もう忘れてしまいました)で火を完全に消すことです。この「蠅叩き」は組合員さんの手作りです。野焼きは事前の準備も大変です。 

 

noyaki02.jpgnoyaki04.jpg 

 

 

ボランティアの人は4つのグループに分かれて現場に向かいます。Saさんと私は「南秋葉」チームで活動します。
「あざみ台」付近から作業開始です。今日の仲間のこの人たちは、福岡県からの参加です。

 


noyaki06.jpg 

 

 

9:30 作業開始。
孟宗竹の節を抜いて、中に灯油をいれた「たいまつ」を使います。今年はガスバーナー?も登場です。

 

 

noyaki07.jpgnoyaki08.jpg 

 

 

プロの火消し役です。地元の方が水をいれた袋をかついでいます。これは重たいでしょう。袋から出たホースの先端に水鉄砲のようなものが着いており、シュッ、シュッと水をかけて行きます。 

 


noyaki10.jpg 

 

 

夜の久住高原は相当に冷え込むようです。久しぶりに霜柱を見ました。 

 

 

noyaki09.jpg 

 

クヌギやカシワなどの陽樹林の下も慎重に焼いていきます。 

 

 

noyaki11.jpgnoyaki12.jpg 

 

 

久住の地理が頭に入っていないため、自分が今どの付近にいるかがよくわかりません。どうも大分県と熊本県との境を歩いているらしいのです。
高原の谷にはところどころ大木が残っているところがあります。カエデの仲間が多いのですが、この大木、ブナのようです。でも、葉が落ちていたため、幹の様子だけからでは確信がもてません。

 

 

noyaki23.jpg 

 

 

国道付近を焼いています。かれたススキは音をたててよく燃えます。
所有者が違う隣の牧野に火が飛ばないように注意です。巨大「蠅叩き」の出番です。 

 

 

noyaki14.jpgnoyaki13.jpg 

 

noyaki19.jpgnoyaki20.jpg 

 

 

ハプニング発生。隣接する産山村の方も野焼きに来ていました。ぬかるんだ道に軽トラがはまり込んでしまい動けなくなっています。みんなで救助です。 

 

noyaki15.jpg 

 

 

産山村の人たちは人数も少ないようですので、稲葉牧場の方とボランティアでお手伝いです。
道路(防火帯?)に沿って、風下から少しづつ焼いていきます。火をつけるのも長年の経験が必要です。

 

 

noyaki16.jpg 

 

 

ふと気がついたことなのですが、産山村の「蠅叩き」が久住のものと違います。
木の先端に過ぎの枝を巻き付けたもの、木に葛を編んだものを使っています。久住は全て竹を割って葛で編んでいます。
うーん、何か理由があるのでしょうか。 

 

noyaki17.jpgnoyaki18.jpg

 

別のグループの野焼き。遠くから眺めると実に綺麗です。

 

 

noyaki21.jpg 

 

 

noyaki26.jpg 

 

 

最後に、集合場所付近を焼きます。
左手は牧草地です。道路際をきれいに焼きます。
右の写真の真ん中がSaさん。いやー、ベテラン野焼きボランティア、貫禄がありますねえ。 

 

 

noyaki22.jpgnoyaki25.jpg 

 

 

とういうことで、あざみ台、ヒゴタイ公園付近を中心に行った南秋葉グループの野焼き終了。他のグループもみなさんも次々に帰ってきました。
作業終了後、久住高原コテージで温泉に入って(ボランティア参加者は無料でした)帰宅。紫外線が強かったのか、鼻の頭を中心に日焼けしていました。
さあ、来年は知り合いを誘ってみよう。

[トリ]今日は滝二デーか。第02節、対栃木戦。

3月11日(日)、第02節、対栃木戦。3-0。
前節ホーム開幕戦とは全く違うようです。大分の選手が次々に湧き出てくるような感がします。
これがJ1昇格を目指す大分トリニータの本当の姿なのです。(そう信じていいですね)

 

 

3月11日。あれから1年。被災された方々を思うと、普通にTVを見られことに、複雑な気持ちがします。
6歳の時、集中豪雨による大洪水で、家族3人が着の身着のまま助かっただけで、家や家財をすべて失った経験をしているだけに、他人ごととは思えません。

 

 

今シーズン初めてのアウェイゲーム。白いユニフォームがまぶしいです。
今日は、守備も攻撃も積極的です。石神、森島、三平とおしいシュートが続きます。
ところが、森島が足を痛めてしまった。でも、足を引きずりながらも戦線に復活。ちょうどそこに小手川からのクロス。これに合わせてゴール。36分、森島、みごと! 1-0。

 

 

後半戦、開始直後、栃木の動きがよくなってきます。相変わらず河原選手がよく走りまわる。8番の選手(広瀬選手かな)も目立ちます。でも、大分の勢いは衰えません。
ジョンハンに替わって木島。
この木島、何か持っているようですねえ。22分M森島のパスを受けてシュート。2-0。
続いて31分、木島から森島に。3-0。滝二のコンビは行きもぴったし。
40分、小手川に替わって永芳登場。勝利のラインダンス要員か。(笑)
TVからはトリニータオーレが聞こえてくる。ちょっと早いのじゃないのと思ったそのとき、ゴール前で、チャンフンがレッド。これレッドかなあ。
前節ちょっと気を抜いた感のあった清水、今日は気合いをいれてPK阻止。そういえば、清水も滝二。
今日は滝二デーか!

 

 

3-0の大勝利などいつ以来であろうか。うれしいねえ。
今週は元気に仕事ができそうだ。
さあ、次は強敵山形戦。アウェイ二連勝といきましょう。


 


 





 

[日々]今年も確定申告を済ませました。

3月5日(月)、確定申告を済ませました。
先ほど、税務署に行ってきました。必要な書類を持って行くと簡単です。
Siさんからは、「自宅からやれ!」と叱られそうですが、税務署に行くと、綺麗なお姉さんが優しく全てやってくれるのです。
今年は、ちょっと「濃厚な」感じのする方にお願いしました。

係の方がくれた入力のチェック用紙(源泉徴収票や保険の納入金証明などの書類が揃っているかのチェック)の上の方に、パソコン操作ができる/補助がいればできる/できないという欄があります。ここは「できない」にチェックをしておきます。
ノートパソコンから入力してくれますが、入力項目がかなり多いです。素人では、どの欄に何の数値を入れていくか、なかなかわかりづらいです。

 

 

「コンピュータ使えませんので、お願いします」
この一言で、短時間で終わります。特に私のような貧乏人の処理は、慣れている係の人にとっては簡単なようです。
ほんの10分ほどで入力は終わりです。あと申告内容のプリントアウトなどあって、これでおしまい。
お世話になったお嬢さんにお礼にコーヒーにでもとお誘いしたかったのですが。。。。(笑)

[トリ]黒星スタート。第01節、対草津戦。

3月4日(日)、第01節、対草津戦。2-3。
待ちに待った開幕戦。シーズンスタートです。冬眠中の当Blogも再開します。
昨シーズン一度も勝てていない草津に、2度も追いついたが、土壇場で留めをさされてしまった。ああ!
でも、ケガで長いこと苦しんできた小手川と新規加入の木島のゴールは本当によかった。

kusa10.jpg

 

 

今シーズンも試合前後の様子を中心に。
開門時には、ニータンとコナンがお出迎え。アニメにうとい私には何故ここにコナンかわかりません。

 

kusa01.jpg

 

 

募金にも協力させてもらいました。これで地震・津波で被災した子供達をサッカーの試合に招待するとの説明がありました。

 

kusa08.jpg

 

 

小雨の降る中での決起集会。サポは今年も気合いがはいっています。

 

kusa09.jpg

 

 

鐵心太鼓と書道ガールズのコラボです。

 

kusa02.jpg

 

kusa03.jpg

 

 

さてさて、いつもお騒がせの「G裏町内会」の住人が掲げる新しいゲーフラです。
皆さん元気のようで安心しました。今年もよろしくお願いします。
住人みんなで開幕コレオに協力しました。「素晴らしかった」という声を聞きましたが、どういう風に見えたか中からはわかりません。
スカパーの録画が楽しみです。

 

kusa04.jpg

 

kusa05.jpg

 

 

町内会の住人に食べてもらおうと、うちの奥様は朝からパンを焼きました。クルミあんパンかな。
みなさまからは、旅行のお土産など、たくさんのお菓子をしただきました。
何か、「おせったい」のようで。(笑)

 

kusa07.jpg

 

kusa11.jpg

 

 

で最後に、試合の雑感を。

・5年振りのホーム開幕戦。トリの選手は相当緊張していたようだ。
・草津の選手の方が個人技でも大分より勝っていたことは確か。
・昨年同様、プレスにいきません。ボールウォッチャーが多いのは何故? トラップのミスも多いなあ。
・試合内容はともかく、取られては取り戻し、取られては取り戻しと2度も同点に持ち込んだが、2-2になった時点で、大分の選手たちは、「これで引き分け」と気を抜いたのでしょうね。
・勝った草津と負けた大分の違いはそこにあるのですね。引き分けでいいと思うのか、あと1点取って勝とうと思うのか。
・草津に3点目入れられた時の大分の選手が呆然としていた。このとき、残り時間は2~3分はあったはず。「よし、1点取り戻そう!」と選手を鼓舞するリーダーがいないのか。残り1秒で勝ったことも、負けたこともありますよね。
・大分が本気でJ1昇格を目指すなら、「次につながる敗戦」などと悠長なことは言ってられません。今シーズンの終わりにJ1昇格が決まっていなければ、大分トリニータの存在そのものが難しくなりそう。選手達の将来も。。。
今年はとにかく大変な1年になることは間違いないです。