[トリ]苦しい采配。第33節、対愛媛戦。

10月30日(日)、第33節、対愛媛戦。1-1。故障の選手が続出で、田坂監督は苦しい采配を強いられています。しかし、今まで出場の少なかった選手にとってはチャンスです。
「アウエイで雨」と聞くと、マエシュンにいつも以上にに期待をしたのですが、ドローに終わりました。

 

 

日曜日の夜キックオフとなるとアウエイには行きにくいです。来シーズン、J2は日曜日開催とか。困ったものです。
厳しい日程でしかも悪天候にもかかわらず現地参戦のトリサポのみなさん、ご苦労様でした。風邪など引かぬようお気をつけ下さい。

 

 

久しぶりに安川の顔が見られました。為田は初スタメンですね。小手川がベンチに入りました。
西や三平、井上、さらにチェ・ジョンハンに森島まで欠くことになった対愛媛戦です。どうなることかと心配でしたが、トリニータペースで試合が続きます。前半戦、押しているときに得点が欲しかったです。
前半戦の終わり頃から愛媛が勢いづいてきます。
後半9分、半年振り出場というベテラン大木選手(元トリニータですね)に決められてしまいます。家族の方に渾身のプレーを見せたようです。
22分、宮沢のフリーキックが愛媛のオウンを誘います。
大分は連戦のため疲れがピークに達しているようですが、清水の好セーブに何度も助けられてます。
結局、前半、後半戦と大分に何度もチャンスはあったのですが、1-1のドローです。
長谷川おしい、ドンミョンおしい(ぼつぼつ決めて下さい)、為田、本当におしいねえ。

 

 

さあ、次は上位チーム、苦手チームの千葉です。黄色のチームにも何とか勝ってくれませんか。

[トリ]聖地国立で大勝利。第07節、対FC東京戦。

10月26日(水)、第07節、対FC東京戦。2-1で逆転勝利。しかも、後半ロスタイムでの大逆転劇です。実力のある強いチームは、大分の選手達が持っている潜在能力を引き出してくれるのでしょうか。FC東京さん、ありがとう。

 

 

3年前のあの感動を思い出しながら、今日はTVでの観戦です。ああ、もう一度あの透き通るような青空の下で青と黄色の紙テープを力一杯投げたいものです。TVの画面からいつものように知り合いの姿を探します。おお、みんないるいる。○○のおばちゃんはタイコをたたいているし、妹はしっかりと三平ゲーフラ上げている。三平、怪我で帯同もしていないのに。「痛いの痛いの飛んでけ」とは。。。三平、びっくりするだろうな。(笑)

試合前、ルーカス選手と宮沢、森重選手と森島、池田が何か話しています。そうか、FC東京には森重選手と高松がいて、前田もお世話になったし、宮沢も。幸野はレンタル中か。FC東京とは何か縁が深いです。
おっと、現地参戦の○○ちゃん、高松の姿は見られましたか。妹からの話によると、ポポビッチ監督と石田も来ていたそうです。

ゴール裏、「みんゲー」があがります。永芳のゲーフラも完成したようです。この「みんゲー」、東京近郊のゲームでしか本物を見られないようです。ああ、いつか我が作田のものを上げさて欲しいです。

 

 

さて、試合。
このところ負けなしの首位チーム相手に気後れすることなくよく戦っています。解説の野々村さん、少しは大分を褒めてやって下さい。私には、「FC東京の相手にはならない!」と言っているように聞こえてならないのです。
22分、気になっていた谷澤選手がゴールです。おっとその前にハンドのように見えたのですが。。。作田が手を上げてハンドのアピールをしていました。TVで見ると、背中側からの画像でしたから、手か手の付け根(胸)かはっきりしないのです。(これ、記録ではジョンハンのオウンとか。ジョンハン、かわいそうに)

この後、大分、ちょっとぐずぐずになってしまいます。
40分、池田に変わって幸野。幸野の交代が大分に勢いを取り戻します。
ロスタイム、土岐田が駆け上がってきて、前田にパス。このパスを胸で受けて、振り向きざまにシュート。こんなうまいシュートは前田にしかできないでしょう。これで、FC東京の無失点記録更新はオッジャンに。空気読めないですみません。
座ったままで小さくガッツポーズ、いいねえ。前田は時にとんでもないプレーで決めてくれます。だから、マエシュン信者が少なくないのでしょうね。まあ、今季07節のスーパーゴールに間違いありません。

 

 

後半戦。まあ、1点取れたので、これで十分。FC東京に勝てるなんて思っていませんよ。はい。
でも、何とか大量失点だけは避けて欲しいと願っていましたが。。。
8分、ジョンハンに変わって長谷川に。ジョンハン、大丈夫だろうか。うち、ケガ人がどどん増えていくようです。直後にFC東京は石川選手が入ってきます。(私、石川選手、好きなのです。応援してます。でも、今日はすみませんがおとなしくしていて下さい。でも、石川選手、いろんなところに顔を出してくるのです。ああ!)
55分、ドンミョンおしい。今日も土岐田、ドンミョンがよく走っています。
80分、永芳に替わって藤川。前田と交代かと思いましたが。監督は前田はまだやれそうと判断したようです。
後ちょっと。このまま頑張れ。引き分けで御の字と思いつつも、あれ、この試合もしかしたら勝てるかもしれない、何か大分の方が気迫があるのです。
ロスタイムは4分と。ああ、4分もあるはずないのに。「FC東京になんとかして勝たせたたいじゃろ!」とTVに向かって毒づく私。
ごめんなさい。4分でよかったです。最後の最後、森島がためてためて、長谷川が上がってくるのを待ちます。やさしいパスを出します。
長谷川、落ち着いてシュート。GK権田選手の股をぬきゴール。おお! FC東京相手に、しかも、ロスタイムで逆転勝利です。
大分トリニータ、国立では女神が微笑みかけてくれるのです!

[日々]イモ堀りをしました。

10月24日(月)、午後から春に植えたサツマイモ(ベニアズマ)の収穫(おおげさ!)をしました。
8月に少し草取りをしただけで、あとは追肥もなし、もちろん農薬の散布もしないという完全な「ほったらかし(放ったまま)」栽培ですので、果たして大きなイモができているかどうか不安です。でも、昨年に比べてイモの茎や葉が大きく育った感じがします。
この茎のしまつに結構時間がかかりました。イモ畑の向こうは雑草が生い茂っています。(笑)

 

imo01.jpg 

 

 

掘ってみました。まあまあのようです。掘った直後のイモの皮の色がいいです。素人が作ったものです。これぐらいできれば上等でしょう。おそらく、甘みも強いと思います。
今日の収穫はちょうどコンテナ2杯分。東京のイモ娘達に送ったり、知り合いに持って行けそうです。
残りは来週中に掘り上げるつもりです。

 

imo02.jpg

 

 

素人百姓でも作物の収穫は嬉しいです。人にあげると喜んでもらえると思うと腰の痛みも忘れます。
今年、福島の原発事故で、多くの田畑が汚染され、丹精込めて作った米や野菜の収穫や出荷ができなくなっています。「保証金を出すからいいじゃないですか」と言った人もいたようですが、そうでしょうか。自分が作ったものを人から喜んでもらえない。この悔しさはお金では替えられません。


[トリ]力の差を見せつけられた。第32節、対京都戦。

10月23日(日)、第32節、対京都戦。1-3。力の差を見せつけられたような感がします。
京都は大分がボールを持つと2人でプレスをかけてきます。それに対して大分はプレスが甘いように思えます。京都が思うようにパスを出しますので、大分の方が当然走りが多くなってきます。これが、後半戦に効いてくるのです。後半戦半ばから大分がしだいに走れなくなり、最後のほうは足をつる選手も出てきます。京都は落ち着いていて、無駄な走りが少ないですね。そして、決める時には決めてきます。宮吉選手、いいですね。この春に骨折をしてた選手ですよね。
大分、あれだけはずせば勝てません。前田からはいいパスが出るのに。前半戦に1点でも入れておけば、ずいぶん違った展開になっていたかもしれません。
でも、1点は入れました。あの三平のゴールの瞬間、はい、うちの奥様はいませんでした。トイレです。「トイレの神様」の本領発揮です。町内会では皆でハイタッチをしながら、大笑いでした。
さあ、残り試合が少なくなり、強いチーム、苦手?なチームと次々と対戦します。12月3日の最終戦まで、気を抜かずにお願いします。井上が長期離脱のようですし、三平、西が心配です。阪田、内田、小手川の復帰はまだなのでしょうか。

 

 

さて、いつものように試合前の様子を。

 

kyoto01.jpg

 

 

今日は中津や宇佐から「からあげ」店がたくさん出店しています。列の長さが違うようです。みんさん、それぞれ好みのお店があるのでしょうね。うちは比較的空いているお店に並びました。ちょっと味付けが濃い感じがしましたが(年寄りですので薄い味に慣れています)、ビールのつまみには最高で、美味しく頂きました。

 

 

kyoto02.jpg

 

 

京都サポのみなさん。人数は少なかったですが、応援の声は響いていました。久保選手の断幕がいいです。
今日、元トリニータの鈴木選手の顔を直接見られると期待していましたが。。。。試合後にでも「シンゴゴーゴー」を歌いたかったのに。

 

kyoto03.jpg

 

kyoto04.jpg

 

 

今日は胸スポンサー様が社員を連れて観戦に来てくれてます。ゴール裏ではダイハツの幕を上げて感謝の意を表します。
ダイハツデーということで、抽選会がありました。なんと、うちの奥様に新型MiraのチョロQが当たりました。次回車を買い換える時には、必ず、ダイハツ車にすると言ってるからでしょうか。
今日はこの胸スポンサーのためにも、絶対勝ちたかったのですが、残念でなりません。

[トリ]愛媛に一平、大分に三平! 第06節、対愛媛戦。

10月19日(水)、第06節、対愛媛戦。2-1で逆転勝利!
逆転勝利で久しぶりの勝ち点3です。三平のゴールをやっと見られました。このところの試合で、なかなか決めきらずにいたので、やきもきしていました。今日は藤川からのクロスをみごとに頭で合わせて同点ゴール。これで試合の流れも変わりました。愛媛に一平(笑)、大分に三平ありです。

 

ehime07.jpg

 

愛媛からのサポーターのみなさん。水曜日しかも19:00キックオフではなかなか遠征は難しいですね。
愛媛は大分のとなりの県です。不思議なもので、福岡や宮崎、熊本に比べると愛媛は隣県という感じがしませんね。海をはさむとこうなるのでしょうか。

 

ehime06.jpg

 

 

さて、今日もまた試合前後の出来事を中心に。

(1)大分・愛媛のマスコット?と記念写真をとることができました。


ehime01.jpg

 

今日は東京からの帰り、大分空港から大銀ドームに直行です。
記念写真の時間にぎりぎり間に合いました。「G裏町内会」の皆様、大分FCのスタッフのみなさん、お世話になりました。いい記念写真を撮ってもらえました。来年用の年賀状にします。(笑)
また、すでにゴール裏に陣取っていた住民から携帯で指示が出ます。「ついでに、監督は座る椅子に座ってこい!」
はい、指示通りかってに座わらせてもらいました。

 

 

(2)一平劇場を初めてみました。

 


ehime02.jpg

 

ehime03.jpg

 

ニータン、リッジー、それに伊予柑太くん、一平くんが車にのって登場です。ところが、大分のゴール裏当たりで、車から一平君が転落します。そのまま動きません。脳震盪でも起こして動けないでいるのかと、本当に心配しました。周囲のサポの話によると、これが「一平劇場」なるものの始まりらしい。一平と伊予柑太、なかなかやりますなあ。

 

 

(3)弁当直撃事件

 

ehime04.jpg

 

ドームでの夕食用に東京のデパートで「牛タン弁当」と「イベリコ豚重」を買っておきました。
娘2から仕事を終えて行くので、ゲーム開始直前には到着すると連絡がありましたので、うちの奥様はすぐ食べられるようにと、「イベリコ豚重」の包装を開いて、椅子の上に置いておきました。
どの選手が蹴りいれたボールかはわかいません。この弁当を直撃。豚肉やインゲンマメが周囲にに散乱してしまいました。
まあ、めったにこんなことはないでしょう。肝心なボールは数列前にいたサポの手元に。イヤー、みんなで笑い転げてしまいました。

 

(4)マエシュン、敵の選手に介護?される。
こんなシーンは初めてみました。後半戦も半ば、前田が愛媛のゴール前で足をつったようです。普通こんな時には大分の選手が手助けをするのでしょうが、大分の攻撃が続いているためか、前田の周囲には見方がいません。愛媛の選手がまだ試合は続行中なのに、前田の足を伸ばしてくれています。GKもだまって見守っています。何かいい光景でした。この愛媛の選手は誰でしょう。あとで録画したもので確認してみましょう。
前田、何か精悍な顔つきになってきました。相変わらず「うまいなあ」と思うプレーがありますね。

 

(5)トイレの神様、またまた本領を発揮です。
うちの奥様がトイレに行くと大分が得点するというジンクスがあります。最近はG裏住人から「トイレの神様」と呼ばれるようになっています。先の天皇杯対徳島戦の作田のゴールのときもトイレに行ってました。
今日の試合、後半、イ・ドンミョンからのパスをもらって、愛媛のDFをかわしての森島のみごとなゴールも見ていません。トイレに行ってました。(笑) 
90分間の中のたった数分のトイレ中です。
最近は試合が始まると「トイレに行って」とか、「ずっとトイレにいて」などとのメールが届くようになっています。
次節、対京都戦は、事前にビールかジュースをたっぷり飲ませて、何回もトイレに行かせます!


 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[トリ]みごとにやられた! 第30節、対富山戦。

10月1日(土)、第30節、対富山戦。1-2。今季、富山には勝てないままか。
後半、選手交代で功を奏した富山に対し、裏目に出てしまった大分というところか。ホームでしかもロスタイムでの逆転負けはへこむなあ。

 

toyama04.jpg

 

 

試合前、ル○ーさんとうちの奥様がくじ引きに挑戦。驚くことに2人ともニータンマークを引き当て、お目当ての三平の色紙をゲット。大喜びの2人です。(東京の誰かさん、この色紙、欲しいでしょう。)
その上、マ○くんがロイヤルシートペア券を当て、またまたル○-さんが永芳からのサインボールを受け取ると、この日「G裏町内会」の住民はついていました。

 

toyama01.jpg

 

 

今日は、大分市近郊の多くの小学校ではは運動会、ピッチサイドでもトリの選手も参加してのミニ運動会が行われました。
マエシュン、元気なようです。

 

toyama02.jpg

 

 

富山からのサポータのみなさん。30人ほどでしょうか。遠くから大変だったでしょうが、遠征してきてよかったですね。今夜は温泉につかって、美味しいお酒を飲んで下さい。大分は富山と同じようにお魚も美味しいですよ。

 

toyama03.jpg

 

 

さて、試合。
出場停止の刀根に替わって永芳がスタメン入り。土岐田も戻ってきました。我が作田もサブで入っています。嬉しいねえ。
前半戦、ずっと大分が押しています。でも、富山のプレッシャーがきついです。当然、パスミスも多くなってきます。
大分の選手、優しすぎるのでしょうか。相手を自由にさせすぎるようです。
永芳、森島、西、三平といいチャンスはつくるのですが、クロスバーに弾かれたり(ついてないなあ)、GKと対決に負けたりと、ゴールになりません。結局最後の決め手は個人技によるのでしょうか。
後半戦、富山に勢いがでてきたようです。
12分、三平のパスを受けた西がゴール。三平のゴールと勘違いしたうちの奥様は、東京の妹から託された三平ゲーフラを得意そうに掲げましたが。。。(笑) さあ、西は決めたぞ、三平どうする。!
このあと再び大分のペースが続きます。2点目、2点目が欲しいのですが、ずるずると時間が経っていきます。大分の選手も富山の選手も次第に足が止まってきます。
20分過ぎ、富山は次々と3人の選手交代、33分、大分もチェ・ジョンハンに替えて池田を投入。G裏の周囲から「え、もう守りに入るの?」という声が。
その直後に失点。大分の選手たちの心の隙を突かれたような失点です。この失点に憤慨したのか、席をたってしまうサポがちらほら。
ああ、今日もまた良くて引き分けか、下手すると、ロスタイムで失点するかも。。。  富山の選手が調子づいてきたもの。
悪い予感が当たってしまった。ロスタイムに失点。このシュート、敵ながら見事でした。
ああ、また、ロスタイムで逆転負けとは。。。へこむなあ。
試合が終わってみれば、富山の選手交代が功を奏して(最後に交代した2人が決められてしまった)、大分の交代が裏目に出たのか。
あんなに押していたのに、シュート数も富山の倍ほどあっただろうに、ちょっとしたミスで負けてしまった。サッカーは最後の最後で何が起こるかかわかりません。
最後に、今日試合からの教訓を。
主審にぐずぐず文句を言うのはもやめましょう。イエローもらうし、失点にも結びつく。