[トリ]番長阪田男泣き。第22節、対湘南戦。

7月23日(土)、第22節、対湘南戦。3-1。
4試合ぶりの勝利。しかも、今季初の3得点です。久しぶりに歌う「トリニータ、オーレ!」
試合終了とともにピッチに倒れ込んで男泣きする阪田。対湘南戦とあって、万感胸に迫るものがあったのしょう。
番長阪田、いいねえ。 

 

 

bel14.jpg 

 

 

夏休みが始まって、ちびっ子たちの参戦を考えてか、城島レジャーランドが中心になって、いろんな行事が行われています。
ドーム前の広場ではセグエイに乗れます。
いつもお騒がせの「G裏町内会」の面々はこういうものを前にしてじっとしてはいられません。開門ぎりぎりまで楽しみました。

 

 

bel02.jpg

bel03.jpg

bel04.jpg

ドーム内では何とショッカーがやってくるといいます。
「ショッカーは我々の世代。今の子供達には何かわからんじゃろう」と言いながら、妙に張り切る町内会のおいさん達。
ははは、様になっていますよ。(笑) 

 

 

bel05.jpg

 bel06.jpg

bel07.jpg 

 

 

とうとうトリの選手達も引き込まれてしまいました。
安藤選手の右手首が痛々しく見えますが、手術もうまくいったようですね。
こういう選手たちの普段の笑顔を見られるのが何ともいいのです。湘南サポも方が驚いていました。
最後はとうとうニータンまでも。。。。 「イーッ」

 

 

bel09.jpg

 bel10.jpg

 

 

いつもかわいい姿を見せてくれる「えのきーにょ」今日は選手達と一枚。 マエシュンの視線がいいです。

 

 

bel08.jpg 

 

 

湘南サポのみなさん。大銀ドームは初めてという方もいるのでは。
駐車場で湘南ナンバーの車を見かけました。いつものように記念に一枚。
試合終了後にこの車の持ち主の方とお話ができました。大分まで、2日間かけて来たそうです。
「湘南サポは今日77人来ました。少なくて申し訳ありません。うちも観客が少なくなっています。8月には是非たくさん湘南に来て下さい」とのことでした。
湘南ベルマーレのサポらしく?、非常ににさわやかなな感じの方でした。

 

 

bel11.jpg

 bel01.jpg

 

 

大分のゴール裏でみつけた西のゲーフラ。これはすごい。

bel12.jpg 

 

 

今日の試合には三平は出ないそうです。でも、東京在住の妹が作った三平ゲーフラ(東京ー大分間を何度も宅配便で往復しています-笑)を湘南サポや反町監督に向け揚げました。Jリーグの規約にあるのか、それとも両チーム間の約束事なのか、事情はわかりませんが、是非、8/7の対湘南戦には出して下さい。トリニータの三平の活躍を見て下さい。

 

 

be13.jpg 

 

 

で、試合。
サッカーだけでなく、電子機器、車などにめちゃくちゃ詳しいB○nさんの話によると、湘南との試合は2002年以来実に9年ぶりとのこと。
湘南からは阪田が移籍、三平はレンタル中、おまけに両監督は共に活躍していた時期があるとのこと。お互い相手の手の内は研究しているはず。
前半戦、大分ペースで試合は進んでいるのですが、湘南が引いてしまっているので、大分が攻めあぐねているようです。双方とも何かピリッとしません。
まったりとした時間が流れています。向こうの方から「消化試合をしよんのか!」というヤジが聞こえてきました。
通路の反対側にいた中学生らしい女の子はついにマンガを読み出す始末。ああ。何とかこの女の子をを興奮させて合して欲しい。
森島のプレーなどいい場面もありましたが、0-0で前半戦終了。このままでスコアレスドローで終わるのかな。
これでは、ハーフタイムには反町監督、田坂監督から檄が飛ぶだろうなあ。

 

 

後半戦、湘南がアジェル選手を投入してくる。湘南の方が先に勝負を賭けに出てきたようです。やっと試合らしくなってきました。
21分西のゴール。35分姜のゴール。阪田が入れたのかと思いましたが、、、。2-0です。前半戦の内容からすると信じられません。
ところが、2点目の直後37分に臼井選手にゴールを許してしまいます。一瞬の隙を突かれました。敵ながら、この臼井選手のプレーは見事でした。これで2-1。
ああ、下手をすると、終了間際に追いつかれかもしれないとマイナス思考が始まります。2-0という点差は一番恐ろしいと聞きますから。
でも、今日は違いました。前節対FC東京戦がいい刺激になったのでしょうか、43分、またしても西が落ち着いてゴール。これで決まりでしょう。
こうなったら、もう1点、西にハットをなど欲がでてきます。

 

 

試合終了の笛の音を聞く前から、「トリニータ オーレ」の大合唱。久しぶりです。本当に。ナビスコ決勝戦以来でしょうか。
3点も取ったし、長谷川のスタメンもよかったし、西の2回のゴールを目の前で見られたし、姜の初ゴールをみんなで祝福できたし、今夜はニータンビールが美味しいぞ。

 


bel15.jpg 

 

 

さあ、しばらくアウエイゲームが続きます。
次節は対ベルディ戦。姜がたくさんの後輩達の目の前で2戦連続でゴールできるといいなあ。

[トリ]マエシュンの笑顔がよかった。第21節、対横浜FC戦。

7月17日(日)、第21節、対横浜FC戦。2-2。勝てる試合だったようだが、残念。マエシュンのハットを期待していたのに。
ゴールを決めたマエシュンの笑顔が何ともいい。いつもこんな笑顔でいて欲しい。
が、そうなるともはやマエシュンではなくなるか。(笑)

 

 

3連休中日の試合。ああ、ニッパ球に行けたのに。連休であることに気がつかなかった。実に残念。
おまけに対横浜FC戦、スカパーe2では放送されないのです。うちのスカパー、まだHD契約をしていません。(涙)
というとで、ネットと現地参戦組からの情報で試合経過を知ることに。
現地からの情報では、今までにないほどトリサポが多いとか。スポンサーであるネットワンシステムズさん、広友ホールディングズさんの働きかけがあったという。今日はアウェイ総力戦の模様、1000人くらいはいるそうです。
「G裏町内会」在京組も、超有名になった「みんゲー」の仕上げや、太鼓を叩いて頑張っているらしい。
試合は、前半、前田のセクシーゴールで先制、その直後に相手のコーナーキックから失点し、前半は1-1という。
後半戦、カイオ選手と清水のせめぎ合いでPKを取られ1-2。続いて、前田がPKを取って2-2。
結局、終始大分が押していたが、そのままドローで終わったという。

 

 

18日(月)、早朝、なでしこJAPANの決勝戦を応援。歳を取ると頭と一緒に涙腺も緩くなってくるのでしょう。感動で涙がでてきてしかたありません。
なでしこ優勝の興奮のまま、7時からスカパーe2で対横浜FC戦に突入です。
考えて見れば変ですね。結果が既にわかっているのにTVに向かって応援すれば勝てそうな気がするのです。
前田のゴールシーン見ました。1点決めた後の前田の笑顔が実にいい。
ところがそのすぐ後、大分のマークミスからでしょうか、森本選手をフリーにさせてしまったようだ。これで1-1。

 

 

ここまでです。年寄りは体力が持ちません。朝3時から起きていたので眠気に勝てません。
すみません。後半45分を戦う気力、体力が残っていません。録画をしていますので、後半戦は後日ということです。ああ。


[日々]臼杵祇園に行ってきました。

三連休の中日(17日)に県下3大祇園の一つ、臼杵祇園に行って来ました。
この3連休、気がつかないでいました。ああ、うかつでした。対横浜FC戦に行って、Na^2子の顔も見られたのに。。。。

 

 

お昼近くですので、旧臼杵藩主稲葉家下屋敷でお祭り料理をいただくことにしました。

 

 

gion03.jpg

 

 

この伝統的なお祭り料理は、臼杵市内の有名料理店が作ったものだです。手前左から、
お寿司(福わうち):臼杵のお寿司には甘い煮豆が入っています。
そうめん(春光園)
フカの湯引き(久楽):臼杵市民はフカを食べるのです!
寒天とかまぼこ(喜楽庵):臼杵の人は寒天をよく食べるようです。

 

 

gion01.jpg

 

 

フカの湯引き、私は苦手です。
私が育ったところではフカをたべる習慣はありませんでした。でも、日本ではフカを食べるところは多いようです。臼杵にはスーパーで売ってるそうです。これでは、県民SHOWの話題提供になりませんね。

 

 

gion02.jpg

 

 

お祭りの始まりです。今日は「お渡り」という行事が行われます。
神主さんを先頭に、槍振り、吹き流しと続きます。
この槍振りは体力が必要ですね。槍をまっすぐに立て(肩支えてはいけないとか)、ナンバ歩きという独特な歩き方で進みます。
最近は人出不足のこともあり、ある中学校が協力していると聞きました。この中学生達(女子もいました)が通ると周囲から大きな拍手や「頑張れ!」との声援が飛んでいました。
ホラ貝を吹く役は一子相伝だそうです。

 

 

gion04.jpg

gion05.jpg

gion06.jpg

 

 

御神輿は3台出ます。
時々、「テョウサイ、ミョウサイ」とかけ声をかけながら御神輿を大きく左右に振ります。
この御神輿をくぐると病気をしないとか。もちろん、私もくぐってきました。

 

 

gion08.jpg

gion07.jpg

gion09.jpg

 

 

子供達も山車で参加します。
少子化といわれる中、臼杵中心部の街にはたくさんの子供達がいるものです。おそらく、この祭りのために、おじいちゃんやおばあちゃんのところに帰省をして来るのでしょう。

 

gion10.jpg

 

 

山車はこのお祭りを担っている八町のうち二町が当番制で勤めます。今年は、新町と浜町という地区だそうです。
臼杵市の人にとって、この山車を引いたり、乗ったりすることは小さい頃からのあこがれなのでしょうね。

gion11.jpg

gion12.jpg

 

 

さて、今日17日(日)は夜には津久見市で花火大会も行われます。おそらくこの時間帯から渋滞が始まっていることでしょう。
また、夕方からは、対横浜FCがあり、18日(月)の早朝にはなでしこJAPANの戦いもあります。
歳をとると太陽の強い光を浴びただけでも疲れてしまいます。サッカー観戦に備えて体力温存です。津久見の花火大会は遠慮することにします。

 

 

[トリ]入場者数27519人。第20節、対FC東京戦。

7月9日(土)、第20節、対FC東京戦。0-0。3万人近い観客の前で、ボロ負けしないでよかった。
ほぼ満杯の観客の応援を受け、必死に戦ったトリの選手達に大きな拍手を!
ホームでの勝利とはいかなかったが、あの猛攻によく耐えた。

FTOU12.jpg 

 

 

今日は気合いを入れて13:30大銀ドームに到着。この時間帯ではまだまだ人出は少ないです。時間つぶしにドームを一周。知り合いといろいろ話もできました。
開門16:00近くになると、今日は雰囲気が違います。長い行列ができています。2~3年前の雰囲気が戻ってきました。
大分県民DAYや大分市民観戦DAYということで、トリニータシートは無料だそうですが、ほとんど人が青いユニ着ているのです。これには驚きました。

「7・9 大分総力戦」ということで、ドーム内外でたくさんの催し物があってます。
ものすごい人です。ビールもつまみもソフトクリームもすぐには買えません。
まず目を引いたのが「風を食べて動く生命体」のオブジェ。本当に動きました。
「テオ・ヤンセン展」見にいこう。

 

 

FTOU01.jpg

FTOU05.jpg 

 

 

トリニータ仕上げのラジコンカー。こういうもは大好きです。欲しい。(年甲斐もなく!)

 

 

FTOU04.jpg

FTOU03.jpg 

 

 

日本文理大学(NBU)のBRAVESの演技。今度はゴール裏前で見せて下さい。

FTOU06.jpg 

 

 

FC東京のサポーターのみなさん。ようこそ大分へ。全部で1000人ほど来てくれたのしょうか。
森重選手、ホベルト選手、高松選手をよろしくお願いします。宮澤はうちでキャプテンです。幸野は大事に育てます。

FTOU09.jpg 

 

 

これが有名な「1年間お世話になります。」断幕ですね。

FTOU07.jpg 

 

 

いつもお騒がせな「G裏町内会」が揚げるゲーフラ。「茨城だけどトリサポだ」、「誕生日 DLよりトリニータ」
そうです、今日もも「○○のおばちゃん」親子をはじめ東京組を数人お迎えしました。
「大分 総力戦 必勝! 必走!」との手書きのゲーフラも揚がります。
前節対北九州戦で初めてあげた「大分名物 三平スマイル」ゲーフラも東京の妹から預かっていましたので、大銀ドームでも揚げました。
三平が気がついてくれて、サインボールをゲーフラに向けて投げてくれました。でも、キャッチできなかったのです。
次節、対横浜FC戦でも揚げます。

FTOU08.jpg 

 

 

次の2枚は友人のYSさんが試合後メールで送ってくれた画像です。
こういう風に見えるのですね。

YS01.jpg

YS02.jpg 

 

 

「3万人プロジェクト」の結果です。ちょっと感動する数ではありませんか。
FCを中心に真摯に集客に取り組み、いい試合をすれば、サポは戻ってきます。

 

 

FTOU11.jpg 

 

 

両チームのスタメンです。FC東京に有名な選手の多いこと。
森重選手も何か身体が一回り大きく、がっしりとなってきたようです。

 

FTOU010.jpg

 

 

さて、試合内容を一言でいえば、「実力の差があり過ぎます。」
前半戦も後半戦も攻め立てられ、大分は引いて守ることで精一杯。あれだけの猛攻によく耐えました。DF陣とGK清水が必死で守りました。
でも、FW陣にも少ないながらチャンスはありました。前田、森島、特に三平は惜しかった。本当に惜しかった。
FC東京の梶山選手や今野選手はやはりうまい。また、チーム全体でのミスが少ないです。
しかし、今日は決定力不足と言われても仕方ないでしょう。おかげでうちは助かりましたが。

 

 

大分の選手達で気になっていることを。
このところの試合で後半戦半ば近くになると走れなくなる選手が多いです。足をつる選手もいます。今日の試合でもそう。FC東京の選手たちは後半40分になっても、一気に自陣へと全力疾走で戻っていきます。
大分は今シーズン、フィジカルコーチを招聘して、基礎体力を鍛えているはずです。もうぼつぼつその結果が出てきてもと思うのですが、素人の考えなんでしょうね。
1~2年は待たないとダメなのでしょうか。うちは若いチームです。まだまだ技術的には未熟と言われても仕方ありません。でも、体力だけはあると言われたいのですのですが。

 

[トリ]負けてたまるか!

いよいよ明日は対FC東京戦。
3万人近い観客を前に、負けてたまるか! 無様な試合をしてたまるか!

 

 

というわけで(自分が試合をするわけでもないのに)、前祝いで一杯やってきました。
たまたま今日は娘2のボーナス日。おごってもらいました。ああ、ビールが喉こさぐ。。。!(笑)

 

 

今日のおすすめ品は「爆弾」とのこと。
ニンニクを丸ごと油で揚げたものです。
「G裏町内会」のみなさん、明日は少々臭いですが、お許しを。

 

mae01.jpg

 

mae02.jpg

 

mae03.jpg

 

 

エルゴラの記事によると、このところ調子がいいモリゲ(いやいや、森重選手)がトリサポから、ブーイングを受けたいそうです。
ブーイング?、いーえぇ、大きな拍手で迎えてあげます。


[トリ]完敗です。第19節、対北九州戦。

7月2日(土)、第19節、対北九州戦。0-3。完敗です。ハイ。
「大分は中2日の連戦だったから」などとは言い訳に過ぎません。ゲームの組み立て方、気力など。。。完敗です。
試合の後、駐車場に向かうバスを待っていた時、前にいた子供連れの北九州サポの方から「こんなに待たせてすみません。遠いところから来てくれているのに」と声をかけられました。気を遣ってくれているのですね。すみません。
来シーズン、強くなったトリニータをここ本城で見てもらえるといいのですが。(来シーズンはもうJ2にいないと北九サポからつっこみを入れられそう)

 

kita15.jpg 

 

 

さて、試合前後の本城競技場の様子を。(試合内容はもう忘れることにしました。) 

 

 

 kita01.jpg

 

ギラン君の背中にはコーラ瓶が。ニータンに対抗して甲羅のつもりだとか。本当かえぇ。

 

 

 

kita03.jpg 

 

ありゃ、ま○○さん、懐柔しているのか、それともされているのか。ギラン君の目は笑っていませんよ。(笑) 

 

 

 

kita07.jpg

kita09.jpg 

 

北九コアサポのみなさんと、サイド席。

 

 

 

kita12.jpg

kita04.jpg

kita11.jpg 

 

大分のゴール裏周辺の様子です。
今日はニータンが直接ゴール裏に。取材中の各社の報道陣のみなさん。トリサポは全体で3000人ほどでしょうか。今年もトリサポの方が多いかも。
この競技場の観客席は傾斜が緩く、ピッチ上の選手の動きが見えにくいのが難点ですね。

 

 

 

kita05.jpg

kita06.jpg 

 

そのゴール裏にまで直接弁当売りがやってきました。こんな経験は初めてです。
「九州だJ!5クラブ弁当」という名前だそうで、弁当箱の両サイドには各チームの監督とキャプテンの顔が印刷されています。
中身も各チームの地域を代表するような食材を使っています。トリサポは売り上げに相当協力していました。

 

 

 

kita08.jpg

 kita10.jpg

 

今日のゲーフラを2枚ほど。 いいねえ。
三平が気がついて合図をしてくれていました。

 

 

 

kita13.jpg

kita14.jpg 

 

ハーフタイムにはチアガール、ニータンにギラン君。

 

 

 

kita16.jpg

試合終了後の選手達の挨拶。
こういう負け戦、しかも今日のような完敗の時に選手達にどう声をかけていいのでしょうね。
オッパーの周囲からはブーイングも拍手も起こりませんでした。でも、向こうの方からはかなり激しい罵声が聞こえてきました。
トリニータを愛し、選手を鼓舞しているとは思いますが、選手はどう思うのでしょうか。気になりました。

 

 

よーし。次です、次。
この屈辱をバネに次節対FC東京戦に向かいましょう。7.9は今後の大分トリニータのターニングポイントになるに違いありません。
この戦いに勝って、森重選手と高松選手をゴール裏に迎えましょう。