FC2ブログ

[トリ]やっと、やっと勝った。第18節、対鳥取戦。

6月26日(日)、第18節、対鳥取戦。2-1。
やっと、やっと勝った。久しぶりの森島劇場。これで、ニータンビールが飲めるぞ!

 

 

tottori10.jpg 

 

 

鳥取サポの皆さん。コアサポは7、8人ほど。日程の関係上、なかなか大分までは難しいのでしょう。
おそらくコアサポの方と思われる女性と挨拶を交わしました。車で8時間かかったそうです。
駐車上で鳥取ナンバーの車を4台見つけました。感謝の気持ちを込めて、写真を載せて起きます。 

 

 

tottori07.jpg

tottori01.jpg

tottori02.jpg

tottori03.jpg

tottori04.jpg 

 

 

さて、いつものように試合前の様子を。
今日は久しぶりにMaくんご夫妻が参戦、その上、通称「お嫁ちゃん」も来てくれました。
おお、これで今日はトリニータの勝利間違いありません。「お嫁ちゃん」が参戦した時はは、トリニータ、負けたことがないのです。
ゴール裏からは「一反木綿」が揚がります。
うまい! こんなアイデアは誰が思いつくのでしょう。いつも感心します。
ハーフタイムの時です。鳥取側にも「一反木綿」を見つけました。大分サポからのプレゼントかと思いましたが、どうやら違うようです。 

 

 

tottori06.jpg 

 

 

ネットワンシステムの澤田会長の挨拶。この会長の挨拶はいつも的確で胸を打ちます。 

 

 

tottori08.jpg 

 

 

G裏の前の方の動きがちょっとおかしい。フラッグを揚げる位置がかなり右方向に移動していると思っていたら、なんとなんと、ダイハツのビッグフラッグがど真ん中に揚がってきました。
全体を眺めたらどんな感じになるのでしょう。3枚も同時に揚げる準備や片付けは大変なことだと思います。年寄りでよかったらできる範囲でお手伝いします。

 

tottori09.jpg

 

さて、試合。
住田(あえて呼び捨てです)は元気にしているのでしょうか。岡野選手の姿が見えません。残念。
練習見学に行っている友人からの話で、対鳥取戦ではシステム変更があるだろうと聞いていました。今日は3-4-3で戦うのですね。
安川、土岐田(どこのポジションでもこなすのですね)が大変そう。姜、井上が戻ってきました。嬉しいねえ。
前半戦、全体的には大分ペース。両チームとも何かちぐはぐした戦いが続きます。前節4点も取ったという鳥取もミスが多く、シュートを打ってきません。助かります。
西からパスを受けた前田の惜しいシュートもありましたが、0-0のまま。

 

 

後半戦、開始早々西からのパスに森島が反応。惜しい、でも得点の臭いがしてきましたよ。
11分、相手のミスからボールを奪った森島、1人抜いて、左足で蹴込む。うまいなあ。こんなプレーを見ると、プロだなあと思う。森島も会心のシュートだったはず。
面白いもので1点はいると相方の動きが違ってくる。やっと勝負をしているという感じになってきました。
鳥取の選手の交代が効いてきたようです。大分も前田に替えて三平、期待できそう。三平、復帰おめでとう。決めてくれ。
大分はいつものクセがでてきたのか、DFラインが下がり、5バックになっている時があります。もう守りに入ったのかと心配したいたところ、24分安川がPKとの判定。(PKを取られるようなプレーかなあ?)
これで、1-1。清水、読んでいたのになあ。
大分の足が止まり始める。ああ、いつものパターン。
25分、イに替わって刀根。井上のミドル、土岐田のミドルも決まらない。
鳥取はどんどん攻めてくる。服部選手の落ち着いたプレー、ハドメ(歯止め)じゃなかった、ハメド選手は力強くていいなあ。
周囲のサポからは走れ、攻めろ攻めろとの檄が飛ぶ。森島は足がつってきたようだ。40分、森島に替わって、長谷川。
刀根、惜しい(あれ決めて欲しい)。今日もニータンビールはまたおあずけでしょうか。
ところが、今日の今日の大分は違いました。長谷川の投入で流れが変わったようです。サイドから駈上ってきた長谷川がシュート、GK(この小針というキーパー、何か雰囲気があるなあ)がはじいてコーナーキック。
大分のコーナーは今シーズン、決まったことがありません。今日は最後の土壇場で決めて欲しい。念を送ります。いいところに蹴りました。三平が相手選手に競り勝って頭で入れて得点。2-1。
勝った、やっとやっと勝てました。これでニータンビールが飲めます。(しつこいうなあ)
今日は森島、三平にこの長谷川も褒めてやって欲しいです。 

 

 

さあ、29日(水)は対横浜FC戦、7月2日(土)は対北九州戦、9日(土)は対FC東京戦とまだまだホームでの試合が続きます。(対北九州戦はホーム試合にするんでしょ)
ここは正念場。勝って勝って勝ち抜いて、FC東京の森重選手(高松選手はどうしているのでしょうね)をゴール裏に迎えましょう。

 

[トリ]熊本にまたも引き分け。第17節、対熊本戦。

6月19日(日)、第17節、対熊本戦。2-2。熊本にまたも引き分け。これ熊本とは3戦3分け、なかなか決着がつきません。
試合後、うちのプイン(夫人)が言うのです。「後半戦のような試合を何故最初から最後までできんのじゃろか、、、、。でも、それができたらトリニータじゃないけんなあ」
そうです。今年は若いトリの選手がどう育っていくかを楽しむ1年なのです。少しずつ成果が出てくると信じましょう。
今日は追いついて、追い越すことができました。(最後に、追いつかれたことは忘れることにしましょう。)

 

 

今日は南九州コカ・コーラDay。
コカ・コーラのロゴのついたユニをつけているのは、熊本と大分の2チームだけ。その2チームの対決を前にしての挨拶は難しいだろうに、社長、うまいですね。

 

kumamoto01.jpg

 

大分のコアアポの前にはコカ・コーラの旗が揚げられ、コーラの瓶が吊されています。
あれ? 右端のリーダーさんは「リーゼントのお兄ちゃん」ではないですか。以前、リーゼントをピシッと決めて、迫力あるリードをしてくれていました。名前が話からないものですから、我が家では「リーゼントのお兄ちゃん」と呼んで敬愛しておりました。このお兄ちゃんが前に立つと、何故か不思議と絶対勝てそうな気になったのです。
近頃は時々子供さんを連れた姿をドームで見かけていましたが、今日は前に立ってくれています。うーん、今日は勝てる気がしてきました。

 


kumamoto05.jpg

 

 

ドームの屋根の修理ができ、雨の中で濡れずに応援できます。J2としてはちょっと贅沢な施設ですね。

 

kumamoto02.jpg

 

 

日曜日、夕方7時から、しかも大雨の中を、熊本のサポのみなさんがたくさん来てくれました。
熊本はほんの数年間で、これほどのサポを増やし、強いチームになってきました。着実にチームが熊本に定着しているのですね。
ハーフタイムには大きな幕もあがりました。

 

kumamoto04.jpg

kumamoto06.jpg

 

 

熊本のスタメンです。
ハラタク(いいえ、原田選手)もエジ(いいえ、エジミウソン選手)もショータ(いいえ、松橋選手)もいます。ゴール裏からは拍手とブーイング(当然、愛情を込めた)が沸き起こりました。
3人とも元気でいるようで嬉しいねえ。

 

kumamoto03.jpg

 

 

さあ、この熊本に対して、ゴール裏からはこんなゲーフラが。小野家家訓か! 
小野さんのご一家とはホームやアウェイでよくお会いします。本当に仲のいいご家族だといつも思っています。あんなに小さかった一番下のお嬢さんが大きくなっています。
「おねえちゃん(名前、知りません)、今日は勝つよね」

 

kumamoto07.jpg

 

 

さて、試合。
うちのプイン(夫人)が言ったことに尽きます。後半戦のよう試合を90分間してくれたらなあ。前半戦と後半戦は別のチームのようでした。
前半戦、熊本はうちのDFが弱いのを知り抜いています。ああ。
うちは右サイドからの攻撃が組み立てられません。ああ。
13分、ショータ(いえいえ、松橋選手)から決められます。確か原田選手からのパスだったはず。こんな時にショータかよ。(ごめんなさい)
よーし、向こうがそうなら、こっちは西で決めてやろうと思うのですが、なかなかチャンスが生かせません。
何か動きがよくないなあ。ハーフタイムには大分のサポが大ブーイング。
うちの「G裏町内会」のメンバーには、「オーロラビジョンにU-22の試合を映したほうがいいんじゃねえ。東や清武応援しょう」とか「今日はいいんや。エジ見に来たけん」と悪たれをつく人がいます。あ、オッパーが言ったのか。(すみません)
後半戦、ハーフタイムに監督からどんな指導があったのでしょう。デカモリシから鼓舞されたのでしょうか、開始から攻撃的になってきます。何か別のチームのようなのです。
3分、森島が奪ったボールをうまく土岐田が蹴り込んで、同点に。8分、藤川のクロスから西がゴール。これで、2-1。逆転です。逆転できたのは今シーズン初めてのはず。いい流れです。
さあ、3点目をと攻撃を続けますが決まりません。39分位でしたか、西が見事なドリブルで3人をかわし、シュート。入ったと思いましたが、バーにジャマされてしまいました。
残り時間が少なくなってきたところで、2点を何とか守ろうとしてDFラインを下げてしまったのが原因なのか、44分に矢野選手に決められ2-2の同点に。
ああ、あの西のシュートが惜しい!
どうしてもバトルオブ九州では勝てないのかなあ。
でも、後半戦は見応えありました。まあ、発展途上のチームです(負け惜しみか!)。勝てなくても、勝ちに行こうとする意欲のある試合を見せてくれればいいのです。
西、対熊本戦ということもあってか、普段以上によく走りました。ドリブルもみごと。チェ・ジョンハン、惜しい。森島、よくボールに絡んでいました。エジとの対決もよかったよ。
さあ、次、次。

 

 

おっと、エジです。エジミウソン選手ですが、嬉しくて、写真撮るのも忘れてしまいました。
彼、意外に細かいところに気がつきますねえ。大分のゴール裏に向かうときには、熊本のユニ脱いでくるし、コアサポからもらった青いユニを着るし、退場する時には、熊本のユニと大分のユニの2枚を重ねて振るし。。。
熊本のサポからもいつまでも愛されることでしょうね。


 

[トリ]ニータンビールはいつ飲める! 第16節、対京都戦。

6月12日(日)、第16節、対京都戦。0-2。高校生にスコーン、スコーンとやられて2失点。
前節対札幌戦に向かう途中、パークプレイスで「麦とホップのニータンビール」を買っておきました。このビール、トリニータの勝った後に飲み始めようと決めていました。
対札幌戦の後に飲むつもりがちょっと延期、今日の対京都戦でまた延期。。。。
「ニータンビール」はいつ飲める!

 

kyoto01.jpg

 

 

今日の対京都戦、スカパー以外にNHKローカルででも放送がありました。うちでは2局を切り替えながらの応援です。
スカパーでは、「G裏町内会」の面々が、、、。今日もお騒がせしているようです。(笑)
NHKの解説は全く京都寄り。NHK京都の制作であるので仕方ないか。「京都は見違えるようなサッカーになっている」そうです。一方、スカパーは吉村さんの解説です。昨日は確か福岡-C大阪の解説をしていたはず。吉村さんは元トリニータ、おまけに田坂監督とは高校の同級生とのこと。自分が関係したチーム、しかも親友が率いるチームの解説は難しかったでしょうね。おまけに試合内容が
あれですから。

 

 

さて、今日も雑感を。
前半戦、後半戦とも、選手達の自信なさそうなプレーが続きます。確かに後半戦の最初、森島が出てきてからは期待の持てる展開となりましたが、それもすぐに前半戦と同じようになってしまいます。何かキビキビした動きが見られません。先の対千葉戦でのショックがまだ続いているのでしょうか。
前半戦始まったばかりの7分、前半戦終了間際の45分とイヤな時間帯に高校生の久保選手にみごと決められ、精神的に追い詰められたもういけません。千葉の選手達のように後半戦で追いつき追い越そうとする気迫が見られないのです。
今シーズン、大分はフィジカルコーチを招聘しました。こうなったら、メンタルコーチ(?)も必要なのでしょうか。
相手の京都の方もそんなに技術的に高いものをもっていると見えません。ただ、今日の京都はは「勝とう」とする思いが大分より強かったのでしょう。
こういう状況になってくると、選手間のいろいろが出てきそう。そう心配していたところに、J's GOALに大分のある選手のコメントが載ってました。
インタビューをした記者がこの選手の思い・気持ちをを本当に伝えているかかはわかりませんが、こうして公の記事になると、、、、。
多くのトリサポは、グダグダの試合を見せられたよりも悲しく思いますよね。
トリニータの選手のみなさん、一度自分の思いをぶちまけてみませんか。そういう機会を作ってみませんか。京都は選手だけのミーティングを開いたとNHKの解説者は言ってましたよ。
まあ、今日は試合も試合後も何かもやもやしたものが貯まってしまいましたが、藤川が復帰できたし、京都の鈴木選手の元気な姿も見られた(大木監督のトリサポに対するサービスか)し、いいところもあったと無理矢理思うことにします。

おっと、多くのトリサポは一昨年16連敗(確か)を経験しています。3連敗位ではビクともしませんよ。
さあ、トリの戦士のみなさん、後ろを向かずに、自信を持って前へ前へ。
次節は対熊本戦。エジや松橋や原田を見られただけが良かったとなど言われないように。また、私に「麦とホップのニータンビール」を飲ませて下さい!

 

 

 

 

 


 

[トリ]「負けたら、泣いてやるから!」 第15節、対札幌戦。

6月4日(土)、第15節、対札幌戦。0-1。連敗(涙)
試合開始直前、東京の娘1から一枚の写真が遅られてきました。家族でスカパー観戦のようです。

 

hokkai00.jpg

この4月から、保育園に通えるようになったNa^2っぺ。
対札幌戦を前に、「負けたら泣いてやるから!」と言うような顔をしています。

 

 

せっかく応援してくれたのに、ごめんね。また負けてしもうた。
次は絶対に勝から。勝つと思うから、、、。(やや弱気)

 

 

 

 

さあ、いつものように試合前後の「G裏町内会」を中心に。最近、試合より、試合の前後の時間帯の雰囲気の方が面白く感じるようになってしまってきました。いけませんねえ。
今日のニータンはキューピット。後ろ姿もいいのです。どうも6月12日が「恋人の日」らしい。それにちなんでこのんでの姿ですね。
「恋人」と言えば、うちの「G裏町内会」に素敵なカップルがいます。いつも見ていてほほえましいのです。先日のドームでは、仲良くかき氷を食べている姿をスカパーに映されていました。若い恋人同士はいいなあ。

 

hokkai10.jpghokkai11.jpg

 

 

いつもお騒がせな「G裏町内会」ですが、今日はいつにも増して賑やかです。茨城県から「○○のおばちゃん」親子が参戦です。
今シーズン、対岡山戦以来の再会です。仕事や子育てに元気に活動している「おばちゃん」から、うちの家族はいつもパワーを頂いています。
試合前にはドームのオーロラビジョンにこのゲーフラが映りましたよ。
「大分に避難しているのかなあ」と心配してくれたツイートがあったようですがご心配なく。地震でかなりの被害を受けたそうですが、自分のことは放っておいて、休日や仕事の合間をぬって、避難所で生活をしている他人様のお世話を続けていることを知っています。「おばちゃん」はそんな人です。
「感謝」とありますが、これは、今回の災害に対してたくさんのトリサポの方が「おばちゃん」を通じて、被災者を支援しました。そのお礼もこめているそうです。
この「おばちゃん」、大分には縁もゆかりもないそうですが、何か大分トリニータとトリサポに魅せられたそうです。不思議ですね。
あ、信州長野からは大分出身のPaちゃんも駆けつけてくれました。

 

hokkai04.jpg

 

 

今日は、たくさんの札幌のサポーターのみなさんが来てくれました。公式戦では久しぶりの大銀ドームと思います。遠い北海道からありがたいことです。

 

hokkai06.jpg

 

 

さて、肝心な試合です。

試合が始まってすぐ感じました。今日は選手達の動きが重いと。疲れているのでしょうか。それとも、前節の結果をまだ引きずっているのでしょうか。
90分の間、後半戦の開始からちょっとだけはいい攻撃が見られました。
試合が終わってみれば、結局、少ないチャンスを確実にものにした札幌(清水のミスかと思いましたが、近藤選手にしてやられたのですね)と数多くのチャンスを作りながらも、それをものにできなかった大分と言えるのでしょうか。(ジョンハンは悔しかったでしょうね)
このところスタメンが固定されてきて、りっぱなドームでたくさんのサポが応援してくれ、選手達が現状にちょっと満足してきたのかななどとも案じています。
「絶対に勝とう!」と思う強い意志が感じられなくなってきています。私にはそう思えるのです。
ボールを足元に落とせない、味方からパスを待っている、セカンドボールを積極的に取りに行かない。。。。そうやってすぐに相手から取られてしまうというシーンが多くあり過ぎます。
でも、今日も西選手の走り、前田の絶妙なボールさばきが見られましたし、長谷川のクロスなど、いいですねえ。
おっと、森島選手が心配です。怪我がひどくなけらばいいのですが。前節もちょっと元気がなかったようですし、我が作田(今シーズンから我が深谷に替わって、そう呼ぶことにしました)はプロ連続出場記録がストップしてしまいました。何か悔しいねえ。

 

 

試合終了後、駐車上で北海道からきたと思われる車を2台見つけました。
札幌ナンバーの車の側で「おー、札幌から車で来ちょん」と騒いでいたら、側にいたトリサポのおばちゃん、「ガソリン代くらい私が払ろちゃりてえ」と言い出しました。
運転していた若い人に聞こえたらしく、笑いながら「札幌からとは違う違う」と言うように手を振り出しました。(笑)
大分で札幌ナンバーに乗っているトリサポの方なのでしょうか。
もう1台、函館ナンバーの車はどうなんでしょう。北海道から高速使って大分まで走ってきたのでしょうか。

 

hokkai07.jpg

hokkai08.jpg

 

帰りの話はまだ続きます。
帰り道、渋滞中、ふと左側の車を見ると、藤川(だと思う)の運転する車に安藤も乗っています。娘2はつい先日、携帯に安藤からサインをもらったばかり。こちらから手を振って挨拶すると、2人ともニコニコしながら丁寧に頭を下げ挨拶を返してくれました。いい若者たちですねえ。

 

 

さあ、次節は対京都戦。スカパーでの観戦になります。ぼつぼつ勝ちたいですねえ。3万人プロジェクトもあるようですし。。。
鈴木選手の姿も見たいですね。