FC2ブログ

[トリ]猛攻に耐えきれず。第14節、対千葉戦。

5月29日(日)、第14節、対千葉戦。2-3。
千葉の猛攻に耐えきれずまさかの3失点。千葉はなかなか勝たせてくれません。

 

 

今日はスカパーで観戦。
台風の影響で雨が強く降りしきる中にもかかわらず、たくさんのトリサポがフクアリに結集しています。顔見知りの人がたくさんいます。東京から妹夫婦も参戦です。
試合前、あるトリサポ(妹らしいが)が手作りしたパンに、フクアリ名物のウインナーをはさんでエネルギー補給をしたらしいです。
みなさん、「腹が減っては戦はできぬ」ようで。(笑)

 

 

さて、試合。

千葉の福本選手はサブにいます。益山選手は元気にしているのでしょうか。やはり、元トリの選手は気になります。
噂通りオーロイ選手はでかいです。試合が始まって気ががつきましたが、ミリガン選手とゲッセル選手も結構背が高いですね。
試合開始から千葉ペース。
でも前半9分、前田が落ち着いたシュート。これを「前田のセクシーゴール」と言うのでしょうか。今季初ゴール。いよいよ前田の出番がきましたよ。
40分過ぎに、土岐田からチェ・ジョンハンにパス(このパスはうまかった)、チェ・ジョンハンがシュートするもGKにはじき返される。これを前に詰めていた森島が見逃すことなくシュート。
トリニータでは今までなかなか見られなかったシーンです。
2-0で前半終了。大分にとっては、少ないチャンスを生かしたと言えるでしょう。
だんだん風雨が強くなっているようです。「この天候で試合は中止。2-0で大分勝利にします」とかはないのでしょうね。(笑)

 

 

後半戦。
思っていたように、ますます千葉の攻撃が激しくなってきます。でも、何とか持ちこたえています。
このままでは、1点くらいは取られるだろうと思っていたところ、23分、相手DF(!)の竹内選手からゴールされます。
試合が終わってから思うと、この1点が大きかったです。大分の若い選手たちが浮き足だってくるのがよくわかります。
今のトリニータ、こういう場面で選手達を落ち着かせ、気持ちを切り替えさせるこのとできる人物がいないのですね。
この後も千葉の攻撃が続きます。猛攻という言葉がぴったしきます。大分はラインを下げたままで防戦一方。ボールを蹴り返すのがやっとの状況が続きます。
約5分後に2-2の同点にされ、37分には逆転のゴールで2-3。ああ。
最後の最後まで攻められ続け、後半戦は反撃するチャンスさえ作れません。
終わってみれば、千葉のシュート24本に対して大分が6本。まあ、冷静に考えればよく3失点で抑えたものです。

 

 

今日は千葉のパワーに負けました。
千葉はオーロイ選手のような背の高い選手に加え、深井選手のように胸板が厚く、いかにもパワーのありそうな選手を揃えています。
前半戦で2点も取られていながら、追いついて、その上逆転して勝とうとする選手一人ひとりの迫力に大分は圧倒され、負けたのですね。
勝ち点3を取られてしまった大分の選手たちにとって、この千葉のチームから学ぶことは非常にたくさんあったはず。次節からの試合にこの経験を生かせれば、今日失った3点は惜しくははないと思いましょう。まだまだ試合は続きます。

 

 

さあ、次は札幌戦。
蒸し暑い大銀ドームですので、大分は有利なはず。2点取ったら、3点、4点を。







[トリ]互いにイライラ。第13節、対ヴェルディ戦。

5月22日(日)、第13節、対ヴェルディ戦。0-0。審判の判定に双方の選手・サポがイライラする試合でした。
西選手のドリブル、前田のパス、清水の頑張りに拍手です。

 

 

今日は大分にある3つのプロスポーツチームの選手たちと子供達の交流会が開催されています。
三好ヴァイセアドラーの選手、さすがに背が高い。トリニータのFWかDFに来てくれないでしょうか。(笑)

 

verdi01.jpg

 

verdi02.jpg

 

verdi03.jpg

 

 

また、大分県民の日ということもあって、湯布院源流太鼓の公演など多くの行事が大銀ドームの中で催されています。
試合前には広瀬県知事の挨拶も行われました。県知事が来てくれた時には、トリニータは勝つことが多かったかどうか思い出していたところ、コアサポから「かつさだ、かつさだ!」の知事コールがわき起こります。あれ、「ひろせ、ひろせ!」でではありません。そうか、「勝」にこだわっているのですね。

verdi04.jpg

 

 

お! 今日は○○ちゃんがリードをしてくれています。彼女があそこ立つのは初めてのことでしょう。
はいはい、応援に手を抜かないように私も90分間頑張りますよ。

 

verdi10.jpg

 

 

ヴェルディサポのみなさんと先発メンバー。
断幕はアウェイ席の端から端までありますが、サポの皆さんは左端の固まっています。確か昨シーズンは右端にいたのでは。何か理由があるのかな。
ヴェルディで知っているのは、GKの土肥選手とDFの土屋選手。土肥選手は怪我のようです。
前評判の高い平繁選手は、何かトリの選手といろいろ関係があるらしいです。

 

verdi05.jpg

 


verdi07.jpg

 

verdi06.jpg

 

 

さて試合。
審判の判定に対して前半は大分が、後半はヴェルディがイライラしてしまった試合でした。試合を楽しむ側から言えば、審判はあまり試合の流れを止めないで欲しいものです。
「審判目線 面白くてクセになるサッカー観戦術」(松崎康弘)という本に「サッカーの主役は選手。審判は黒子、そして選手と一緒にサッカーをつくる」とあります。
今日はあまりにも審判が目立過ぎました。

 

 

大分は土岐田に代わって幸野が初スタメン、選手間のポジション争いも激しくなってきました。井上、頑張れ。ちょっと今スランプなのかな。
前半戦、開始早々ヴェルディのフリーキックがゴールを襲いますが、バーに当たって事なきを得ます。今日は大分ついているかもしれません。
西の見事なドリブル、前田が落ち着いてシュートしますが、あまりにも優しすぎてGKからはじかれてします。
期待の森島はよく腰に手を当てています。痛いのを我慢しているのでしょう。今日はちょっとキレがありません。森島の一発がないと、今季の大分は勝てそうにありません。
後半戦、両チームともに少しずつ動きが悪くなってきます。おまけに審判の判定にイラついているのがわかります。
前田に対する土屋選手のプレー、PKではないのですか。
30分を過ぎた頃、向こうのほうでなにやら起こっています。ベルディの選手が一人退場のようです。おまけに監督までも退場です。井上選手がハンドで2枚目のイエローをもらったようです。
監督はこれに抗議をしたのでしょうね。
今日の試合、このまま終わるかと思っていたら、やはり何かが起こります。作田と清水の連携ミス?で清水がPKを取られてしまいます。最後の最後でPKです。ああ。
でも、「俺たちのエスペランサ」清水は頑張りました。平繁選手の動きをよく読んでいました。この清水のプレーで「G裏町内会」はまるで大分がゴールしたかのように大喜び。
あと残り時間ちょっと。この勢いで何とか1点をもぎ取って、みんなで勝利の雄叫びをと、真剣に応援をしたのですが、、、、。

 

 

さあ、次節は対千葉戦。
トリニータが苦手とするチームですが、今季は大分のメンバーが大幅に変わっているこですから、今までの「ジンクス」は関係ないでしょうね。
あ!、千葉には今季オーロイとか言うデカイ選手がいるよなあ。





 

 

 

 

[トリ]今季、ホーム初勝利。第12節、対栃木戦。

5月15日(日)、第12節、対栃木戦。1-0。今季、ホーム初勝利。しかも今季負けなしの栃木を相手にです。うれしいねえ。
これで今夜はやっと美味しいビールが飲めます。

 

 

今日はちょと用があり普段より遅れて大銀ドームへ。10:40分到着。車の数が少ない気がします。
入り口ではかわいいお嬢さん達が迎えてくれます。後で教えてもらいましたが、大分で活躍しているCHIMOと言うグループのメンバーだそうです。

 

tochigi01.jpg

 

 

栃木のサポーターのみなさん、黄色の席に黄色のユニで遠くからはわかりにくかったです。でも、太鼓の音やコールはよく聞こえていましたよ。
日曜日の試合は、どのチームのサポもアウェイ参戦は難しいですね。できれば土曜日開催を増やして欲しいものです。
大分側のゴール裏も空席が目立ちます。後で7000人ちょっとの入場者と発表されましたが、やはりチームが勝たないと入場者の減少はさけられないのでしょう。(涙)

 

tochigi03.jpg

 

 

栃木の先発選手たち。
やはり河原選手に目が行きます。リカルド ロボ選手、水沼選手、パウリーニョ選手、廣瀬選手と油断のできない人が一杯いますね。
昨シーズンは1回も勝つことのできなかった栃木です。

 

tochigi02.jpg

 

 

さて、試合。
前半戦、ほぼ大分ペース。栃木はあまり攻めてきません。このところの大分の弱点(後半戦にばててくる)を知っていて、前半戦は体力温存、後半戦で勝負を賭けてくるのでしょう。
今日も森島、西、チェ・ジョンハンがよく動いています。前田が冷静にパスを出しています。
25分、チェ・ジョンハンがゴール。前半戦終了近くのチェ・ジョンハンのシュートはバーにはじかれましたが、今日は彼はキレキレです。
後半戦、思っていたとおり、栃木の攻撃がはじまります。前半先取点は取るが後半に足が止まり、最後の最後で失点というパターンが頭に浮かんできます。
GK清水が必死のプレー、今日はDFがしっかり機能しているように思えます。心配していた(すみません)池田もなかなか動きがいいです。
後半戦もあと少し。土岐田が足をつってしまいます。「ああ、鳥栖と同じパターンになりそう」とG裏町内会のメンバーの悲鳴が聞こえます。
森島も足がつっているよう。でも、本人が交代を拒否したのか、それとも監督が続けさせたのか、ピッチを後にする様子はありません。
ああ、この後でリカルド ロボ選手に同点にされ、最後はあの河原選手のゴールで逆転という最悪の結果になるのではハラハラしましたが、何とか1点を守りきり、首位栃木に勝利です。
今日のMOMはチェ・ジョンハン、商品が唐揚げ1年感食べ放題とは。。。(笑)

 

 

今日は勝ったとはいえ、1点取った後追加点が取れません。2点、3点をとりに行っているということはわかるのですが、多くのチャンスがありながら、決められません。
後半戦、足が止まってしまう事が心配でなりません。これから夏場に向かいます。いくら夜の試合になるとはいえ、大銀ドームも蒸し暑さはものすごい、おまけに今年は中断期間中の試合が組まれてています。
さあ、フィジカルコーチの教えがどう生きてくるか。苦しい勝負はこれからです。

 

 

おっと、栃木の河原選手。相変わらずよく走ります。相変わらず丁寧なお辞儀をします。試合終了後はゴール裏まで来てくれました。トリニータに在籍した期間は短かったのに、こんなにトリサポから愛されています。条件が整ったら、また、トリニータでプレイして欲しいですね。

 

 

 

 

 

 

[トリ]ホーチミン市で敗戦を知る。第11節、対鳥栖戦。

5月8日(日)、第11節、対鳥栖戦。1-2。

 

 

8日(日)から12日(木)まで家族でカンボジア、ベトナム方面へ旅行に出かけていました。
対鳥栖戦が終わった頃、ちょうどホーチミン市のタンソニャット国際空港にいました。旅行のことより、試合の結果が気になって仕方ありません。
カンボジアのシェリムアップ国際空港に向かうための乗り換え時間がありましたので空港内でPCを探し、情報収集です。ところが何故か回線速度が遅いのです。イライラ。

 

 

あ、1-2です。
8ビット文字の日本語はこのPCでは正しく表示されません。どっちがトリニータか、ドキドキです。
ポジションと背番号から、左側がトリニータ。ああ、1点の方じゃ。
さらによく見ると、15分に森島が入れてる。
ああ、後半、しかもロスタイム90分と93分に2失点か。
あああ、この試合、なかったことにして、アンコールワットの観光を楽しむことにしよう!(涙)

 

kam01.jpg

 

kam02.jpg

 

 

12日(木)、無事に帰ってきました。
対鳥栖戦の録画、まだ見てませんが、聞くところによると、森島選手の実に見事なミドルシュートが見られるらしい。
このシーンだけ見ろうかな。

[トリ]楽勝と思ったが。。。 第10節、対徳島戦。

5月4日(水)、第10節、対徳島戦。2-2で岡山戦に続いて引き分け。
前半戦の早い時期に1点取っておけば楽勝であろうなどとはまさにど素人の予測であった。(涙)

 

 

対徳島戦はFW前田に替えて三平のスタメン起用。
前半9分でこの三平がしつこく奪ったボールを西が得意のドリブルを生かしてゴール。これで今日は楽勝、3-0位で勝利するであろうと思った。
でも、元大分の三木選手のいる徳島はそんなに甘いチームでなかった。
28分に西嶋選手から同点にされ(敵ながらこのゴールはすばらしかった)、41分、佐藤選手から逆転の2点目。
大分にも得点のチャンスは何度もあったのに、パスがなかなか通らないし、選手の連携がうまくいかない。コーナーキックも。。。
先取点を取られながらも、少ないチャンスを見事に生かした徳島が上手のようだ。
後半戦、この暑さが影響したのか、連戦で疲れがとれないのか、両チームとも動きが悪い。後半も大分に何度もチャンスがあるが、前節岡山戦同様に決められない。
このままずるずる時間が経っていく。前の方にいたトリサポが荷物をまとめて帰って行き出した。
徳島は時間稼ぎを始める。ロスタイム4分の表示。何とか同点にと思う反面、ああこのままホームでまた負けるのかと諦めの気持ちが強くなる。
ところがサッカーでは何が起こるかわからない。試合終了直前、前田が宮沢から受けたパスを落ち着いてすっと前に出すと、ずかざずチェがシュート、同点のゴールが決まった。
徳島の選手やサポたちは一瞬何が起こったかわからなかったようだ。そうだ我々大分サポも昨年のアウェイ対北九州戦終了時ににこんな脱力感を感じていたなあ。

 

 

さて、試合前の様子を。

連休のまっただ中を遠く徳島からようこそ。
徳島からは、四国の高速走って、三崎ー佐賀関ルートで来るのかな。コアサポは少ないものの、ゲーフラやフラッグの多いことに驚きました。

 

tokushima04.jpg

tokushima03.jpg

 

 

いつもお騒がせの「G裏町内会」の面々があげるゲーフラ。

 

tokushima02.jpg

tokushima01.jpg

 

 

さあ、時節は対鳥栖戦。残念なことに、うちの家族は所用があり、どうしても鳥栖に行けません。
今年の鳥栖は勢いがあるように見える。簡単には勝てそうにないが、何とか勝ち点3を持ち帰って欲しい。







 

 

 

[トリ]瓦そば

5月1日(日)、昨夜は岡山駅前の居酒屋で反省会。おかげで熟睡できました。
ホテルで目を覚ましたうちの奥様、「昼ご飯は下関の瓦そばにしよう!」といきなり言うのです。どこからそんな発想生まれるのかわかりませんが、平和な一日を過ごすためには逆らわない方ががいいのです。
早速、iPadで「下関 瓦そば」を検索すると、「元祖 瓦そば たかせ」がヒット。電話番号をメモして、カーナビに入力、岡山駅前のホテルを出発です。

昨日の試合終了後九州方面に向かったトリサポの何人かは、交通事故のため高速を下ろされ、渋滞中の一般道を走ったとか。でも、今朝は少しの渋滞はあるものの順調に走れます。
「元祖 瓦そば たかせ」はお店の案内によると、下関ICから車で約30分のようです。カーナビは一つ手前の小月ICで降りるように指示してきます。知らない道ですから素直に聞きます。
かなり田舎の道をカーナビを信じて走るしかありません。小月ICから降りてから結構時間がかっています。
同行していた妹が、「トリサポのは○○さんの実家が確かこのあたりと聞いたことがある」と思い出しメールを送ると、「その瓦そば屋さんは超有名ですよ。そのあたりは人の数よりイノシシの数の方が多いので、車の走行には注意をして下さい」との返事が届きます。(このあたり、大きな民家が多いですね)

日曜日のせいでしょうか、「元祖 たかせ」の前は混雑中。

 


okayama15.jpg

okayama20.jpg

 

 

近くに「新館 たかせ」というのもあります。「新館」のご主人さんが、こちらの方がお客さんの回転率がいいですよというので、ここにしました。

 

okayama16.jpg

 

 

メニューを見たところ、お腹が空いているせいもあり、一人一人前では足りそうにありません。一人二人前づつ頼むことにします。他のお客さんはウナ重や鯛茶漬けも頼んでいます。当然、私たちも。。。
うちの家族は大食いなのです。
お店に着いてから待つこと1時間ちょっと(予約をしておけばよかった)、やっと出てきましたよ「瓦そば」。下の写真は、1枚の瓦にのった3人前の「瓦そば」です。

 

okayama17.jpg

 

[トリ]キビダンゴは一つだけ。第09節、対岡山戦。

4月30日(土)、第09節、対岡山戦。0-0のスコアレスドロー。
桃太郎さんからお土産にキビダンゴ3つをもらって帰るつもりが、一つしかくれんかった。真剣はたらいたのになあ。

 

 

観戦していて非常に面白く、岡山まで来たかいのあった試合でした。
森島と前田の2トップ、ボランチに初めて土岐田を起用、後半は三平も登場。大分の選手はよく走り、よく攻め続け、チャンスを何度も作るのですが、どうしても決められません。
岡山のストヤノフ選手の守りが効いていました。(試合が終わってあれはストヤノフ選手と気がつきました。ああ。広島で一番好きな選手でした。)
試合終了後、岡山の選手は倒れ込んでしまいますが、大分の選手はしっかり立っています。フィジカルを鍛えている成果が出始めたのでしょうか。
駅に向かう途中、岡山サポの方から「今日は3-0で大分が勝っていた試合でしたね」と言われてしまいました。
対岡山戦、この一言に尽きます。

 

 

いつものように試合前後の様子を。
東京から帰省中の妹夫婦と4人で運転を交代しながら約7時間かけて岡山へ。岡山は何回か出かけていますが、フェリーを使わずに陸路だけを走ったのは今回が初めてのことです。
11時、岡山駅前到着。この近所のホテルに今夜は宿泊します。胸に「ダイハツ九州」の入ったユニに着替え、駅周辺を散策。岡山のユニ着た人もちらほら。
「今日はよろしくお願いします」と挨拶すると、「こちらこそ」と返事、中には、青いユニきた私たちの姿を見つけて、挨拶に来てくれる岡山サポもいます。いい雰囲気です。

 

 okayama01.jpg

 

 

昼過ぎ、東京から新幹線でやって来るという東京在住トリサポを迎え、驚かせてやろうと思い、岡山駅新幹線出口で待機です。
やって来ました強烈なトリサポのみなさんが。記念に写真を一枚、岡山のみなさん、お騒がせしました。

 

okayama02.jpg

 

 

今日は岡山ホーム開幕戦。いろんな催し物が計画されているようです。

 

okayama04.jpg

 

あれ、「おむ○○さん」ではないですか。いつもご夫婦で見えるのに今日は。。。 背中が寂しく感じられますよ。

 

okayama05.jpg

 

 

試合前、岡山の川原選手の引退セレモニーや、「上を向いて歩こう」の合唱もありました。トリサポはしっかり拍手をし、大声で歌いましたよ。

 

okayama08.jpg

okayama09.jpg

 

 

岡山は今日ホーム開幕戦とあってサポも気合いが入っているようです。8384人の入場者があったとか。

 

okayama11.jpg

okayama18.jpg

okayama13.jpg

 

 

大分のサポも、、、
この茨城在住トリサポ(○○のおばちゃん)、自宅が地震でかなりの被害を受けたのにもかかわらず、仕事の合間をぬって不自由な避難生活を余儀なくされている人たちのお世話を続けています。
このゲーフラ見て、ちょっとうるうるきてしまいました。大分とは全く縁がないのに、トリニータが好きで好きでたまらないと言います。
「○○のおばちゃん(本人はおばちゃんと言ってますが、若いのですよネ)」、あなたの行動には頭が下がります。でも、あまり無理はしないで下さい。心配でなりません。

 

okayama10.jpg

 

okayama12.jpg

 

 

さて、試合終了後再び駅に向かいます。
カエデの仲間の並木が素敵です。岡山市内の中心部にありながら、こんなに鈴かなところがあるのですね。
途中、お店にも寄らせていただきましたよ。

 

okayama21.jpg

 

okayama14.jpg

 

 

さあ、次節はホームで元トリニータの三木選手のいる徳島との戦い。
ぼつぼつ決めてくれ!