FC2ブログ

[日々]クウシンサイに花が咲きました。

うちの菜園に植えているクウシンサイ(空芯菜)に花が咲きました。

 

hana01.jpg

hana02.jpg

 

 

この野菜はヒルガオ科のものと聞いていましたが、ヒルガオの花というよりむしろアサガオの花に似ています。クウシンサイは朝顔菜とも呼ばれていますが、納得できます。
夏からの葉ものの野菜のできがよくない時期に、たいした手間もかけずによく育ちました。葉と茎を食べるのですが、シャキシャキとした食感で栄養価も高いようです。特に炒め物がよかったです。
プランターを使ってベランダでも簡単に栽培できると思います。野菜が高い時には重宝するはずです。

[トリ]やればできるのです。第31節、対徳島戦。

10月23日(土)、第31節、対徳島戦。1-0で勝利。大分銀行頭取と県知事から「やればできる!」と檄を飛ばされた選手達、やってくれました。
2連勝など何ヶ月ぶりになるでしょうか。

 


tokushima11.jpg

 

 

このところ残念なことに入場者が減っています。今日もE駐車場に駐められました。
ふと見ると、隣に駐車した車のナンバーが12番、ちょっと探してみたところ4台もありました。

 

tokushima01.jpg

tokushima02.jpg

tokushima03.jpg

tokushima04.jpg

 

 

試合前は今日も催し物がたくさん。和太鼓のグループが2組、コーラスグループには青野社長のお嬢さんもいるとか。

 

tokushima05.jpg

tokushima06.jpg

tokushima07.jpg

 

 

試合直前の練習中の選手達には小学生の集団からトリニータコールが、すぐにゴール裏から太鼓と拍手で合わせます。いい雰囲気です。選手達のモチベーションも上がることでしょう。この小学生たち、試合が始まるとSA席から一生懸命に応援を続けていました。

 

tokushima10.jpg

 

 

いつも賑やかな「G裏町内会」、今日はサッカー観戦初めてというご夫妻をお迎えしました。
前節に引き続いて、今回はBeさんがベストパフォーマンス賞をゲットです。どうも「G裏町内会」の住人に賞を出すと、トリニータが勝つというジンクスが生まれそうですね。
ジンクスといえば、うちの奥様が試合中にトイレに行くと、不思議と大分が得点するのです。今日もうちの奥様は東の得点シーンを直接見ていません。トイレで大歓声を聞いただけです。最近では、なかなか得点に結び付かないような場面が続くと、周囲の住人から「早くトイレに行って!」と声がかかるようになってきました。(笑)

 

tokushima08.jpg

 

 

徳島からのサポのみなさん。交通の便が悪いとは思いますが、もう少したくさんの方に来て欲しいです。

 

tokushima09.jpg

 

 

さて、試合の雑感のみを。

 

 

・トリニータの方に、何か「運」が向いて来出したようです。
・最初はピリッとしなく、眠たくなるような展開でした。
・3-4-3のシステムが定着し、守備が安定してきたようです。
・菊地はやはりうまいなあ。よく周囲を見ています。
・サイドからの駆け上がってきてわくわくするシーンがよく見られるようになってきました。でも、詰めがなあ。
・相変わらずコーナーキックからは得点の匂いがしません。
・今日も河原は守備に攻撃にと最後までよく走った。あのシュートが決まっていればなあ。
・内田は地味によく走ってる。クロスの精度が上ってくれるといいなあ。
・東のシュートは見事。ゴールポストに当たって跳ね返ってくと予想していたのでしょうね。さすが。
・清水のプレー、時々冷やっとさせられます。でも、今日もよくやりました。
・前半戦、徳島の三木選手のキャプテンマークが目について仕方がなかった。やはり三木選手、キャプテンらしいなあ。
・徳島の選手には茶髪が多いなあ。何故?

 

 

次はアウェイで対東京ヴェルディ戦。新しいスポンサーを得て、調子づいているだろうな。
10月31日(日)、味スタ、行きます。

 

 

 

 

[トリ]坊主頭が勝因か? 第30節、対柏戦。

10月17日(日)、第30節、柏戦。1-0で久し振りの勝利です! しかも今シーズンまだ1敗しかしていない柏にです。
勝因は何でしょう。まさか、河原の坊主頭の効果でしょうか。しっかり分析して残りの試合に生かして欲しいです。

 

kashiwa07.jpg

 

 

いつものように、試合前の様子をぐだぐだと。
今日も催し物がたくさんです。
今年で30回になるという大分国際車いすマラソン(11月14日開催)のPR隊が来てくれました。ゴール裏から大きな拍手が起こりましたが、できることなら、コアサポのタイコに合わせてエールを送ってあげたかったですね。

 

kashiwa01.jpg

 

 

韓流スターのパク・スファンさんはトリニータのユニ着て歌ってくれました。ドームの反響のために歌いにくかったようですね。
残念なことに、私、このパク・スファンさんをよく知りません。韓国ドラマ「雪の女王」に出演したらしいですが、記憶にありません。
「雪の女王」と言えば、ヒョンビンが数学の天才と言った設定の役柄を演じるドラマだったはず。あとでうちの奥様に聞いてます。

 

kashiwa04.jpg

 

 

ゴール裏には、彼のファンが来ていました。トリサポの方でしょうか。

 

kashiwa02.jpg

 

 

試合終了後にすぐ近くで彼を見ました。眼鏡をかけているせいもあってか、やはり思い出せません。
うちの奥様は、「アニハセヨー」と言いながら近づいて行き、一緒に写真を撮ってもらいました。彼も変なおばさんと思ったでしょうが、そこは韓国の若者ですから、年寄りには親切です。

 

kashiwa08.jpg

 

 

試合前、いつも「G裏町内会」で熱い応援を続けているOさんに、ベスト何とか賞(すみません。肝心なときにオーロラビジョンを見ていませんでした)をいただきました。なにやら封筒に入ったものをいただいたようですので、みんなの前で開けてもらいました。
中からはショッピングチケット500円券が10枚も、、、、。

 

 

kashiwa06.jpg 

 

 

柏サポのみなさんです。大分の果てまでたくさんの方が来てくれてます。
柏サポの応援は気合いが入っています。いつものように戦闘的な音楽を流したり、裸族の人がいたり。
試合後は大分を楽しんでくれたでしょうか。しばらくは大銀ドームにくることはない」でしょうね。
大分のサポの応援も負けてはいません。柏の選手紹介の時には大ブーイングで歓迎するし、トリニータの選手に対しては、直前の練習が終わるまで「ラブトリニータ」を歌い続け、選手を鼓舞します。

 

kashiwa05.jpg

 

 

さて、試合。
スタメン聞いてびっくりしました。高松、下川、東、井上の名前がありません。下川は控えにはいるものの、今日も日替わりメンバーです。
まあ、柏相手ですから、何点取られようが仕方がありません。強敵を相手に最後まで真剣にプレーをする姿が見られたらそれでよしと思い気楽に応援を始めます。
ところが、様子が変です。柏の調子がよくないようです。試合開始直後から大分のペースで試合が続きます。今日は大分の選手たちがボールを取りに行ってます。
前半戦終了間際に、キム・ボギョンが先制のゴールです。それでも、後半戦は柏が本領を発揮し出して、逆転されるだろうといつものようにマイナス思考です。
後半10分、柏のレアンドルが退場です。大分に取っては有利な状況になりますが、それでも柏は怖い。なにせ、まだ1敗しかしていません。
だんだん応援に力が入り出します。もしかしたら、もしかしたら、今日勝てるかもしれない。ロスタイムの6分間が長かったこと長かったこと。

 

 

・今日も選手紹介の後に監督の名前がなかったですね。「私が選らんだこれだけの選手で今日は戦います。勝敗の最終的な責任は私が取ります」という意味でどのチームも監督名を出すと思うのですが。大分が前の試合から監督名を紹介しなくなったのは何か理由があるのでしょうか。
・今日の私のMOMは河原。内田、池田もよかったなあ。あ、池田は今日が初スタメンのはず。
・清水や池田と聞いて、柏相手に大丈夫かと思いました。すみません。清水は好セーブも見られたし、DFの池田のプレーが勝利を呼び込んだのかもしれません。
・河原が坊主頭にしたら、ますます例のタレントに似てきました。勝利のジンクスになるかもしれません。次節も坊主頭でお願いします。いっそ、トリニータの選手、みんな坊主頭にしますか。
・やっと本来のキム・ボギョンのプレーが再び見られるようになりました。残り試合、魅せて下さいよ。
・柏と聞いたら、まず北嶋選手の顔が浮かびます。でも、今日は自由にさせてもらえなかったようです。
・同じく柏のレアンドロ選手のレッドは不運ですね。確かに故意ではないです。

 

 

さあ、次節は対徳島戦。
アウェイで勝っており、今回柏に勝ったということで気を緩をゆるめないように練習を続けて下さい。そして、ホームで連勝を。


 

[トリ]夢が次々に消えていきます。天皇杯第3回戦、対大宮戦。

10月11日(月)、天皇杯第3回戦、対大宮戦。0-3の完敗。J1復帰も不可能、天皇杯も今日でおしまい。夢が次々に消えていきます。

 

 

TV中継はありません。試合の経過は現地からのメールと実況板からの情報だけです。
前半20分ほどは大分のペース、立て続けに2点取られてからは、ぐだぐだだったと聞いています。
もう試合の勝ち負けにはこだわらないと決めていますが、せめて、せめて1点は取って欲しいですね。
でも、スタメンや交替をみると何か選手達がかわいそうに思えてくるのも正直な気持ちです。

 

 

今日は東京の妹夫婦と、娘1がもうすぐ1才になるNa^2子を連れて参戦しました。手作りのユニを着たNa^2子も太鼓が鳴ると手を上げて応援したようですが、勝利の女神になれずに終わってしまいました。現地ではトリサポの皆様から大変お世話になったと聞いてます。みなさん、ありがとうございました。

 

 

さあ、対柏戦です。
どうか、悲惨な内容になりませんように。


[日々]秋の収穫

タイトルが大げさです。

梅雨入り前に裏の畑に植えていたサツマイモの収穫の時期がきました。試しに1畝だけ掘ってみました。草取りなどの手入れをほとんどしていないのにもかかわらず、ちゃんとイモができていました。
品種はベニアズマ、表面は濃い紫色をしています。見た目はおいしそうですが、果たしてどうでしょう。甘みが少ないときは、うちの奥様が芋餡にするでしょう。

 

aki01.jpg

 

aki02.jpg

 

 

この夏の高温続きの気候のせいでしょうか。裏庭の雑草の成長が異常です。
2年かかってやっと畑らしくしたのに、ちょっと草刈りをサボったところ、耕作放棄地のようになってしまいました。また一からやり直しです。
キーウイの棚もヤブガラシ カナムグラ に覆い尽くされてしまいました。このヤブガラシ カナムグラ の隙間からキーウイの実が見え隠れしています。キーウイ、かわいそうに。
ヤブガラシ カナムグラ の始末は大変でした。

 

aki03.jpg

 

 

この他、カキとカボスの収穫をしましたが、今年は「なりもの」のできがよくありません。まあ、ちゃんと肥料をやったり消毒したり、適切に剪定すればよくできるのでしょうが、ど素人がただ植えているだけなので、少しでも実をつけてくればそれでよしとしましょう。
おっと、今年思いの外よくできたのはクウシンサイ。熱帯地方原産といいますので、この夏の高温がかえってよかったのかもしれません。今の時期になってもまだ収穫できます。

 

aki04.jpg

 

 

さて、明日は天皇杯対大宮戦。東京在住の身内が参戦します。
勝ち負けは別にして(ああ!)、いい試合をしてくれるといいですが。

[トリ]ギラヴァンツに「あっぱれ!」を。第29節、対北九州戦。

10月2日(土)、第29節、対北九州戦。1?1。サッカーは本当に恐ろしい。最後のたった1秒で勝ち点3がパー。

 

 

地元北九州出身の東が先制ゴールを決めるが、今日も追加点が取れません。最後はDFラインを下げてしまい、おまけに中途半端な守りに入った大分に対し、最後の最後まで諦めずに攻め抜いて同点ゴールを決めた北九に、「あっぱれ!」を。

 

 

2日(土)夜は小倉で宿泊、当然、小倉の街で反省会、よく飲んでよく食べました。翌3日(日)は小倉から博多に出て、奥様たちの買い物に付き合い、妹夫婦は夕方福岡空港から東京へ、私ども3人は鳥栖経由で先ほど無事帰宅です。
ああ、試合に勝っていれば、最高の週末だったのに。おっと、試合の勝ち負けは気にしません、気にしません。(涙)

 

 

前節から、もう残り試合は勝ち負けにこだわらず、試合中に一瞬でもいいプレーが見られたら、それでよしとしようと決めていた。
ところが対北九州戦では、なにも感動するプレーを見ることができません。敵チームの外国人選手の見せたあの一瞬のラストプレーに感動しなくてはならないのでしょうか。ああ、なさけない。
よって、これ以上試合内容には触れません。いつものように試合前後のことをだらだらと。

 

 

久しぶりのアウェイです。本城には行ったことがありません。急遽、東京の妹夫婦も参戦というので、北九州空港で出迎え、若松競艇場の駐車場に向かいます。心配していた渋滞もなく、空港からは都市高速を使います。小倉周辺には昔からの友人が多くいますので、おおよその地名と位置は頭に入っています。
若戸大橋を渡ります。何十年振りのことになりますか。

 

 

kitakyu01.jpg 

 

 

競艇場の駐車場からは連絡バス(無料でした)で本城競技場に向かいます。
ちょうど大分からのツアーバスと入り口で遭遇。このバスで来た「G裏町内会」の皆さんとうまいこと落ち合うことができました。

 

 

kitakyu02.jpg 

 

 

競技場周辺です。ケヤキの並木がいいです。
ニータンとギラン君のツーショット。ギラン君の目に注目を。入場者1万人を目指しているというので、ギラン君も北九の関係者も気合いが入っているようです。

 

 

 kitakyu03.jpg


 

 kitakyu04.jpg

 

 

kitakyu05.jpg 

 

 

大分からのサポのみなさん。北九のサポのより多いことは一目瞭然。これで1万人いくかな。

 

kitakyu11.jpg

kitakyu06.jpg

kitakyu07.jpg 

 

 

北九のコアサポのみなさん。
北九の選手紹介が面白いです。一人ひとりの紹介がちょっと長いのです。GKの紹介の時、「おおいたの守護神」と聞こえたのは私だけだったでしょうか。小森田選手の時は、私も拍手をしました。このDJの方、北九州のコアサポに「応援団のみなさん!」と呼びかけていました。イヤー、何かほのぼのとしていていですねえ。

kitakyu08.jpg

 

 

本城競技場にはどこにも屋根がありません。雨を覚悟していましたが、何とかもちそうでした。
ところが試合中にぽつぽつと。。。ついには土砂降りに。雨具を着込みましたが、ズボンや靴の中がびしょ濡れです。
でも、こういう経験はアウェイでないとできません。選手と同じようになり、一体感が増して、応援にも力がはいります。大銀ドームはちょっとぜいたく過ぎるのかもしれません。

 

 

はい。試合内容は書きません。
ギラン君、帰りの連絡バスにまで丁寧に見送りにきてくれます。引き分けに終わったためか、目が優しくなっていますよ。

kitakyu09.jpg 

 

 

次は天皇杯で対大宮戦か。わが深谷選手が出場できるといいが。ケガの具合はどうなんでしょう。
対柏戦もすぐです。考えただけでも恐ろしくなってきました。
大分の選手のみなさん、
一瞬でもいい、感動するプレーを見せて下さい。