FC2ブログ

[トリ]心配なことばかり。第09節対横浜FC戦。

4月29日(木)、第09節対横浜FC戦。1-2。今日も勝てません。
5連敗中の横浜FCに浮上の自信を与え、小手川に続いて張が負傷。チームの経営状況はさらに悪化という。心配なことばかり。ああ。

 

 

連休初日。今日はTVで観戦。
アウェイの戦いというのにたくさんのサポが駆けつけています。いつもの顔が。。。
コアサポは大分のほうが多いようです。試合中も大分の応援しか聞こえてきません。

 

 

このところ、大分の選手達に気迫が足りないように思えてなりません。前節の北九州にしても、今日の横浜FCにしても相手選手はよく走るし、当たりも強いです。
華麗なプレーよりも泥臭くてもゴールにこだわるプレーを見たいです。そしてもっと走れ!

 

 

前半戦の早い時期に先制されたものの、すぐにPKで追いつき、これで調子づいて、逆転勝利と期待したが。。。
今日も決定力不足、逆に大黒をフリーにさせてしまいました。

 

 

横浜FCの監督さん、鳥栖のときから好きです。赤い帽子をつばを後ろにしてかぶっている姿はサッカーの監督さんには見えませんが(スミマセン)、選手からの信望も厚いようです。
試合終了後は自らタオマフを掲げて、サポの声援に応えています。しかも、選手達の後のほうに立って。岸野監督、何かいいなあ。

 

 

さあ、次節は苦手の対千葉戦。
今度は強いチームです。いい試合を見せてくれるのでしょうね。

[トリ]友よ

あるトリサポさんのBlogで第08節の対戦相手であったギラバンツ北九州の選手入場のチャントは、「友よ」と言う曲であることを知りました。
大銀ドームでは全くきがつきませんでしたが、Youtubeにあります。

http://www.youtube.com/watch?v=hNqty9eP1as

若い北九州のサポの方がよくこんな歌を知っていたと驚いています。
1968年(昭和47年)、岡林信康の反戦フォークです。この曲、いわゆる団塊世代と言われる私たちが若い頃のものです。本当に何十年ぶりかに聞きました。
若い頃のいくつかの事件や友人を思い出し、うるっときました。
あの時代の反戦歌が今やサッカーの応援の曲として歌われています。時代は変わったものです。

 

 

1. 友よ 夜明け前の闇の中で
     友よ 戦いの炎を燃やせ
    夜明けは近い 夜明けは近い
    友よこの闇の向こうには 友よ輝く明日がある

2. 友よ 君の涙君の汗が
      友よ報われるその日が来る
    夜明けは近い 夜明けは近い
    友よこの闇の向こうには 友よ輝く明日がある

3.友よ 昇り来る朝日の中で
     友よ 喜びを分かち合おう
      夜明けは近い 夜明けは近い
      友よこの闇の向こうには 友よ輝く明日がある

           

  作詞・作曲  岡林 信康  

 

 

1968年と言えば、東大闘争が起こり、金嬉老が寸又峡でたてこもり、心臓移植が成功し、12月にはあの三億円事件がおこった年です。また、当時の若者たちの反乱とその背景については、「1968(上)¥7140」、「1968(下)¥7140」という小熊英二著の研究書が出版されています。この本、かなりの大作で高価ですが、いつか挑戦してみるつもりです。

さて、J2に上がって1年目の北九州、J2降格1年目の大分、共にJ1昇格目指して熾烈な戦いを続けて行かねばなりません。
「友よ、この闇の向こうには、友よ輝く明日がある」

 

[トリ]チェ・ジョンハン無念。第08節、対北九州戦。

4月25日(日)、第08節、対北九州戦。0-0の分け。
2度のチャンスをものにできなかったチェ・ジョンハン無念。

 

kita05.jpg

 

今日は5ヶ月になった孫Na^2子の初参戦、たくさんのサポの皆さんからだっこしてもらえました。ありがとうございました。
Na^2子の初ユニはこれにしました。クラトリで買ったロンパースにうちの奥様手作りのトリニータ仕様スカート。小さなトリサポの誕生で、今日は大勝できると思っていたのですが、、、。(まあ、負けではなかったのでよしとしましょう)
この子が大きくなったときには、大分トリニータがJリーグのトップチームになっていて欲しいものですね。

 

kita03.jpg

 

今日はバトル・オブ・九州ということで、こんなゲーフラも揚がっています。本当によくできています。感動しました。

 

kita06.jpg

 

北九州からのサポのみなさん。意外に少ないのに驚きました。(スミマセン)

 

kita01.jpg

 

さて、試合。
今日の試合、パットしませんでしたね。試合の印象が薄いのです。後半戦での下川のナイスセーブ、これだけです。
おまけに、審判の判定がよく理解できません。今シーズンのホーム試合はどうしたことか毎回こんな調子です。応援している方も不完全燃焼です。スカッとしません。
北九州の方がのびのび自分たちのゲームをしているように感じられます。よく走って、最後まで運動量は落ちません。プレスも強いし、しっかり守っています。
大分の方は、前半の小手川のケガで動揺したのか、4連勝を意識期し過ぎたのか何か動きがぎくしゃくしています。さらに、個々人が功を焦っている感じがしてなりません。
何度かいいチャンスはあったもののことごとくつぶされてしまいます。特に、チェ・ジョンハンには決めて欲しいです。
今後のことを考えると取れるところからは勝ち点3をきちんと取っておかないと、上位定着が難しくなります。連勝とか連敗とかいちいち気にせず一戦一戦確実に勝ち点3が欲しいです。
試合終了後、駐車場に向かう途中、北九州サポの方と話ができました。「今期、最高の試合でした。一週間守備の練習ばかりをしてきたのに、こんな攻めができるとは」と言って喜んでいました。
今日は悔しいけれど、北九州の戦いぶりの方がよかったですね。

 

 

さあ、きつい連戦が始まります。次節横浜FCに続いて、ホームで因縁(!)の対千葉戦です。
どうか、サポータをうならせるような試合をして下さい。

[日々]今年は本格的?

先日種まきをしたトウモロコシが芽を出してきました。
暖かくなってくると同時に雑草がものすごい勢いで生えてきました。今年も草刈りで悩まされそうです。
トウモロコシの向こう側の荒れ地にはプルーンを5本植えてあります。

 

コーン01.jpg

 

コーン02.jpg

 

トウモロコシの発芽を早めるためにマルチングをしてみました。地温が上がり、発芽率もよくなり、雑草も防げるそうです。でも、黒いビニールシートをなかなか綺麗に張れません。畝さえもうまく作れませんので仕方ないですが、今年は何か本格的ですゾ。(笑)

その上、今日は友人が「農業科学基礎」という農文協発行の本を持ってきてくれました。高等学校の農業科で使う教科書のようです。農文協(農山漁村文化協会)は良心的な出版社と思ってますが、教科書まで出版しているのですね。

コーン03.jpg

 

コーン04.jpg

 

コーン05.jpg

 

トウモロコシ(スイートコーン)、キュウリなどなどたくさんの作物の栽培法が「栽培の基礎学習」として詳しく紹介されています。
ちょっと読んでみたのですが、イヤー、勉強になります。特に、科学的なデータを基に解説されているのがいいです。
「スイートコーンの発芽までの日数は、温度に影響され、10℃では15?20日、15℃では10日?15日である」とあります。

 

 

さあ、今年はこの教科書を熟読して、農業の基礎を勉強しますか。何か今年は本格的なってきましたよ。(笑)



 

芝生化第1期工事

10数年、放置していました庭がひどいことになってきました。親が元気なときは草取りをしてくれ、ある程度の管理はできていたのですが、最近は、ニワゼキショウ、スズメノテッポウ、チチコグサ、はてはチガヤまで生えてきました。おまけに、無計画に木や草花を植えています。何とかしなくてはなりません。
最近、少し自由な時間が持てるようになりましたので、思い切って庭を芝生にしようと思います。いろんな人に聞くと、芝生は手入れが大変らしいのですが、雑草だらけの庭よりもいいでしょう。ネットでもいろいろと調べてみると、何か難しそうです。でも、何事もやってみなければ気が済まない性分ですので、鍬一丁で挑戦してみます。

 

 

庭を芝生にと言っても、そんなに広い庭でもありません。しかし、一挙に作業を進めることはできません。自分の体力に合わせながら、4期にわけて工事?を行うことにしました。業者に頼めば早くしかも綺麗な庭にしてくれるでしょうが、自分一人でやれば愛着も湧くでしょう。

 

 

(1)硬くなった庭を鍬で耕します。雑草や小石がたくさん出てきました。

 

shiba01.jpg

 

(2)石灰をまいて土を中性にします。量など気にしません。適当です。

 

shiba03.jpg

 

(3)庭にほとんど肥料分がないはずですので牛糞と化学肥料をいれました。これも適当です。

 

shiba04.jpg

 

(4)近くのお店で姫高麗芝を買ってきました。5月中頃まで店頭に置いてあるそうです。その後は注文すれば取り寄せてもらえます。ネットでの購入も考えたのですが、やはり送料が馬鹿になりません。

 

shiba02.jpg

 

(5)芝を張っていきます。たまたま、今日は朝から少し小雨が降っています。
なるべく平らに張るように気をつけましたが、これがなかかなか難しいです。目地に専用の土を入れるといいそうですが、面倒くさいのでそのままにしています。うまく根がつくか、不安です。

 

shiba05.jpg

 

(6)張り終えた芝生。これで一応第1期工事は完了です。
でこぼこもあるようですが、ど素人のしたことです。1年もすれば綺麗な芝生になるはず。はずです。
孫のNa^2子が素足で芝の上で遊んでくれるでしょうか。
後、まだスペースがあります。第2期工事?は5月の連休明けにしよう。

 

shiba06.jpg

 

 

 

 

 

 

若手の成長が嬉しい。第07節対草津戦。

4月17日(土)、第07節対草津戦。3-1で勝利。これで3連勝。
刀根の連続ゴールと東のゴール。若手の成長が嬉しい。

今朝は関東の一部で40年ぶりの積雪とか。対草津戦に参戦するという妹夫婦が無事に正田醤油スタジアムに着いているかと心配しでしたが、しっかりTVに映っています。PuくんもKuさんもいます。

現在J2最下位の草津です。でも、みくびってはいけません。どのような相手に対しても謙虚に手を抜かずにいくことが大切です。
と思っていた矢先、開始早々DFのミスにつけ込まれ失点のシーンを見せられてしまいます。この失点は正直なところちょと情けなかった。
前半戦は大分のサッカーができていません。ボールもなかなかキム・ボギョンに集まりません。早い時間帯での失点が尾を引くかと心配でしたが、前半中ばから少しずつ大分のペースになってきました。しかし、同点に追いつき追い越すことができずに前半終了です。
草津は元日本代表の戸田選手を中心 によく走っています。でも、ちょっと荒っぽいのが気になります。
ハーフタイム、湯もみ娘さんが休憩しているのをしっかりみました。この衣装、サポが申し込んで借りるそうですね。うちの奥様は「私も借りたい」というのですが、他サポはダメなのでしょうね。いや、それ以前に年齢制限に引っかかるでしょう。

後半戦、風が強くなってきました。大分にとっては不利な状況です。
しかし、今度は大分がが開始早々3分、東のコーナーキックに刀根が頭であわせて逆転ゴール、続いて12分、東が落ち着いてシュートです。さらに21分、東のフリーキックからオウンゴールが生まれます。東、(TVの解説者からアズマと呼ばれてしまいましたが)、何かを持っていますね。そんな気がしてなりません。大分の若手、特にユース出身者の活躍が嬉しいです。
これで草津は戦意喪失。試合終了間際のチェ・ジョンハンのシュートがわずかに枠を外れ残念でした。
今日はキム・ボギョンのゴールは見られなかったものの、いつものような巧みなスピードのある技を見られました。このような技術はどうしたら身につくものなのでしょう。天性のものか、それとも努力の結果なのでしょうか。

さあ、次節はバトル・オブ・九州(九州ダービーのほうがいいと思いますが)の対北九州戦。東京から娘1が孫を連れて帰ってきます。念願の三代参戦が実現できそうです。
どんな試合を見せてくれるか、楽しみでなりません。

お腰につけた、、、。第06節、対岡山戦。

4月11日(日)、第06節、対岡山戦。1-0で勝利。
勝には勝ったが、後半戦は失点するのではないかとハラハ、ドキドキ。対徳島戦のような試合をホームでも見せて欲しい。

 

oka04-s.jpg

 

 

今日も開門前から並びます。入場者、ちょっと少ないかな。1万人を割るかもしれません。
入場門のところにあったワンタッチパス管理マシン?、こんなものにすぐ目がいってしまいます。

 

oka02-s.jpg

 

 

試合前、大分銀行のサイン除幕式がありました。
大企業が次々に撤退していく中、地元の大分銀行さんありがとう。写真のように、多くのマスコミ関係者が取材に来ていました。
ピッチの周囲に置かれている看板には大分合同新聞はあるのですが、OBS・TOS・OABやFM大分のものは見あたりませんね。

 

oka01-s.jpg

 

 

200名ほどの岡山サポーターのみなさん、遠いところからご苦労様です。どうか大分を楽しんでいって下さい。
ファジアーノとはイタリア語でキジとのこと。桃太郎伝説でキジが鬼退治で活躍したことから付けたのでしょうが、他にイヌとサルも参加したはずなのに、なぜ、キジなのでしょう。
キジは岡山県の県鳥でもあるようですね。

 

oka03-s.jpg

 

シーズンオフに久住山で雪中登山を敢行したり、ファールでも試合を止めないと宣言したタフなファジアーノ岡山、サポーターも強烈です。
試合前から、大きなタイコの音に合わせて旗降って(旗15本もありました)、激しい応援を続けます。あまりにもみごとに応援するので、期せずして大分のゴール裏から大きな拍手が起こります。
すると、岡山が「トリータ!、トリニータ!」とエールを送ってきました。さあ、大分はどうするかと思っていたら、コールリーダーの機転で、「岡山さん、岡山さん。お腰につけた勝ち点3、全部私に下さいな!」とエールを返す。岡山からは「あげません! あげません!」と返ってくるかと思ったが、大分からのエールがよく聞こえなかったのでしょう。「ありがと、ありがとう」のエール。(笑)
いやー、面白かったです。試合中は敵味方。でも、試合の前後は同じサッカーを愛する者同士、お互い尊重しあって楽しくやりましょう。

 

 

さて、試合。

 

前半戦は大分のペース。よく走り、よくパスもつながります。今日は大量得点で勝利するかと思ったが。。。
14分、東のコーナーキックフリーキックをルーキー刀根が頭で合わせてJリーグ初ゴール。こういう若手の成長が今の大分には欠かせません。それも、宮沢や梅田といったベテランのはたらきがあってのこそ。今日は特に梅田の調子がいいようです。
この後、キムやチェらのシュートが続くが枠をそれてしまいます。前半戦であと1点の追加点が難しいです。

 

後半戦はうって変わって岡山ペース。
前半戦で体力を使い果たしたのか、特に20分以後は大分の足が止まってしまいます。岡山はパスミスが多いもののよく走ります。
このままでは、追いつかれ、下手すれば逆転されるかと心配でしたが、ここでまたCBの菊地が光ります。キムがちょっとボールを持ち過ぎかなと感じますが、周囲に味方がいないので、仕方ありません。チェも何とかDFを突破と勝負しますが、後半岡山の守りはしっかりしています。結局、何とか刀根の1点を守りきり試合終了です。

 

ああ、いつになったら、ホームで安心して観戦できるのでしょう。(まあ、ハラハラドキドキするからこそ、サッカー観戦は楽しいのでしょうが)
若くてあまり体力も精神力ないように思われる大分です。前半戦に早い時期に、得点を重ね、後半はガキガチに守って逃げ切る戦略が一番かもしれません。

 

 

さあ、次節は対草津戦。
草津温泉に対抗して、「別府湯の街、ヨサコラサイサイ」と別府音頭でも歌って、エールを送りましょうか。

キッズ・アイテム

オッパーには5ヶ月になる孫がいます。今月末には東京から帰省してきますので、大銀ドームで親子孫と三世代観戦が実現できそうです。
その際、孫に身につけさせたい応援グッズを探しているのですが、トリニータ関係のものは少ないようです。

昨日タイミングよくレッズサポの「東京っ娘さん」から、GRANDEというメーカーから4月9日キッズ・グッズ発売というニュースを教えていただきました。

●GRANDE Baby Rompers:
ご要望に答えてBaby商品の発売です。こちらはサイズ80のロンパースを5カラー。将来のサッカーキッズにぴったりのアイテムです!

gfp_rompars-s.jpg

●GRANDE Baby Bib 4/9(金)発売!:
Bib(よだれ掛け)です。こちらはカラー豊富な9カラーを用意いたしました。プレゼントなどにも最適です!


gfp_bib-s.jpg

●GRANDE  KIDS CAP:
前回販売し好評だったKIDSキャップ。今回は新デザインで販売です!

gfp_kidscap-s.jpg 

かってに画像をはりつけました。すみません。詳しくはGRANDEのサイトをご覧下さい。このGRANDEはレッズサポのかたがデザインを担当しているそうです。
大きさもちょうどいいようなので80のロンパースを買ってやろうかな。でも、トリニータカラーがないなあ。

●GRANDE FOOTBALL PRODUCTS OFFICIAL SITE(PCサイト)
http://www.grandefp.net
●GRANDE FOOTBALL PRODUCTS OFFICIAL SITE(携帯サイト)
http://www.grandefp.net/mobile/

 


 

一方、孫の父親は広島カープファン。カープにはtaitaiという乳幼児向けのブランドがあります。
●taitai
http://www.shop.carp.co.jp/shop/g2002.html

いやー、カープもすごい。


レッズやカープに比べれば、市場規模ははるかに小さいとは思いますが、トリニータ関連のいろんなキッズ・アイテムをどこか作ってはくれないでしょうか。

チューリップ祭り

今日も仕事は休みです。天気がいいので、緒方のチューリップ祭りに出かけてきました。

 

桜はもう盛りを過ぎてしまいましたが、歩道に積もった花びらが綺麗です。

 

P1000071-s.jpg

 

 

10時過ぎに会場に到着。まだお客さんが少なくゆっくりと見て回ることができました。
ところが、11時を過ぎにはものすごい人出です。駐車場は満車になるし、道路も渋滞です。土日でもないのにこの人出は何でしょう。
みなさん仕事はしてないのでしょうか。(笑)

 

チューップ畑は見事です。いったい何万本植えてあるのでしょう。

 

P1000086-s.jpg

 

日本(いや大分かな)のナイアガラ、原尻の滝。水量もかなりあります。何年か前、この滝の裏にゴムボートで案内してもらったことがあります。

 

P1000079-s.jpg

 

P1000083-s.jpg

 

 

 

途中、凧を使って上空から写真を撮っている方にお会いしました。「パノラマ風景写真で観光する大分県 ときどき国内旅行も」というサイトやブログ作っている佐伯の方です。面識はありませんが、「よくサイトを見てます」と挨拶をしました。今日は凧が安定せず、なかなか思うような写真が撮れないそうです。

 

P1000090-s.jpg

 

P1000092-s.jpg

 

 

緒方への行き帰り、いくつかの道の駅に寄ってみました。こういうところでは珍しいものが時々あります。
今日の収穫は、山菜のこごみ、せり(野生のもの)、つくね芋のたね芋、ソバの種(カイワレダイコンのように食べられるらしい)、それに定番の柏餅、ホーレンソウ、切り干し大根などなど。
あと、メダカとタナゴを6匹1050円で売っていたので、タナゴを買ってかえろうかとずいぶん迷ったのですが、結局残念しました。

 

このところ、土日は大銀ドームに行くか、TVでサッカー観戦が続いています。休日には、ときにはちょっと遠くにでかけるものいいですね。

 


 

 

 

 

 

春眼鏡?

今日は仕事がお休み。
対徳島戦の大勝利で気分がいいものですから、奥様と二人でアサヒ温泉に寄付に行ってきました。

 

P1000069-s.jpg

 

係?の2人のご婦人がとても元気のいい方でした。何度も寄付のお礼を言われてしまい恐縮しました。
トリニータブルーのリストバンドをいただきましたが、仕事中につけておくのにはちょっと抵抗があります。休日と試合当日には忘れずにつけておこうと思っています。

 

春真っ盛りです。帰り道、急に眼鏡を替えたくなりました。春財布というのはよく聞きますが、春眼鏡とはいいませんね。まあいいでしょう。
今使っている眼鏡は2年前ソウル明洞で買ったもの。日本よりはるかに安く買えました。
検眼すると、乱視が少し進んでいるようです。ああ、確実に老化が進んでいるのでしょう。
眼鏡の価格破壊が進んでいると聞きますが、確かに安くなっています。ちょっと前は10万円近くも出していましたが、遠近両用でも2万円ほどです。この価格では韓国で買う必要もなくなりました。
来週には出来上がります。さあ、新しい眼鏡、世の中が明るく見え出すかな。

 

 

 

 

お花見

今日4日(日)は各地で桜祭りが開かれ、いろんな行事が行われているようです。

昨日、対徳島戦の前に隣町の某公園にお花見に行ってきました。土曜日というのに花見客は少ないです。ここはあまり有名な場所でもありませんし、宣伝もしてないようです。桜は満開をちょっと過ぎていましたが、暖かい日差しの中、静寂ななかでのお花見ができました。

 

P1000063-s.jpg

 

 

P1000064-s.jpg

 

 

P1000065-s.jpg

 

どちらが本当? 第05節対徳島戦。

4月3日(土)、第05節対徳島戦。3-0で完封勝利。
前節対栃木戦に比べて全く別のチームのような姿を見せてくれた今日の大分トリニータ、いったいどちらが本当のトリニータなのであろうか。

 

今日はTVで前で応援。コアのサポターを見る限りでは、大分の方がはるかに多いようだ。あれ、Puくんが東京から参戦している。
前節のグダグダした試合内容から、今日は三木選手率いる徳島にいいように弄ばれるだろうと予想していたが。。。。

 

うまい、実にうまい。これがあの1週間前の大分と同じチームかと思わせるほどの試合展開が続く。パスはよくつながるし、プレスもかけるし、何と言っても攻守の切り替えが早い。菊地をCBに入れ、東をトップに持ってくると、こんなにチーム全体が変貌するものであろうか。特に後半戦のパス回しは見ていてゾクゾクした。刀根や小手川の若手が積極的に上がってくるし、梅田、宮沢のベテラン組は落ち着いたプレーを続ける。菊地はDFを見事に統制している。3点のゴール、どれも見事なものであった。キム・ボギョン、いったいどれほどの才能の持ち主なか。

 

さあ、次節はホームで対岡山戦。目の前でどんな試合を見せてくれるのであろうか。楽しみでならない。

 

 

畑仕事

4月になりました。
予定より遅れていますが、野菜作りの準備をしなくてはなりません。近所のおいさんやおばさんに教えてもらいながら、今年で3年目に入ります。退職しても田舎で野菜作りなど絶対にしないと思っていたのですが。。。

 

今日はスコップで畑を深く掘り返しました。友人のマコちゃんに頼のめば大型の耕耘機であっという間にできるはずですが、今年は畑に愛情をこめて、丁寧に丁寧にです。携帯用のプレヤーに「70年代フォーク全集」を入れ聞きながらの作業です。快適ですが、4時間が限度でした。腰が痛くなり、午後は自主的に休業にしました。はい、軟弱者です。

 


昨年は、トウモロコシとサツマイモ、トマト、インゲンマメが大成功、ナス、スナップエンドウが失敗。今年は、トウモロコシとサツマイモの作付面積(おおげさ)を広げよう。