FC2ブログ

深谷友基選手

チームの存続さえも心配していましたトリニータですが、無事チームの練習も始まり安心しました。新加入した選手の皆さんが一日も早く大分での生活に慣れることを願っています。


深谷001.jpgさて、他に移籍したトリニータ出身の選手の動向も気になるところですが、先日、大宮市在住のトリサポの方が、地元の氷川神社で必勝祈願を行った大宮の坪内選手と深谷選手に会いに出かけたそうです。

左はちょっと髪が伸びた深谷友基選手(もう「我が深谷」と書かれません!)の写真、写メールを妹経由で私に送って下さいました。
Goさん、すみません。ありがとうございました。
胸のエンブレム、胸元からちょっとのぞいているオレンジのユニフォーム。。。ああ!(涙)

 

深谷友基選手、今年は九石ドームでその勇姿を見ることはできませんが、来年、あるいは何年後かに、再び大分の地でお会いしたいと思います。怪我をせずに、大宮でも活躍し、大宮サポを魅了して下さい。


 

練習見学

22日(金)、今年初めての練習見学です。

DSC_4088-s.jpg

午後の練習はランニングを中心としたものです。
全体練習も始まったばかり、まだまだ元気がないように見受けられます。
昨シーズンはエジや大海がチームのムードを盛り上げていましたが、今年はその役割をだれがになうのでしょうか。

 

 

 

 

 

DSC_4090-s.jpg

人工芝のグランドでは、冷たい風が吹き付ける中を、ちびっ子たちが元気よく練習に励んでいました。
FCの社員の皆さん、トリニータの選手・スタッフのみなさん、このちびっ子たちの夢をつぶしてはなりません。

 

 

 

 

 

DSC_4106-s.jpg

今日の練習で目立った選手は宮沢、ベテランとして今期は心に期すものがあるのでしょう。

 

 

 

 

 

 

DSC_4100-s.jpg

 

DSC_4092-s.jpgファンボ・カン監督。
じっと選手を観察している様子。何も指示もださず、声も掛けません。
シャムスカやポポビッチ監督の練習風景を見慣れていますので、何か拍子抜けしてしまいました。
練習は静かに淡々と行われています。
チームがこのような状況になったのは前副社長として責任の一端はあるはず。
韓国の英雄とまで言われたファンボ・カンssi、プライドを賭けて、今期J2優勝をお願いしたい。

 

 

 

DSC_4109-s.jpg

練習が終わり近くになって、西山氏の顔が。
今期難しい仕事を仕事を引き受けたようですが、トリニータの選手としても経験が豊富ですので、経営陣にも臆せず、言いたいことをはっきり言って欲しいし、選手を守って欲しいものです。

 

 

 

 


 

 

 

高塚さん

16日(土)、春のような日差しでしたので、天瀬の高塚さんにお参りに出かけてきました。
お礼も言わなくてはならないし、お願いごともたくさんあります(笑)

 

初詣も落ち着いたのでしょう、土曜日ですがあまり混んでいません。

 

DSC_4083-s.jpg

 

 

社の壁にはお願いごとを書いた紙がたくさん貼られています。時節柄、「大学合格」の祈願が多いです。そう言えば、今日明日はセンター入試ですね。

 

DSC_4084-s.jpg

 

 

高塚さんへの参道にはたくさんのお店が並んでいます。近所の農家のおばちゃんたちが開いているのでしょう。
今日は、この坂道を歩く人が少なく、お店の方は手持ちぶさたのようでした。ここにはいつも珍しいものが置いてあります。「モチアワ」、「マタタビの実」、「センブリ」などなど。。。
お店によって「唐辛子」を「コショウ」と表示してあったり、「トウガラシ」と書いてあります。福岡では「唐辛子」を「コショウ」と言うそうですね。高塚さんで2つの表示があることは、天瀬は福岡文化圏と大分文化圏のちょうど境目あたりなのでしょうか。

 

DSC_4080-s.jpg

 

 

白菜と高菜の漬け物を買ったお店に、乾燥させた「ユズ」の種子を売ってました。何に使うのかがわからなかったので、お店の人に聞いてみたら、お酒につけて化粧水にするそうです。初めて聞きました。
春になると、また、面白い?ものが並ぶはずです。「葉ワサビ」の出る時期にまた行きたいと思っています。

 

 

DSC_4087-s.jpg

 

 

 

 

 

 

PhotoVison

年末・年始と慌ただしくしておりました。やっと正常な生活に戻り、気がつけば今日はもう8日、歳をとってくると時間が経つのが本当に早いです。
新年の挨拶が大変遅れてしまいましたが、あけましておめでとうございます。今年も皆様にとって素晴らしい一年でありますように。

 

 

IMG_3406-s.jpgさて、出産のため昨年9月末から帰省していた娘1は11月に無事女児を出産、今年正月明けに皆で東京に帰って行きました。
ちょうど2ヶ月間、孫を中心に賑やかに過ごしてきましたので、娘1夫婦は私たちが寂しく思うと察したのでしょう「PhotoVision」なるものを置いて行きました。

 

このPhotoVision、デジタルフレームに写メールの受信機能がついたものです。
娘1や娘2に言わせると、送信方法は簡単なようです。受信側も難しい操作はいりません。
7インチの液晶ですが、結構大きく感じます。ただ、きれいに見える角度が狭いのが難点です。

 

今のところ、毎日3?4枚の写真が送られてきています。東京でも何とか無事に?育っているようで安心しています。
しばらくはこの写真で我慢です。月末に生の顔を見に行こうかなあ。