ついに勝ったぞ。第33節、対千葉戦

11月29日(日)、第33節、対千葉戦。2-0で勝利。ついに千葉に勝った。これでチームは最下位脱出。



J1に昇格して7年間、Jリーグ公式戦ではいまだ一度も勝利したことのない千葉との戦い。
両チームとも来シーズンはJ2で闘うことになるが、どうしてもJ1で千葉に勝っておきたい。その上、この試合に勝てば大分は最下位を脱出できる。
金崎がキャプテンマークをつけ、家長ばボランチ、そしてフォーバックの体勢は前節対川崎戦と同じである。



前半16分、金崎からのボールが清武に。シュートが失敗したかと見えたが、うまい具合にGKの前に転がり、再度清武が冷静に対応し左足で蹴り込む。
後半20分、フェルが難しい角度からシュート。GKの足の間を縫ってゴールに。このテクニックはすごい。これで2-0。
千葉も前半、後半とも果敢にシュートを放つ。シュート数は大分を越えているはず。でも、大分の守護神西川の好セーブが続く。まさに「神」である。
千葉の選手やサポはどれほど西川を憎らしく思ったことだろうか。
DFの4人もいい。藤田や坪内がこの2試合は気合いが入っている。我が深谷の出番がなくなってしまいそうである。
千葉にちょうど20試合目で勝ったことになる。J1で最後の対決でやっと勝ったのである。確か0-6の大差で負けたこともあった。何か肩の荷が下りたような感じがするのである。
来シーズンもまた千葉と同じカテゴリーか。千葉とはまた何かありそうだ。



さて、このところのごたごたで、チーム自体、選手一人ひとりの先がなかなか見えにくい状況の中で、監督や選手達は本当によく頑張ってくれていると思う。大分のサポ達は、このような選手達を誇りに思っているのである。
さあ、最終節対大宮戦、勝って「トリニータオーレ」を歌い、波瀾万丈であった今シーズンを終えよう。

今期最高の試合か。第32節、対川崎戦。

11月22日(日)、第32節、対川崎戦。1-0、大分得意の上位喰い。今期最高の試合であろう。

 

熱がなかなか下がらない。仕方なく今日は自宅でTV(BS)での観戦となる。今期ホーム初めて欠場(笑)である。
このところのごたごたで選手たちのモチベーションが気になっていたが、試合開始直後から、ずっと大分ペースである。
TV放送のアナウンサー、解説者ともに、もろに川崎サイドであるが、大分の選手たちのみごとな動きから、フェル、金崎、家長のプレーを褒めねばならない。この2人の悔しそうなやりとりが面白くてならない。どうせなら、この2人の解説を主音声で、別に大分びいきの解説を副音声で流し、好きな方の解説を聞かれるようにしたら、TV観戦もさらに面白くなりそうだ。
試合は、4バックで守りを固め、ディフェンスラインを上げつつ、ボランチ家長を起点に、金崎、フェル、清武、エジが自由にのびのびと動いて、首位川崎を圧倒、家長を初めてボランチに起用したポポ監督の采配がぴったし決まった。家長の他、エジ、上本それに坪内の活躍も目立った。
結局、フェルのゴールによる1点を守りきり、1-0で首位川崎に勝利。試合内容からして、3-0で勝ってもおかしくなかった。

 

さて、J1での残り試合もあとわずか2試合となった。特に次節は宿敵千葉との直接対決(!)である。ここは大分の意地を見せて最下位脱出を期待しよう。
ところで、我が深谷の体調は大丈夫であろうか。新型インフルエンザと聞いたが。。。

 



 

 


 

22日は欠場!

19日(木)、午後から身体が妙にけだるく、悪寒がします。下腹部に違和感があります。
仕事の帰りに病院によって診察を受けたところ、体温が38.8度もあります。
新型インフルエンザの疑いもあるようで、病院では別室に隔離されるしまつ。
鼻の奥まで綿棒のようなものを突っ込まれ、ウイルスの検査をされましたが、結果はマイナス。血液検査の結果、白血球が1万700もあります。
どうも細菌性の腸炎のようです。原因はどう考えてもはっきりしません。
しばらく安静にしておくようにとのこと。

 

22日は対川崎戦。上位との戦いでは、みごとな試合をする大分トリニータですが、このところのごたごたで選手達のモチベーションが気になります。
今日になっても体温は37度?38度をいったりきたり。気分は悪くないが、大事をとって対川崎戦は残念ながら欠場としよう。


アウェイ初勝利。第31節、対横浜FM戦。

11月8日(日)、第31節、対横浜FM戦。2-1で勝利。意地を見せたトリニータ、今期アウェイで初勝利!

 

友人を案内するために2日連続で「うすき竹宵」に出かけており、試合は全く見ていない。
街を散策中、娘2から、前半戦終了1-0と教えてもらう。おお。
でも、後半戦で逆転されるかも。(今期はずっと弱気である)

 

後半戦、2-0という。本当か。
でも、2-0というのはちょっと注意しなくてはならない。これで逆転されるということはよく起こるパターン。(このところずっとマイナス思考)

 

試合終了。2-1で勝ったという。信じられない。(すみません)
今期アウェイでは初勝利のはず。現地参戦の妹夫婦は狂喜乱舞しているのであろう。連絡が全くない。

 

 

21時半過ぎのサッカー番組で、フェルナンジーニョと清武のゴールシーンだけは見た。これはすごい。
スカパーの再放送が楽しみである。
試合終了後は横浜FMのサポから暖かいメッセージが発せられたという。前節の京都サポに続き、嬉しいねえ。
あのトリコロールのパラソルをしばらく見られないのは残念だが、近いうちにきっと九石ドームで再会できるあろう。きっと。

 

さあ、残り試合、再開脱出にむけて、次節も
意地を見せてくれ!

 

 

竹宵(2)

対横浜FM戦を気にしながら、今夜も竹宵です。
土・日、高速道路が安くなったことも関係してか、県外からのお客さんが多いようです。博多弁も聞こえてきます。

いくつかの会場ではミニコンサートも開催されています。
来年は、ローソクに火をつけたり、竹の後片付けのボランティアに参加してみようかな。

 

 

DSC_3721-s.jpg

DSC_3728-s.jpg

DSC_3736-s.jpg

DSC_3747-s.jpg

DSC_3748-s.jpg

DSC_3740-s.jpg

DSC_3725-s.jpg

DSC_3752-s.jpg

竹宵

臼杵市で行われている「竹宵」に出かけてきました。

 

 

昨年は「竹宵」どころではなく、ナビスコ杯決勝戦で興奮に満ちた日々を過ごしていました。
あれから1年。。。。ああ。

 

と言うことで久しぶりの「竹宵」です。
今年も人で一杯です。自由に歩けません。
今年のオブジェは細かい細工物と、幻想的な色づかいの作品が多いようです。若い人達のセンスが反映されるようになったのでしょう。臼杵竹宵発足当時の田舎町らしい素朴な雰囲気がちょっと薄くなってきた感じもします。
うまく写真が撮れなかったのですが、目についたオブジェと般若姫をのせておきます。

 

DSC_3711-s.jpg

 

DSC_3688-s.jpg

 

DSC_3695-s.jpg

 

DSC_3696-s.jpg

 

DSC_3700-s.jpg

 

DSC_3708-s.jpg

 

DSC_3710-s.jpg

 

IMG_3357-s.jpg

日本丸出航

日本丸の出航を見るために佐伯港女島埠頭まで行ってきました。

 

 

予想以上に船体が大きく、綺麗な姿をしています。「太平洋の白鳥」とか「海の貴婦人」と呼ばれているそうです。
仕事の関係で時間がなく、残念ながら、1日のセイルドリル(帆を張る訓練)を見ることや、昨日の船内の見学はできなかったのですが、今日の「登檣礼(とうしょうれい)」は見学できそうです。

DSC_3538-s.jpg

 

船首のところについている少女の像、「藍青(らんじょう)」というそうです。

DSC_3544-s.jpg

 

 

この旗が揚がると24時間以内に出航という説明がありました。

DSC_3567-s.jpg

 

出航式。実習生の中には女子もいます。

DSC_3563-s.jpg

 

 

「登檣礼」の準備です。実習生が次々と檣(ほばしら)に登っていきます。

DSC_3581-s.jpg

DSC_3584-s.jpg

DSC_3592-s.jpg

DSC_3590-s.jpg

 

写真の左端の上下2名は女子の実習生のようです。

DSC_3593-s.jpg

 

いよいよ「登檣礼」です。船首に立っているリーダー(実習生)に合わせて、「ごきげんよう」と言いながら帽子を振ります。これを3回繰り返します。帆船最高の儀式と聞いています。

DSC_3597-s.jpg

 

出航です。登檣礼を終えた実習生たちが、デッキに集合です。

DSC_3601-s.jpg

 

いい後ろ姿をしています。
真っ白い帆を張った「日本丸」、いつか見てみたいものです。

DSC_3609-s.jpg

 

 

あーあ、天皇杯もダメか! 天皇杯、第3回戦、対千葉戦。

11月1日(日)、天皇杯、第3回戦、対千葉戦。2-3。あーあ、これで天皇杯も敗退。

 

DSC_3535-s.jpg

 

J2降格も決定、選手達は落ち着いて、残る天皇杯に全力を投じるであろうと期待していたが。。。。
一昨年の広島のこともある。今日、千葉に勝てば、結構いけると思っていたのに。

 

どうしても千葉には勝てない。今日の試合内容については、書く気もしない。
昨シーズン、「千葉よ、降格しないで」と書いた。千葉がJ2に行ってしまえば、1年間対戦することができず、千葉を負かすチャンスが無くなるからと思ったからである。
今年も再度「千葉よ、降格しないで」と書こう。大分の後を追ってJ2に来たら、来シーズンJ2でも、また千葉に勝てないであろうから。ああ! なさけない限り。