明日は

明日8月1日は、我が深谷の誕生日。

 

対浦和戦に続いて、また一発決めよう。


芝生の問題は解決するどころか。。。。
名古屋の○川選手に、今年も何か言われそう。(まあ、うちが勝ったら、何と言われようとかまいませんが。)

 

大阪観光

久しぶりの大阪です。
東京に比べて大阪に行くことは不思議と少ないですね。
対Gガンバ戦前後に少し時間がありましたので、ミニ大阪観光をしてきました。

 

25日(土)、昼過ぎ、東京からの妹夫婦と通天閣で合流です。

DSC_2787-s.jpg

ビリケン様。走りが早くなるというので、我がトリニータのために触ってきました。当然、頭にも。
この通天閣でトリサポとおぼしき方2人がいました。この方は大分空港で見かけましたし、帰りのモノレール、飛行機も同じでした。

 

試合終了後、ホテルの近所の居酒屋で祝勝会の予定をを急遽反省会に変更です。
トリニータのユニのままでしたから、呼び込みのお兄ちゃんから、「今日はどうでした?」と声をかけられてしまいました。「私も大分、応援しているのですよ。頑張りましょう」と励ましてくれます。うまいことをいうものです。
でも、「ホントです。僕の親友が大分市内のM高校出身で、熱烈なトリサポなんです。で、僕も応援しているのです」と言う。嬉しいですね。
居酒屋で、妹夫婦は今まで対G大阪戦では負けなしだった。ジンクスがパーになったと悔しがります。すみません、今日の敗戦は私たち夫婦の責任です。約束どおり、今夜はおごりです。はい。
そこに、生ビールを運んで来た、若いお嬢さん、お盆からジョッキを転げ落とし、テーブルから、床から、椅子に置いていた荷物までビールでびっしょり、他のスタッフや店長まで駆けつけて大騒動になってしまった。私ども4人は、バイトらいいお嬢さんが、後で、叱られたり、バイト代を引かれはしないかとそればかりが気になります。どうせ雨に濡れ、汗まみれになってるので、ビールくらいかかっても。。。ああ、勝利のシャンペンであったらなあ。
店長さんいは、しっかりあのお嬢さんのことはお願いしておきました。真面目に働いてるようです。ちょっとの失敗で意欲をなくさないように。頑張って。

 

翌日26日(日)は、昼過ぎまで時間があります。ミニ大阪観光その2です。

早朝からなんばグランド花月です。
もし大分が負けたとき、気分転換にと妹夫婦がチケットを取ってくれていました。

DSC_2829-s.jpg

指定席は、なんと、最前列のど真ん中。大きい身体で、大声で笑うおばさん2人、目立つのですね。若い芸人さんからは「お客さん、顔、覚えておきますよ」と言われたり、中田カウス(自虐ネタがうまい!)からもいびられたり、そのうち2人とも舞台に上げられるのではないかと思ってしまった。まあ、笑った、笑った、涙が出るほど笑ってしまった。
ここでも知り合いのトリサポに1人遭遇。

 

心斎橋界隈の散策。うーん、散策とかいう言葉がぴったしきません。
これほどたくさんの人がうごめく商店街が今時あるのですね。すごい熱気というか、博多や東京とは全く違う雰囲気が漂っています。ここは韓国明洞か
おっと、心斎橋上で、「ガングロ」の娘さん2人がいた。びっくりしました。もう絶滅?したものとばかり思っていましたから。大阪は補助金出して、保護でもしているのでしょうか。いや、大阪はすごい。

DSC_2838-s.jpg

定番の大阪名物2つ。
この人、長い旅を終え、また、大阪に帰ってきたのですね。

DSC_2832-s.jpg

DSC_2836-s.jpg

 

最後に街で見かけたMARUHAN、韓会長、ずっとよろしく。

DSC_2841-s.jpg

 

お願い、前へ。第19節、対G大阪戦。

7月25日(土)、第19節、対G大阪戦。0-1。もう次など言ってる余裕はない。とにかく勝って欲しい。

今期初のアゥエイ参戦。しかも、万博記念公園でのサッカー応援は初めてである。
このとろホームで連敗続きのG大阪、しかも、ルーカスやチョ・ジェジンも欠場と聞く。対して、前節浦和に勝利し、ポポヴィチ新監督を迎えてモチベーションも高い大分である。

 


天気がはきりしない中を多くのトリサポが結集、今日は何がなんでも勝ち点3をお土産に持って帰ろう。

DSC_2802-s.jpg

DSC_2804-s.jpg

この一戦にかけた選手たちを鼓舞する断幕が張られている。関西在住のトリサポのグループからのようだ。

DSC_2810-s.jpg

さて、試合。

前半戦、G大阪が支配しているように見えるが、そんなに恐ろしくも感じない。大分はいつものようにエジ、家長の動きがいい。今日はウェズレイもよく動く。前節欠場したので、疲れが取れているのであろうか。0-0で終了。G大阪の様子から、今日は勝てると思ったが。。。

 

後半16分、向こうの方でなにやら、こちらからはよく見えない。え、ゴール?。佐々木選手からやられたらしい。まさかという気配がゴール裏にただよう。そう、得点されるような状況ではなかったようだが。
この後、G大阪も大分も次第に走れなくなってくる。しかし、大分はウエズレイ、家長、金崎でゴールを狙うが、ことごとく藤ヶ谷にセーブされてします。結局0-1で試合終了。
G大阪よりも得点のチャンスは多かったのにくやしくてならない。いつものように一瞬緊張がゆるんだ事で負けてしまった。
終了のホイッスルが鳴った瞬間、周囲の大分サポからはため息が聞こえるわけでもなく、ブーイングもなし、拍手もなし、期待していただけに、空しさだけが支配しているようだ。
「次につながる負け」などというが、もうそんな悠長なことを言ってる時ではない。19節が終わり、勝ち点は1桁である。

 

新監督の下で、選手達の何が変わったのであろうか。
GK西川の特徴と言われ続けてきた正確なフィードが陰を潜め、サイドの坪内にはバックパスが目立った。当然、策あってのことだろうが、素人目には何故前へ前へとボールを動かさないのかと思えて仕方ないのである。

 

■記念品
G大阪戦の戦利品と書きたかったのだが、負けてしまったので記念品としよう。

IMG_3259-s.jpg

G大阪側でしか売っていないというカステラ。教えてくれたKuさんありがとう。トリサポは中に入れないという。そこは、脳天気というか怖い者知らずというか、うちの奥様のことである黙ったまま引き下がりはしない。アルバイトらしいお兄ちゃんになにやら話しこんでいた。とうとうスタッフの「護衛」付きで買いに行ってきた。親しくしているトリサポのお土産にするという。

IMG_3258-s.jpg

G大阪の選手がのったうちわである。G大阪サポの入り口だけで配っている。何人かのトリサポがいただきに入ったところ拒否されたという。今度は私の出番である。「トリニータサポータです。ガンバ戦の記念として1ついただけませんか」と若い優しそうなスタッフに言う。「そうですか。どうぞ。でも、応援席では他の人に見せないで下さいね」という。そうか、周囲のトリサポから私が襲撃でもうけるかと心配してくれているのですね。大丈夫、トリサポにはそんな人はいませんから。
しかし、うちわぐらい、入場者全員に配ればいいのに。敵チームの選手達の写真がのってるからといって、粗末にはしませんよ。
カステラにしたって、敵味方なく自由に売ればいいのに。試合90分中は当然敵味方でも、試合前、試合後は同じサッカー仲間でしょ。どうもこの辺りの「サッカー文化?」はよく理解できません。

 

さあ、明日は気分転換に「なんば花月」だ!

 


 

シャムスカ@EG

タイミングとしてはずいぶん遅れてしまったが、記録として残しておくことにした。
エル ゴラッソ(7/17・18日号)のシャムスカ関連記事。

IMG_3242-s.jpg

IMG_3243-s.jpg

 

誰が何と言おうと、我がシャムスカ。

2012年5月21日金環食

昨日の日食、私のところでもなんとか観察できました。
その後、いろいろと調べてみると3年後にも大分で日食が見られそうです。

2012年5月21日(月)の早朝、日本では太平洋側の広い範囲で、金環食のようです。

金環食-s.jpg

大分では、

   かけ始め:06:15:08
   最大  :07:25:20
   終わり :08:46:23

 

3年後なら、まだ生きていそうです。今回作った日食グラスは捨てずに残しておくことにしました。

明日は日食

明日22日は日食です。
ということで、日食グラスを作ってみました。

IMG_3241-s.jpg

今回の皆既日食は、1963年7月21日北海道東部で見られて以来46年ぶりで、次回は、26年後の2035年9月2日北陸・北関東で観察されます。
明日大分では残念ながら部分日食しか見られませんんが、それでも約90%欠けるようです。

 

大分での観察可能時間(気象庁発表)

   食の初め:  9時39分31秒
   食の最大: 10時58分39秒
   食の終わり:12時20分40秒

 

小学校の頃、日食を観察したことをよく覚えています。
ガラス板にローソクの炎を当て、煤をつけるのですが、下手をすると熱によってガラス板が割れるのです。下敷きを使っても見ました。映画のフィルムの端でも見ました。
フィルムと言えば、当時、小学校に時々巡回映画が来てました。田舎のことですから、常設の映画館など私の近くにはなかったですね。その巡回映画で「赤胴鈴之助」や「月光仮面」をよく見たものです。その時の破損したフィルムの切れ端を使ったのでしょう。
しかし、今回の日食観察に対しては、日食グラスを使わないと、目を悪くしますよと、盛んにPRしていますね。

 

さあ、明日は晴れるといいですが、26年後の日食なんて、もう観察できないですからね。


 

 

反撃開始。第18節、対浦和戦。

7月18日(土)、第18節、対浦和戦。1-0。大分勝利!やっと勝った、やっと。3ヶ月ぶりか。
気むずかしい勝利の女神を振り向かせたのは、やはり、我が深谷。いい男である。
今夜は嬉しくて眠られそうにない。

DSC_2777-s.jpg

強豪相手には良い試合をする大分、DF陣は今期初めて、大海、森重、深谷が揃い、補強の選手も来た。さあ、本来の大分の試合が始まる。

試合開始直後は大分ペース、その後はずっと浦和に支配され続けた今日の試合であったが、ゴールのチャンスは大分の方が多かった。
前半戦のロスタイム、毎回大分にとっては魔の数分である。今日も、浦和のボールがコロコロとゴールへ。ああ、またかと思った瞬間、森重がクリア、この最後まで諦めなかった姿勢が後半戦につながったのであろう。

後半戦、ゴールへのチャンスは何回かあったが、いつものように何か決まらない。勝利の女神は何が気に入らないのであろうか。
家長から清武へ、鈴木から藤田へと選手交代。35分、足がつった高松から、新加入のフェルナンジーニョへ。結果的にみるとの交代がはまったのであろう。
37分、フェルナンジーニョのCKに、我が深谷が見事に頭で合わせてゴール。
今日揚げた「戦線復帰 反撃開始 深谷友基」、「雄叫びあげろ! 深谷友基」の2本のゲーフラ効果じゃとかってに思う。自己チュウである。
さあ、これでやっと2勝、でも、今夜は素直に喜ぼう。

さて、試合前後の様子を、

DSC_2748-s.jpg

九石ドームで浦和グッズを売っており、かなりトリサポを集めていた。鈴木啓太選手と都築選手のグッズが欲しいと思ったが。。。。。

DSC_2773-s.jpg

どこでもホームにしてしまう浦和サポ、今日も遠く大分までたくさん来ている。駐車場で足立ナンバーの車も見かけた。
コアサポ中のコアサポ達による、スゴイ迫力、統制の取れた応援が続く。こういうサポを仕切っているリーダーはどんな人物なのだろうか。

試合終了後のフィンケ監督のコメント、
「ただ、今日の対戦相手は特別な相手だった。先ほど話したように監督が代わり、選手は感情的だったと思う。勝つために守備の意識が強く、フィールドプレーヤー全員が自陣を固め、コンパクトな守備をした。大分はこの勝利で新しいことが起きた。勝利を信じるということがね。今日は対戦相手におめでとうとだけ残して帰る」
フィンケ監督、いいなあ。
ケガをしたように見えた闘莉王選手はだいじょうだろうか。

DSC_2754-s.jpg

DSC_2755-s.jpg

DSC_2759-s.jpg

DSC_2760-s.jpg

うーーん、微妙。「J1のある街 大分市」にしてくれ。

さあ、残り試合、反撃開始じゃ、1戦1戦勝ち進んでいこう。
次節ガンバ戦にも行くぞ。

練習見学

7月16日(木)、仕事を早めに切り上げて、スポパに向かいました。久しぶりですの練習見学です。
ポポビッチ新監督のもとでの練習とはわかっているのですが、駐車場に前監督の車がないかと気になります。

新監督、練習が始まると同時に、ウェズレイとかなり長い時間話し込んでいました。古くからの知り合いですので、一番頼りにしているのかもしれません。

DSC_2720-s.jpg

DSC_2723-s.jpg

新監督就任が発表された夜、敬愛する広島サポであるKa氏に聞いてみました。
「うん、ポポさんはオシムさんとも指揮官として仕事をしているので、戦術は組織重視の面白いサッカーを目指すはずです。人柄もすごく優しい人で、サポや選手らとのコミュニケーションはかなり良好でした。ウェズレイやマエシュンとしても後任としては嬉しい人選かと。今のトリニータのシャムスカブラジル戦術からポポヨーロッパ戦術への移行がスムーズに行くかが鍵になりそうです。(一部省略)」との返事をいただきました。
シャムスカマジックのようにポポマジックを見せて欲しいですね。

今日の練習では、直接選手に対しての指示はなく、様子をじっと見ていたようですが、ときおり、選手の肩に手を置いていろいろと話していました。
(前俊、覚醒しろよ!)

DSC_2734-s.jpg

DSC_2737-s.jpg

さて、新加入のフェルナンジーニョです。G大阪、清水、京都での姿を見ていたときは、屈強ですばしっこく、気むずかしい選手のように思えたのですが、今日は、純真な少年のように見えてなりませんでした。ときおり見せるシュートにはやはりスゴイものがあります。

DSC_2727-s.jpg

DSC_2731-s.jpg

我が深谷も、対浦和戦ではスタメン入りしそうな雰囲気です。

DSC_2729-s.jpg

もう勝しか生き残る道が残されていないトリニータ、2005年の対浦和戦で勝利したことを思い出そう。昨シーズン、ホーム無敗の記録を作ったことを思い出そう。
さあ、走れ、走れ!

 

トウモロコシ

昨夜から、何かすっきりしません。
こういう時にはいっぱい汗をかくのがいいかもしれません。都会なら、スポーツジムでという手もありますが、田舎暮らしでは、畑仕事でもしながら汗をかくことにしました。 

 IMG_3236-s.jpg

ど素人が今年初めて植えたものですが、意外とよくできました。実もぎっしりと詰まっています。
試食をしてみたところ、かなり甘いのです。早速東京のA奥様と娘1に宅急便で発送をしました。 専門家が作ったものに比べれば甘さが劣ることは間違いないでしょうが、有機肥料だけで育てており、当然、農薬など一切使っていないので、安心して食べられることは確かです。

収穫の途中、変なことにきがつきました。畑の一角ででトウモロコシがみごとに倒れているのです。最初、風で倒れたのかと思ったのですが、どうも倒れ方がおかしいのです。それに、トウモロコシの皮(?)が剥かれ、実がみごとに、一粒も残されていないのです。
そうか、タヌキかムジナがやってきたのでしょう。昨日の夕方は何ともなかったのに、昨夜のことでしょう。近所の年寄りからは聞いていました。ニンジンが食べらてしまったとか、スイカがやられたとか、トマトが全滅とか。
うちにもやってきたのでしょう。 実にきれいに食べています。

ムジナはアナグマのことです。正しくはニホンアナグマでしょう。大分県では確か絶滅危惧種に指定されています。2007年の5月に近所で目撃をしたことがあります。どうもうちの近所に数頭いるようです。また今晩でてくるかもしれません。まあ、野菜づくりは商売でしているわけでもありませんから、ヒヨドリやスズメ、カラス、アナグマにもおすそ分けをしてあげましょう。
(こんなことを書くと、かなりの山奥に住んでいると思われそうですが、そうでもないのです。周囲には団地もあるし、コンビニもあるし、スーパーもあるし、パチンコ屋もあるし。タヌキやムジナは山奥よりも、こういう民家近くの方が却って餌が豊富かもしれませんね。)

ついに。。。

ついにと言うか、やっとと言うか結論が出た。

シャムスカ監督解任。

これだけ負けが続けば、監督の解任は仕方がないことではあろうが、すっきりしない。
何か寂しいというか、空しいというか。。。。
このシャムスカの解任劇、選手達や多くのトリサポが臨んでいたことなのだろうかと考えてしまう。

2005年、対浦和戦で見せてくれたシャムスカマジック。2009年、対浦和戦を前に解任。何か因縁を感じる。
いずれは大分を去ることがわかっていても、それが現実となると、受け入れがたく思う自分がいる。

2008年、トリニータを日本一に導いてくれたシャムスカ、大分を、トリサポを愛してくれたシャムスカ、そして最後まで必死で戦い続けたシャムスカ。
今は感謝あるのみ。

オブリガード シャムスカ

勝利の女神は。。。第17節、対磐田戦。

7月12日(日)、第17節、対磐田戦。1-3.

勝利の女神は。。。。ずっとそっぽを向いたまま。もう17節にもなってしまった。
この気むずかしい女神様をこちらに振り向かせる方法はないのだろうか。

今日の対磐田戦、悔しいというか、見ていてつらくなったというか。。。。
シュート数、CK数ともに相手を上回っているはずである。前半戦、後半戦ともに大分の方が押していたようだ。(ひいき目かもしれないが)
それなのに、それなのに、どうして3失点も。相手GKの川口選手が今日は素晴らしいできを見せたことは認めるが、1点しか取れないとは。。。

さあ、この試合内容と結果から、フロントはシャムスカ監督についてどう結論を出すのだろうか。
続投させるのか、解任するのか、今度ははっきりと結論を出して欲しい。再び、次の試合を見てから判断するなど言った蛇の生殺しのような判断はしないで欲しい。
このフロントの「ぐつがきれん」先延ばしの態度は、一番大切な選手たちに決していい影響は与はしまい。

「もう資金もないし、こんなに負けが込んだチームを引き受けてくれる監督もない。こうなったら、今の監督で今の選手達で最後まで戦っていこう」とはっきり言ったらどうですか。
それとも、「シャムスカ監督では今後の展望がない。しかたないので、私が監督をします」と原強化部長さん、言ったらどうですか。
いずれにせよ、こんなに連敗が続くのは、一つには、フロントの後手後手にまわった対応と、煮え切らない態度に原因があるはずです。
さあ、現実から逃避せす、冷静に判断を下して下さい。

記録更新中(涙)。第16節、対千葉戦。

7月4日(土)、第16節、対千葉戦。1-2。これで何連敗か。いつまで記録を更新続けるのだろう。

DSC_2716-s.jpg

今日は、サッポロサンクスデー。今年も勝利の女神となって欲しい。

DSC_2695-s.jpg

みんなの願いを大分の選手達はしっかりと受け止めてくれているのであろうか。

DSC_2681-s.jpg
DSC_2689-s.jpg
DSC_2702-s.jpg
DSC_2704-s.jpg

前へ、前への千葉、後ろの方で横パスを続ける大分。
少ないチャンスを確実に決めた千葉、ここぞと言うときに決定力のない大分。
今日のような試合をしていたら、今後、どこのチームと対戦しても1勝もできないであろう。
もうこうなったら、どこまで負け続けるか見届けるのもトリサポのつとめかもしれない。ああ、こころが萎える。