FC2ブログ

深谷の一発! 第8節対横浜FM戦

4月26日(土)、第8節、対横浜FM戦。1?0で大分勝利。

空模様がよくない。開門時間には雨がぱらついたが、試合が近づくにつれ陽射しが強くなってきた。
今日は宿敵横浜FM戦である。GWが始まったせいもあるのか遠くから横浜FMサポがたくさんつめかけている。今年はあのトリコロールの傘踊り(ははは)を見たくないものだ。

DSC_0214-s.jpg

お、ニータンの他にセグウェイに乗ってリッジーも来ている。この悪役キャラ、癒しのニータンとコンビを組んだら意外にうけるかもしれない。

さて、試合。

DSC_0227-s.jpg

今日は、この我が深谷のインタービューの画像を載せるだけで十分であろう。
前半31分、センターサークル付近からドリブルで駆け上がる。金崎か松橋にパスを渡すかと思ったらいきなりシュートは放つ。
今期、我が深谷の初ゴール。みごとなミドルシュートであった。これで第6節対川崎戦での汚名返上である。
本人は「入るとは思わなかった」と非常に謙虚な発言をしていたが、この積極的なプレーが宿敵横浜FMから勝ち点3をもぎ取った。

・高松、ウェズレイの主力FWを欠いた中で、屈辱的な負けを続けてきた横浜FMに無失点で勝利した意義は大きい。
・今日の主審は試合の流れを止めることが少なかった。
・上本、森重のDF陣の身体をはった守りがいい。
・松橋、ゴールの臭いはするが。。。。残念。 時節に期待しよう。
・中澤選手、落ち着いている。ガサガサしたプレーがない。さすがである。
・4番栗原選手さま、うちのお宝である金崎を挑発しないで。お願い。

さあ、次も
「GOALだ!深谷友基」

 

本日はプー

本日21日月曜日、オッパーはプーである。

この3月末に38年間勤務した会社を退職した。
http://candora.blog81.fc2.com/blog-entry-270.html
家族が言うには、父上は4月から「うちのプーさん」だそうだ。ははは、このblogの名前も「うちのプーさん日記」に変えようか。
まあ週3日ほど会社に出るので、せめて「うちのハーフ・プーさん」くらいにしておいて。

ところで、昨日の対磐田戦。見応えある試合だったよだ。
いつものように実況中継をしてくれるサイトを見ていたが、磐田サポはゴールポストに助けられたと言っていた。鈴木の2本のFKのことだろう。また、金崎のプレーを絶賛してた。敵側のサポとはいえ、良いプレーはちゃんと認めているのがいい。
現地参戦していた娘1によると、上本の家族が来ていたようで、そのせいもあったのか、この日の彼の活躍が光ったそうだ。上本大好きな娘1は鼻高々であった。ホベルト調子がいいようだ。高松選手のケガはどうなんだろう。代表の練習を辞退したようだが、きちんと評価をしている人はいるはず。次もまた必ず声がかかるであろう。前回レッドで頭が真っ白になったという我が深谷の活躍がどうだったのだろう。

さて、ハーフ・プーのオッパーは、本日、天気がいいから、裏の畑の草刈りをすることにした。8時半からはじめてちょうど3時間、もうこれが限界である。以前は1時間半が限度だったのに進歩している。草刈り機のエンジンもほぼ一発で始動できるようにもなった。
3時間もはたらいたのに、約1/5ほどしか済んでいない。向こうの端まで刈り終わったら、前のところにまた草がしっかりと生えているのではなかろうか。
こんな畑があと数カ所ある。みな耕作放棄の畑だ。うちの近所は高齢化が進み、うちと同じように耕作放棄の畑がたくさんある。これ、夏場になると周囲の民家の方に迷惑になる。申しわけなく思っているが、なかなか手がまわらいのである。また、今時草を刈ってくれる人もいないのだ。昔1960年代だったか、日本の学生達が援農と称して、キューバにサトウキビ刈りに出かけていた。うーん、だれか援農に来てくれないものか。

さあ、午後からは会社の仕事の資料作りをしよう。

 

小林宏おめでとう。ナビスコ杯、対新潟戦

5月16日(水)、ナビスコ杯対新潟戦。1?1のドロー。

TV中継もなし。某実況サイトで情報収集をする。
新潟サポは今日の大分を2軍とか3軍と呼び、15-0で勝つなどと豪語している。まあ、新潟としては主力メンバーを欠いた大分に勝利して勢いをつけたいところであろう。でも今日のメンバーをなめたらいけんよ。。。。。

28分、西山がケガ(?)で上本と交代。もうこれ以上けが人が出ないで欲しい。ベテラン西山の交代で若い選手達が動揺せねばいいが。
お互いに点が入らない。新潟サポのいらついた書き込みが増えてくる。前半双方無得点で終了。

後半27分、アレッサンドロゴール。ゴール正面からのFKらしい。今期勝利のない新潟サポはこれで新潟のシーズンが始まったと喜んでいる。
でも、今年の大分のねばり強さを忘れてはいけない。
44分、大分が得点したらしいという新潟サポの書き込み。なかなか確認がとれない。
おおおお! 小林宏だ。どういう状況でゴールが生まれたかは全くわからないが、苦労してきた小林宏のゴールである。嬉しい。
これで1-1となり、試合終了。
新潟サポの悲痛な書き込みが始まる。中には監督解任の声も。。。

ドローで終わったが、大分の若い選手たちにはずいぶん自信のついた試合ではなかったかと思う。
現地参戦のサポータの方の詳しい観戦記録をお願いします。

ふかやー! 第6節、対川崎戦

4月12日(土) 第6節、対川崎戦。0-0で勝ち点1。

DSC_0185-s.jpg

暖かくなってきましたが、日が沈むとまだまだ肌寒く感じます。
今日は、2連勝のあと3連敗を続けている大分が勝ち点3を取りに川崎に挑戦します。

今日はBSでの中継があるからか、ピイチサイドに電光掲示板が置かれている。これ移動できるのですね。初めて知りました。田舎者のオッパーには目障りでしょうがなかったのですが、これが発する光はプレーのじゃまにはならないのでしょうか。

DSC_0178-s.jpg

さて、試合。
主審が扇谷さんときいて、不吉な予感がしたのはオッパーだけではなかったはず。偏見をもつのは悪いのだが。。。。

心配していた通りになった。我が深谷が14分、15分と立て続けにイエローをもらい退場となる。ゴール裏から見ていたのでよくわからなかったが、特に2枚目のものはそんなに危険なプレーだったのか。
今日は我が深谷にとってはJ1出場100回目の記念すべき試合だったのに。当然1枚目をもらった後は注意はしていたと思うが、ちょっとした判断ミスで本人にとっても、チームにとっても悔いが残ることになった。

思い出してみると、対川崎戦ではよく退場者がでる。
2006年7月、上本が退場、我が深谷が頭を切り、しテーピングをして走り回った。
昨年5月、川崎のジョニーニョが我が深谷の顔を肘でつき、2枚目のイエローで退場。そうそう、この試合は、大分が長いこと勝てなく川崎に2-0でようやく勝ち、試合後には我が深谷と福本が男泣きした試合であった。
どうも大分?川崎戦は退場者が出るのが当たり前になっているか。

1人少なくなった大分に対し、川崎の猛攻が始まる。我が深谷のところにはホベルトが、金崎も下がって対応をする。ずっと押されていたが、得点のチャンスもあった。特に後半ロスタイム、小林亮、松橋はおしかった。最後の最後で勝ったと思ったが。

今日は、西川や上本のプレーが光った。それに、1人少なくなったところを、選手全員がお互いにカバーし合い、集中力を最後まできらさなかったことは評価できる。引き上げていく選手の顔も明るかったので、次はいけるだろう。

・我が深谷の記念セレモニー、ゴール裏で幕の下にいたので見られなかった。残念。
・オッパーのシナリオでは、後半残り時間10分のところで、我が深谷が頭でコツンと会わせてゴール、選手、サポータが狂気乱舞するはずであったが。。。。
・扇谷さん、イエロー出し過ぎでは。両チームで合計8枚ですよ。あまり神経質にジャッジすると、プレーが止まってしまい面白くないのです。
・ウェズレイに対応していた井川、ちょっとプレーが。。。
・鄭の身体は大きい。しかも筋肉の塊のようだ。すごい。
・GKの川島(川崎の中ではオッパーが好きな選手)、大分の選手に気を遣ってくれてありがと。
・決定力のなかった川崎に感謝(川崎サポのみなさん、ゴメン!)。
・両チームに言えること、よく転ぶなあ。これでファールを取ろうとする戦術であるかもしれないが、何かすっきりしません。

最後に、我が深谷、不注意なプレーを非難されるかもしれないが、
   めげるな深谷友基!


新生活

長年にわたって勤務してきました会社を3月末に退職しました。今まで一緒に働いてきた仲間達や顧客の皆様方に感謝の気持ちで一杯です。

4月から新しい生活が始まりました。おかげさまで、関連会社で働けるようになりましたが、今までとは違い、少し時間に余裕ができそうです。

会社での片付けや、挨拶回りでばたばたとしておりBlogの更新やメールの返信が滞っています。