FC2ブログ

食育

昨日の夕方のローカルニュースからです。
食育の支援として、トリニータの福本が母校の小学校を訪問し、子供たちと一緒に給食を食べていました。前俊も同席していました。若い二人や子供たちの笑顔を見ていると、本当に癒されますね。
特に、前俊は広島から移籍してきた当初のつっぱった(そう思えた)姿は全くなく、すっかりトリニータにとけ込んでいる様子がうかがえました。

さて、最近よく耳にする「食育」です。なんとなく理解はできますが、気になって調べてみました。

「食育とは、国民一人一人が、生涯を通じた健全な食生活の実現、食文化の継承、健康の確保等が図れるよう、自らの食について考える習慣や食に関する様々な知識と食を選択する判断力を楽しく身に付けるための学習等の取組みを指します。」

そうか。
で、ここでオッパーはいらんことを考えるのです。わがトリニータの選手たちの食育は?

自ら健全な食生活を続けているのだろうか、あるいは周囲が配慮してあげているのだろうか。
健全な食生活が体力を作る。体力があってこそ、勝とうとする気力が生まれる。気力があってこそ、いいプレーができると思う。トリニータの選手たち、特に独り者の若い選手たちは、毎食きちんとした食事をしているのだろうか。朝飯抜いたり、昼も夜も外食で適当にすませるというような食生活を続けてはいないでしょうね。

セルジオ・越後の本「日本サッカーと世界標準」(祥伝社新書 2006)の中に、「チーム専属の栄養士が献立をしっかり考えているでしょうが、みんながみんなクラブハウスで同じ食事を摂っているのは考えものです。身体の具合は選手によって違うもの。となれば、メニューも変わって当然でしょ」
「ブラジルのクラブでは、食事でも、選手個々が身体とコンディションにあったメニューを摂っています。出るメニューと量は、選手によって違います。」とあります。一流のクラブチームはここまでするのです。

ずいぶん前ですが、トリニータの寮が紹介されました。ここでは専門の栄養士さん(かわいい女性でした)がきちんと栄養の管理をしているようでした。でも、寮を出てしまった選手、寮に入っていない選手の栄養管理はきちんとなされているのでしょうか。気になってしかたありません。

食育の支援のために、最近トリニータの選手がかり出されています。これを機会に、トリニータの選手に対する食育をFCとしても真剣に考えていく必要があるはずです。来期は優勝を目指すと、我が深谷はサポーターの前で宣言をしました。本気で優勝目指すなら、まず、選手一人ひとりの「健全な食生活の実現」からかもしれません。

第33節、対磐田戦。

11月24日(土)、第33節、対磐田戦。1-0で勝利。ホーム最終戦、自力でJ1残留決定!

IMG_1815-s.jpg前節、対名古屋戦とはうって変わって、透き通るような青空のもと九石ドームに向かう。今日は、ホーム最終戦。

今年は、長い間介護を続けてきた父親が6月に亡くなるなど、悲しいこともあった。父は、こうして家族が元気でトリニータの応援に出かける姿をどこか空の上の方から見ていて喜んでいてくれるだろう。

さあ、今日こそ自力で残留決めてくれ。

 

さて、試合。

広島・大宮のどちらかが負けてしまえば、大分の残留が決定するという状況である。前節対名古屋戦のような「ぬるい」試合になってしまうかと危惧していたが、今までホームで勝ったことのない磐田に対してDFを中心に選手達がよく守り、よく攻めて、運も味方し、何とか自力でJ1の残留を果たした。

IMG_1822-s.jpg前半戦、試合開始から大分ペース。でも一瞬の隙を突かれて、極めて危ないシーンがあった。今日は選手、サポーターの願いが通じたのか運がよかった。そのすぐ後である、15分鈴木がFKからのみごとなゴールを決める。鈴木が走りながら、トリニータのエンブレムは叩く姿が感動的だった。
その後、追加点が欲しかったが、なかなか決まらない。

後半戦。磐田の動きが急によくなる。早い時期から大分は防戦にまわったようだ。でも幸い、磐田に決定力がない。磐田のFW前田がいらついている。最後のほうは、磐田のCKばかりが続き、応援していて胸が痛くなった。ロスタイムの4分が長かった。
トリニータ、最後の最後まではらはらさせてくれる。これもファンサービスかよ(笑)
でもよかった。残留請負人として鈴木がきちんと仕事をした。今や、鈴木は大分にとってなくてはならない選手になった。どうか来期も大分にいて欲しい。

試合終了後。溝畑社長、三木選手からの挨拶。選手達がピッチを一周した。ゴール裏でがサポータに向かって、選手会長である我が深谷が「来期は優勝目指して。。。。」という挨拶が、高松選手からは「天皇杯で国立に行こう」と言う呼びかけもあった。

今期、家族からは「深谷はDFで」とからかわれながらも、「GOALだ! 深谷友基」というゲーフラあげて、ずっと声援を送ってきた。結果は我が深谷は3得点。本人は5得点が目標という。あと1試合、新潟戦を残すのみとなった。
さあ、深谷、しっかり守って2点取れ!

第32節、対名古屋戦

第32節、対名古屋戦。1-3で完敗。

約2ヶ月ぶりのホーム九石ドームである。
IMG_1805-s.jpg今日はマルハンデーということで、韓会長がゴール裏でたくさんのサポーターと握手をしていた。試合開始前の挨拶では、会長から「大分が日本一になるまで応援します」との力強い言葉も聞かれた。

本日、甲府対大宮は0-0、広島対神戸も1-1で分けている。
今日勝てば大分残留決定である。
メインスポンサー、2万7千人のサポータの前で堂々と勝利の雄叫びを上げよう。

 

ところが、ところが、ヨンセンに3点も献上してしまった。ヨンセンへのマークが甘すぎた。我が深谷どうした!
前半1点リードされたまま、後半11分に高松のゴールで1-1の同点になる。これで逆転勝利できると思ったが、この得点の後に続いて何回かのチャンスをものにすることができず、後は今期の初めの頃の大分を見せられてしまった。
あの対大宮戦の覇気はどこにいったのか。大分はどうも良いときと悪いときの差が激しい。いくらホームでは苦手の名古屋とは言え、そんなに上位のチームでもなく、また、残留がかかっているここ一番の試合なのに、選手の動きがうまくかみ合っていない。

さあ、残り2試合。
対磐田戦は大量得点で残留を決めてくれ!

 

焼き肉効果があった!

大分トリニータ、第31節、対大宮戦。2-1で大分勝利!!

このところ、大分トリニータの試合前日に我が家が焼き肉を食べると勝利しているのがわかった。

11日の大切な大切な対大宮戦、絶対に勝たねばならない。それならということで奥様とソウルに焼き肉を食べに行くことにした。うまいぐあいに大分空港から9日(金)にソウル便があった。

試合前日10日(土)夜、何度か行った明洞のお店(日本の人は見かけなく、日本語も通じない、地元の人には人気があるようだ)に向かったが、土曜のせいか、異常な混雑ぶりでお店に近づけない。しかたなく、ホテル(梨泰院)に帰って、近くのお店に寄ることにした。このお店、日本人の観光客に有名らしいが、お肉以外に出てくる皿数が少なく、日本よりも高い。地元の人が利用するお店ではもっとたくさんのお皿が並ぶはず。(写真はまだ肉が出てないときのもの)
でも、トリニータの勝利を願って、乾杯!

11日16:30大分空港着。我が深谷が同点ゴールとのメールが届く。おお、でも、同点ということは先に入れられていたのか。
自宅に向かって高速を走りながら、奥様が娘2と連絡を続けるが、追加点が入らない。現地で参戦している、妹夫婦と娘1に電話するが、連絡がとれない。おそらく必死で応援をしているのだろう。胸が締め付けられる。勝てよ、同点なんかで終わるなよ。
前俊がゴールとのメールが娘2から届く。よかった。うちの奥様は興奮してしまい、涙ぐむ。前俊は自分の息子だそうだ。
これで勝利。広島が今日負けているそうなので、前俊は2チームに貢献したことになる。よし。
やはり、我が家の焼き肉ジンクスは健在であった。わざわざソウルまで出かけたかいがあった。
我が深谷がこれで今期3点目。さあ、次の名古屋戦も、ホームで
「ゴールだ!深谷友基」

よーしっ、千葉に勝った!

11月4日、天皇杯、対千葉戦。3-1で大分勝利。

TV中継もなし、東京在住の娘1が現地にいっているが、応援で手一杯なのであろう、携帯からの連絡もない。
仕方がないので、J"sGoalと某掲示板の実況スレで情報収集をする。

 

前半開始3分に森重、11分に高松、40分に梅崎がGOAL。試合開始直後、終了直前に得点している。おお、トリニータのいつもの負けパターンと全く逆ではないか。

後半戦も無事終了。
これで千葉には初勝利。千葉のゴール裏は静まりかえったという。

さあ、この調子で、大宮にも大勝しておくれ。