FC2ブログ

第17節、対ガンバ大阪戦

9月29日、第17節、対ガンバ大阪戦。

悔しい、実に悔しい。現在第2位のガンバ大阪に堂々と戦い挑んだが、最後の最後ロスタイムにバレーにやられてしまった。


ガンバは浦和との関係で勝ち点3を逃すわけにはいかない。大分は降格がかかっている。ガチンコ勝負である。
前半、後半とも大分はよく戦った。ガンバの思いどおりにはなかなかさせなかったが、さすが現在第2位のチームの底力はすごい。特にバレーの迫力には驚かされる。今日はガンバに負けたというより、バレーに負けた感がする。
大分がぶざまな試合をしたわけではない。この試合を見て、負けはしたが、時節対浦和戦に期待がもてそうである。
さあ、駒場に行くぞ。深谷ゲーフラ揚げに行くぞ。絶対浦和に勝たせてやる!

第26節、対横浜FC戦

9月22日(土)、第26節、対横浜FC戦。2-0で大分勝利。これでホーム試合は3連勝!

9月も下旬と言うのに、残暑が厳しい。朝から日差しが強い。こんな日に13:00キックオフとは。。。。。
試合前、幼稚園生によるマスゲームがあった。子供たちが熱射病で倒れるのではないかと、そればかりが気になった。

IMG_1499-s.jpgさあ、こんな状況では今日は体力の消耗戦になる。そうなると、若手の多い大分の方が若干有利かも。おそらく前半20分以内におおよその決着がつくだろう。

前半戦、試合開始直後から大分の攻撃が続く。でも、どうしてもゴールできない。見ているほうもイライラしてくる。
以前、シャムスカ監督は言った。「こんな日は1日試合を続けても得点できないものです」
今日は「そんな日」なのか。どうも憑きに見放されている気がする。20分過ぎても得点できない

やっと31分、鈴木からのこぼれ球を高松がポコンとゴール。さすが高松である。いいポジションにいるし、落ち着いている。
42分、山崎が走りあがって会心のキックで2点目。山崎選手、2年ぶりのゴールと聞いた。いつもひたむきにプレーしている山崎である。このゴールは実に嬉しい。

後半戦、横浜FCがボールを支配している時間が多くなり、また両チームの動きも悪くなってくる。でも大分は少ないチャンスによくシュートをする。だが、ことごとく外してしまう。おそらく横浜FCのシュート数の倍以上はあっただろう。
きちんと決めて、5-0とか6-0にして欲しかった。

おっと、この暑い中、あの三浦知は90分戦った。体力もすごいし、プレーもやはりうまい。試合後も大分の選手達一人ひとりに丁寧に挨拶をしていた。やはり三浦知は何か違う。大分の選手も見習うべき。

さあ、これで取るべきところから3点を取った。次から対ガンバ、対浦和と強敵との戦いが続く。強敵を相手にすると、いい試合ができる大分である。上位2チームを食ってやろう。

 

 

第25節、対川崎戦

8月15日、対川崎戦。

TVから応援であった。いくら田舎に住んでいるとは言え、家族であのように大声を出しては近所迷惑であろう。スミマセン。

強敵川崎を相手にみごとな戦いを見せてくれた。トリニータは強敵を相手にすると、いい試合をすることが多い。
試合終了間際、西山のゴールで2-1となったときは勝利を確信したが、最後の最後で同点となり、勝ち点3が手元からするっと逃げていってしまった。サッカーは実に恐ろしいゲームである。

対川崎戦の教訓
(1)リードした得点を守りきろうなどと言った消極的な戦法はダメ。1点取ったらまた1点。2点取ったら3点目と積極的に攻めていくこと。

(2)試合終了の笛が鳴っても、まだ攻め込んでいくような姿勢が大切。何が起こるかわからない。

(3)今日起こったような結果が、今度は逆にトリニータに起こるかもしれない。前向きに考えよう。

残念であったこと。
今日、西山が300試合目の記念日だっという。この記念日にすばらしいゴールを決めたのに。。。。

 

カボスの収穫

この土日はトリニータの試合はお休み。おかげで心穏やか?に過ごせます。(ははは)
今朝はちょと早めに起床して、今年3度目のカボスの収穫です。

IMG_1451-s.jpgこのカボス、父親が植え、大切に育ててきたものです。ところが父の具合が悪くなってから、剪定や摘果もしなくなり、肥料も十分与えておりません。ましてや、病害虫予防の農薬などここ十数年使っていません。まったくの「自由放任栽培」です。でも、生き物は不思議なものです。季節になると、ちゃんと実をつけます。今年もたくさんできました。見てくれはちょっと悪いのですが、果汁も多く、香りもいいのです。それ以上に、極めて安全なカボスです。

作業時間は1時間ちょっと。これ以上の労働は無理です。はい、私め軟弱者なのです。でも、コンテナ3箱ほどは取りました。まだまだたくさんなってますので、あとは来週にわまします。収穫したカボスは友人、知人に配ってます。今日は東京の友人に送りましたが、カボスの使い方、知っているかなあ。

 

 

第24節、対甲府戦

9月2日、第24節、対甲府戦。

実質的な夏休み最終日。今日はパークプレイスでユニ姿をあまり見かけない。宿題の仕上げでちびっ子達やその親たちははサッカーどころではないのか。

IMG_1431-s.jpgさて、試合。
またまた試合開始後9分で失点。ああいつもの負けパターンかとがっくりくる。大分の選手達の動きが悪い。正直、大分の選手たちはいつこんなに下手になったのかと思った。

ところが、前半23分に高橋がゴールで同点に追いつく。とたんに大分の動きがよくなってくる。さらに、27分に難しい角度から梅崎が決め、逆転。
これから何とか大分のペースに持ち込み、高松が後半28分に、鈴木が41分PKで決めて、結局4-1での勝利。まだまだ不安が大きい試合展開であったが、逆転し、追加点も入れたことが大分にとっては大きな収穫である。

今日はブラジルデーであった。思い出したことがある。
昨年のブラジルデーは7月23日で対新潟戦。4-0で大分が勝利している。サンバのリズムを聴くと大分の選手達は奮起するのであろうか。(ふふふ)

IMG_1437-s.jpgところで我が深谷。
今日はバレーの後釜という甲府のラドンチッチ相手に苦戦していた。ラドンチッチはでかい。


ドームに深谷選手の貯金箱を展示してあった。傑作である。このところ、どうも本来の調子が出てないように見受けられる我が深谷を愛するものは多い。頑張れ!