FC2ブログ

前俊と監督

前俊移籍に対して、我が敬愛する熱烈サンフサポKa氏から再度メールが届いた。

-----------------------------------
本日、練習場にお別れの挨拶をしに現れた俊介に、ペトロヴィッチ監督が贈った言葉です。

「シュン、大分でいいプレーを見せて、それをぜひ私に見せ付けてほしい、そして、君を《期限つき》とはいえ大分に移籍させたことが《ミスだった》と、私に思わせてほしい。私も人間だ。当然、ミスもある。今、このタイミングで君をレンタルさせたことが、私の判断の間違いだった、と思わせるくらいの活躍を、大分で見せてほしい。そういう日が来ることを、私は心から望んでいる」

私らサポもみんなそう思ってます。
ますます大分を応援したくなりました。
---------------------------------

監督とうまくいってなく、ほされていたとも言われる前俊に対するする監督からのはなむけの言葉である。
泣かせます。

また、別のサンフサポは言う。
『前田俊介という天成の才能をもった選手を育てあげるということは、日本サッカー界に課された使命である。』(富樫洋一氏の言葉)

さあ、大分FCが、シャムスカ監督が、トリサポがこの選手をどう育てていくか。

前俊よ。8月18日の対広島戦では、絶対にGOALしよう。それが、ペトロヴィッチ監督やサンフサポに対するお礼でもあろう。
敬愛するKa氏よ、申し訳ないが、今年もアウェイ広島戦では勝たせてもらいます。

 



ようこそ前俊、お帰り梅崎

正式発表がまだなのに、ちょと気が早い気もしますが。。。。

広島から若手有望株のFW前俊(前田俊介)20才がレンタル移籍で大分に来るという。先ほど、熱烈サンフサポのKa氏からメールが届いた。「技術はあるのに、くすぶり続けていた選手です。ふてぶてしさが逆にみんなに愛されています。ドリブラー系です。起用法によっては大化けする可能性が大です。」との趣旨。

そうか、広島には佐藤寿人、ウエズレイがいる。それでなかなか出場の機会に恵まれず、もんもんとしていた訳だ。
さあ、前俊。大分はいいよ。すぐにスタメンになれるから。今まで鬱積していたものを、大分のためにはき出してくれ。大分で注目されれば、日本代表に選ばれる可能性も大きい。いくら力があっても、試合に出て、自分の能力を周囲にアピールしないと注目をあびないから。前俊に取っても、この移籍はいいチャンスであるし、大分に取ってはカンフル剤になるであろう。
「ふてぶてしさ」もあると言うから、良いばっかし(表現がまずいか!)の若手選手にはいい刺激になろう。

さて、梅崎も大分に帰って来るようだ。フランスに行くとき、帰るとき、いろいろあったようだが、梅崎の復帰はやはり嬉しい。「かわいい子には旅をさせろ」と言う。あまり長旅ではなかったが、学ぶところはたくさんあったはず。みんなで、暖かく迎えてあげたいのものだ。

さあ、次回のホームは対鹿島戦。2人の選手の出場は間に合わないかもしれないが、断幕張って、ゲーフラ掲げて、大声上げて、「ようこそ前俊、お帰り司」コールもしたところである。

第13節対横浜FC戦

5月26日、大分ロリニータ、第13節対横浜FC戦

恐れていたことが現実になった。J1最下位の横浜FCに1-2で負けてしまった。
先取点を取られると、どうしても逆転勝利は難しいようだ。松橋章がGOALした時は負けないと聞いてたから、残り約10分でどうにかなりはしまいかと期待したが無理だった。

現地にも行けず、TV観戦もできなかったため、詳しい試合内容はわからないが、ただ、先発メンバーを見ると、シャムスカ監督の苦悩をうかがうことができる.。あまりにも、故障者が多すぎる。調子づいてきたアウグスト、横浜FCサポに元気な姿を見せてやりかったかろうに。期待の金崎も残留とは。。。

大分の選手にどうしてこんなにケガが多いのだろうか。こうなってくると、原因は個人だけの問題だろうか。チーム、組織として、どこか深いところに原因がありそうに思えてならない。

このままでは、いくら有力な選手の補強ができたとしても、チームに慣れるまでに、ケガしてしまいそう。
考えたくもないが、このままでは、降格もありうる。苦労して、苦労してJ1に昇格し、やっとここまできたのに。降格でもすれば、スポンサーは離れていこうし、観客数も大幅に減少するのは間違いない。下手をすると、チームの存続も難しくなるかもしれない。大分は若い選手をたくさん抱えている。彼ら達の将来はどうなるのだろう。
組織として、ケガ人続出の原因を追求しない限り、大分の未来はないかもしれない。

 

 

ナビスコ杯、対ジュビロ磐田戦

5月23日、ナビスコ杯、対ジュビロ磐田戦

IMG_1169-s.jpg今日は19:00のキックオフ。会社の終業時間と同時に、若い顧客さん2人を車に乗せて九石ドームに向かう。


今日の試合、ジュビロにとっては、完全な消化試合。選手、スタッフは慰安旅行気分で来ているだろう。軽くひと汗かいて、後は温泉と思っているに違いない。


一方、大分は今日の試合に勝てば初の決勝リーグへの出場が決まる。大量得点で決勝リーグに進ませてもらいましょう。
その上、今日は我が深谷に男の子が生まれたという。おめでとう。きっと、深谷自らがGOALを決め、ユリカゴダンスを見せてくれるだろう。
今日はいただきの試合。ゲームボーイと一緒に踊っている正体不明な人物の掲げる「勝つぞ!」のメッセージが、現実味を帯びている。さあ、今日は二重のお祝いだ!

ところが。。。

>>続きを読む

トリニータ、第12節対川崎戦

5月19日、対川崎フロンターレ戦

今朝、玄関から2羽のツバメが飛び込んでくる。吹き抜けを飛び回るだけで、外に出ることができない。大人3人がかりで、何とか2階の部屋に追い込み、ここから外に出した。おかげで、家を出るのが遅れたが、何かいいことが有りそうな気がした。

IMG_1153-s.jpgいつものように開門と同時に入場するが、何か雰囲気が違う。周囲を見渡すと、段幕が少ない。ゴール裏にいたっては1枚の段幕もない。いつもは、おおきなフラッグを揚げる準備がはじまるのに、今日はそれもない。ただ、ゴール裏には1枚の垂れ幕が下がっているようだ。が、何か確認できない。

ピッチ練習に選手が出てきても、コアのサポータは座ったまま、拍手もない。選手が入場してきても、いつもの選手コールもない。サポーターはゲーフラもあげない。用意してきた我が深谷ゲーフラも、揚げられるような雰囲気ではない。
川崎はこれみよがしな応援をしている。我那覇がいる、中村憲剛がいる!

このまま、なんの声援もせずに、試合を見ることになるのかと不安でならない。サポータの声が拍手が選手を奮い立たせるのではなかったのか。

ところが。。。。

>>続きを読む

遅すぎた

今日のおやつに柏餅を食べた。しまった。遅すぎた。昨日食っておくべきだった。

IMG_1140-s.jpg5月12日、トリニータ、第11節対柏レイソル戦。
現地に行ってないので、写真がない。さっき食べた柏餅の写真でも記念に載せておこう。
第11節も残念ながら負け試合のパターンである。立ち上がりすぐに2点も入れられて、後は気持ちの問題か、1点も取り返すこともできず、0-2で終了となる。
激しい応援をすることで有名な柏サポの前で、選手達、現地で応援をしたトリサポの人たちは、さぞかし屈辱的な思いをしただろう。

こう負けがこんでくると、FWに決定力がない、DFが甘い、ボランチが機能してないなどと、悲観的な議論が出てくる。
でも、人生と同じ。調子がいい時には、何をやってもうまくいく。逆に、調子が狂い出すと、やることなす事、全てが裏目に出てしまう。今のトリニータの状態である。
昨日の試合、イエロー4枚、レッド2枚を貰っている。積極的に攻めた証拠と前向きに考えよう。こういう時は、いろいろ考えずに、時の流れに身をまかせよう。1日位練習も休んでボーっとして過ごしたらどうだろう。まだ残り2/3もある。これからである。
ところで、昨日の試合でGK下川は通算150試合出場になったという。お祝いはしてあげたのであろうか。

さあ、次は対川崎戦。ニンニクパワーに負けずに、選手もサポもみんなで頑張ろう!

アナグマか?

昨日の対ジュビロ戦、0-1でまた負けてしまいました。悔しいので、今日はサッカーの話題はなしにしよう。

うちの近所にアナグマがいるようです。先日、後ろ姿を車の中から見たのです。
今朝、I農園(どっちの料理ショーで紹介されました)のご主人さんに、「Iさんところの小屋の横で、タヌキを見たで。でも、ちょっとタヌキとは違うような気もするんです」と話したところ、「え、あんたも見たな、あれ、アナグマで。わしもこのあいだ見た。タヌキと歩き方も違う」と言います。よく観察しています。

私が見た物は、イタチよりも大きく、タヌキのようにはずんぐりしてませんでした。アナグマ(正しくはニホンアナグマ)は、我が県では絶滅危惧種に指定されています。何とかして確認したいと思うのですが。。。。
ネットで「アライグマ・タヌキ・アナグマの見分け方」というのがありました。足跡でも確認できます。

うちの近所はここ最近、キジやウリボウ(イノシシノの子供)、ニホンザルが道路を散歩しています。我が家の庭ではイタチの親子が遊んでいます。

野生動物観察の好きなかたは、どうぞ。

トリニータ、第10節対サンフレッチェ広島戦

5月6日(日)、あいにくの空模様である。九石ドームの座席が雨でびっしょり濡れている。
先日の名古屋戦勝利に続いて、今日も広島に快勝し、天気も気分もスカッとしよう。

IMG_1106-s.jpg今日は、以前から親しくしている広島サポのKaさんが初めて九石ドームに来るという。ドーム入り口で、昨年夏以来の再会である。


Kaさんは、パティシエである。今年も、手作りのシールを貼ったケーキをたくさんいただいた。嬉しい。近所いたトリサポの人や、知り合いにも配ってあげた。
こういうサポータのいるサンフレッチェ広島も好きだ。昨年広島に行った時、親切な広島サポにたくさん出会えて感激したことを思い出した。

試合後は、うちの家族と一緒に一杯飲んで、うちに泊まってもらうことにしている。

「お互い、いい試合ができるように」と言って別れたが。。。。。

>>続きを読む

そば街道

空模様がよくなかったが、熊本南小国町のそば街道に行ってきた。
IMG_1092-s.jpg目指すは、そば街道の一番奥にある「戸無のそば屋」。
ここのそば、値段もいいが、確かに美味い。今日は十割そばも食べた。

前回いった時は、2時間待ってやっとお店に入れたが、今日は待たずにOK。よかった。落ち着いたいい雰囲気の中で、ゆっくり、そばを堪能できた。そば湯も美味かった。

お店を出たところ、外はお客さんで一杯であった。おそらく2時間ほど待たないとだめだろう。私たちはお昼前11:30ころ着いたため、待たずに入れた。

帰りは、林檎の樹にも寄ってみた。

さあ、明日は対広島戦。大好物のそばを食べたから、元気いっぱい応援できる。明日も勝つぞ。(ん?、そばとトリニータ、何の関係もないか!)

 

勝利を目指して、バーベキュー

本日3日、トリニータ、第9節対名古屋戦。

2?1での勝利。この勝利、名古屋まで出向いたトリサポのみなさんの力です。ご苦労さまでした。みんなで涙したことでしょう、選手たちも、この勝利で、自信を取り戻したと思います。

IMG_1087-s.jpg我が家は、対名古屋戦の勝利を目指して、16:00、試合開始と同時に家族でバーべキューです。

「さあ、行くぞー」でカンパーイ。
「アウグスストが入れた!」でパンパーイ。
1点返された、「さあ、取り戻せ」でカンパーイ。
「マッサルが入れた」でカンパーイ。
嬉しい。本当に嬉しい。酔いも相当にまわって、気分は最高。


娘1のおっと様は、広島カープファンでもある。カープ勝利でカンパーイ。
今日はいい日だねえ。

さあ、この調子で6日の対広島戦は大量得点で大勝利をしよう。(サンフサポのKさん、ごめんね。うちでの宿泊、OKです。でも、勝ち点3のお土産はないよ!)


ところで、我が深谷、地元での活躍はどうだたのであろうか。