FC2ブログ

[旅行]台北市に行ってきました。(番外編)

台北市観光の番外編です。
今回は忘れ物はありません。

台北市を中心とした地域でのナンバープレート番号の規則性がわかりません。

アルファベットが先にくるもの。


20181214-160015-0_ss.jpg 20181214-160031-0_ss.jpg


20181214-163439-0_ss.jpg 20181215-081439-0_ss.jpg



数字が先にくるもの。


20181214-160004-0_ss.jpg 20181215-103344-0_ss.jpg


20181215-103403-0_ss.jpg 20181215-161426-0_ss.jpg


その他。
この2枚は台灣省となっています。
関係当局は台湾を中国の省の一つと認めているのでしょうか。


20181215-161419-0_ss.jpg 20181215-211627-0_ss.jpg


次は私と無線仲間のOtさん、Taさんに。
でも、惜しい!
1文字だけ違うのですが、私の努力(けっこう探したのです)を認めて下さい。(笑)


20181216-165755-0_ss.jpg 20181216-165835-0_ss.jpg


20181216-165847-0_ss.jpg

[旅行]台北市へ行ってきました。(7)

12月17日(木) 台北観光 第4日目。

今日は日本(福岡)に帰るだけ。

07:00 台北桃園空港着。
08:10発の便で帰ります。

20181217-072635-0_ss.jpg 20181217-074148-0_ss.jpg


飛行機と車内食事。


20181217-074221-0_ss.jpg 20181217-092619-0_ss.jpg


10:00 鹿児島薩摩半島の東側から福岡空港に向かうようです。
10:40 福岡空港着。


20181217-101033-0_ss.jpg 20181217-105153-0_ss.jpg


これで私たち夫婦の2度目の台湾旅行が無事終わりました。
義弟のおかげで楽しい旅行ができました。ありがとう。

機会を見つけてまた台湾に行きたいですね。
前回はバスで台湾一周をしたので、次回は義妹夫婦と列車で台湾一周ができないでしょうか。

[旅行]台北市に行ってきました。(6)

12月16日(水) 台北観光3日目(その2)

民族村から一旦ホテルにもどり、士林市場に向かいます。
タクシーを拾って「シリンマーケットに行ってください」と言うと、「シリン」が通じません。
義妹がスマホの通訳アプリで示すと、運転手さんは笑いながら「シリン」の正しい発音を教えてくれました。
中国語の発音は難しいです。(笑)

14:30 士林市場着。
夜市までには相当時間があるので、人通りは少ないです。
士林慈誠宮にお参りしました。ここは道教のお寺さんのようです。
天上聖母像のやさしいお顔がいいです。


20181216-143951-0_ss.jpg 20181216-144003-0_ss.jpg


時間をつぶすためにコーヒーショップに寄りました。
若い店員さんに「台湾のお土産が欲しいのですが、いいお店はありませんか」と聞くと(日本語で)、ご主人さんらしい方がそれを聞きつけたのでしょう。
「いいお店に連れていってあげる」と言うのです。日本が上手です。
しばらくすると「さあ、行きましょう」と本当に連れて行ってくれるのです。。
(しまった。このお店の写真を撮らなかった)


20181216-142700-0_ss.jpg 20181216-150244-0_ss.jpg


どんなお店かと期待して付いて行ったお店は、、、。
日本の100円ショップのような所でした。(笑)
ここでUSBケーブルやSDカードをお土産に買って帰るつもりはありません。
でも、親切なご主人さんでしたね。
この100円ショップもどきの道向こうに雰囲気のある建物が。
2階が映画館になっているのでしょうか。


20181216-154010-0_ss.jpg 20181216-155015-0_ss.jpg


16:00 ぼつぼつ夜市の準備がはじまったようです。
サトウキビのジュースを売るお店、秋葉原のパーツ屋さんの思わせるお店、、、。


20181216-160454-0_ss.jpg 20181216-160845-0_ss.jpg


エリンギを焼くお店が大繁盛しています。アワビようなの食感が楽しめるそうです。
人気店は長い行列ができていたので、お客さんのいない反対側のお店で買ってみました。
人気店は有機栽培したエリンギが売り物になっています。


20181216-161350-0_ss.jpg 20181216-172304-0_ss.jpg


だんだん夜市らしくなってきました。
豚の丸焼きはわかりますが、青蛙下蛋とは何でしょう。

しかし、何か変です。以前来た夜市と何か違うのです。
2013年3月にうちの奥様と台湾一周ツアーに来ています。
その時、道路の両側に珍しい食材(カエルなど)を実に綺麗に並べたお店が並んでいたのに。
今回そういう光景をいくら探しても見つからないのです。
うちの奥様は、「前のツアーでは、高雄、花蓮の夜市に行って、ここ士林夜市にも来ている」と言います。
うーん。


20181216-161656-0_ss.jpg 20181216-173057-0_ss.jpg


おお、わかりましたよ。この看板とアーケードのような通り(食堂街?)に入って。
ここは確かに確かに台北の士林夜市です。ここは記憶にあります。
そうか、皮をはがされたカエルが並んでいたのは高雄の夜市だったのか。
「胡椒餅」が買えなかったのも高雄夜市だったのか。


20181216-162459-0_ss.jpg 20181216-174746-0_ss.jpg


20181216-170908-0_ss.jpg 20181216-184807-0_ss.jpg


20181216-163050-0_ss.jpg 20181216-163900-0_ss.jpg


夜市の果物屋さん。
お願いしたら、カットしてくれました。
釈迦頭(バンレイシ)というのですね。本当にお釈迦様の頭に似ています。
これ、野柳地質公園でも食べましたが、美味しいです。日本でも売っているのでしょうか。


20181216-164457-0_ss.jpg 20181216-164345-0_ss.jpg


台湾の夜市ではたくさんのB級グルメが楽しめます。
士林夜市で大人気というフライドチキンのお店に。行列です。
大きいですねえ。
これに加えて缶ビールもいただいたところ、脂っこいものに弱い私は後でトイレのお世話になってしまいました。(涙)


20181216-164600-0_ss.jpg 20181216-164701-0_ss.jpg


20181216-164720-0_ss.jpg 20181216-164751-0_ss.jpg


カステラのようなもの。
うちの奥様念願の胡椒餅もいただきました。


20181216-170734-0_ss.jpg 20181216-173438-0_ss.jpg


台湾の夜市は実に面白いですね。飽きません。
こんな仕掛けも。


20181216-175427-0_ss.jpg 20181216-175453-0_ss.jpg


日本風のラーメン屋さん。なぜ山形なのでしょう。
タツーのお店も。


20181216-181124-0_ss.jpg 20181216-182319-0_ss.jpg


最後に、何かちょっとわからない看板を。
1枚目のは何となくわかります。
が、次の「爆乳起司」とは何でしょう。Cheeseと書いてありますが、図はエビ(ザリガニ?)ですよ。
わかりませんねえ。


20181216-183250-0_ss_20190903104426420.jpg 20181216-173417-0_ss_20190903104427ec6.jpg


まあ、台湾の夜市は面白い。実に面白いのです。
しかも、街によって随分様子が違うようです。
台湾各地の夜市だけを巡るツアーの企画はありませんか。(笑)

明日は朝早く日本に帰ります。

[旅行]台北市に行ってきました。(5)

12月16日(水) 台北観光 第3日目(その1)

今日の予定:ツアーの予定なし。一日自由行動です。

私たちはオプションとして民族村ツアーを申し込んでおきました。夕方からは士林夜市を楽しむすもりです。
朝食のお粥が美味しかったです。

09:00 ホテル出発。
なんとオプションのツアーのガイドさんも今回の台北ツアーの現地ガイドさんと同じ方でした。
私達以外に民族村に行く人はいません。
少人数(4人+ガイドさん+運転手さん)のこともあってか、ガイドさんが自分のことをいろいろと話してくれました。
自分の出自は客家で、そのことを誇りにしているようです。客家語、台湾語、中国語(北京語)、日本語ができるそうです。
子供は男2人で一人は東京で働いているそうです。そこの場所とお店の名前まで教えてくれました。


20181216-070901-0_ss.jpg 20181216-091307-0_ss.jpg


10:00 酋長文化村着。タイヤル族の村だそうです。
おいおい、タイヤル族といえば台湾にいる16の原住民の中でもかなり大きな部族で、なんとか霧事件(ネットで調べたら、「霧社事件」といいます)の中心部族ではないですか。
ずいぶん前に本で読んだのですが、この事件の概要は覚えています。日本統治時代の出来事です。
もうここにいるタイヤル族の若い方は知らないでしょうね。
おっと、「原住民」という呼び方は台湾では差別的な用語ではありません。


20181216-123411-0_ss.jpg 20181216-123604-0_ss.jpg


大きな滝をバックに記念写真を。
すると、タイヤル族の方が出迎えてくれました。
このお店で民族ショーを見て、昼食をいただきます。


20181216-095920-0_ss.jpg 20181216-100312-0_ss.jpg


お店の向かい側にあるホテル(?)の彫刻が見事です。


20181216-100031-0_ss.jpg 20181216-100133-0_ss.jpg


10:30 民族ショーの開始です。
修学旅行で来たという日本の高校生と一緒になりました。
次々と美女が登場してきます。
日本人によく似ているようでもあり、西洋人かと思うような女性もいます。
いったいこの部族のルーツはどこなのでしょう。


20181216-103616-0_ss.jpg 20181216-103638-0_ss.jpg


20181216-103649-0_ss.jpg 20181216-103945-0_ss.jpg


20181216-104745-0_ss.jpg 20181216-105750-0_ss.jpg


20181216-110206-0_ss.jpg 20181216-110651-0_ss.jpg


部族の若い男子は気に入った子がいると、背負子に乗せてかっさらって来るそうです。
修学旅行に来ていた女子生徒がさらわれて、結婚させられてしまいました。(笑)


20181216-111249-0_ss.jpg 20181216-111206-0_ss.jpg


民族ショーの最後はお決まりの観客参加のダンスです。高校生も参加です。
ショーが終わると昼食までショッピングができます。
民族ショーを見せてくれた人たちは家族のようです。
お店の責任者と思われるおばあちゃんは日本語ができます。日本統治時代のなごりでしょう。
うちの奥様たちは手織りの布をあれこれ選んで買い込んでいました。


20181216-111532-0_ss.jpg 20181216-114334-0_ss.jpg


昼食です。
川エビが美味しかったです。


20181216_Hi01_ss.jpg 20181216_hi02_ss.jpg


さあ、台北市内に戻ってから夜市(ちょっと時間が早いかな)に出かけます。

おっと、帰る途中、バスの中からAMBEサバーとPeanutを使い、JH6*HQさんとコンタクトできました。
理屈上、ネットにつながっていれば、世界中どこからでも、知り合いとQSO(お話し)ができると分かってはいるのですが、実際にやってみないとね。
ネット接続に使った台湾用のSIMは前もって日本で買って、台湾に向かう飛行機の中でSIMを入れ替えました。同行の家族もテザリングで使えるように設定しています。

[旅行]台北市に行ってきました。(4)

12月15日(火) 台北観光 第2日目(その2)

午後の観光は故宮博物院から。
有名な「翠玉白菜」は貸し出し中で写真だけの展示でしたが、「肉玉石」はありました。
故宮博物院は2回目ですが、初めて見る展示物もたくさんありました。
いったいどれほどの文物を大陸から持ってきたのでしょう。


20181215-134422-0_ss.jpg 20181215-134608-0_ss.jpg


20181215_Ko01_ss.jpg 20181215_Ko02_ss.jpg


今回の台湾もツアーですので、時間をかけてけの見学はできません。現地ガイドさんの案内で駆け足で巡ってきました。


20181215-143859-0_ss.jpg 20181215-144051-0_ss.jpg


15:00 中正紀念堂に向かいます。
途中でみたこの公園は、蒋介石と宋美齢さんが暮らしていたという士林官邸公園かな。
バスの中から見ただけですので確認できません。

続いて、中華民国総統府の前を通過。
ここはかって日本が台湾を統治するために設置した官庁ですが、現在も使用されています。
韓国ソウルにも同じ目的で朝鮮総統府があったのですが、1995年に解体されています。


20181215-150304-0_ss.jpg 20181215-152404-0_ss.jpg


15:30 中正紀念堂着。
蒋介石の功績をたたえる記念館です。「中正」とは蒋介石の名前だそうです。


20181215-152828-0_ss.jpg 20181215-152805-0_ss.jpg


蒋介石の巨大な像。
ここにも凛々しい衛兵が警備をしています。ピリッとも動きません。
時々、係の方が服装のチェックにきているようです。


20181215-153717-0_ss.jpg 20181215-153843-0_ss.jpg


ツアーの予定に入っていなかった衛兵の交代を見ることもできました。
ちなみに台湾の徴兵制について現地のガイドさんに聞いてみると、来年(2019年)から徴兵制から志願制へ完全移行するそうです。後で調べてみたら、どうも4ヶ月の兵役義務はあるとのこと。


20181215-155509-0_ss.jpg 20181215-155623-0_ss.jpg


途中17:30 点心の専門店で夕食。その後、十份に向かいます。
前回の台湾もそうでしたが、まあたくさんの料理がでてきますね。


20181215_yo01_ss.jpg 20181215_yo02_ss.jpg


19:30 十份着。人が多いです。みなさん、らんたんを飛ばすだけのために来ているのです。
今回のツアーでは、1家族にランタン1個をあげます。
ランタンを飛ばせるお店がたくさんあります。
ランタンは竹でつくった輪にビニール(?)製の袋をかぶせて作るようでう。
そのうすいビニール製の袋に、スミでお願い事を書きます。


20181215-192056-0_ss.jpg 20181215-193400-0_ss.jpg


私も下手な字で「家族の健康」を願って孫2人の名前も書いておきました。
袋の下で火をつけて飛ばすのですが、アルコールか灯油か確認しないままでした。


20181215-192858-0_ss.jpg 20181215-192907-0_ss.jpg


見事に上がっていきました。
ツアー同行者のランタンも。みなさんの思いがかなうように高く。


20181215-193133-0_ss.jpg 20181215-192940-0_ss.jpg


ここで、ちょっと疑問が。
このランタン、後はどうなるのでしょうか。火は直ぐに消えてしまうので、山林火災はそう起こるはずはないと思いますが、ビニールや竹、針金は残ってしまうはずです。
そのまま放っておくのか、それとも回収するのでしょうか。相当な数になるはずですが。

そんなことを真剣考えながら、今夜のホテルに向かいました。

[旅行]台北市に行ってきました。(3)

12月15日(火)台北観光 第2日目(その1)

本日の予定:野柳国家地質公園→忠烈祠→故宮博物院→十份。
盛りだくさんです。

昨日は夜遅くに翡翠湾にあるホテルに着きました。
周囲の様子はよくわからなかったのですが、何か潮の匂いが感じられました。
朝ホテルから見るとと、やはり海の近くです。


20181215-071909-0_ss.jpg 20181215-071919-0_ss.jpg


朝食はいつものように美味しくいただきました。
08:15 ホテルからすぐ近くの、野柳国家地質公園着。
台湾きってのジオパークと言われています。
が、私が予想していたジオパークとはちょっと違う気がしてなりません。
青森県の下北ジオパークとつい比較してみたくなります。
でも、観光客が多いです。
ジオパークでこれだけの人を集めているのは驚きました。


20181215_A01_ss.jpg 20181215-081622-0_ss.jpg


人気の「きのこ岩」と「クイーンズヘッド」は見てきました。
公園は綺麗です。係の人が公園内の掃除をしていました。ゴミなど全く落ちていません。


20181215-082646-0_ss.jpg 20181215-083346-0_ss.jpg


20181215-084212-0_ss.jpg 20181215-084334-0_ss.jpg


他の人があまり気がついていないものも写真に撮ってきました。
ウニの仲間の化石とレーダー。関連性は全くありません。(笑)
レーダーはここが台北の北にあるので、台湾海峡をは挟んだ「向こう側」の情報を集めているのでしょうね。


20181215-082901-0_ss.jpg 20181215-083006-0_ss.jpg


お土産屋さんに台湾の果物(カットされたものもありました)ので早速買ってもらいました。こういうものは見逃してはいけません。
前回の台湾旅行でも台湾の果物を美味しくいただきました。


20181215-085946-0_ss.jpg 20181215-085925-0_ss.jpg


20181215-090548-0_ss.jpg 20181215-090618-0_ss.jpg


10:00 予定通り、忠烈祠の衛兵交代式に間に合いました。
ここの衛兵さんたちは選ばれた兵士だそうです。特にスタイルと容姿が問題とか。
観光客のみなさん、遠慮なく写真を撮ってます。中には衛兵のすぐ前に立ってツーショットを狙う人も。
衛兵さんは全く動じませんが、観光客を整理する(?)担当の方は大変です。
ここはかって日本の護国神社があったところで、今は忠烈祠という名を変えています。
台湾の33万人の英霊が祀られているそうです。
でも、雰囲気はイケメンの兵士を見に来るのが目的のようです。

私、ちゃんと壁画も見てきましたよ。


20181215-100339-0_ss.jpg 20181215-100610-0_ss.jpg


20181215-101235-0_ss.jpg 20181215-101445-0_ss.jpg


20181215-102405-0_ss.jpg 20181215-102221-0_ss.jpg


12:15 昼食です。
何かまあいろいろと出てきますが、食べきれません。台湾の食事は特に辛くもなく、クセもないのでいいです。
もしかしたら、日本人観光客用に味付けに工夫がされているかもしれませんが、特に抵抗なくいただけます。


20181215_Hi01_ss.jpg 20181215_Hi02_ss.jpg


さあ、昼食後は故宮博物院に行きます。有名な白菜を再び見ることができるでしょうか。

[旅行]台北市に行ってきました。(2)

12月14日(金) 台北観光(その2)

さあ、バスで九份に向かいます。
金曜日の夕方とあって渋滞がひどいです。雨が降ってきました。

21:15 九份着。
周囲に観光客はほとんどいません。
前回ここに来たのは昼間でものすごい混雑の中を歩きました。

九份といえばこのお店です。
「千と千尋の神隠し」で有名になりました。台湾映画「非常都市」のロケ地でもあります。

お店を下から見てゆっくりと階段を登っていきます。
夜の九份、しかも雨が降っています。雰囲気としては最高です。


20181214-212517-0_ss.jpg 20181214-212708-0_ss.jpg


お店がほぼ見渡せる位置から写真を撮りました。よく撮れていませねえ。(涙)
おそらくお店にはまだ行列ができていて入れないだろうと思っていましたが、、、
おお、入れるようです。このチャンスを逃してはなりません。


20181214-212940-0_ss.jpg 20181214-213736-0_ss.jpg


お店を入ったところに、有名な(だと思う)お面が飾られています。
お客さんはほとんどいません。
最初は奥の方に座っていたのですが、ガイドさんから「もっといい場所があるから」と言われて移動。
確かにいい席です。他のツアー同行者の方もいます。


20181214-220747-0_ss.jpg 20181214-220704-0_ss.jpg


定番らしいお茶のセットをお願いしました。
店員のお兄さんが茶葉のこと、お茶の入れ方などを丁寧に説明してくれます。
お茶の入れ方、難しいです。
うーん、美味しいのかどうか判断できません。


20181214-214318-0_ss.jpg 20181214-214618-0_ss.jpg


20181214-214832-0_ss.jpg 20181214-215058-0_ss.jpg


お茶の後は窓辺に移動して記念撮影。


20181214-214027-0_ss.jpg 20181214-220404-0_ss.jpg


時間をかけてきた九份です。このお店に来なかった他の同行者はどこを散策したのだろうかと、余計な心配をしてしまいました。
あの路地のお店で名物の草餅は買えたのでしょうか。

あっという間の九份観光を終え、翡翠湾にあるホテルに向かいます。

23:00 ホテル着。うーん、厳しい日程の一日でした。

[旅行]台北市に行ってきました。(1)

12月14日から3泊4日で台北に行ってきました。
今年3月に退職した義弟の退職記念旅行です。
私の子供たち2家族も連れて行こうと言ってくれたのですが、仕事・子育てで休みが取れません。
したがって、義弟夫婦と私達夫婦の4名での台北行きとなりました。
ツアーの代金は義弟もち。すみませーーん。
私達夫婦にとっては5年ぶり、2度目の台湾行きです。


12月14日(金) 台北観光(その1)

海外旅行は楽しいのですが、荷物や身体のチェック、出国・入国検査が面倒くさいですね。
福岡空港での出国検査は自動化されていました。パスポート、顔、指紋の順番で読み取られ、出国スタンプは押してくれません。

福岡空港発の飛行機は定番のEVAAIR。そうです。キティーちゃんの飛行機です。
12:15発のBR0105便はずいぶん遅れています。
こういう時に、FligtAwareやFligtradar24というアプリが役にたちます。
(私の知り合い4名がこのシステムを支える装置を自宅に設置しています。「好き」ですねえ。)
出発時刻変更などの情報はロービーでの案内より早くわかります。

12:45 福岡空港発。

20181214-110222-0_ss.jpg 20181214-122851-0_ss.jpg


BR0105便、空席があります。
早速USBでタブレットの充電を。


20181214-124823-0_ss.jpg 20181214-125232-0_ss.jpg


しばらくして、お昼が出てきました。
美味しく頂いた後は、タブレットのSIMカードの入れ替えします。
前もって買っておいたSIMです。5日間使い放題、テザリングして4人で使います。
同時に、時計の1時間遅らせておきます。
飛行機の中でもWiFiが使えるようになっています。
ところが、利用料がかかるのです。EVAAIRさん、無料にしてよ。でも短時間ですから、使わないか。
入れ替えたSIMはまだ電波を拾いません。

14:20(現地時間) 台北桃園空港着。
SIMはあっけなく現地のキャリアに接続できました。
空港内は綺麗です。クリスマス用のディスプレーが目立ちます。
入国審査を受け(ここも福岡空港と同じようなシステムです。入国スタンプも押してくれません)
出口で現地ガイドのBさん(女性)が待っていてくれました。
桃園空港、人が多いです。


20181214-134033-0_ss.jpg 20181214-142420-0_ss.jpg


台北での最初の見学場所は三渓老街と清水祖師廟。
「廟」というので道教のお寺さんかな。
名前、生年月日、住所を言ってから、お願いごとを言うそうです。


20181214-160453-0_ss.jpg 20181214-160339-0_ss.jpg


20181214-161650-0_ss.jpg 20181214-162048-0_ss.jpg


この廟の近くに、ちょっと賑わっているお店が2店。
なんとか「牛角」と「臭豆腐」と書いてあります。なんとなく意味はわかります。


20181214-162822-0_ss.jpg 20181214-160417-0_ss.jpg


ここは「牛角麺包」という台湾産クロワッサンが有名だそうです。ガイドさんからいただきました。
クロワッサンは大好物ですから、早速いただきましたが、、、。
「あれ、パンじゃ」
いわゆるクロワッサンではありません。そうです。「台湾風クロワッサン」ですから。
そうか。「牛角」というのは、クロワッサンの形からきたのか。


20181214-164024-0_ss.jpg 20181214-164147-0_ss.jpg


その後、総合民芸店でショッピング。
ガイドさんから台湾土産の定番の「パイナップルケーキ」について詳しく教えてもらいました。
ピンからキリまであるようで、、、。
ショッピングには全く興味がない私はこの時間の潰しようがありません。

18:00 「度小月」というお店で夕食。
台南料理といいます。ここの「担仔麺」というのが有名らしい。
お店の方が味噌のようなものを溶かしていました。
日本でいう「このお店のたれは何十年も継ぎ足し継ぎ足しで使っています」というのと同じです。


20181214-183636-0_ss.jpg 2011181214-yoru.jpg


通りにはコンビニが多いです。ファミマにセブンイレブン。
前回の旅行では、レシートの番号がくじになっていると教えてもらいましたが、今はどうなっているのでしょうか。


20181214-194729-0_ss.jpg 20181214-173140-0_ss.jpg


その他、日本でも同じみのユニクロがあったり、カーブスがあるのには驚きました。
同行者の家族が、防寒具を持って来なかったと言ってこのユニクロで買ってきました。
日本よりかなり高かったようです。
台北は亜熱帯にあっても、やはり冬は寒いのですね。ダウンを着ている人が目立ちます。


20181214-175550-0_ss.jpg 20181214-184600-0_ss.jpg


夜の街にこんなバスが走っていました。
「富裕人生」(笑) いいなあ。

バイク、多いです。かなりスピードも出しています。
夜のバイクは怖すぎます。
台北の市民の皆さんは慣れているようですが、とてもこんなところで車の運転はできません。


20181214-175401-0_ss.jpg 20181214-175448-0_ss.jpg


さて、これから夜の九份に向かいます。
ガイドBさん、「この時間から向かうと、お客さんが少なくなるのでいいですよ」と。
5年前は九份に昼間行きました。まあ、人の多かった、多かった。
寄りたいお店にも近づけませんでした。
さあ、今回はどうなるか。

[旅行]台湾に行ってきました。(番外編)

台湾旅行の番外編です。

 

 

(1)リュック、戻ってきました。

バスの網棚に置き忘れてきたリュック、台湾から無事戻ってきました。現地ガイドの黄さんをはじめ、関係者のみなさんありがとうございました。特に、黄さんには、会社を通じてお礼を言ってもらうようにお願いしました。

 

 

旅行から帰ってから2日後、旅行会社から、「リュックが東京の会社に届いています。送料着払いで発送していいですか」との電話。諦めていたのに、、、。嬉しいですねえ。

多くの人の手によって無事戻ってきた私のリュックです。

次からの海外旅行では注意しておかないと。パスポートを忘れたり、盗難にあったら大変です。

 

 

P1050121-ss P1050122-ss

 

 

(2)よその国のナンバープレートに興味があります。

台湾では、数字が前に付いていたり、アルファベットが前についていたりと。。。

どんな規則で割り振られているのでしょうかね。わかりません。

ネパールではナンバープレートの数字は読めなかったし。(笑)

 

 

P1040529-ss P1040597-ss

 

P1040628-ss

 

 

(3)台湾には自動販売機が少ないようだった。

当たり前か。日本が特別なのでしょう。そのかわりコンビニは多いそうだ。しかもセブンイレブンが約7割で、あとはファミマと地元のコンビニとか。しかし、どのコンビニも日本と違って、お店の前に大きな駐車場がありません。車、どこに駐車するのでしょう。

 

 

P1040701-ss P1040912-ss

 

 

(4)コンビニなどで買い物をするとレシートをくれます。台湾ではこれに番号をふってあり、宝くじのように、当たりがあるそうだ。(当選金額はそう高額でならいらしい)

しまった。レシート、捨てねばよかった。(笑)

 

 

(5)怪しいものを買いたかったが、、、、。

ビンロウです。台湾ではビンランと発音するそうですが、椰子科のビンロウ樹の実に石灰を混ぜたもので、タバコのような嗜好品の一種です。

このビンロウ、覚醒作用があるので、長距離トラックやタクシーの運転手がよく買うようです。眠気覚ましですね。

この写真は台北市内で夜撮ったものですが、旅行中は道沿いでよく見かけました。ビンロウを売るお店は、どの店も昼間からネオンが光っているのが特徴のようです。

ビンロウを口に入れて噛むと、唾液が赤くなり、その唾液を吐き捨てるそうです。ちょうど九份の入り口で、ビンロウを作って売っているお店がありましたので、買ってみようとガイドさんに聞いたら、やめておいた方がいいですよとのこと。どうもあまり上品な品物ではないようです。

日本に帰って調べてみたら、ちょっときわどい格好をした「ビンロウ売りのお姉さん」がいるようですね。旅行中には見かけませんでした。残念!

 

 

P1050058-ss 

 

 

4泊5日という慌ただしい台湾旅行でしたが、十分楽しめました。

次回は、台北市内の観光、特に故宮を時間をかけて見るつもりです。それと、台湾南部の田舎町を列車で訪ねてみたいものです。

[日々]台湾に行ってきました。(5)

3月11日(月)、5日目。

4泊5日の台湾ツアーも今日で終わりです。

朝、台北を発って、昼前に福岡に着きます。福岡からは、夕方のYOKAROバスで帰ります。

 

 

05:00 ホテル出発です。08:10発の便に乗ります。ツアー同行のみなさん、みなさん元気で旅行ができました。楽しかったですね。みなさん無事に日本に帰れます。

ところがところが、搭乗手続きをした後に、気がついたのです。

「ありゃ、リュックがない!」

私のことです。

どうも、ホテルから空港に向かうバスに置き忘れてきたらしい。

今まで、落とし物をしたり、忘れ物や、不注意で盗難にあったこともないのに。ああ、歳かなあ。

幸い、パスポートなどは別のショルダーに入れて持っていたので、出国手続きなどには問題はありません。よかった。

しかし、ガイドの黄さんには最後になって迷惑をかけてしまうことになってしまいました。

黄さん、すぐにバスの運転手さんとホテルに連絡を入れてくれます。バスはすでに台北市内に戻っているようです。

「もし、見つかったら、送って下さい」と住所を教え、黄さんにお金(送料)を渡そうとしましたが、受け取らず、「私が責任もって、見つけて送ってあげますよ」と言ってくれます。嬉しいねえ。

出発ロビーにキティーちゃんのプレイルームが。うちのNa^2子が一緒だったら喜ぶだろうな。

 

 

P1050074-ss P1050079-ss

 

 

帰りもEVA航空です。

どうも九州からの台湾往復には福岡発12:10と台北発08:10のEVE航空がよく利用されているようですね。往復とも満席でしたね。

出発前、出発カウンターに黄さんから電話がかかってきました。

「バスには荷物なかったそうです。ホテルにもありません」

確か、座席の上の網棚に置いたはずです。他のツアーの人からも、「網棚にありましたよ。ガイドさんの物と思っていました」と言われました。

「黄さん、バスの網棚を見て下さい。でも、たいした物は入っていませんので、なくなっていてもかまいません」と伝えて電話を切ることに。本当にすみません。

 

 

飛行機の胴体にキティーちゃん、機内食もまたまたキティーちゃん。EVA航空、徹底しています。

 

 

P1050081-ss P1050083-ss

 

 

11:15 予定通り福岡空港着。台湾近いです。

熊本に帰る人、広島に帰る人、長崎に帰る人、、。みなさんにお礼を言って、ここでお別れです。

私たちは、夕方まで時間がありますので、福岡市内でちょっと遊んで帰ります。

| NEXT≫