[旅行]台湾に行ってきました。(番外編)

台湾旅行の番外編です。

 

 

(1)リュック、戻ってきました。

バスの網棚に置き忘れてきたリュック、台湾から無事戻ってきました。現地ガイドの黄さんをはじめ、関係者のみなさんありがとうございました。特に、黄さんには、会社を通じてお礼を言ってもらうようにお願いしました。

 

 

旅行から帰ってから2日後、旅行会社から、「リュックが東京の会社に届いています。送料着払いで発送していいですか」との電話。諦めていたのに、、、。嬉しいですねえ。

多くの人の手によって無事戻ってきた私のリュックです。

次からの海外旅行では注意しておかないと。パスポートを忘れたり、盗難にあったら大変です。

 

 

P1050121-ss P1050122-ss

 

 

(2)よその国のナンバープレートに興味があります。

台湾では、数字が前に付いていたり、アルファベットが前についていたりと。。。

どんな規則で割り振られているのでしょうかね。わかりません。

ネパールではナンバープレートの数字は読めなかったし。(笑)

 

 

P1040529-ss P1040597-ss

 

P1040628-ss

 

 

(3)台湾には自動販売機が少ないようだった。

当たり前か。日本が特別なのでしょう。そのかわりコンビニは多いそうだ。しかもセブンイレブンが約7割で、あとはファミマと地元のコンビニとか。しかし、どのコンビニも日本と違って、お店の前に大きな駐車場がありません。車、どこに駐車するのでしょう。

 

 

P1040701-ss P1040912-ss

 

 

(4)コンビニなどで買い物をするとレシートをくれます。台湾ではこれに番号をふってあり、宝くじのように、当たりがあるそうだ。(当選金額はそう高額でならいらしい)

しまった。レシート、捨てねばよかった。(笑)

 

 

(5)怪しいものを買いたかったが、、、、。

ビンロウです。台湾ではビンランと発音するそうですが、椰子科のビンロウ樹の実に石灰を混ぜたもので、タバコのような嗜好品の一種です。

このビンロウ、覚醒作用があるので、長距離トラックやタクシーの運転手がよく買うようです。眠気覚ましですね。

この写真は台北市内で夜撮ったものですが、旅行中は道沿いでよく見かけました。ビンロウを売るお店は、どの店も昼間からネオンが光っているのが特徴のようです。

ビンロウを口に入れて噛むと、唾液が赤くなり、その唾液を吐き捨てるそうです。ちょうど九份の入り口で、ビンロウを作って売っているお店がありましたので、買ってみようとガイドさんに聞いたら、やめておいた方がいいですよとのこと。どうもあまり上品な品物ではないようです。

日本に帰って調べてみたら、ちょっときわどい格好をした「ビンロウ売りのお姉さん」がいるようですね。旅行中には見かけませんでした。残念!

 

 

P1050058-ss 

 

 

4泊5日という慌ただしい台湾旅行でしたが、十分楽しめました。

次回は、台北市内の観光、特に故宮を時間をかけて見るつもりです。それと、台湾南部の田舎町を列車で訪ねてみたいものです。

[日々]台湾に行ってきました。(5)

3月11日(月)、5日目。

4泊5日の台湾ツアーも今日で終わりです。

朝、台北を発って、昼前に福岡に着きます。福岡からは、夕方のYOKAROバスで帰ります。

 

 

05:00 ホテル出発です。08:10発の便に乗ります。ツアー同行のみなさん、みなさん元気で旅行ができました。楽しかったですね。みなさん無事に日本に帰れます。

ところがところが、搭乗手続きをした後に、気がついたのです。

「ありゃ、リュックがない!」

私のことです。

どうも、ホテルから空港に向かうバスに置き忘れてきたらしい。

今まで、落とし物をしたり、忘れ物や、不注意で盗難にあったこともないのに。ああ、歳かなあ。

幸い、パスポートなどは別のショルダーに入れて持っていたので、出国手続きなどには問題はありません。よかった。

しかし、ガイドの黄さんには最後になって迷惑をかけてしまうことになってしまいました。

黄さん、すぐにバスの運転手さんとホテルに連絡を入れてくれます。バスはすでに台北市内に戻っているようです。

「もし、見つかったら、送って下さい」と住所を教え、黄さんにお金(送料)を渡そうとしましたが、受け取らず、「私が責任もって、見つけて送ってあげますよ」と言ってくれます。嬉しいねえ。

出発ロビーにキティーちゃんのプレイルームが。うちのNa^2子が一緒だったら喜ぶだろうな。

 

 

P1050074-ss P1050079-ss

 

 

帰りもEVA航空です。

どうも九州からの台湾往復には福岡発12:10と台北発08:10のEVE航空がよく利用されているようですね。往復とも満席でしたね。

出発前、出発カウンターに黄さんから電話がかかってきました。

「バスには荷物なかったそうです。ホテルにもありません」

確か、座席の上の網棚に置いたはずです。他のツアーの人からも、「網棚にありましたよ。ガイドさんの物と思っていました」と言われました。

「黄さん、バスの網棚を見て下さい。でも、たいした物は入っていませんので、なくなっていてもかまいません」と伝えて電話を切ることに。本当にすみません。

 

 

飛行機の胴体にキティーちゃん、機内食もまたまたキティーちゃん。EVA航空、徹底しています。

 

 

P1050081-ss P1050083-ss

 

 

11:15 予定通り福岡空港着。台湾近いです。

熊本に帰る人、広島に帰る人、長崎に帰る人、、。みなさんにお礼を言って、ここでお別れです。

私たちは、夕方まで時間がありますので、福岡市内でちょっと遊んで帰ります。

[日々]台湾に行ってきました。(4)

3月10日(日)、4日目。

今日は花蓮から台北に戻ります。途中、有名な観光地の九份にも立ち寄ります。また、台湾の特急列車に乗れるそうです。明日早朝に台北を発ちますので、実質的には、今日が台湾旅行の最終日となります。

 

 

07:00 ホテル出発。玄関先に原住民の生活をモチーフにした大理石の石像がありました。ここ花蓮は大理石の街としても有名です。

 

 

P1040833-ss P1040836-ss

 

 

今日最初の観光地は太魯閣峡谷(タロコ渓谷)。立霧渓という川が周囲の大理石を浸食してできた渓谷です。複雑な地層の様子がわかります。(写真ではわかりにくいですね。)

 

 

P1040871-ss P1040874-ss

 

P1040877-ss P1040878-ss

 

P1040881-ss P1040889-ss

 

 

09:00 花蓮に戻る途中に大理石工場の見学をします。

この工場は日本の企業だそうで、案内してくれた方も日本人でした。台湾での操業の方が生産コストが安いそうです。

最近は、ブラジルやイタリヤから輸入した大理石の加工が主な仕事とか。あいにく今日は日曜日ということで、実際に働いている人の姿は見ることができませんでした。

 

 

P1040897-ss P1040898-ss

 

 

続いて、この工場の側にあるお土産品店に連れていかれました。同じ工場の経営なのでしょうね。(笑)

日本までの送料だけでうん百万円ほどかかりそうな彫刻品から小さな宝石まで、実にたくさんの石の加工品が展示・販売されていました。うちの奥様は、友人のお土産にするのだといって何か「青い石」をたくさん買い込んでいました。おそらく安物でしょう。(笑)

あ、店内の写真は撮ってません。

 

 

P1040900-ss P1040902-ss

 

 

10:15 花蓮駅から特急列車に乗ります。ローカル線です。台北近くの七堵というところまで行きます。

駅の様子は日本とまったく変わりありません。しかし、発車の時には案内の放送もなく、ベルの音もしません。ヨーロッパと同じです。だいたい日本の駅構内や車内での放送が多すぎるのですね。台湾の駅、静かでいいねえ。

 

 

P1040916-ss P1040919-ss

 

 

今日の昼食は駅弁です。まだ11時というのに中身が見たくて開けてしまいました。

 

 

P1040925-ss P1040928-ss

 

 

列車内の様子、窓から見える景色、日本の田舎の風景と同じです。綺麗な川で釣りをしてる人がいました。

 

 

P1040924-ss P1040935-ss

 

 

検札にきた女性の車掌さん、親切です。ローカル列車でいく台湾一周旅行もいいかもしれません。

 

 

P1040929-ssP1040930-ss

 

 

12:20 七堵着。ここからバスで九份に向かいます。

九份はかって金鉱山として繁栄した町でしたが、1971年の閉山とともに衰退していきました。

ところが、映画「非情城市」や「恋恋風塵」の舞台となったことで脚光をあび、さらには、宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」のモデルとなり、観光客が押し寄せることになったそうです。

観光客が多くなると、当然、お土産屋さんも増えてきます。日本も台湾も同じですね。ガイドの黄さんがいうには、「12、3年前までは本当に風情のある町だったんですよ」と。

人が少ない時期や夜にはまた違った雰囲気が楽しめるかもしれません。

 

 

P1040981-ss P1040979-ss

 

P1040988-ss P1040990-ss

 

P1040996-ss P1050015-ss

 

P1050002-ss P1050014-ss

 

 

町の一部が狭い路地になっているところがあります。両脇はお土産さんで一杯です。ここのどこかに有名な「草餅」屋さんがあるとうちの奥様が言うので探してみました。日曜日ということもあるのでしょうか、人が多すぎて自由に歩けません。事故が起こらなければいいがと心配になりました。

「草餅」、何とか買えましたよ。

 

 

P1050008-ss P1050010-ss

 

P1050073-ss P1050026-ss

 

 

おっと、こんな張り紙を見かけましたよ。店員さんの募集ですね。何となく意味がわかります、、、。

 

 

P1050019-ss P1050020-ss

 

 

16:00 台北市内の総合民芸品店と免税店に案内されます。

こういうところはあまり好きではありませんが、格安のツアーでは仕方ありません。トイレを借してくれますので、一応お土産は買いますが、何万円もするウーロン茶などはいりません。すみません。

それよりも、店内に貼ってあったこの新聞記事の方に興味があります。そうか。宋家三姉妹の宋美齢(蒋介石の奥さん)さん亡くなったのか。その上のお姉さんの宋慶齢さんは確か孫文の奥さんだったはず。一番上のお姉さん宋あい齢さんはだれの奥さんだっかかなあ。忘れてしまった。

おっと話題がよそにそれてしまいました。

免税店、珍しくもないので、抜け出して地元のコンビニへ行ってみました。ところがこのコンビニ、売っている薬、化粧品、お菓子が皆日本製でした。台湾製のお菓子を探しているのに。(涙)

 

 

P1050041-ss P1050043-ss 

 

 

18:00 台湾最後の夕食は蒙古焼き肉。好きなお肉を持っていくと、大きな鍋で焼いてくれます。他の食べ物はバイキング形式で選べます。ツアーのみんなに好評だったのが、、、。キムチ!

台湾に来て、モンゴルの焼き肉店で、キムチとは。(笑)

 

P1050050-ss P1050051-ss

 

P1050053-ss P1050055-ss

 

 

19:30 夕食を終えてホテルへ。寝るにはまだ時間があります。

フロントに聞くと近くにスーパーがあるらしい。早速行ってみることに。福岡空港であった台湾人のおばちゃんが教えてくれたお菓子を探すことにします。

お、ありました。うちの奥様、お土産に面白いということでたくさん買い込みました。ところが現金(元)が足りません。日本円もダメ、カードもダメ、そりゃあそうでしょう。まったく地元のスーパーですから。仕方なく、買い物をレジに預けて、ホテルに戻り、両替をお願いすることに。再びスーパーに戻り支払いを。レジのおばちゃん、笑っていましたよ。

 

 

20:30 まだ、時間はあります。

タクシーひろって、士林夜市にいくことにします。タクシー代、安いです。

台湾、大きな町にはたいてい夜市があるようです。やはり、涼しくなってから、みんな街にでるのでしょうか。

この士林夜市、ソウルの東大門や南大門のような感じです。人が多過ぎです。うちの奥様は興奮して、いろんなお店に入って行きますが、私にとっては拷問です。(笑)

 

 

P1050062-ss P1050063-ss

 

P1050064-ss P1050065-ss

 

P1050066-ss P1050069-ss

 

 

22:30 再びタクシーでホテルへ。

長い一日が終わりました。明日は05:00ホテル発。福岡に帰ります。

 

[日々]台湾に行ってきました。(3)

3月9日(土)、3日目。

今日は台湾の西側高雄から東側の花蓮まで花東公路を走ります。走行距離約332kmとか。(笑)

 

 

06:30 朝食。今日も元気だ。ご飯が美味しい。

ツアーの朝食はバイキング形式が多い。多くの国からの観光客に対応するにはこれが一番だそうです。

それにしても、朝から食べ過ぎです。普段はパンと牛乳だけなのに。お粥が美味しかったですよ。

 

 

P1040754-ss P1040755-ss

 

 

07:30 ホテル出発。

バスから見える看板が面白い。「整型美容科」はまだしも、「DNA親子鑑定」とは。台湾はすごいなあ。

どうも街には歯医者さんとコンビニが多いように思う。うーん、日本と同じか。コンビニはほとんどセブンイレブン。ファミリーマート(全家)もありました。

 

 

P1040757-ss P1040759-ss

 

 

07:50 まずは早朝の寿山公園に。

忠烈祠には中華民国軍で戦死した英霊たちが祀られています。ここには日本統治時代に高雄神社があり、戦後、中国風の社に建て替えられ、今のようになっているそうです。

 

 

P1040760-ss P1040767-ss

 

 

公園からは、高雄市内と港が見えるはずですが、霞のため視界が悪いです。港の向こうの方が台湾海峡を挟んで大陸なのですね。

ここからの夜景も美しいようです。カップルで訪れる若者も多いのでしょう。「LOVE」などいうモニュメントがありました。ツアー同行の若い人に負けずに、老人夫婦も記念に1枚、遺影用です。(笑)

 

 

P1040761-ss P1040764-ss

 

 

08:30 ツアーには付きもののお土産品店に。

ここでのお勧め品は「北投石」でできたブレスレット。台湾土産として有名だそうです。現地ガイドさんも健康に良いからとしきりに勧めていました。

私はこういう類のものには一切興味がありません。すみません。しかし、ツアー同行者(25名)で約100万円ほどの売り上げはあったようですよ。

 

 

10:00 花東公路に向かいます。

今からの日程を説明してくれるガイドの黄さん、中国・台湾の歴史も日本の歴史も詳しかった。日本に留学中はパチンコに通い詰めたとか。だじゃれもうまく、楽しい台湾旅行を演出してくれました。この黄さんから、帰国後もお世話になることに、、、、。

バスの車窓かのパイナップル畑です。だんだん南になってくると、マンゴーやバナナ、ヤシの畑が増えてきます。

 

 

 P1040615-ss P1040774-ss

 

 

途中、トイレ休憩のためドライブインへ。

おお、南国フルーツを売っています。早速、ミックスというのを購入。マンゴー、パイナップル、レンブ(蓮霧)などが入っています。

台湾へ来たら、フルーツを腹一杯食べられると期待していたのですが、ホテルの朝食にも、イチゴとオレンジしか出ないのです。3月はどうもフルーツの端境期のようですね。ついでに、台湾産のアイスもいただきました。

レンブ(蓮霧)と呼ばれる、ピーマンのような果物、皮は赤く、中が白い果物ですが、これは美味しかった。ほのかな甘みがあって、日本のリンゴをあっさりとしたような感じです。

 

 

P1040775-ss P1040776-ss

P1040778-ss

 

 

13:00 昼食です。今回もまたまた、、、、。

 

 

P1040783-ss P1040784-ss

P1040785-ss P1040786-ss

P1040787-ss P1040789-ss

P1040790-ss P1040793-ss

P1040794-ss P1040795-ss

 

 

昼食の後はまたバスの旅。高雄から右手に台湾海峡を見ながら南下、ほぼ鉄道線路に沿って、台湾の東側に出て、今度は花蓮まで北上します。太平洋が綺麗です。

 

 

 P1040781-ss P1040797-ss

 

 

このあたりは、観光地も少なく、住民の多くは、インドネシア方面から渡ってきた人たちを先祖に持つとのこと。漢民族と比べて、顔つき、体つきが違うのがよくわかります。人口密度がバングラディシュについで高い台湾でも南の方は過疎地のようです。しかし、小さな集落には必ず教会があるのには驚きました。

 

 

P1040798-ss P1040803-ss 

 

 

15:40 やっと、静浦にある北回帰線標塔に到着です。ここは北緯23.5度(北緯23度26分22秒)の位置にあります。

毎年夏至の日には、この塔の隙間の中を太陽が東から西へ移動し、正午には塔の真上に太陽が位置するので、影がなくなるはず。この塔の南側が熱帯、北側は亜熱帯になります。台湾では西側の嘉義というところにも、北回帰線記念館というのがあるようです。うーん、夏至の日に来てみたいなあ。

 

 

P1040808-ss P1040809-ss

 

 

17:30 花蓮のホテル着。

午後からずっと気になっていたことがあります。9日(土)は、J1第02節で大分トリニータと川崎フロンターレ戦なのです。東京の娘1とNa^2子、妹夫婦が国立競技場での試合に行ってます。

おお、このホテルの回線は速い。さくさく動く。大分1-川崎1で分けている。お、同行のご家族が応援している広島は新潟に2-1で勝っている。よーし、うちは分けたとは言え、負けてないので、約束したように一緒に祝杯をあげられる。よかった。

広島から参加のご家族(おじいちゃん、娘さん夫婦、大学生のお孫さん)とは昨日の食事の時お話ができ、広島サポであることがわかりました。こんな家族旅行はうらやましいかぎり。うちもNa^2子と一緒に海外旅行に行ける日がくるかなあ。

 

 

落ち着いたところで、夕食まで時間があったので、ホテル周辺を散策。おお、近くに夜市の行われているところがある。行列のできているお店もあります。後でゆっくり来ようとうちの奥様が言います。また人混みの中を歩くのか。(涙)

 

 

 P1040818-ss  P1040817-ss

 

 

19:00 夕食。今夜は広東料理とか。昨日までと似たようものなので写真は省略。(笑)

今回の旅行中、この夕食がちょっといまいちで、おまけに席の関係で、広島サポのご家族とご一緒できずに終わり、ちょっと残念でした。

 

 

夕食後、福岡から参加のご婦人たちと。再び先ほどの夜市へ。

ご婦人3人はそれぞれお孫さんへのお土産が気になるようで、しっかりと買い込んでいました。夕方、行列のできていたお店では、大人気という菓子が売り切れで買えず、悔しがっていたうちの奥様は、小籠包のお店(このお店も行列ができていました)を発見、今度は美味しくいただきました。これで満足してホテルへ帰るかな。

 

 

 P1040816-ss P1040826-ss

 P1040827-ssP1040828-ss

 

 

買い物に満足し、腹も満たしたうちの奥様は、東京のNa^2子と話をしたいと言い出します。国立での応援の様子を聞きたいし、さっき買った洋服を見せたいのでしょう。

FaceTimeは便利です。最初の2枚は気に入ったようですが、後は、、、。ブーイング。(笑)

台湾のホテルの電源は日本と同じ110V、コンセントも同じ。便利です。

 

 

明日は07:00ホテル出発。花蓮から台北に戻ります。花蓮から台北近くまで台湾の列車に乗れるようです。

[日々]台湾に行ってきました。(2)

3月8日(金)、2日目。

今日は台中、鹿港、日月潭と観光して高雄まで。バス走行距離355kmの予定。高雄では六号二路の夜市の散策もします。

 

 

08:00 朝食を済ませて、ホテル発。バスで台中の宝覚寺に向かいます。

高さ約30mという黄金色に輝く、弥勒大仏像(布袋さん)には驚きました。

 

 

P1040602-ss P1040608-ss

 

 

台中は台湾中部にある大都市。亜熱帯気候ですのでしょう、お寺には、ガジュマルやバナバが生えています。

 

 

P1040598-ss P1040601-ss

 

 

お寺には、台湾中部で亡くなった日本人移民の方の遺骨が納められた塔や日本軍人として戦った台湾人の方を供養する塔があり、ツアー同行の方がタバコをあげていました。私も一緒にお参りさせてもらいましたよ。

 

 

P1040600-ss P1040612-ss

 

 

続いて鹿港へ。地元のではロッガンと呼ばれている街です。

九曲巷と古市街を駆け足で巡りました。ゆっくり散策したら1日かかりそうですねが、ツアーですので仕方ありません。

古い街並みの中に、現地の人の普段の生活もみられます。昔、文人たちが会合をしたという十宜楼という建物が残っています。狭い路地は雰囲気がありますね。

 

 

P1040625-ss P1040618-ss

 

 

P1040624-ss P1040627-ss

 

 

 

ここに祭られている仏様(?)は時々ドライブに出たがるそうで(笑)、ちょうど出発の様子を見ることができました。

 

 

P1040645-ssP1040644-ss

 

 

日本ではあまり見ることのできない風景お店がたくさんありました。

 

 

P1040629-ss P1040631-ss

 

P1040632-ss P1040635-ss

 

 

昼食は高雄に向かう田舎のお店でいただきました。

安いツアーですので、干し鮑やフカヒレといった高級食材を使った料理は出てきませんが、実に美味しいです。この旅行中では、今日の昼食が一番美味しいかったと思います。

毎日飲んで食べているばかりでしたので、3kgも太ってしまいました。自己最高記録達成。ああ。

 

 

P1040652-ss P1040654-ss 

 

P1040655-ss P1040656-ss

 

P1040657-ss P1040658-ss

 

P1040662-ss P1040664-ss

 

 

13:50 日月潭に到着。「潭」といのは、人造湖を意味するそうで、日本統治時代に作られた発電用のダム湖のようです。

文武廟という道教のお寺(廟)があり、多くの人がお参りしていました。うちの奥様も、「平安 健康」をお願いして、お賽銭を投げていました。

台湾でも有名な観光地ですから、お土産屋もたくさんあります。たまたま完熟した台湾バナナを見つけましたので買ってみました。100元といいますので、330円ほどかな。これが美味しかった。

 

 

P1040700-ss P1040669-ss

 

 P1040672-ssP1040675-ss 

 

 

P1040680-ss P1040674-ss

 

P1040682-ssP1040694-ss 

 

P1040695-ss P1040696-ss

 

 

 

17:35 高雄の蓮池潭に到着。

蓮の花は咲いてはいなかったし、龍虎塔はちょうど修理中で中をくぐり抜けることはできませんでした。

 

 

P1040706-ss P1040708-ss

 

P1040712-ss P1040716-ss

 

 

夕食はまたまた(あたりまえか)中華の海鮮料理をいただきましたが、写真は省略。(笑)

20:00 六号二路の夜市を散策です。まあ、人の多いこと。このような人混みの中を歩くのは苦手なのですが、、、。いやー、もっと時間がほしかった。(笑)

台湾は食材は豊富のようです。しかも、綺麗に処理されているのには驚きます。食用ガエルがありました。実は蛇肉を売っているという看板もありました。

 

 

P1040730-ss P1040733-ss

 

P1040737-ss P1040738-ss

 

P1040739-ss P1040740-ss

 

 

 

この夜市で一番行列ができていた屋台です。「高雄六号名物胡椒餅」とのこと。これは買わないとと並んだのですが(順番を前の方に譲ってくれた現地の人、ありがとう)、なかなか焼き上がりません。集合時間に遅れそうなので断念しました。

 

 

P1040745-ss P1040746-ss

 

 

台湾はスイーツも豊富なようで。うちの奥様、前もって調べていたようで、タピオカ入りの何とかを探していますが見つかりません。

現地ガイドの黄さんに聞くと、台湾の有名チェーン店に連れて行ってくれました。私はマンゴー入りを注文。量が多すぎます。腹がだぶだぶになりましたよ。

 

 

P1040753-ss P1040751-ss

 

 

21:30 ホテルに戻ってきました。

部屋からWiーFiが無料で使えます。ところが、非常に遅いのです。台湾は回線事情が悪いのかなあ。

さあ、明日は7:30にホテル出発。高雄から花蓮に向かいます。

[日々]台湾に行ってきました。(1)

3月7日(木)~11日(月)まで、台湾(中華民国)に行ってきました。

 

 

 

7日(木)、福岡空港から出発です。(ツアーの集合時間の関係で、博多で前泊をしました。)

出国審査を終え、飛行機を待っている時、たまたま隣り合わせになったご婦人が、うちの奥様に何か話しかけてきました。台湾のご婦人のようです。こちらは中国語は全くわかりませんし、相手は英語も日本語もあまりできないようです。でも、不思議なことにコミュニケーションが成立しているようです。(笑)

このご婦人、年齢は43歳、息子1人に娘2人がいるそうです。ツアーで日本にきたようですが、どこに行ったかはわかりません。なにせ、身振り手振りの会話?ですから。

でも、こちらが今から台湾に観光に行くということがわかったようで、お土産にはこのお菓子がいいと、くれるのです。うちの奥様、台湾行く前から台湾人と仲良くなってどうするの。

服装のことが話題になっているようなので、iPadで台湾の今日の天気を見せたら、指で頭を示されGoodと言ってくれました。嬉しいねえ。台湾に着いて、別れるときにも、手を振ってくれました。

 

 

 

航空機はEVA AIR。初めてです。航空券から、機体、座席にもキティーちゃんがいっぱいです。まいった。孫のNa^子を連れてたら大喜びするだろうな。

 

 

P1040482-ss P1040483-ss

 

 

P1040484-ss P1040490-ss

 

 

P1040497-ss P1040503-ss

 

 

 

機内食にもキティ-ちゃん。

 

 

P1040499-ss P1040500-ss

 

 

P1040501-ss P1040502-ss

 

 

 

13時50分梅園国際空港着。台湾時間は日本時間-1時間。約2時間半で着くことに。台湾、近いです。

今年1月に更新した真新しいパスポートに日本の出国と台湾入国のスタンプが押されます。入国審査は簡単でした。国によっては、指紋採られたり、写真撮られたりするのに。

空港からはバスで移動。最初は故宮博物館へ向かいます。台北の街の看板はほとんど漢字です。台湾の漢字は繁体字です。たまに読めない漢字もありますが、何となく意味がわかるのが嬉しいです。漢字は東アジアのラテン語、韓国はどうして漢字を使うのをやめたのでしょうね。お、クロネコやまとの看板も見つけました。

 

 

P1040507-ss P1040508-ss

 

 

 

P1040515-ss P1040513-ss

 

 

 

故宮博物院、院内の展示物は撮影禁止なので、外観と孫文の前で写真を撮りました。

この有名な博物院の展示品、中国(中華人民共和国)側は蒋介石が盗んでいったと言うし、台湾(中華民国)側は台湾に持ってきたからこそ、あの文化大革命の時に破壊されずにすんだのだと。。。。

ゆっくり見れば一日や二日では時間がたりないと聞いていました。ツアーでの時間はたったの90分しかありません。でも、そこはよくしたもので、博物院側もメインの文化財をうまく見せるように工夫してあります。

入場者は非常に多いです。現地のガイドの黄さんは、「今日は少ないほうですよ」といいます。最近は時に中国(香港)からの観光客が多いのだそうです。

有名な「毛公鼎」、「肉形石」や「翠玉白菜 」は係の人が、「はい次に進んで」という感じで、ゆっくり見ることができませんでした。こういう工芸品を見ると、すごい技術を持った職人さんがいるのに驚くのと同時に、権力を持った人の恐ろしさを感じます。

この博物院、次回ゆっくり来ることにします。

 

 

P1040522-ss P1040528-ss

 

 

 

さて、期待の夕食は台湾料理。美味しくいただきました。でも、最後のデザート(マンゴーか杏仁豆腐を選べます)は別料金というのは何故でしょう。(笑)

 

 

P1040539-ss P1040540-ss

 

P1040541-ss P1040542-ss

 

P1040543-ss P1040545-ss

 

P1040544-ss P1040546-ss

 

 

 

台湾第1日目の観光はまだ続きます。

夕食後、このツアーの目玉という「新竹ランタン祭り」を見るために台中までバスで移動です。この新竹、かって台湾のシリコンバレーと呼ばれていたそうです。確かに、何とか電子という会社の看板が目に付きました。

台湾のランタン祭り、長崎のようなものを想像していたのですが、これが大違い。うーん、どう言っていいいか。

 

 

P1040554-ss P1040558-ss

 

 

P1040560-ss P1040561-ss

 

 

P1040576-ss P1040578-ss

 

 

P1040582-ss P1040565-ss

 

 

 

どこかで見かけたようなものもありました。

 

 

P1040563-ss P1040580-ss

 

 

 

龍の頭がレーザー光線を受けて360°回転します。このお祭りの最大のイベントらしいのですが、、、、。中国の人々にとっては、龍に何か特別の思いがあるのでしょうね。

 

 

P1040567-ss P1040569-ss

 

P1040571-ss P1040574-ss

 

 

 

ステージでは何かの催し物が。でも、中国語が全くわかりませんので、、、。最後は花火もありましたよ。

 

 

P1040583-ss P1040590-ss

 

 

 

新竹ランタン祭り」の会場、かなり広いものでした。おまけにゴミ一つ落ちてなく、これには驚きました。確かにボランティアか、市から雇われている人なのかが、清掃活動をされてはいましたが、ゴミを捨てる人がいません。公衆トイレも綺麗でした。台湾の人のマナーがいいのでしょうね。

また、休憩所で休んでいると、祭りの案内人の方でしょうか、こっちらが日本人とわかると、日本語のパンフレットをわざわざ持ってきてくれました。パンフレットによると、オープンの日には日本からも多くのグループが参加しているようでした。

 

 

 

23:10、台中市のホテル到着。バスでの走行距離は約215km。この台湾ツアー、1日目から強行スケジュールです。