[旅行]軍艦島に行ってきました。(2)

5月18日(木) 軍艦島に行ってきました。(2)

11:30 いよいよ上陸です。
この軍艦島(端島)はもともと小さな岩礁だったのに、石炭が発見され、1890年三菱が本格的に石炭を海底から掘り出すことになり、岩礁の周囲を埋め立て拡張してきたとか。
1916年には日本初鉄筋コンクリートのアパートが建てられ、最盛期の1960年には島の人口が5000人以上もあったそうです。
ところが、日本のエネルギー政策が石炭から石油へと変わったことで、1974年1月に閉山、4月には無人島になりました。

2015年7月に「明治日本の産業革命遺産」の一部として世界文化遺産に登録されたことが契機となり、再び島を訪れる人が増えてきているのです。
この端島を「軍艦島」というのは、島の外観が戦艦「土佐」に似ているということからそう呼ばれるようになったと聞いています。

上陸してみると、建物の崩壊が激しいのです。
見学は自由に出来るわけではありません。上陸地点の桟橋から見学通路が設置されていて、途中に第1見学広場、第2見学広場、第3見学広場があり、ここでガイドさんからの話を聞くことになります。

20170518-0023.jpg 20170518-0024.jpg


三菱の職員住宅と採炭施設跡です。
赤いレンガ作りの建物は総合事務所跡、中に鉱員用の大浴場があったそうです。

20170518-0025.jpg 20170518-0043.jpg


第二竪坑工口桟橋跡。
ここから約600m昇降機で降り、さらに400m下ったところに採炭現場があったとか。
海面下約1000mの現場は湿度95%、気温35度もあったそうです。
このような厳しい環境下で働く多くの人々が日本の経済成長を支えていたのですね。

20170518-0030.jpg 20170518-0041_201705250946468d3.jpg


さて、今回のツアーガイドさん。
小さい頃にここ端島と同じような生活を池島で送っていたということで、自分の体験に基づいた興味深い話をたくさんしてもらえました。
もちろん建物の説明などもわかりやすく丁寧で適確なものでした。
またこのガイドさんの説明に合わせて、若いスタッフ3人が、写真などを高く掲げて見せてくれます。

20170518-0028.jpg 20170518-0029.jpg


鉱員用の住居跡です。
各部屋には台所やトイレがなく共同だったそうです。
ガイドさんの話によると、家庭の電気代が非常に安いので(三菱ふたんでほぼ無料に近い)、電化製品の普及が早かったらしいです。
でも、約5000人がほぼ人工的な小さな島で生活しているわけですから、楽しいことばかりでなく、嫌な思いをすることもたくさんあったことと想像できます。
ガイドさんの話にはなかったのですが、おそらく、ここでも中国や朝鮮の人が働かされていたはずです。

(追記 2017/05/25) 旅行から帰っていろいろと調べていたら、この2017年7月に韓国映画「軍艦島」が公開されるようです。また、単なる反日映画なのでしょうか。

島にはデパート、パチンコ屋、映画館などもあり、全て三菱の経営だったと聞きました。

20170518-0031.jpg 20170518-0056.jpg


軍艦島で一番有名な30号棟アパートです。
1916年(大正5年)に建てられた日本最古の鉄筋コンクリート製の建物といいます。
無人島化してから、風や雨、高波にさらされると、ここまでも壊れてしまうのですね。

20170518-0032.jpg 20170518-0033.jpg


12:20 ドルフィン桟橋から帰途につきます。
軍艦島の見学は約50分程でした。
帰りの船では1階の客席に着席。目の前にいるガイドさんから話が聞けます。
モニターには、小さな岩礁が軍艦島までなるまでをアニメで紹介されています。
じゃんけん大会も行われて、勝者にはお土産がプレゼントされるのです。
外国人客もたくさん乗っていましたが、スタッフの一人が流暢な英語で対応しています。
カステラアイスの販売(当然買いましたよ)などもあり、最後までツアーをたのしませてくれます。
いやー、この「軍艦島コンセルジュ」、ただのツアー会社ではなかったです。

右側に三菱重工のクレーンが見えてきました。
遠くから見ると実際の大きさをなかなか実感できないのですが、クレーンに描かれている三菱マークの大きさはテニスコート一面分とか。おお!
古い造船所(これも世界遺産の一つ)を見て、常盤港に13:00無事帰港。

20170518-0035.jpg 20170518-0036_20170525110052f28.jpg


お昼を過ぎています。
先程のツアーガイドさんに近くに食事のできる場所を聞いてみると、お店の見える場所まで案内してくれました。
「四海楼」です。
お店の前まで来た時、「あれ、前に来たことがある!」
娘たちと来たのです。確かちゃんぽん発祥のお店として有名ですよね。
ちゃんぽん、焼き飯(あ、写真撮ってない)、チンジャオロースをいただきました。

20170518-0037_2017052511005346e.jpg 20170518-0038.jpg

20170518-0040_2017052511014189b.jpg 20170518-0039_20170525110143013.jpg


食事後、このお店の1階にあるお土産さんで、ちゃんぽんセットやお酒、娘2から頼まれているお菓子「よりより」も購入。

再び「軍艦島コンセルジュ」事務所に戻ります。
「軍艦島プリン」を買わないととうちの奥様が言うのです。いったいどれほどお土産を買い込むのか。(笑)
ここの売店のレジはiPadでやてます。レジの隣にはiMacが。そうかここの会社には「好きな人」がいるのだなあ。

さあ、勝ち点のお土産はないけれども、他にたくさんお土産を買ったので帰ろう。

[旅行]軍艦島に行ってきました。(1)

5月18日(木)、軍艦島に行ってきました。(その1)

諫早での対長崎戦の翌日は軍艦島に行くことにしていました。
敬愛するトリサポ、鳥○先生から、「ツアー会社がいくつかありますから、ツアー内容などをよく調べておいた方がいいですよ」とアドバイスがありましたので、事前にネットで調査、一番上陸率の高い「軍艦島コンセルジュ」にネットで予約しておきました。
この「軍艦島コンセルジュ」、大正解でした。

07:00 ホテル出発。
会社のサイトに、「カーナビは常盤町1-60にセットし、駐車場は県営常盤駐車場を利用してください。ガストの裏側に事務所があります」と書いてありました。

07:30 駐車場着。早く着き過ぎました。(笑)
案内どおりガストがありましたので、ここでゆっくり朝食をとります。
今日申し込んであるツアーは、軍艦島デジタルミュージアムと上陸ツアーのセットです。
受付は9:00から軍艦島デジタルミュージアムでできるようです。
ガストの店員さんに軍艦島デジタルミュージアムの場所を聞くと、ここから徒歩で4~5分程のようです。

港には強大な客船が停泊していました。
その客船から、次々とお客さんが降りてきます。中国人のようです。
幾つかのグループに別れて長崎市内観光をするのでしょうか。

私たちが信号待ちをしていると、私たちを追い越して、そのまま横断歩道を渡ろうとします。添乗員の方が必死で止めていました。(笑)

20170518-0001.jpg 20170518-0004.jpg


軍艦島デジタルミュージアムはまだオープンしていなかったので、ちょと先に進んで大浦天主堂まで行ってみました。
中国からの観光客でごったがえしています。みなさんはどこでも賑やかですね。
服装も日本人のファッション感覚とはかなり違うよです。
車椅子の老人もいます。ベビーカーを押している若いご夫婦もいます。
「かわいいねえ」と声をかけるとママがニコニコしながら、「ありがとう」との返事が帰ってきました。「かわいい」は世界共通語のようですね。

お土産にカステラを頼まれていましたので、有名なカステラ店に。
すると、一人の中国人紳士も一緒に入ってきました。
「上海からですか?」
この紳士、すこし日本語がわかるようです。
「はい。中国全土から上海に集まりました。今日はこれから、福岡に行ってまた帰ってきて、今夜長崎を出港します」と。
この紳士、他の中国人とは雰囲気がかなり違っていましたね。

20170518-0003.jpg 20170518-0002.jpg


8:55 軍艦島デジタルミュージアム着。すでに私の前に7人も並んでいました。
受付番号は8番と9番。番号の書かれたストラップを受け取ります。
ミュージアム見学の後は、09:55までに港に集合下さいとのこと。

ミュージアムでは、今から行く軍艦島の歴史を中心にビデオ上演とともに、かって軍艦島で働いていた方から解説がありました。
スクリーンは横30メートルもあり迫力があります。
あ、軍艦島デジタルミュージアムの建物の写真を撮り忘れてしまった。

20170518-0006.jpg 20170518-0007.jpg


09:45 軍艦島コンセルジュの事務所に行ってみると、乗船手続きのお客さんで一杯です。
前もってネット予約をしておいてよかった。トイレをすませて桟橋へ。
ミュージアム行った人は列が違います。優先的に乗船できるのです。
トリニータの年間チケット同じか。(笑)

10:00 乗船。2回デッキ右側前から3番目の席に。ベストポジションのはずです。
軍艦島に向かう途中、右側に三菱の長崎造船所の世界遺産やマリア像やいくつかの島が見られるのです。
船内では今日のスタッフの紹介に続いて、注意事項、この会社で制作したという軍艦島の紹介がありました。
ツアーのシステムがよくできていると感じました。

10:30 出港。
さっき見た巨大客船の前を通って、三菱重工長崎造船所の横を通過。
ここであの戦艦「武蔵」が作られたのですね。

20170518-0008.jpg 20170518-0009.jpg


このクレーン(ハンマーヘッドクレーン)も第三ドックも長崎造船所関連遺産のものと案内がありました。

20170518-0010.jpg 20170518-0011.jpg


女神大橋をくぐって、神の島にある神の島教会が見えてきます。聖母マリア像も見ることができました。
途中、伊王島によってお客さんを乗せます。
高島を右に見て、しばらく進むと正面に端島(軍艦島)が見えてきます。
今日は波も高くなく上陸できるそうです。

20170518-0012.jpg 20170518-0013-01.jpg


端島(軍艦島)付近までくると、船は島の東側を反時計まわりに進みます。左側の席から島の建物がよく見えるようです。
船はゆっくりすすみ、建物の名前やどういう目的で使われていたかなど、丁寧な案内がありますが、聞いただけでは覚えきれません。(涙)
途中船はUターンし、上陸地点へと向かいます。今度は右側の席から島がよく見えます。

20170518-0014.jpg 20170518-0015.jpg

20170518-0016.jpg 20170518-0018.jpg


上陸地点であるドルフィン桟橋が見えてきました。
別のツアー会社の船がいるので、しばらく待機です。

20170518-0021.jpg 20170518-0020.jpg


さあ、いよいよ上陸です。
ここまで出港からやく1時間ぐらいかかっています。

[旅行]諫早に行ってきました。

5月17日(水)、対長崎戦のために、諫早市に行ってきました。
試合後は諫早市に一泊し、翌日は長崎で軍艦島観光します。

高速道路は工事中のところが多いです。大分道はウィークでーですので空いています。
ところが長崎道は混んでいます。大型トラックが多いです。やはり九州は東側より西側の方が発展しているのでしょう。

途中、昼食は佐賀県と長崎県の県境近くにある川登サービスエリアで、名物のシシリアンライスと春のセットをいただきました。
ここでうちの奥様はもうお土産を買っています。(笑)

20170517-0001.jpg 20170517-0002.jpg

20170517-0004.jpg 20170517-0003.jpg


お昼過ぎに諫早公園着。眼鏡橋が目的です。
諫早には何度も来たことがありますが、市内でゆっくりしたことはありません。
ここは諫早城址なのですね。

20170517-0005.jpg 20170517-0006.jpg


石橋を渡ったところに、この城址の森の案内板がありました。
この森は、スダジイーミミズバイ群集のようです。確か大分市の柞原八幡宮も同じ群集と思います。
九州には他にスダジイータイミンタチバナ群集やスダジイーヤブコウジ群集などがあります。

20170517-0017.jpg 20170517-0007.jpg

20170517-0008.jpg 20170517-0010.jpg


山道の途中に諫早の銘木というミサオノキがありました。初めて見ます。
諫早城本丸跡にはクスノキが。これは大木です。

20170517-0009.jpg 20170517-0011.jpg


公園は整備されていて、ウォーキングをする人やスケッチをしている人もいました。
諫早城址の頂上からが市内が一望できます。かなりいい運動になりました。
山を下って、早めにホテルに向かうことにします。


20170517-0012.jpg 20170517-0013.jpg


ホテル着。
ここで本日の大ボケが、、、、。
諫早駅近くのビジネスホテルを予約していました。
ホテルの駐車場に車を停めると、横の車は大分ナンバー。おおトリサポじゃと。
「17日+諫早+大分ナンバー=トリサポ」という式が頭の中にすでに出来上がっています。はい、自己中です。
フロントで「今夜宿泊の予約をしている○○です。車を置かせて下さい」というと、係のご婦人が予約名簿を確認しています。
ところが、私の名前がないのです。
「え、確かに予約しています。予約完了のメールもいただいていますので、プリントアウトしたものを持ってきますね」と車に戻って、、。
ははは。ホテルが違っていた!(涙)
私が予約したのは「諫早ターミナルホテル」、今いるフロントは「諫早ステーションホテル」なのです。すみませーん。
でも、この「諫早ステーションホテル」のフロントの方は偉かった。不愉快な態度一つせず、わざわざ道路まで出て、「諫早ターミナルホテル」を教えてくれたのです。すぐ近くです。ここから見えるのです。

今度は間違いなく、「諫早ターミナルホテル」着。
チェックインの時間までには少し早かったのですが、「いいですよ」とのことで部屋に。
戦闘服に着替え、諫早駅周辺をぶらぶら。ちょっと冷たいものでも飲みたかったのですが、適当なところもなく、諫早バスターミナルへ。競技場北口まで140円。


20170517-0015.jpg 20170517-0016.jpg

さあ、「今日も勝つぞ!」
ところが、、、。
あんなことも起こるのです。

[旅行]八重山諸島に行ってきました。(番外編)

3月14日(月)~15日(水)の2泊3日で八重山諸島めぐりのツアーに行ってきましたが、私たちは田舎からの参加ですので、
13日(日)の前泊、15日(水)の後泊を入れると4泊5日の旅行になりました。

さて、この旅行を終えて番外編です。

教訓その1
「先着何組様限定」とかという言葉に惑わされてはなりません。
ツアーの日程やホテルについては事前によく調べておかないと。

随分前から沖縄より南の島、特に西表島に行ってみたいと思っており、機会を伺ってました。
新聞広告に「各出発日先着11名様までしかご案内できません!!」との広告が。
しかも「星野リゾートのスイート・ルームに2泊」ですよ。

すぐに電話で申し込み。昨年のことです。
(不思議なことに、毎日のように送られてくるこの会社の旅行カタログにはのらなかったです)
添乗員さんの点呼などから考えて、私たち夫婦が一番に申し込んだようです。(笑)
です。

でも、小浜島の星野リゾートに2泊するため、かなり時間のロスがあったと思われます。
おまけに、期待の星野リゾートがちょっと、、、。2泊4食がすべてビュッフェスタイルとは。これには参った。
今まで泊まった星野リゾートとは違いすぎました。
あ、誤解のないように書いておきますが、これは星野リゾートや旅行会社を非難しているわけではありません。
この小浜島の星野にはそれなりのコンセプトがあるのですね。
ただ、私たち夫婦にとっては少々違和感があったのです。

教訓その2
やはりベストシーズンに行くのがいい。
南の島です。3月中旬には何とか泳げるのではないかと水着まで持って行きました。他の同行者もそう話していました。
ところが、寒かったですね。朝と夜は暖房を入れました。また、特に朝方は風が強かったです。
夏場は天候もよく、晴れ渡り、海や空の色が一段と映えることでしょう。

各観光地にはベストシーズンがありますが、そのシーズン中は航空チケットなどの入手やホテルの確保が難しく、ツアー催行はなかなかできないでしょう。
でも、私たち高齢者はやはりツアーがいいです。第一効率よく観光できますから。
そうなると、やはりベストシーズンを避けたツアー参加になるのかなあ。難しい問題ですね。

その他(1)
小浜島の「星野リゾートホテル」のこと。
もう4月に入ったので書いていいと思いますが、星野リゾートはこの小浜島からこの3月末で撤退するそうです。
ホテルの従業員の方から聞きました。後は別の会社が経営を受け継ぐのでしょう。
小浜島の星野リゾートは「星野」のコンセプトとはちょっと違うのではと素人目でもわかります。

たまたま大分県の高校を卒業(出身は大阪だそうです)したというイケメン従業員と話す機会がありました。
従業員はどうなるのと聞いたところ、事情で島を離れることのできない人を除いては全員他のホテルに移動だそうです。
うちの奥様が「大分の由布院に星野ができるらしいよ。ぜひ転勤してきて。」と話し込んでいました。
また、私たちの食事の世話をずっとしてくれた小柄の美形従業員の方にも。
「由布院はいいですよ。あの由布院に星野がのりこむのだから、いい勉強にもなるはず。是非に由布院においで」と。

この小浜島の星野リゾート、食事の内容は食材の入手に手ががかる中で、いろいろと工夫されてはいましたが、食器などがちょっとですね。
また、部屋の作りはちょっと安っぽいし、アメニティも、、、。ビジネスホテルではないのですから。

しかし、従業員のかたはみな素晴らしい。よく選考したのか入社後の社員教育の成果なのでしょうか。
今、コミュニケーション能力に問題のある若者が多いというのに。しかもイケメンに美女ぞろい。
うちの奥様が「由布院に転勤希望を出して」と言うのもわかります。

そのほか(2)
八重山諸島5島(石垣島・西表島・小浜島・竹富島・由布島)をめぐってきました。
いろいろ書いてきましたが、行ってよかったです。
あと、鳩間島や波照間島、与那国島もあります。行く機会があるでしょうか。(涙)
今回のツアーでお世話になりました島のみなさん、「ニーファイユー(ありがとうございました)」

さあ、次です。国内はどこにしよう。
北海道でまだ行ったことのない利尻・礼文がいいかな、うちの奥様も行きたいというし。
高山植物が咲き誇る時期がいいなあ。
大分トリニータの試合日程や孫の夏休みの日程もあることだし、、、。ちょっと検討しなくては。

[旅行]八重山諸島に行ってきました。(6)

3月15日(水) 3日目(その2)

12:45 石垣港着。
今も石垣島の英雄である具志堅用高さんの像。随分小さく感じました。
港からはバスで観光です。今日は女性のバスガイドさん付きです。
バスは具志堅さんの生家の前を通って、川平湾に向かいます。

20170315-0087-ss_thumb.jpg20170315-0088-ss_thumb.jpg


石垣島は大きいです。左手の親指と人差指を伸ばし、他は曲げておくと、ちょうど石垣島の形になるそうです。
親指の先端が西の御神崎で人差し指の先端が島の北端平久保崎、曲げた小指の付け根が島の東にある新石垣空港、一番南は手首のところで南石垣市か。なるほど分かりやすい。

途中で昼食です。
このお店、島の伝統的な織物を製造販売しています。早速、うちの奥様がまた何か買っています。

石垣牛とあぐー豚のしゃぶしゃぶをいただきました。
なんと石垣島ではモヤシが高級食材だとか。ほー!
他に、幼児の手のひら大で紫キャベツのような色をした一枚の葉が目につきました。
お店の方に聞いてみると「ハンダマ」と言うそうです。ポリフェノールを始め、ビタミン類が多い健康野菜で、石垣島ではよく食べられているとのこと。
このお店で種でも売ってれば買って帰るのですが、、、。

20170315-0099-ss_thumb.jpg20170315-0091-ss_thumb.jpg

20170315-0093-ss_thumb.jpg20170315-0094-ss_thumb.jpg

20170315-0095-ss_thumb.jpg20170315-0096-ss_thumb.jpg


14:30 川平湾着。
ミシュランのグリーン・ガイド日本版では三ツ星評価がついているとか。
白い砂浜と青い海の対比が実に見事です。真夏に見ればもっと海や空の青さが際立つはずでしょう。

20170315-0105-ss_thumb.jpg20170315-0103-ss_thumb.jpg


浜辺に降りてから遊覧船に乗って、サンゴを見に行きます。

20170315-0110-ss_thumb.jpg20170315-0111-ss_thumb.jpg


観光船の船底は透明になっていて、海底を見ることができます。
船頭さん(地元の漁師の方でしょうね)が、船を巧みに操りながらサンゴや魚を見せてくれます。
写真はシャコガイとアオサンゴですが綺麗にとれていません。
ツアーの同行者が「赤サンゴはないのですか?」と聞くと、「もっと深いところにいますが、中国や台湾の船が網を曳いてかっさらっていきます」と。
また別の同行者が「白いサンゴは死んでるの?」との問に、「そうです。海水温が上がって、カッチュウソウが逃げ出してサンゴが死んでしまいました」と。
え、カッチュウソウ。何十年ぶりかに耳にしました。

サンゴは動物、ポリプという小さな個体(ちょうどクラゲを逆さまにした形をしている)が石灰で身を包み生きています。このポリプに単細胞藻類のカッチュウソウ(褐虫藻)を取り込んでいるのです。
褐虫藻は植物ですから光合成をして、炭水化物などの栄養素や酸素をポリプに与え、褐虫藻はポリプの排泄物などをもらうという、いわゆる共生の関係になっています。サンゴの色はこの褐虫藻の色によるものです。
白色化したサンゴはポリプが残した石灰質でできた廃屋のようなものですね。
この川平湾では昔はいろんなサンゴが見られたたそうですが、今はごく限られた種類しか生きていないようです。

20170315-0114-ss_thumb.jpg20170315-0126-ss_thumb.jpg


船内から沖合を見ると、海の色が微妙に違っていました。もうちょっと晴れていたらもっと綺麗にみえたでしょう。
この湾内では黒真珠の養殖が行われているそうです。

20170315-0123-ss_thumb.jpg20170315-0124-ss_thumb.jpg


バスに戻る途中の自販機に九州では見ることのできないジュースやお茶がありました。
さんぴん茶や現地のジュース類、それに泡盛も数種類ホテルの売店ですでに買っていますので、ここでは写真を採るだけにします。
近くに石垣島で有名な(とバスガイドさんが教えてくれた)かまぼこ屋さんで「モズクかまぼこ」をいただきました。揚げたてのは美味しいです。通販もしてくれるそうです。
このお店の方が「サンゴは見られましたか? 最近は温暖化の影響でカッチュウソウがいなくなり、サンゴが死んでいるんですよ」と。
おいおいこの当たりでは「カッチュウソウ」は日常用語なのでしょうか。(笑)

20170315-0138-ss_thumb.jpg20170315-0139-ss_thumb.jpg


かまぼこ屋さん近くのお店の前にオヒルギを植えてあります。おそらく胎生芽を突き刺して育てたものでしょう。
お土産に欲しいので聞いてみると、売り物ではないとのこと。残念!

20170315-0136-ss_thumb.jpg20170315-0140-ss_thumb.jpg


15:30 川平湾出発。
左側に綺麗な海を見ながら進みます。この海、東シナ海です。
於茂登トンネル(入り口に面白いレリーフがある)を抜け、底原ダムを見て新石垣空港へ向かいます。
途中にサッカーの練習場のようなものがありましたよ。
また、右手の山に天然記念物のヤエヤマヤシ群落があるとガイドさんから教えてもらいましたが、車窓からはよくわかりませんでした。

20170315-0149-ss_thumb.jpg20170315-0147-ss_thumb.jpg


16:20 新石垣空港着。
ここで、添乗員さんとお別れです。お世話になりました。
この添乗員さんは現地の人ではなく、東京から長期の出張と言う形で石垣島にいるそうです。

16:50 新石垣空港発。
那覇空港行きJTA622便で、非常口席(6名分)に乗せられました。夫婦で参加の3組です。
この席はいいですね。手荷物類は足元に置けませんが足が伸ばせます。

17:45 那覇空港着。
ここで乗り継ぎですが、福岡便まで2時間程ありますので、一旦、空港内に出て各自で夕食をとります。
那覇空港は広くて綺麗です。以前何度か来たことはあるのですが(昨シーズン、J3対琉球戦には残念ながら来れませんでしたが)様子が随分違っています。
ランの花が綺麗です。エスカレータのサイドにも飾ってありました。
ここで、沖縄ソバ定食をいただきました。ソバ、好物なのです。ツアー同行者も何組か近くにいました。

20170315-0154-ss_thumb.jpg20170315-0152-ss_thumb.jpg


まだまだ時間があります。
レストラン付近のお店を見てまわります。何か今回の旅行の記念になる野菜の種とか苗木とか、、、。
あったのです。

「まーさん・チシャ菜」の種が。空港で種を買うとか。(笑)
すると、お昼に食べたあの紫色の葉っぱのものがポリ袋にいれて置いてあります。売り物です。
店員さんにこの名前を聞いて(昼食時に教えてもらったのにもう忘れています)メモしようとしたら、奥の方からプリントを持ってきてくれるのです。
「ハンダマ」です。思い出しました。
このポリ袋入り「ハンダマ」は苗ではありません。
でも、「この茎を地面にさしておけばいいですよ。あるいは、このまま水にさしておくと白い根がでてきますので、それを植えてみたらどうですか」と親切に教えてくれるのです。
この女性の方いい人だなと思い、ネームを見るJA沖縄の職員の方でした。さすがです。
お、オヒルギもお土産品として売っている。

20170315-0157-ss_thumb.jpg20170315-0156-ss_thumb.jpg

20070315-100-ss_thumb.jpg

19:55 那覇空港発。
急に搭乗口が変更になっていてました。
福岡行きJTA62便では、最後尾の席が指定されていました。
この席、エンジン音が激しく聞こえてくるのです。眠られません。
那覇便では楽だったのに、福岡便は地獄です。(笑)
ツアー会社が航空運賃もかなり値切って交渉しているから、良い席が割当られていないのでしょう。(笑)

21:35 騒音に耐え、無事福岡空港着。
ツアー同行者のみなさんに挨拶して、ここでお別れです。
これで2泊3日の八重山諸島5島めぐりのツアーは無事終了。
でも、私たちは博多で後泊をします。田舎からの参加ではいつものことです。

22:45 タクシーで博多駅筑紫口前のホテル着。
チェックインの予定がちょっと遅れたので、ホテルから携帯に電話をくれたそうでが、気が付きませんでした。

{3月16日)
9:00 チェックアウト。
博多駅構内のコーヒーショップでモーニング。
パソコン(Let's Note)で仕事をしながら朝食を取っている男性会社員の方、MacBookを使っている仕事が出来そうな若い女性と、、。博多は都会ですねえ。
モーニングを終えて、私はいつものように駅構内の東急ハンズと書店丸善に。うちの奥様はキッテに。

12:30 博多駅発
15:00 無事帰宅。

[旅行]八重山諸島に行ってきました。(5)

3月15日(水) 3日目(その1)
ツアー最終日です。
竹富島と石垣島の観光をし、夕方石垣空港から那覇空港を経由して福岡空港まで帰ります。


07:00 ホテルの部屋から外を眺めてみると、どうやら今日は天気が良くなりそうです。
でも、相変わらず風は強いです。
 
20170315-0002-ss_thumb.jpg20170315-0004-ss_thumb.jpg


2泊もしたホテルの宿泊棟を記念に撮っておきました。

20170315-0007-ss_thumb.jpg20170315-0008-ss_thumb.jpg


変わり映えしない朝食(涙)も終え、もうすぐホテルを出発します。

20170315-0009-ss_thumb.jpg20170315-0013-ss_thumb.jpg


すぐ目の前にある竹富島への直行便はあるはずなのに、運行時刻の関係なのでしょうか小浜港から石垣港へ。
ここで船を乗り換え竹富港へ向かいます。
このツアー、小浜島にある星野リゾートで宿泊することを売りにしているので、こういう時間のロスが生じるのです。
八重山諸島巡りでは、石垣港付近に宿を取り、石垣島を基点に動き回るのが一番でしょう。
石垣港に入ったり出ていったりするときに、巨大なクルーズ船を見ました。
今日のこの船は中国福建省からのお客さんを運んできているそうです。
また、そのすぐ近くに、海上保安庁の巡視船が停泊してました。普段の生活ではほとんど気づくことのない場所で、私たちの生命や財産を守るために働いてくれている人達がいるのです。

20170315-0032-ss_thumb.jpg20170315-0034-ss_thumb.jpg


11:00 竹富港着。
竹富島は周囲9.2km、人口約320人ほどの小さな島ですが、星の形をした砂があることで有名です。
港まで迎えにき来てくれていたバスで最初にカイジ浜(星砂の浜)に向かいます。
途中、デイゴの並木が見事です。

20170315-0041-ss_thumb.jpg20170315-0081-ss_thumb.jpg


11:30 カイジ浜着。
ガイドさん(運転手さん)に従って、星砂を取りに行きます。
え、浜辺全体が星砂で埋め尽くされていると思っていたのに、、、、。
目を凝らして探さなくてはならないのです。孫に見せてあげようと必死で探しましたが、そうたくさんは見つからないのです。
星砂、サンゴが風化してできたものと思っていましたが、これ有孔虫の殻だそうです。
運転手さんの話によると、お店で売っている綺麗な星砂は、漁師の方が海藻の根にいる生きた有孔虫を取ってきて加工したものだそうです。うーん、納得。

20170315-0048-ss_thumb.jpg20170315-0047-ss_thumb.jpg


約15分の星砂採取を終え、コンドイビーチ(遠浅の海岸で海水浴ができる)を車窓から見て、竹富島の伝統的な集落の見学に行きます。
この集落は実に美しかった。

20170315-0056-ss_thumb.jpg20170315-0057-ss_thumb.jpg

20170315-0058-ss_thumb.jpg20170315-0060-ss_thumb.jpg


集落の中心部に「なごみの塔」という場所があり、ここからは集落のほぼ全体が見渡せます。
赤い瓦を葺いた民家とその間には真っ白い砂でできた道路、黄や赤といった原色に近い花と、、、。
実際にここで生活をしている人にとっては不自由なこともあると思いますが、旅行でちょっと来てみるには、本当に素晴らしい風景です。

20170315-0062-ss_thumb.jpg20170315-0063-ss_thumb.jpg

20170315-0065-ss_thumb.jpg20170315-0072-ss_thumb.jpg


民家の塀の傍らにジャスミンが植えられていました。また、バスからずっと見えていたクワズイモも。
このクワズイモ、掘り起こして持って帰り、観葉植物として育てたらどうかと思いましたが、、、、。(笑)

20170315-0070-ss_thumb.jpg20170315-0077-ss_thumb.jpg

20170315-0083-ss_thumb.jpg20170315-0084-ss_thumb.jpg


12:15 竹富港着。
これからまた石垣港に向かいます。午後は石垣島での観光です。
お、港で面白い張り紙を見つけました。「水着でるかないで!」と。
シーズンともなると、多くの観光客が押し寄せ、中には目をそむけたくなるような姿をしていたり、マナーの悪い人もいるのでしょうね。
写真では見えにくいですが、最後の方に、
「*スタイルに自信のある方も、水着で歩くのはご遠慮くださいませ。」と。いいねえ。

12:30 竹富港発。

[旅行]八重山諸島に行ってきました。(4)

3月14日(火) 2日目(その2)
マングローブクルーズの後は由布島に行きます。由布は「ゆぶ」と読みます。

途中、いたるところに「ヤマネコ注意!」の看板があります。
1965年作家戸川幸夫さんによって発見されたイリオモテヤマネコ。ネコというよりヒョウに近い種と聞いています。
最近の遺伝子解析の結果からは独立種ではなくベンガルヤマネコの亜種のようです。
現在の推定生息数は100頭から150頭と聞きました。西表島のような大きな島でこの生息数です。車にはねられたり、偶然目にすることはほとんどないでしょう。

20170314-0082-ss_thumb.jpg20170314-0083-ss_thumb.jpg


11:30 由布島入り口着。
ここから浅瀬を水牛の引く車に乗って渡ります。

20170314-0084-ss_thumb.jpg20170314-0085-ss_thumb.jpg

この牛車を引く水牛はもともと台湾から連れて来て、ここで繁殖させたそうです。水牛の系統ははっきりしています。
今ここでは約40頭が飼育されているそうで、それぞれに名前がついています。
水牛(アジア水牛)は2~3歳ころから訓練を始め、約1年で牛車を引けるようになるそうです。
海の中には絶対に排泄をしないとか、放っておいてもちゃんと目的の場所に車を引いて行けるらしいです。
そう言えば島に向かう時の水牛「みらい」くん、水牛使い(?)のおじさんから、ほとんど指示を受けずに進んで行きました。

20170314-0088-ss_thumb.jpg20170314-0093-ss_thumb.jpg


由布島は島全体が植物園のようです。
オオタニワタリとブーゲンビリアが目につきます。
このオオタニワタリの新芽を食べる地域があることを聞いていたので、売店などで売ってないかと、この旅行中ずっと探していましたが、ここのお店もありません。替わりにサトウキビジュースをいただきました。

20170314-0096-ss_thumb.jpg20170314-0100-ss_thumb.jpg


チョウの飼育室もありました。これは見逃してはなりません。
でも残念なことには季節のせいでしょう、種類も頭数も少なかったです。

20170314-0101-ss_thumb.jpg20170314-0108-ss_thumb.jpg


ところが、飼育室の一番奥で黄金色に輝く蛹を見つけました。その真横には羽化したばかりの見事なチョウが。
「オオゴマダラ」です。これを見られただけでも由布島に来た甲斐がありました。
この蛹の側にボランティアらしいおじさんが立ってチョウの説明をしています。
早速質問をしてみました。「食草は何ですか?」
「キョウチクトウ」です。
「キョウチクトウには毒があるのに平気なのですか?」
「そうのようですね。その毒が幼虫や成虫に残っているので、敵から捕食されないのですよ」と。おお!
食草はキョウチクトウと教えてもらいましたが、よく見てみると、うちの近所にある白や桃色の花をつけるキョウチクトウとは違います。おそらく、キョウチクトウの仲間の植物なのでしょう。

20170314-0106-ss_thumb.jpg20170314-0112-ss_thumb.jpg


植物園の横には水牛の飼育場があります。大きい!
帰りの水牛は「しんたろう」くん。
「しんたろう」くんもよく訓練されていて、来たときよりも少し水かさの増した浅瀬をはゆっくりくっくり進みます
水牛使いのおじさんが蛇三線を弾きながら民謡を歌ってくれています。いいなあ。

20170314-0124-ss_thumb.jpg20170314-0133-ss_thumb.jpg

20170314-0137-ss_thumb.jpg20170314-0143-ss_thumb.jpg


13:15 石垣港に向かう途中、ちょっと遅めの昼食です。
見晴らしのいい場所に建つホテルとレストランが一緒になったようなところで、西表島の郷土料理をいただきました。

20170314-0164-ss_thumb.jpg20170314-0156-ss_thumb.jpg

西表島からホテルのある小浜島までの直行便は少ないということで、一旦石垣島港に。
ここで小浜島便に乗り換えです。かなり時間のロスが生じますが仕方ありません。

16:30 小浜島着。
17:30 ホテルで夕食。また、ビュッへ形式です。(涙)
でも、よく考えてみれば、シーズンに入ればたくさんのお客さんが訪れ、食材から什器などの全ての物資は船で運び込まねばなりません。こういう形式でしか対応はできないのでしょうね。

20170314-0186-ss_thumb.jpg20170314-0187-ss_thumb.jpg


20:00 星空観察も兼ねて、島の先端部まで行って見ることに。
定期的に運行しているバスを利用します。
やはり曇っていて星は見えません。海岸も寂しいものです。
風が強く、しかも寒いのですぐにカフェに退散。

20170314-0190_thumb.jpg20170314-0198-ss_thumb.jpg


このカフェでうちの奥様がちょっと欲しい物を見つけました。
どうも売り物ではないようですので、係の方に伺ってみました。
すると、いろいろ問い合わせの電話を入れてくれています。
「すみません、売り物ではないです」といえば済むのに、非常に丁寧で親切なのです。お手数かけます。
うーん、食事はイマイチですが、接客は実に素晴らしいのです。

20170314-0193-ss_thumb.jpg20170314-0194-ss_thumb.jpg


さあ、明日は最終日。星砂の竹富島に行って、石垣島の観光もします。

[旅行]八重山諸島に行ってきました。(3)

3月14日 2日目(その1)
今日は西表島と由布島の観光がメインです。

07:00 朝食
人気の「黒糖フレンチトースト」はちゃんといただきました。

20170314-0002-ss_thumb.jpg20170314-0001-ss_thumb.jpg


今回のこのツアー、「たったの先着11組様しかご案内できません」とか「手配の難しいスイートルームを交渉の末、2連泊で確保しました」の売り言葉に釣られて参加しました。(笑)
ツアー代金はシーズンオフにしてはちょっと高いです。この代金なら、シーズンオフのハワイに1週間行けます。
3月13日出発便の参加者は、夫婦が3組、ご近所さんグループが8名、お友達グループが3名の合計17名。
新婚さん1組以外はみなさん私たちと同世代です。


8:50 さあ、西表島大原港へ出発です。(小浜島から西表島への直行便は少ないです)
今日も天気が芳しくありません。

20170314-0004-ss_thumb.jpg20170314-0007-ss_thumb.jpg


09:20 西表島大原港着。
シーズンオフというのに、観光客は多いです。
迎えのバスに向かう途中でイリオモテヤマネコの看板を発見。

20170314-0010-ss_thumb.jpg20170314-0014-ss_thumb.jpg


いよいよ期待の仲間川マングローブクルーズ出発です。
おっと間違ってはいけません。マングローブという木はありません。
熱帯や亜熱帯での潮間域に生育する植物を総称して言うのです。この仲間川流域には、オヒルギとヤエヤマヒルギの2種が主に生育しているそうです。

観光船は船の操縦とガイドを一人で行っています。私たちがが乗った船のガイドさんは女性なのか男性なのかわからないのです。冗談を交えながらの案内は上手です。
途中、鳥を見ました、名前がわかりません。

20170314-0027-ss_thumb.jpg20170314-0034-ss_thumb.jpg


観光を終えた船が戻ってきています。

20170314-0030-ss_thumb.jpg20170314-0037-ss_thumb.jpg


マングローブ林は河口から上流に向けて、マヤプシギ、ヤエヤマヒルギ、オヒルギとその構成種が変わってきています。
上流の方ではオヒルギに混ざってアダンやニッパヤシ、サキシマスオウも見られます。
塩分濃度にたいする適応の結果でしょうね。
ヒルギの仲間は体内に取り込んだ塩分を一部の葉に蓄え、その葉を落とすことで、余分な塩分を捨てているそうです。おお!

下の写真はヤエヤマヒルギと思います。根に特徴がありますね。
ヒルギの胎生種子をずっと探していましたが、ボートは川の中心部を、しかもかなりのスピードで走るので、なかなか見つかりません。やっと1本のオヒルギに見つけ写真を取りましたが、うまく撮れていません。(涙)

20170314-0029-ss_thumb.jpg20170314-0039-ss_thumb.jpg


船はさらに上流へ進み、サキシマスオウノキを見るために接岸します。
干潮時には観光船が近くまでいけないので、この巨木見学ができない場合もあるとか。よかった。
このサキシマスオウノキの樹齢は約300年とか。
熱帯や亜熱帯では表土が薄いので、根を地中深く伸ばすことが出来ずにこういう形になるのです。
根ですから当然ここで呼吸もしています。
昔の人はこの板根を切り取って、船の舵として使っていたそうです。


20170314-0054-ss_thumb.jpg20170314-0053-ss_thumb.jpg

さあ、港に戻ります。
途中、マングローブ林にはこんあ大きなシジミの仲間がいるのですよと見せてくれました。
大きいのは大きいのですが、美味しくないそうです。
港の一角にヒルギが芽生えていました。

あ、ガイドさんはなんと女性でした。ツアー同行者の一人が迎えに来てくれていたバスの運転手さんに聞いたそうです。
うーん、イケメンのお兄ちゃんと思っていたのに。

20170314-0073-ss_thumb.jpg20170314-0074-ss_thumb.jpg


さあ、次は由布島に向かいます。

[旅行]八重山諸島に行ってきました。(2)

3月13日(月) その2

小浜島は面積約8平方kmの小さな島です。その1/5位が星野リゾートの敷地とか。(笑)
サトウキビ畑が広がっています。有名?なシュガーロードを見て、ホテルの入口へ。

20170313-0077-ss_thumb.jpg20170313-0079-ss_thumb.jpg


ホテルの部屋を様子を少々。
高齢者夫婦がスイートルームと言ってもなあ。大きなバスタブには手すりが欲しい。(涙)
敷地が広すぎて、フロントなどに移動する時には、いちいちカートを呼ばねばなりません。
眺望もいいのですが、天気がねえ。それに肌寒いのです。部屋には暖房が入っていました。
3月中旬ですので、もう泳げると思って水着も準備してきたのに。一昨日は台風のような大雨も降ったそうです。

20170313-0082-ss_thumb.jpg20170313-0083-ss_thumb.jpg

20170313-0084-ss_thumb.jpg20170313-0088-ss_thumb.jpg

20170313-0087-ss_thumb.jpg20170313-0086-ss_thumb.jpg

20170313-0089-ss_thumb.jpg20170313-0090-ss_thumb.jpg


夕食の時間までかなり時間がありますので、フロントまで散歩してみることに。
南国の植物が綺麗です。
部屋からWi-Fiが使えないようですので、フロントいたスタッフに聞くと、「すみません。部屋からはWi-Fiは使えません」と。
ええ、今時信じられません。と、別のスタッフの方が「お客様、これをお使い下さい」と言って、有線LANをWi-Fiにするアダプターを持って来てくれたのです。

20170313-0094-ss_thumb.jpg20170313-0096-ss_thumb.jpg

20170313-0098-ss_thumb.jpg20170313-0099-ss_thumb.jpg

20170313-0103-ss_thumb.jpg20170313-0105-ss_thumb.jpg


フロントからはまた散歩をかねて部屋まで。
部屋でWi-Fiの設定。ばっちりつながりました。

さあ、敷地の一番北側にある浜辺へいってみることに。こんどはカートをお願いしました。
丁寧にも部屋までスタッフが迎えに来てくれるのです。
さすがに星野リゾーと、スタッフはみな美男・美女ぞろい。それにコミュニケーション能力が高いのです。

浜辺に来て見ましたが、人は少ないし、だれも泳いでいません。(笑)
ちょっと寒いのすが、我慢して(笑)、ちょっと真夏の気分に浸ってみました。

20170313-0109-ss_thumb.jpg20170313-0110-ss_thumb.jpg

20170313-0112-ss_thumb.jpg20170313-0114-ss_thumb.jpg


17:30 夕食の時間です。
え、ビュッフェ形式? 
星野リゾートでバイキンクか。ちょっと驚きです。まあ、南の離島、仕方ないかも。
郷土料理を中心に、いろいろ工夫されたものが並べられていましたが、料理の内容よりもスタッフとの会話が楽しかったですね。

20170313-0121-ss_thumb.jpg20170313-0120-ss_thumb.jpg

20170313-0123-ss_thumb.jpg20170313-0118-ss_thumb.jpg

夕食後は部屋でのんびりと。今回は「優雅なる」ツアーなのですから。(笑)
あ、綺麗な星空はみ見られませんでした。

明日はずっと行きたかった西表島に行きます。

[旅行]八重山諸島に行ってきました。(1)

3月13日(月)~15日(水)の2泊3日で八重山諸島に行ってきました。

その名も「~Cystalhert~少人数で行く優雅なる八重山諸島めぐり3日間」という何となく高級感あふれる(笑)ツアーです。
あの星野リゾートの「リゾナーレ小浜島」のスイートルームに2泊できるというので昨年申し込んでおいたものです。

このツアーも福岡発ですので、田舎から参加の私たちはいつもように前泊と後泊が必要です。
12日(日)、対山口戦に2-0と勝利し、気分良く旅行に出られます。試合終了後、たまたまドーム近くで火事があり、なかなか駐車場から出られないというハプニングもありましたが、一旦自宅に帰り、そのまま列車で博多へ。
21時過ぎに博多着。駅前のホテルに泊まります。

13日(月) ツアーは福岡空港に06:10集合です。地下鉄空港線の博多駅始発は05:50、福岡空港には06:03着とか。始発時刻がもっと早いと思っていたのに。
ぎりぎり間に合いそうですが、もし遅れて係の人などに迷惑をかけたらいけないので空港まではタクシーで。

飛行機の予定は、福岡空港07:15発、那覇空港08:50着。ここで乗り継ぎ。那覇空港09:30発、石垣空港10:30着。
那覇便も石垣便も満席状態。シーズンオフのこの時期でこれですから、シーズン中は航空券の入手が難しいでしょうね。

20170313-0002-ss_thumb.jpg20170313-0010-ss_thumb.jpg


石垣空港、意外に大きいので驚きました。

20170313-0015-ss_thumb.jpg20170313-0016-ss_thumb.jpg


空港からはバスで昼食会場へ。
11:20 「船蔵の里」というお店に案内されました。八重山そば懐石をいただきます。
雰囲気のあるお店です。

20170313-0020-ss_thumb.jpg20170313-0021-ss_thumb.jpg

20170313-0022-ss_thumb.jpg20170313-0023-ss_thumb.jpg

20170313-0026-ss_thumb.jpg20170313-0029-ss_thumb.jpg

20170313-0030-ss_thumb.jpg20170313-0032-ss_thumb.jpg


このお店、庭も広いです。奥の方は海岸へつながっています。
残念なことに、今日は曇り空。透き通るような海や空を期待していたのですが。

20170313-0034-ss_thumb.jpg20170313-0035-ss_thumb.jpg

20170313-0048-ss_thumb.jpg20170313-0041-ss_thumb.jpg


そば懐石に満足して、石垣港へ。ここからホテルのある小浜島に渡ります。
出港まで時間があるので、荷物を預けて港近くの市場に向かいます。
市場はこの730交差点にある記念碑(1972年の沖縄返還。1978年7月30日左側通行に戻した)の近くです。

20170313-0053-ss_thumb.jpg20170313-0056-ss_thumb.jpg


ツアーは始まったばかりですが、ここで最初のお土産をどっさり。
というのもたくさん買うと送料無料で自宅まで送ってもらえるというのです。
おすすめのお土産品は、バスの中でガイドさんがちゃんと紹介してくれています。
この市場、中国人観光客もいっぱいいます。

20170313-0060-ss_thumb.jpg20170313-0064-ss_thumb.jpg


13:30 石垣港に再集合。
13:50 出港。竹富島の西側を走るようです。
船はかなり揺れるので、船酔いの心配な方はできるだけ真ん中の方へとガイドさんから注意ががありましたが、あえて一番前の席へ。
確かに揺れます。上下に激しく揺れるのです。時折、船底が叩かれ大きな音がします。だいたい時速60kmで走っているようです。

20170313-0068-ss_thumb.jpg20170313-0072-ss_thumb.jpg


14:25 小浜島港着。ホテルから迎えのバスが来ています。 

20170313-0074-ss_thumb.jpg20170313-0075-ss_thumb.jpg

さあ、期待の星野リゾートです。

| NEXT≫