日韓次世代交流映画祭

11月14日(金)、別府市ビーコンプラザで行われた、「日韓次世代交流映画祭」開幕式に行ってきた。

「次世代」という文言にちょと抵抗があったのだが、韓国映画や韓国歴史ドラマ好きなオッパーには見逃せない催し物である。年を顧みず思い切って出かけてみました。この映画祭、11/8?11/16の日程であるが、仕事などの都合で開幕式にしか出席できないのが残念である。

image02.jpg会場前には黒いスーツを着た若者がたくさんいた。まるで就職説明会の会場に来たようだ。
韓国映画に興味をもつ人が少ないだろうし、また今回の催し物もあまりPRが行き届いていないのであろう、会場には学生を中心に約400名程の出席者である。
開幕式というので、大学側から服装の指示が出ていたのであろうか、学生達が皆同じスタイルなのである。
映画祭という場であるからもっと自由で個性的な、中には奇抜な格好をしてきてもいいと思うのだが。。。
上から何か言われると黙って右へならえをする最近の従順な若者を年寄りのオッパーは理解できないのである。

この映画祭の実現に尽力された県立芸術文化短期大学、別府大学、韓国東亜大学などなどの関係者の祝辞に続いて、韓国の黒澤明と言われるイム・グォンテク監督、女優カン・スヨン、オ・ジョンヘからの挨拶があった。
監督は非常に温厚で控え目な人物のように見えた。また、女優の二人は日本ではあまり知られていないが、さすがにオーラが感じられた。

この後、イム・グォンテクの作品「風の丘を越えて?西便制」の上映があった。
イム・グンテク監督はこの他、「太白山脈」、「春香伝」、「酔画仙」、「下流人生」、「族譜」などたくさんの作品を作っている。オッパーは監督の最新作「千年鶴」以外は上記の作品は全て見ており、好きな監督の一人である。

映画「風の丘を越えて?西便制」はパンソリ芸人の親子三人の物語である。韓国の近代化につれて、民衆から次第に忘れさられいくパンソリ、また、差別されるパンソリの歌い手が描かれている。日本で言えば、なにわ節・浪曲に相当するものだろうか。また、昔、北陸地方を中心にいた瞽女(ごぜ)の物語といったところであろうか。
映画全般にわたって演じられるパンソリ、これを実際に歌っているのが主役ソンファを演じたオ・ジョンヘで今日舞台で挨拶をした女優さんである。この女優さん、韓国音楽科に進み、韓国の人間国宝といわれるパンソリの第一人者の方から指導を受けたという。見かけはごく普通の韓国女優さんといった感じがするが、すごい実力をもった人であった。
映画の終わりのほうで、田舎道(おそらく全羅道だろう)で三人が珍道アリラン(珍島アリラン?)を歌い踊るシーンがあるが、この会場で見てもまた感動したのであった。
パンソリと言えば、韓国ドラマ「英雄時代」の中でも主役の恋人役(名前は忘れてしまった)が歌っていた。役者本人が歌っているのかどうかはわからなかったがこれもよかった。

さて、この日韓次世代交流韓国映画祭、今回は半日しか行けなかったが、来年も是非参加したい。湯布院の湯布院映画祭、韓国釜山市の釜山映画祭が定着している。日韓映画祭は別府市で続けて欲しいものである。

 

8月15日、ソウル市庁舎前広場

2008年8月15日、韓国では第63回目の光復節であり、また、独立60周年の記念行事が行われるという微妙な時期に家族7人でソウル旅行をした。


宿泊したホテルの部屋からソウル市庁舎前の広場が見下ろせる。

IMG_2429-s.jpg

8月14日朝、今日から行われるイベントに備えて会場作りをしている。ワールドサッカーのとき、ここにソウル市民10万人が集まって「大韓民国(テーハミングク)!」と叫んだ場所である。昨夜は深夜遅くまでまで大音量で何かの曲を流していた。

IMG_2494-s.jpg

8月15日、光復節と独立60周年の記念行事で李明大統領が演説をするのだろう。光化門を中心に交通規制がしかれ一般車両は全く通行できない。おかげであの広い広い道路を自由に歩き回ることができた。
市内中心部は警察官と警察車両ばかり。韓国中から集まっているのか。若い高校生のような警察官が多い。

IMG_2500-s.jpg

日本で福田総理が演説するといってもこんなにも過剰な警備はしないだろう。とにかく警察官ばかり。ところが意外に緊張感がないのである。タバコ吸ったり、缶コーヒー飲んだり、中には携帯でメール打ったりしている警察官もいる。おいおい、警備は大丈夫か。

IMG_2510-s.jpg

市内でも光化門以外は普段と変わらない。先日、放火にあって崩壊した南大門。復旧工事が行われている。

IMG_2519-s.jpg

昼過ぎ、いつの間にか市庁舎前広場が警察車両によって完璧に取り囲まれている。人ひとり広場に出入りできない。みごとである。
どうも、アメリカ産牛肉輸入再開反対デモ、反李明博大統領デモがこの広場に集まるのを封じ込める作戦のようだ。

IMG_2473-s.jpg

市内で見つけたアメリカ産牛肉輸入反対(と思われる)の垂れ幕。

IMG_2532-s.jpg

夜、明洞。若者にとっては光復節、独立記念行事もあまり関係ないようだ。いつ来てもここ明洞は人が多い。
韓国人のパワーを感じる。面白いことに気がついた。ソウルで茶髪を見ることは本当に少ない。茶髪で奇抜な格好をした若者は間違いなく日本からの観光客である。不思議である。
お店や屋台では日本語が通じるし、周囲を歩いている人も日本人と区別がつきにくい。日本の原宿や渋谷とあまり変わらない。
ただ、韓国の女性はスリムで、肌が綺麗だとうちの奥様が言う。カプサイシンのせいだろうか。これも不思議である。

IMG_2535-s.jpg

明洞で2つのグループのデモを見た。反李明博大統領デモのようだ。参加人数も多くなく、ごくおとなしいデモである。
ところが、デモの人数よりも多くの機動隊員が盾をもって出動の準備をしている。写真をとったら何か言われるかなと思ったがおとがめなし。記念に一枚。ストロボの光が弱くよく写っていないのが残念であった。

IMG_2539-s.jpg

16日朝、深夜に警察車両が移動したらしい。みごと。
あれだけの警察官もどこに消えたのだろう。
この数日間の警察の動き、考えてみたら結構恐ろしいことである。



 

 


 

 

 

 

 

 

美女は。。。

このところBlogの更新をさぼっています。
トリニータの宝物の選手は、他チームから取られるばかり。。。。。寂しいですね。気分が滅入ってくるばかりです。

で、気分転換に、昨年韓国で大ヒットした映画「美女はつらいの(カンナさん大成功です!)」を見ました。
Bijo.jpgこの映画、身長165cm、体重95kgもあろうかと思われる、もてない女性が、美容整形で165cm、45kgのみごとな美女の歌手に変身し、人生ががらりと変わったのですが、でも。。。という内容。
もともと日本の漫画「カンナさん大成功です!(鈴木由美子)」をもとにした映画だそうで、韓国における美容整形社会を痛烈に風刺した作品になっている。
物語はありきたりな話なのですが、韓国の人々(いや、日本人もか)の美容整形に対する、ホンネとタテマエが見えて非常に面白い作品となっている。

主役は、キム・アジュン(金 亜中)、今まで見たことのない女優さんであるが、演技がうまいし、歌唱力もある。映画の中で歌われる「Maria」はいい。最初、別人が歌っているものとばかり思っていたところ、キム・アジュン本人の歌という。すごい女優が現れたものだ。
整形前の太った女性も、キム・アジュンが特殊メイクをして演じたという。彼女はこの特殊メイクのままソウルの街を歩き、好奇な視線を浴び、役者づくりの参考にいたという。
また、この映画の主役選考の過程で、絶対に美容整形をしていない役者をという監督の強い希望で、最終的に彼女が選らばれたそうだ。多くの有名女優が選にもれたらしい。
ちなみに、アジュンは亜細亜(アジア)の中心という意味で、本名だそうだ。また、兄の名前は世界の中心ということで、世中(セジュン)というそうですよ。

相手役はチュ・ジンモ。この人は私の大好きな役者さん。日本ではあまり評判にならなかった韓国ドラマ「パンチ」でシン・ミナと共演していたし、「ファッション70's」でいい演技をしていた。

これからこの映画を見ようとしている人は、エンドタイトルが流れ始めたと言って席を立ったり、プレーヤーを止めてはなりませんよ。最後の最後まで見ないといけません。
さあ、美容整形についてどう思いますか。それは、タテマエ?、それともホンネ?
こういうラブコメを作らせたら、韓国は実にうまいですね。



史実とフィクション

今日も、韓国ドラマネタを。
韓国歴史ドラマが面白い。韓国史を体系的に学んでいないオッパーにとっては、いい勉強になる。でも、ドラマである。史実とフィクションをどう組み合わせていくか、脚本家の腕の見せどころであろうし、その背後には国家の意図が見え隠れする。
この点を考えながら、調べながら見ると、歴史ドラマは一層面白い。おかげで韓国史関係の本をたくさん買い込むはめになった。

昨日の「王の女」でも、

 

>>続きを読む

「朝鮮王朝実録」

久しぶりに、韓国歴史ドラマネタを。
book0420.jpg大分トリニータ、今週はホームでの試合がありません。
時間がありましたので、韓国歴史ドラマ「王の女」(全42話)を見てしまいました。
この物語、朝鮮王朝(李氏朝鮮)第15第の王である光海君とその王を取りまく女たちを描いたもの。
朝鮮王朝歴代27代の王の中で、諡(おくりな)に祖とか宗という敬称が付かない王が2人います。一人は第10代の燕山君とこのドラマの王、第15代の光海君です。


燕山君は韓国映画「王の男」でも描かれた王様、また、「大今長(チャングムの誓い)」の最初の方で、女の人が王命で毒を飲まされて死ぬシーンがありますが、あの女の人が、彼の実母です。彼は、実母が毒殺されたことを王位についてから知り、その当時の関係者を次々に殺していくのです。また、放蕩の限りをつくしたため、周囲からの反感を買い、死後、君のままなのです。

ところが、15代王の光海君は、歴史書では暴君のように書かれているのですが、事実はどうも違うようで、対外政策や文化行政の面で優れた業績を残して、最近はこの光海君の再評価がされています。この「王の女」も彼を暴君でなく、名君として書かれています。

このドラマを見ているとき、たまたま、町の図書館で「朝鮮王朝実録(朴永圭 新潮社)」という本を見付けました。この本、非常に面白い本です。これは手元に置きたいと思い、アマゾンで買おうとしました。ところが絶版のようです。ユースドが5800円で3冊、7980円で1冊だけ出ております。もともと2300円の本です。1997年出版で、こういう類の本は出版部数も少ないのでしょう。どうしようか。ちょっと高いかな。
この本を読んでみると、ドラマ化できそうな話が一杯のっています。

さて、22日は、対横浜Fマリノス戦です。オッパーの配下のもの3人を現地に送り込みます。試合経過は携帯で連絡がはいるはずです。

韓国関連本 2006年ベスト5

今年は韓国歴史ドラマをたくさん見ました。「海神」、「シンドン」、「ソドンヨ」、「太祖 王建」、「朱蒙」、「第五共和国」、「ソウル1945」。。。。
そのため、韓国史に興味がわき、韓国史をを中心に韓国関連の本をたくさん読みました。
で、、オッパーが選んだ、2006年韓国関連本ベスト5です。


>>続きを読む

韓国関連本 「なるほど!これが韓国か」

J1のリーグ戦が終わり、後は天皇杯の決勝戦が楽しみだけ。
このシーズンオフ?を使って、たまっている韓国ドラマ、韓国映画を見ることにします。

 

なるほど.jpgさて、先日、近くの街に「歴史物語 朝鮮半島」(朝日選書 朝日新聞社)を買いに出かけました。田舎に住んでいますので、本は普段はアマゾンで購入です。でも、時には大きな書店にいくことも必要です。Ki書店で、探してした上記の本は見つかりました。と、すぐその隣に、「なるほど!これが韓国か」というのがあります。書名からすると、そうたいした内容の本とは思われません。一応手にとってパラパラとめくってみました。
ところが、いいのです。サブタイトル?に、?名言・流行語・造語で知る現代史?と書いてあます。どうもこの本、内容の割に、書名がよくないです。「言葉で知る韓国現代史」とでもすれば、もっと」わかりやすいはずです。

1945年、朝鮮半島が解放されてから、最近までの流行語を一つひとつ取り上げ、その言葉の生まれた背景、言葉の解説、知っ得知識が書かれています。読んでいくと、韓国の現代史がやさしく理解できます。特に知っ得知識には韓国ドラマや映画の場面でその言葉がどう使われているかも紹介されいます。
「第五共和国」、「ソウル1945」を見始めてから、韓国現代史に関係する本を読んできました。固い?本の多い中、この「なるほど!これが韓国か」は、ちょっと異色です。ドラマや映画と関連づけながら、韓国現代史がわかります。なかなか興味深い本です。
いい買い物をしました。やはり、時には大きな書店に行く必要があります。

 

 

 

韓国現代史(韓国歴史ドラマから)

ここしばらく大分トリニータの試合がホームではありません。10/14の熊本での対セレッソ戦には出かける予定をしています。その間、土日は少し時間に余裕ができたので、HDDにため込んでおいた韓国ドラマをみることにした。
韓国恋愛ドラマはつれいあいの方にまかせて、オッパーはもっぱら歴史ドラマを中心にみています。
「シンドン」、「ソドンヨ」、「太祖大建」、「朱蒙」と見ていますが、特に韓国現代史を扱った「ソウル1945」、「第五共和国」にはまってしまいました。

>>続きを読む

ホテルのCATV

韓国旅行で宿泊したホテルはでCATVが流れていました。
時間を惜しんでCHを回してみました。いくつかのドラマ番組をチェックしましたが、韓国語がわかりませので、何のドラマかわからないままに終わりました。でも、知ってる俳優さんが何人も出ていました。

さらにCHを切り替えていたら韓国映画をみつけました。韓国軍の兵士と北朝鮮軍の兵士が出てきます。この両軍が突然昔の韓国の時代にワープ?するのです。ちょうど、日本映画の「戦国自衛隊」のパクリのようです。北朝鮮軍将校役として、韓国ドラマ「ホテリアー」でホテルの支配人をしてたキム・スンウssiが出演しています。帰国して調べたところ、韓国映画「天軍」に間違いないです。

CATVでは中華CHも流れていました。いいものがあってました。ハングルの字幕付きで。内容からすると中華人民共和国の建国の歴史番組のようです。番組の終わりにタイトルがでました。
「大長征」。おお、毛沢東や朱徳や主恩来の話じゃないか。 見たい、見たい。日本語字幕付きで見たい。
DVDで是非入手したい。このドラマの情報を持っている人、是非連絡下さい。

月曜日の早朝には「王の女子」が放送されていました。これはわかりました。


最後に、ハプニング。
TVを見ていたら、急に映らなくなってしまいました。こういう時にはすぐにTVの裏側を見るのです。やはり3C-2Vの同軸ケーブルのコネクタが壊れています。すぐに修理をと。ところが旅行中ですので工具を持ってません。周囲を見渡すと、部屋に備え付けてあるボールペン、先ほど飲んだ缶ビールのリップル(というのかな)がある。これを使って、ケーブルの皮をむき、心線を出してコネクタに差し込む。うまくいった。 ホテルに修理代分を請求しょうか。

韓国映画「僕の、世界の中心は、君だ」を見た

Wサッカー、日本代表がふがいない負け方をしたので、気分転換?に韓国映画「僕の、世界の中心は、君だ」を見た。この映画、主役は「秋の童話」、「オールイン」のソン・ヘギョssiと「猟奇的な彼女」のチャ・テヒョンssi。

>>続きを読む

| NEXT≫