FC2ブログ

[トリ]フラッグが当たりました。

12月20日(金) クラトリで大分トリニータの来シーズン年間パスの申し込みとDAZN年間パスの購入をすませました。
義妹夫婦も一緒です。

DAZNの年間パスにはゴールドカードというのがあって、通常とはデザインが違い(おそらく各チーム独特のものになっているのでしょう)、何らかの特典もついているらしいのですが、私が選んがものはは普通のカードでした。

ついでに、トリニータグッズ(キャップ)を買ったところ、三角くじを引けるというのです。
うちの奥様が引いたところ、なんとトリニータのフラッグを引き当てました。
しかも、カオルちゃん(高山薫選手)のサイン入りなのです。


20191221-082243-0_ss.jpg 20191221-082622-0_ss.jpg


2019年シーズン、ずっと高山選手のゲーフラを上げ続けた私にとっては、高山選手からの最高のクリスマスプレゼントと思っています。

[トリ]お花とニータン、2019シーズン。

お花とニータン。2019年シーズン。

今シーズンもホーム戦ではお花とニータンを撮っておきました。
来シーズンもどうかお願いします。


第2節 3月2日(土) 松本山雅FC ● 0-1


20190302-134241-0_ss.jpg 20190302-145514-0_ss.jpg


第4節 3月17日(日) 横浜F・マリノス ◯ 2-0


20190317-134234-0_ss.jpg 20190317-170129-0_ss.jpg


第5節 3月30日(土) サンフレッチェ広島 ● 0-1


20190330-164428-0_ss.jpg 20190330-175012-0_ss.jpg


第7節 4月14日(日) ベガルタ仙台 ◯ 2-0


20190414-134222-0_ss.jpg 20190414-175946-0_ss.jpg


第10節 5月4日(土) サガン鳥栖 ◯ 2-0


20190504-140148-0_ss.jpg 20190504-180111-0_ss.jpg


第12節 5月18日(土) 清水エスパルス △ 1-1


20190518-141330-0_ss.jpg 20190518-175918-0_ss.jpg


第13節 5月26日(日 )川崎フロンターレ ● 0-1


20190526-134145-0_ss.jpg 20190526-180259-0_ss.jpg


第15節 6月15日(土) 名古屋グランパス △ 1-1


20190615-164600-0_ss.jpg 20190615-164152-0_ss.jpg


第17節 6月30日(日) 浦和レッズ ◯ 2-0


20190630-164309-0_ss.jpg 20190630-174430-0_ss.jpg


第19節 7月13日(土) 北海道コンサドーレ札幌 ◯ 2-1

インド・ラダック旅行中のため、参戦できませんでした。


第22節 8月10日(土) ヴィッセル神戸 △ 1-1


20190810-155252-0_ss.jpg 20190810-210034-0_ss.jpg


第23節 8月17日(土) 鹿島アントラーズ ● 0-1


あれ、ニータンの写真があない。


20190817-155600-0_ss.jpg


第26節 9月14日(土) 湘南ベルマーレ ◯ 2-1 (大分市営陸上競技場)


20190914-155108-0_ss.jpg


第27節 9月28日(土) ジュビロ磐田 ● 1-2 (大分市営陸上競技場)


20190928-154836-0_ss.jpg


第30節 11月2日(土) FC東京 ● 0-2


20191102-124009-0_ss.jpg 20191102-170453-0_ss.jpg


第31節 11月10日(日) ガンバ大阪 ◯ 2-1


20191110-113701-0_ss.jpg 20191110-160135-0_ss.jpg


第34節 12月7日(土) セレッソ大阪 ● 0-2


20191207-113922-0_ss.jpg 20191207-171423-0_ss.jpg

[トリ]アウェイ感漂う市陸での試合。第26節、対湘南戦。

9月14日(土) アウエイ感漂う大分市営陸上競技場での第26節、対湘南戦。2-1。


20190914-195217-0_ss_20191006124030605.jpg 20190914-195630-0_ss_20191006124056575.jpg


ラグビーワールドカップが大分で開催されるため、9月(ホーム2試合)はここ市陸での開催となります。
自宅から車で大分へ。
大分駅の駐車場に車を置いて(駐車料金が高くなるのは覚悟の上)、アミュプラザで食事をして、シャトルバス乗り場に向かおうとしていたら、たまたまKaのお母さん(娘2のお姑さんで熱心なトリサポ)に出会いました。
「シャトルバスの出る近くに安い駐車場があるよ」と教えてもらい、車を移動。Kaのお母さん、ありがとう。
シャトルバス第1便(笑)に乗って、市陸へ。
バス会社のスタッフの方が丁寧に案内をしてくれて、何の問題もありませんでした。

ここでトリニータの試合が行われるのは17年ぶりとか。
確かに来てはいるのですが、あまり記憶にありません。
今日、ここはトリニータのホームスタジアムなのに、何かアウェイに来たような気がしてなりません。

試合前のイベントとして、高校生のブラスバンド演奏とバトンがありましたが、ブラスバンドはよく見えませんでした。


20190914-144630-0_ss_20191006124021635.jpg 20190914-170006-0_ss_2019100612402279d.jpg


湘南サポの皆さんとたくさんのトリサポの姿を見て、ああ、やはりここはホームかと。


20190914-171703-0_ss_20191006124024a9b.jpg 20190914-171807-0_ss_20191006124025de9.jpg


肝心な試合は、三平と伊佐のゴールによって2-1で勝利。
これで今シーズン目標の勝ち点まで6点です。次節の対磐田戦で勝利すればなんとか残留の目処が付きそうです。
でも、我が大分トリニータは弱い相手に「勇気と希望」を与えるチームですから、現在最下位の磐田に勝てるかどうか。
あ、試合終了五には湘南の梅崎選手が挨拶にきてくれました。ずっとトリニータのことを忘れずにいてくれてありがとう。

市陸でのトリサポのみなさんはすごいです。
私たちがいたゴール裏に相当する芝生席は全員立って応援。バックスタンドにあたるところは全員見事に座ったままです。
バックスタンドの芝生せきはまるでベンチがあるようでした。

ゴール裏の正面にある建物は私にとって非常に懐かしいところです。
若い頃(半世紀前か!)の職場です。
あのちょっと突き出た建物の部屋に無線室作って、その横にに21MHzの2エレクワッドを上げたこともあります。
UeくんやNaくんは元気にしているかな。私とあまり歳は変らないはずですが。


20190914-172741-0_ss_20191006124027e0e.jpg 20190914-173748-0_ss_20191006124028ba6.jpg


さあ、次節の対磐田戦もここです。
市陸2連勝でJ1残留の目処をつけよう。

[トリ]なかなか勝てません。第25節、対松本山雅戦。

8月31日(土) なかなか勝てません。第25節、対松本山雅戦。0-0。

DAZNとBSで観戦。

前半、後半ともに、うちがボールを持つと、松本は5-4-1と徹底して守りに入り、両サイドからの攻撃もつぶされてしまう。
うちは個人技で突破してしてシュートを打つというようなチームでもないので、こう引かれてしまうと、相手を壊すことはなかなか難しい。
試合は終始大分のペースで進んだと思うが、、。シュート数も山がより多いが、決定力がないと言われれば、そうとしか言いようがない。
伊佐が戻ってきたことは好材料。

この夏場(7月~8月)にかけての試合結果は以下の通り。

7/06 第18節(A)  ● 大分0-1横浜FM
7/13 第19節(H)  ○ 大分2-1札幌
7/27 第20節(A)  ● 大分1-3川崎F
8/04 第21節(A)  △ 大分2-2鳥栖
8/10 第22節(H)  △ 大分1-1神戸
8/17 第23節(H) ● 大分0-1鹿島
8/24 第24節(A)  △ 大分0-0広島
8/31 第25節(A)  △ 大分0-0松本

この2ヶ月間の得点は合計6点、失点は合計9点。
強豪相手にはよく頑張っているのは事実。大負けはしてないのです。
でも、勝てないのです。

あと残り9試合。胸が締め付けられるような試合が続くと思う。
何とかJ1残留というチームの目標を達して欲しい。

さて、今日の放送。
DAZNの解説者が早口でよくしゃべること、しゃべること。
事前に両チームの情報をたくさん持っているので、しゃべりたいことがいっぱいだったのでしょう。
でも、高齢者の私には聞き取れないことも多くなってきたので、試合開始後15分後からBSに。
解説者の木村さん、静かです。あまりしゃべりません。いいなあ。(笑)

[トリ]第24節対広島戦に行ってきました。(2)

8月25日(日) 勝ち点1を持って帰ります。

途中、岩国市の錦帯橋に寄ります。世界遺産です。
5連のアーチからなる橋は美しいです。「機能美」という言葉がありますが、まさにこれですね。


20190825-103637-0_ss.jpg 20190825-104355-0_ss.jpg


20190825-104300-0_ss.jpg 20190825-104803-0_ss.jpg


橋を渡るとお土産屋さんがあります。私以外はここで鮎の塩焼きをいただきました。
私、鰻や鮎は苦手です。私なりの理由はあります。(笑)


20190825-110300-0_ss.jpg 20190825-105926-0_ss.jpg


さて、次はずっと気になっていた「いろり 山賊へ。
高速は走らず、国道2号線を下関方面へ。
本当に山賊でも出てきそうな山道をいくと、突然、、、。まあにぎやかなお店が。
でも、日曜日とあってか駐車場にも入ることができません。
仕方なく少し進むとまた同じようなお店が。
ここもお客さんでいっぱいです。駐車場にいる警備員の方からバツのサインが。

あきらめて帰ろうとも思ったのですが、「いろり 山賊 老松」店に行ってみることに。
運のいいことに、ちょうど1台の車が駐車場から出ていきました。

店内にはお店の名前のように巨大な松の木が。これはすごい。


20190825-121720-0_ss.jpg 20190825-124709-0_ss.jpg


いただきましたよ。ここの三大名物。
若鶏を炭火で焼いた「山賊焼き」、梅・昆布・鮭の入った大きなおむすび、あたたかい山賊そばの小さいバージョン(一口そば)を。
いやー、お腹がはちきれそうです。おむすびが大き過ぎました。
お土産には、おはぎも買いました。


20190825-121902-0_ss.jpg hiroshima03_ss.jpg


さあ、今日の目的は果たしました。帰ります。
国道2号線沿いには廃業したお店が多いようです。高速道路で車の流れが変わったのでしょうか。
私達も国道から高速へ。
しばらく走っていると、前にトリニータのトラックが。お互い事故のないように安全運転で走行しましょう。

[トリ]よく守り抜いた。第24節、対広島戦。

8月24日(土) よく守り抜いた。第24節、対広島戦。0-0。


20190824-190352-0_ss.jpg 20190824-205506-0_ss.jpg


前回のアウエイ対広島戦(2013年5月)では0-1で大分が負けてしまい、ホテルをキャンセルしてそのまま大分に帰ってしまいました。(おそらく、負け方がひどかったのでしょう。もう記憶にありません。)
今日は何とか勝って、明日は錦帯橋の観光をさせて欲しい。(笑)


20190824-181155-0_ss.jpg 20190824-182251-0_ss.jpg


試合が終わってみれば、0-0のドロー。
シュート数はなんと広島20本、大分3本。

前半も後半も広島の前掛かりな攻撃が続きます。広島強気です。
大分ごときにドローで終わらせられないと攻め立ててきます。
大分としては「思うつぼ」です。
ロスタイムあたりで、カウンター一発、劇的勝利と期待していたのですが、、。
広島は強い。

でもまあ、アウェイで勝ち点1が取れたので良しとしよう。甘いかな。


さて、広島のスタジアム。外ではいろんなイベントがあったのに、開門入場のスタジアム内では子どもたちの試合があっただけで、その後、何もありません。クラブからの挨拶も、スポンサーからの挨拶も。
「大分からようこそ」位は言って欲しかった。(広島サポさんからは言われたが)
それに、トイレが遠いです。スタジアム内の水(ペットボトル)が200円とは高すぎませんか。

[トリ]第24節対広島戦に行ってきました。(1)

8月24日(土)~25日(日)にかけて、対広島戦に参戦してきました。

やっと広島に来ることができました。
前回は確か2013年5月だったと思います。広島は当時まだ西川周作選手がいて、うちには土岐田やチェ・ジョンハンがいたと思う。
このときの試合、0-1でトリニータが負けしまった。試合後は岩国に一泊して翌日、錦帯橋などを観光して帰るつもりだったが、負けたのに腹が立って、岩国のホテルをキャンセルし、そのまま大分まで帰ってしまいました。(笑)

さて、今回は、、、。
05:00 自宅出発。義妹夫婦と一緒なので楽です。(スミマセン)
ホテルの予約、チケットの手配、運転まで全ておまかせです。

09:30 広島駅近くのホテルに到着。平和記念公園に向かいます。
妹だけが平和記念資料館に行ったことがないと言いますが、時間の関係で次回にしました。
この公園に来ると思うことがたくさんあります。

「平和」は世界中の人が望み、その実現に向けて努力しているわけではありません。
戦争を起こしたがっている人達がいることを私達は忘れてはいけないのです。


20190824-104859-0_ss.jpg 20190824-105604-0_ss.jpg


20190824-105949-0_ss.jpg 20190824-110258-0_ss.jpg


11:30 お昼近くになりましたので昼食を。もちろん、「お好み焼き」でしょう。
商店街でビラ配布をしていた若いお嬢さんにおすすめのお店を聞いてみました。
近くに「お好み村」というのがあって、その中に大人気のお店があるようです。
すすめられたお店に向かう途中、東京からのトリサポさんたちに遭遇。ご一緒することに。
大人気というお店はすでに行列ができていました。
全員で座れるお店を探して入店。いい感じの店です。


20190824-120736-0_ss.jpg 20190824-Hiru_ss.jpg


13:00 さあ、スタジアムへ。
今回はアストラム利用です。
このアストラムの意味が分からないので調べてみました。
明日(日本語)+トラム(英語 電車)の造語とのこと。
「未来が平和であることを願って走る電車路線」という意味などがあるそうです。
優先座席がはっきりしていていいです。


20190824-131915-0_ss.jpg 20190824-132714-0_ss.jpg



14:20 エディオンスタジアム広島到着。
広島サポが歓迎してくれます。嬉しいねえ。再びここに来れるまで6年もかかってしまいました。


20190824-142002-0_ss_201908291143454a2.jpg 20190824-142130-0_ss_20190829114346019.jpg


広場ではいろなイベントが。
シンガーソングライターに呉のキャラクター。
子供たち(小学生か中学生かな)のダンスにはカメラの列がすごい。


20190824-152711-0_ss.jpg 20190824-150301-0_ss_2019082911481249b.jpg


20190824-155324-0_ss.jpg 20190824-155654-0_ss.jpg


17:00 開門。
さあ、勝って帰るぞ!


20190824-170426-0_ss_2019082911541219b.jpg



試合は大分0-0広島と引き分け。試合の詳細は別記事で。
帰りはスタジアムから広島駅前まで相当の時間がかかるだろうと予想していましたが、意外に早く帰れました。

22:00 ホテル近くにあった居酒屋風のお店に。反省会です。
入ると同時にお客さんから声がかかりました。大分出身の方でした。
しばらくすると、外人さんのグループが入店してきました。私たちのユニを見て、マルセイユのサポと言います。
マルセイユにいる酒井宏樹のファンのようです。残念ながら大分トリニータは知りませんでした。

アウェイに行くときはトリニータのユニ着ていくといいですね。(ちょっと恥ずかしい時もありますが)
ユニひとつで見知らぬ人と交流ができることがあります。
昼間、広島の商店街を歩いていた時、うちの奥様に仕事中の宅配便のお兄さんが話しかけてきました。
宇佐市出身で岩田智輝の同級生というのです。
また、このお店の店長さんは現FC東京の森重選手と同じ高校の出身とか。話がはずみます。


20190824-233135-0_ss.jpg 20190824-233147-0_ss.jpg


hiroshima01_ss.jpg hiroshima02_ss.jpg


このお店、期待以上でした。お店は綺麗で、料理や食器がしゃれていました。
来年、また来ますと約束してきました。

さて、お店にいたときから気になって仕方がないものがありました。
このお店の前にあるビルの1階部分です。
ボルタ電池を考えたボルタと電圧の単位であるV(Volt)に関するディスプレイです。
お店のご主人さんにきくと、何かデザイン関係の会社らしいのです。
前回はπ(パイ 円周率)に関する展示だったそうです。
どうも定期的にディスレイを変えるようです。毎回見てみたいものです。


20190824-233247-0_ss.jpg 20190824-233300-0_ss.jpg


明日は勝ち点1を持って、岩国市や山口市を観光して帰ります

[トリ]ファン感に行ってきました。

6月9日(日) 大分トリニータのファン感に行ってきました。

ファン感は大分トリニータの選手たちやFCがファン・サポーターに感謝の意を表すための催しといいますが、今季、こんなに頑張っているトリニータの選手やFCたちに、私たちファン・サポータが感謝する行事とも言えます。


20190609-100010-0_ss.jpg 20190609-102048-0_ss.jpg


選手入場と開会挨拶。


20190609-105132-0_ss.jpg 20190609-105508-0_ss.jpg


芸能人?の方らしい人が出てきました。こういう方面に全くうとい私は誰か、何をする方かもわかりません。
周囲のどよめきから察すると有名な方なのでしょう。


20190609-125256-0_ss.jpg 20190609-125338-0_ss.jpg


選手たちの出し物が続きます。
阿道には驚かされました。こういうことができる選手なのですね。


20190609-134409-0_ss.jpg 20190609-140017-0_ss.jpg


ファン感、選手たちの意外な一面を見ることもできます。
特に有名人などを呼ぶ必要もないと思います。私たちファン・サポータはトリニータの選手の元気な姿さえみればいいのですから。

さあ、次節は対名古屋戦。
「勝つぞ!」

[トリ]ガムより浅田飴。第03節、対ジュビロ磐田戦。

3月9日(土) 第03節、対ジュビロ磐田戦。2-1。

今日はDAZNで観戦。田舎の一軒家でよかった。
どんなに叫んでも、隣近所には聞こえない。
でも、TV観戦はゴール裏からの応援よりも疲れるなあ。


前節、松本山雅の反町監督は、トリニータの試合スタイルを徹底的に研究し、うちの左右の両サイドを完璧に抑え込み、勝ち点3を持って帰った。
ところが、ジュビロ磐田の名波監督は何も考えてこなかったのだろう。
おかげでうちは得意な両サイドからの攻撃を思うようにでき、2-1で勝利。

で、またまた教訓:「相手を舐めてはいけません。舐めていいのは浅田飴!」
名波監督さん、ガムをかみ続けるより、浅田飴をなめていたほうがいいのよ。ね!(スミマセン)


さて、試合。
試合開始と同時に磐田は攻めてくるなあ。外人選手さんや川俣選手、大久保選手が恐ろしい。
このままでは前節での永井選手(元トリニータ)のからやられたように、松本昌也選手(元トリニータ)に入れられてしまうのかと心配であった。トリニータは今まで何回も「恩返しゴール」を受け入れてきたからなあ。

ところが10分当たりから、トリニータの選手たちが落ち着いてきて、逆に試合の主導権を握るようになった。
13分、前田からパスを受けて後藤がクロス。藤本がボレーで決める。藤本のボレーは見事であった。

続いて30分、大南選手の藤本に対するプレーが一発レッドで退場となる。
大南選手のこのプレーは仕方がない。ファール覚悟で藤本を止めないと、追加点が入るのは間違いなかったから。

41分、大分は先制点を取り、数的にも有利になって、少々気が緩んだのか、ゴール前の混戦でアダイウトン選手からゴールされてしまう。
J1の各チームには、こういう個人技に優れた選手が必ずいる。彼のオーバーヘッドによるシュートは敵ながら「あっぱれ」である。

1-1で後半に入る。
大分の動きがさらによくなってくる。左右のサイドが自由に動けるのがいい。

55分、福森からのパスに反応した後藤がうまく抜け出して追加点。これも見事なボレーシュート。これで2-1。
今日初スタメンの後藤の活躍が目立つ。いいねえ。

そのまま、2-1でゲーム試合終了。
J1第3節までで2勝1負。J1でもやれるんじゃない?

最後に、相手チームの選手についてどうのこうのというのは悪いとは思うが、川俣選手はなあ、、、。
自分が思い通りのプレーができないからと言って、相手チームの選手に食ってかかる(私にはそう見えた)、姿は見ていて気持ちのいいものではなかった。あれだけ力のある選手だけに残念でならない。

さあ、次は3月13日(水)のルヴァンカップ第02節でアウェイでも対名古屋戦。
名古屋もうちを舐めてかかってくるといいなあ。ふふふ。

[トリ]最後まで諦めず逆転勝利。ルヴァンカップ第01節、対C大阪戦。

3月6日(水) ルバンカップ第01節、対C大阪戦。2-1。

6年振りに戻ってきましたナビスコカップ。
いやいや、今はYBCルヴァンカップというのです。
私にとっては2008年のあの栄光の優勝があるので、ナビスコカップの方がピンときます。

このルヴァンカップ、今日3月6日のグループステージ第01節に始まって、プレーオフステージ、プライムステージと進み、10月26日の決勝戦まで長い試合が続きます。

トリニータのグループステージ初戦は、Cグループ(大分、C大阪、神戸、名古屋)のC大阪をホームに迎えて戦います。
さあ。さあ、うちの戦力でどこまで戦えるか。
各チームとも、日頃出場機会の少ない選手も出してくるし、21歳以下の選手の出場も義務付けられているので、お互い何がおこるかわかりません。


20190306-205237-0_ss.jpg 20190306-205452-0_ss.jpg


今日の対C大阪戦、大分が前半で先制されてはいたが、攻めて攻めて攻め続けて、後半戦終了間際の5分間で2点も取り、逆転勝利。18歳の高畑にとっても忘れられない試合になったと思う。

1点目:89分丸谷(丸谷はあまり目立つタイプではないが、落ち着いたいいプレーをするなあ。)
2点目:92分後藤(GK小島のロング、伊佐がヘッドで受ける、星が拾って後藤へパス)

公式戦のメンバーと全員入れ替えて臨んだ試合で、これほど戦えるのです。主力メンバーもうかうかしておられませんよ。
それにしても、最後の後藤の一発にはしびれたなあ。こんな試合が見られるのでトリサポはやめられないのです。

試合後、丹野選手と清武選手がゴール裏に来てくれるかなと期待していたのですが、、、。残念。


で、いつものように試合前後の様子を、
今日の大分は雨です。非常に寒いです。ドームの中に霧がかかっているように見えます。
お、浅田飴が大量に。ホーム開幕戦では箱買いしたサポもいたそうです。


20190306-164341-0_ss.jpg 20190306-171302-0_ss.jpg


シンガーソングライターのお二人。大分出身の方と北九州出身の方だそうです。


20190306-171105-0_ss.jpg 20190306-171418-0_ss.jpg


C大阪サポのみなさん。
水曜日なのに遠く大分まで来てくれています。
12月7日(土)の第34節(最終節)にもお願いします。


20190306-181532-0_ss.jpg 20190306-181500-0_ss.jpg


勝利後のゴール裏。


20190306-210038-0_ss.jpg 20190306-210109-0_ss.jpg


今シーズンはホーム戦での最優秀選手にはTOSからご褒美が出るそうです。
今日は丸谷と後藤の2人が選ばれていますが、一人づつ20万円なのか、それとも二人で20万円なのか。


20190306-210736-0_ss.jpg 20190306-210720-0_ss.jpg


さあ、この勢いで第03節、ジュビロ磐田戦へ。スタメンが楽しみ。

| NEXT≫